経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツゆうがたサテライト~道新ニュース「北海道」の名付け親、松浦武四郎って?

イメージ

最新オンエア情報

2017. 7.17
「北海道」の名付け親、松浦武四郎って?

170717a.jpg「道みんの日」と北海道庁が制定した7月17日は、幕末の探検家・松浦武四郎が「北加伊道」という地名を1869年に政府に提案した日です。

松浦は現在の三重県松阪市に生まれた幕末の探検家です。6回にわたり蝦夷地を調査しました。

札幌のノンフィクション作家、合田一道さんは「政府と衝突してまでアイヌ民族との共生を目指した武四郎の思いを今を生きる道民に知ってほしい」と話します。