アナウンサー

TOPアナウンサー小澤良太ブログビハインドスタートの去年の勝ち頭

タイトル画像

ブログ

2014.2.26
ビハインドスタートの去年の勝ち頭

 

昨年は9勝8敗でファイターズの勝ち頭となった、木佐貫洋投手。
真面目で律儀な性格や鉄道好きなどで知られる彼にはもう一つの顔がある。

昨年は9勝8敗でファイターズの勝ち頭となった、木佐貫洋投手。

真面目で律儀な性格や鉄道好きなどで知られる彼にはもう一つの顔がある。

それは出身地である鹿児島県薩摩川内(せんだい)市のスポーツ親善大使。主にスポーツを通じて市のPRをする役割を担っている。
責任感の強い彼はキャンプ中も親善大使の仕事を忘れてはいない。
宿舎から球場に移動するときはいつも“薩摩川内”と大きく書かれたインパクト強!の紙ぶくろを持ち歩いている。
僭越ながら私も木佐貫投手と同じ鹿児島出身で高校は同じ市の学校。故郷のことを話すこともある。
そんな律儀な木佐貫投手、今年は左ふくらはぎを痛めた影響でキャンプは2クール遅れのスタート。遅れを取り戻そうとブルペンで投げる姿からはプロ12年目のキャリアからくる余裕は全く伝わってこない。ルーキー投手のような必死さだ。
「180イニング、15勝は達成したいですね」と話す木佐貫投手。
真摯に律儀に全力で野球に向かう姿勢できっと今年は目標をクリアしてくれる そう感じた。2014年ファイターズ移籍2年目のシーズンの33歳のプレーが楽しみだ。

それは・・・

出身地である鹿児島県薩摩川内(せんだい)市のスポーツ親善大使

主にスポーツを通じて市のPRをする役割を担っている。

責任感の強い彼はキャンプ中も親善大使の仕事を忘れてはいない。

宿舎から球場に移動するときはいつも“薩摩川内”と大きく書かれた

インパクト強!の紙ぶくろを持ち歩いている。

20140226_643.jpg

僭越ながら私も木佐貫投手と同じ鹿児島出身で高校は同じ市の学校。故郷のことを話すこともある。

20140226_645.jpg

そんな律儀な木佐貫投手、今年は左ふくらはぎを痛めた影響でキャンプは2クール遅れのスタート。遅れを取り戻そうとブルペンで投げる姿からはプロ12年目のキャリアからくる余裕は全く伝わってこない。ルーキー投手のような必死さだ。

20140226_642.jpg

「180イニング、15勝は達成したいですね」と話す木佐貫投手。

真摯に律儀に全力で野球に向かう姿勢できっと今年は目標をクリアしてくれる そう感じた。2014年ファイターズ移籍2年目のシーズンの33歳のプレーが楽しみだ。