アナウンサー

TOPアナウンサー小澤良太ブログ先輩記者の言葉

タイトル画像

ブログ

2015.6.30
先輩記者の言葉

何かあった?

そんな前半だった

大分戦2.jpg

29日 J2第20節 札幌1ー1大分 結果はドロー

試合後のバルバリッチ監督 

「前半で勝負をつけられてもおかしくないゲームだった こういった試合で負けなかったことを今後につなげていく」

試合後の大分柳田監督

「前半は狙い通りだった 後半少し足が止まって相手に主導権を握られる時間もあった 勝ち点3をとれず悔しい」

 

今シーズンワーストと言ってもいい前半だった 球際で勝てず 判断が遅く セカンドボールもほとんど拾えず ゴールも奪われた 不安の残る内容だったが後半で追いつきなんとかドロー

 まもなくリーグは折り返し 選手は疲労のたまる時期でもあるし長いシーズンこういった試合はある この試合で引き分けに持ち込めたのは良かったのかも

 

試合後 北海道新聞の元記者で雑誌向けに試合のコラムを書き続けている年配の記者にこの気持ちをぶつけてみた

「良かったですね 引き分けて」

返ってきたのは意外な言葉だった

「前半で勝負を決められたかもしれないと監督は言うけど勝てたゲームだよ 後半2点目をとれないのが問題なんだ」

 

ワーストの前半⇒ドロー⇒妥当⇒満足 という流れになりかけていた自分の気持ちが一気に吹き飛んだ

内容の悪さばかりが印象に残っていたが確かに後半はチャンスもあった 一方で「流れを掴んでも勝ちきれない今年のチームの課題」が露呈したゲームでもあったのだ 

今シーズンの引き分け数はリーグで2番目に多い9 これを少しでも勝ちにつなげられていたら・・・

今後、勝ちきれるチームに成長するために必要なのは

やはりこの起爆剤だろう

 

大分戦3.jpg

 今シーズン初のピッチに立った小野伸二(試合後に悔しがる様子)