経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツけいざいナビ北海道変わる狸小路~役割と将来像は

イメージ

最新オンエア情報

2018.02.24 放送
特 集変わる狸小路~役割と将来像は

5.jpg

24日の特集は、今年145周年を迎える道内最古の商店街「狸小路」に注目。外国人観光客の増加や老舗の閉店などで、大きく変わりつつあります。さらに大型の再開発計画も進行中。変化への対応に知恵を絞る店主たちや商機を狙って参入した企業の姿から、狸小路商店街の役割と将来像に迫ります。



8.jpg
関西が拠点のからくさホテルは、先月狸小路に道内1号店をオープン。12か国語対応の通訳システムをはじめ、インバウンド向けのサービスを充実させました。ドン・キホーテは、「狸小路2店舗展開」でインバウンドと地元客両方の取り込みを狙います。一方、創業105年の「斉藤印房」の店主・斉藤岩男さん(83)は、時代の変化ではんこは売れなくなり経営は厳しいと話します。息子に継がせる気はなく自分が最後と考えています。



19.jpg


人口減少を見据え、狸小路商店街ではインバウンドに頼らない、地元住民の取り込みが急務ととらえます。刃物専門店「宮文」は、包丁研ぎの宅配サービスを始めました。9年前に開設した「HUGマート」は、販売する道産食材が市民のニーズを確実に捉えています。