採用情報TVhについて一覧

TOP採用情報

社員紹介 - MEMBER社員紹介MEMBER

田中 亨 イメージ 田中 亨 イメージ

報道制作局 報道制作部 田中 亨 Toru Tanaka

東京での大学生活を経てTVhにUターン入社。
…が、入社後の配属は東京支社 業務部となり約4年間東京にてタイムデスクおよびネットワーク業務を担当。
その後本社営業部に異動し、営業マンとして営業活動する中、『トップの流儀』などの番組の立ち上げにも関わる。
2015年7月より番組制作部門である報道制作部に所属し、現在番組制作の修行中。

どのような学生時代を送りましたか?

体育会スキー部で部活動に打ち込んでいました。スキーは個人競技ではありますが、寮という同じ屋根の下で過ごす場を通して団体生活を学び、4年生の時にはキャプテンとして部員をまとめながらインカレ総合優勝という部全体の目標に挑みました。
なお、4年間部活動に打ち込んだ後、更に2年間大学生活を満喫しました(笑)

就職活動を経てテレビ北海道を選んだ理由は?

部活動の経験から、個人競技でありながら部員全員が同じ目標に向けて努力をすることで感動が生まれ、共有できること、またその感動が部員だけでなく家族や応援団の団員までも共有できることを知りました。スポーツに限らず、何かに一生懸命打ち込んでいる人の得る感動をどうしたら多くの人に伝えられるかと考えた時、テレビ局で働くことでそれが実現できるのではないかと考えました。また、私は15歳で北海道を離れたこともあり、両親の近くにいてあげたいと思い北海道の放送局を選びました。

入社してからの経歴は?(2016年4月時点)

2005年4月入社→東京支社業務部(4年間)→営業部(6年間)→報道制作部(現職:今年で1年目)

今の仕事の内容とそのやりがいは何ですか?

番組を作るセクションである報道制作部という部署に所属しています。番組制作という、最も視聴者に近い最前線にいることにやりがいを感じます。演出ひとつ、伝え方ひとつで視聴者の行動、そしてライフスタイルまでも変えられる可能性がある番組の制作はテレビ局で働く最大の魅力だと思います。
自分の思い込みと勘違いかもしれませんが、「視聴者の行動を変える」そして「視聴者のためになる」番組づくりが僕の使命だと思っています。

逆に辛いことはどんなことですか?

好きでこの仕事をやっているので多少忙しくても体力的にも全然辛くありません。
ただ、まだ地元の放送局としてやらなければいけないことやTVhとして視聴者の方々に伝えるべきことがまだまだあると思うので、それを100%伝えきれていないことがもどかしいと感じています。

テレビ北海道ってどんな会社だと思いますか?

全体の人数も多くなく、どちらかと言うと若い社員が少ない会社です。そのため若い人にもチャンスが多く、自分の発言が形になりやすい会社だと思います。
今後、まだまだ成長していかなくてはいけないと思いますし、TVhだからこそできることがある放送局、TVhの色で地元に影響を与えられる放送局にしていきたいと思っています。

最後に、学生へのメッセージをお願いします。

まずは自分の個性をしっかり理解することが大事だと思います。
自分の強みと弱みを素直に受け入れ消化して、良いところは更に伸ばし、悪いところは直していきましょう。
僕はそういったモチベーションの高い人たちと切磋琢磨して更なる高みを目指し、一緒に進んでいきたいと考えています。