経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツけいざいナビ北海道新と旬で道産小麦を売れ!ヌーヴォーことはじめ

イメージ

最新オンエア情報

2016.10. 2 放送
特 集新と旬で道産小麦を売れ!ヌーヴォーことはじめ
新茶や新米など、日本人は初物の味を楽しみます。
ワインのボジョレ・ヌーボーに倣って「小麦ヌーヴォー」として、パンを通じて新麦を楽しもうという仕組みが十勝で動き出しています。
小麦に「旬」という考えを加え、生産者・パン店・消費者を巻き込んで、小麦の品種や時期による違いへの関心を呼び込む――。
取り組みの先には、TPP(環太平洋経済連携協定)を控えた産地の生き残りという狙いもあります。

芽室の穀物卸、アグリシステムは2年前に小麦ヌーヴォーを打ち出しました。
小麦は小麦粉に加工してから使うため、生産者と製造元(パン店)との関わりは実はあまりありません。新麦を通じて栽培から収穫までの成り立ちを知ってもらうことで、魅力を伝えようと試みます。
一方で、マチのパン店も違いを示すために品種や産地に気を配ります。参加する店は全国で300を超え、訪問した大阪の有名店でも・・・。
製造元からの要望である品種を復活させたり、小口のニーズにも応えようと少量多品種で小麦粉を販売したり。道産小麦の価値を高める工夫を追いかけました。