情報・バラエティ

TOP情報・バラエティマチュアライフ北海道【下川 チェーンソーアート 児玉 光さん】

イメージ

最新オンエア情報

2017. 7.16
【下川 チェーンソーアート 児玉 光さん】
下川チェーンソーアート 児玉光さん(45)

愛媛県で生まれた児玉さんは、高校を中退後、林業の道に。
林業で生計を立てられる場所を探していた時に知ったのが下川町です。
20年ほど前に下川町に移住し森林組合で間伐などを仕事をしていた時に知ったのがチェーンソーアートです。
最初は森での仕事のためにチェーンソーの技術をあげるために始めたチェーンソーアートですが、
大きなチェーンソーを自在に操り、丸太を作品に変えていくというその魅力にはまった児玉さん。

昼間は森でチェーンソーを使って働き、空いている時間のほとんどをチェーンソーアートに費やし、
1年に1,000体の作品を作り続けました。
その結果、初めて出場したオーストラリアの大会で見事に優勝。
今年は札幌ドームでF・栗山監督に作品も贈呈しました。

海外でも大会に出るのは、専業のプロが多い中、他の職業を持ちながら活動する人は少ないといいます。
作品作りにまい進する児玉さんに、海外で転戦するときの苦労や今後の作品作りの目標などを聞くほか、
7月に開かれる道内唯一の大会「エゾカップ」で運営にあたる姿を追いました。