経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツけいざいナビ北海道新千歳・「稼ぐ空港」が進化する 年2000万人のその先へ 

イメージ

最新オンエア情報

2016.02.28 放送
特 集新千歳・「稼ぐ空港」が進化する 年2000万人のその先へ 
LCCや海外客により2015年に初めて利用客数が年2000万人を超え、新千歳空港は全国でも屈指の賑わいを見せています。
空港ビル会社は商業施設を充実させ、飛行機の運航の裏方作業にも進出。
「空港民営化」議論が道内でも動き出すなか、新千歳空港の進化の先を探りました。

新千歳空港は早くから商業施設での「稼ぎ」に注目。北海道ならではのテナントを誘致し、道外へアピールします。
急増する利用客を受け入れるため、航空会社を補うように窓口の受け付けや航空機の誘導業務も引き受けます。
国や道は、儲けの大きい新千歳空港を核に道内の地方空港をまとめ、空港ビルと滑走路の運営を民間企業に委託する議論を進めています。
空港ビルのトップに、民営化への対応と道内の交通網の要としての責務を聞きました。