経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツゆうがたサテライト~道新ニュース衆院選・高齢者の視点から①後継者不足・酪農の未来は

イメージ

最新オンエア情報

2017.10.12 放送
衆院選・高齢者の視点から①後継者不足・酪農の未来は

171012a.jpgテレビ北海道では今回の衆院選で、高齢者の視点に着目をして、政治に求めるポイントを

探ります。1回目のきょうは、人口が減るなかで、地域経済を支える後継者をどう守り育ていくのか・・・。北海道の主要産業のひとつである酪農の現場を訪ねました。

酪農家の石橋栄紀さん(77)は今年5月まで27年間にわたり、浜中町農協の組合長を務めました。2001年には全国で初めて新規就農者を育てる研修牧場を立ち上げます。早くから酪農業の後継者不足問題に取り組み、成果をあげてきました。

しかし、道内の酪農を巡る現状は深刻です。現在の安倍政権が発足した2012年以降も

酪農家の戸数、乳牛の飼育頭数ともに減少に歯止めがかかりません。

石橋さんは「経営能力を身に着けた人が農業を継ぐのが大事だから、そういう政策を私は求めたい。農業として自立できる経営者になってもらう。機械(の補助金)なんかはいらない、むしろ人を育てる政策を求める」と話します。