経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツけいざいナビ北海道インバウンドビジネスで道産子サムライが奮闘!

イメージ

最新オンエア情報

2016.12.18 放送
特 集インバウンドビジネスで道産子サムライが奮闘!
北海道への外国人観光客が200万人を超えて増え続けています。
インバウンドビジネスは外国語の壁があり、観光や宿泊、お土産など海外の企業が抱え込むケースが目立ちます。
外国人ビジネスマンに任せきりにせず、自らの手で事業の果実を取り込もうとする道産子の取り組みを追いかけました。

店舗を持たずそば打ちを手掛ける「うがそば」。ニセコで外国人客の滞在先に出向き、食べるだけでなく作るアトラクションとして徐々に人気が高まっています。建設業から転身しました。
新聞販売店を3代営んでいた男性は高級ワゴン車を2台購入し、送迎サービスに乗り出します。
ニセコだけでなく富良野では、ペンション経営の男性がコンドミニアム管理へと事業を転換。海外からの投資受け入れの窓口となっています。