アナウンサー

TOPアナウンサー大藤晋司ブログ吼えろ、高き志を胸に

タイトル画像

ブログ

2017.11.17
吼えろ、高き志を胸に

その道は、希望に満ちたものばかりではなく

ときに心が折れそうになる急斜面や、

茨の中を傷だらけで進むときもある。

それを承知の上で歩むと決めたからこそ、尊い。

   

取材を終え、最終の特急の車内で

心に浮かんだことだ。

    

11月13日放送の

「ゆうがたサテライト道新ニュース」で

北海道初のプロのバレーボールチーム

旭川の「ヴォレアス北海道」を紹介した。

練習ロング①.jpg

   

男子国内トップリーグ入りをめざして

今季から参入した全国リーグが、

11月18日に幕を開ける。

開幕カードの試合会場であり、ホームアリーナである

鷹栖町総合体育館で

練習が始まったのは、午後6時過ぎ。

澄んだ空気の中、周囲の田園風景はすっかり夜の闇の中に消え、

体育館の灯りだけが、ひときわくっきり光を放つ。

体育館.jpg

    

ヴォレアス北海道は

旭川の社会人チームを母体に、去年10月に

一般社団法人として結成。

今月、運営のための株式会社が設立された

プロのバレーボールクラブ。

プロ契約の選手もいるが、別に仕事を持つ選手もいるため、

練習は主に夜、行っている。

   

去年12月、Vリーグへの加盟申請が認められ

今シーズン、3部にあたる「VチャレンジⅡ」に参戦する。

   

登録選手は14人。

1部であるVプレミアリーグの経験者も複数在籍しているが

経歴は様々。

田代.jpg

岩見沢出身の田代貴之は、パナソニックから移籍  

加藤伊織.jpg

加藤伊織は豊田合成から、母体となった社会人チームに移り

現在は副部長と運営会社の常務も兼ねる

ャプテンでありースは

函館出身・古田史郎選手。

古田スパイク.jpg

最高到達点360㎝という、圧巻のジャンプ力。

これだけで見る価値がある   

法政大学時代、全日本代表も経験。

2009年グラチャンバレーで世界3位のメンバーにもなった。

昨シーズンまで、Vプレミアでも強豪の、ジェイテクトの主力選手。

昨季終了後退団し、今年6月にヴォレアスに加入。

29歳での、1部から3部への移籍は話題を呼んだ。

古田1ショット.jpg

   

「よく聞かれるんですけど...」

苦笑しながら、その理由を語る。

「北海道でバレーボールを通して、

自分が発信したいこと、夢というものを、

このヴォレアスで表現したいし

それができると思ったから決断したんです。

下のカテゴリーでプレーすることへの

抵抗のようなものはなく、

ここから、駈け上がっていく期待を持っている。

将来「日本一」になるためのイメージは、もちろんあります。

何をしていったらいいか。そうすると、どうなっていって、日本一になるのか。

そのイメージは、はっきりとあるんです。

北海道に帰ってくるということを決めた時点で

そういう覚悟を持って戻ってきています」

  

コート上のパフォーマンスは言うに及ばず

その言動でも周囲を引きつけていく。

そんな、自立したアスリートに共通する特有のオーラを放つ選手。

まぎれもなく、このチームを象徴する存在だ。

  

9月には、台湾代表主将の陳健禎選手が加入。

陳建禎.jpg

  

また、複数の国の代表チームでコーチを務めた

クロアチア出身のエド・クライン監督が就任。

エド.jpg

  

急ピッチで、シーズンを戦う態勢を整えた。

すでに国体や全日本選手権の

北海道代表にもなるなどの実績も作っている。

  

チームは鷹栖町、東川町と包括連携協定を締結。

体育館の使用は無償などの優遇を受ける代わりに、

バレーボール教室の開催などの地域貢献活動を行うことで

双方が「ホームタウン」の結びつきを高めてきた。

  

試合当日は、地元の方々がボランティアで運営に関わり、

鷹栖中バレー部の女子中学生は、

モッパーとボールレトリーバーとして、目の前で選手たちのプレーに携わる。

「数えきれないくらい、練習を見に来てます」という彼女たちの目の輝きを見ると、

バレー界がなかなか踏み切れずにいる、「時代に即したリーグのあり方」を

道北の地から、いち早く体現しようと奮闘してきた、

チーム関係者のここまでの情熱が伝わってくる。

練習ロング②.jpg

  

狙うは、参入1年目にしてのVチャレンジⅡ優勝。

寄り道なしで、トップリーグへ駆け上がること。

とはいえ、肝心のリーグは

来季から新リーグ「スーパーリーグ」に移行するため、

今季の成績が、来季に直結するとは限らない。

ただ、新リーグは、これまでの「実業団リーグ」色の濃いものから、

プロリーグに近いものを目指しており、

試合の集客力や運営能力、その基盤となる、地元との結びつきなども

参入の対象となる方針だ。

ヴォレアスが見据えているのは、そこにある。

  

「強いチームが、いいチームではない。

僕たちが見せていかなければいけないのは

勝っても負けても、『価値があった』と思ってもらえる試合。

僕たち、選手がコート場で出すのは

一本のサーブ、一つのレシーブ、トスに

どれだけ普段からの『本気』がこもっているかが

伝わるようなプレーだと思っています」

古田主将の言葉は、それを表している。

古田インタ①.jpg

  

チーム名「ヴォレアス」は、

ギリシャ神話に出てくる北風の神

「BOREAS(ボレアース)」に由来。

エンブレムとなるチームシンボルは

北海道に生息していた伝説の狼・エゾオオカミに

翼を持つボレアース神のイメージを重ねて

象徴化している。

フラッグ.jpg

 

 

先行する、野球、サッカー、バスケットボールに続き、

北海道から、新たなスポーツ文化の担い手を目指して。

彼らの最初の咆哮は、11月18日、

鷹栖町総合体育館に響くことになる。

練習ロングボール込み.jpg