経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツけいざいナビ北海道人気シリーズが1年ぶりに復活~マチのけいざい北広島

イメージ

最新オンエア情報

2017.11.4 放送
特 集人気シリーズが1年ぶりに復活~マチのけいざい北広島



Still1101_00025.jpg4日(土)の特集は「マチのけいざい㉑」。番組調査隊が地域経済に迫る人気企画が1年ぶりの復活です。今回の舞台は北広島市。
「北広島を代表する企業」「マチの自慢」「ファイターズ誘致への本音」など400人の市民アンケートと独自取材で、様々な角度から北広島のけいざいを徹底解剖します。




Still1101_00050.jpg

北広島市には6カ所の工業団地があり、約300社の企業を誘致。地元の雇用拡大に貢献してきました。トンネル建設に伴う電気工事を手掛ける北英電工は、分譲中の輪厚工業団地への移転を決めました。
背景には新幹線延伸による事業拡大と人材不足への対策があります。






Still1101_00057.jpg

アウトレットモールのような集客施設はあっても、目立った観光スポットがないのが北広島の弱み。
そんな中、ハム製造のエーデルワイスファームは田園にある直売所の観光スポット化に着手。観光客が様々な農業体験できるような場所にすることを目指し、今年、農業生産法人も設立しました。




Still1101_00075.jpg
北広島といえば、ファイターズ新球場の誘致。"ライバル"の札幌市では、真駒内を新たな候補地とするなど動きが活発に。誘致活動の手応えや勝算を、磯田キャスターが上野市長に直撃します。





Still1101_00068.jpg

また、北広島が発祥といわれる道内の稲作。道産米の元祖と言われる赤毛米から地酒を生み出す地域の取り組みも紹介します。