経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツけいざいナビ北海道北海道のおもてなし新技術で向上

イメージ

最新オンエア情報

2018.01.20 放送
特 集北海道のおもてなし新技術で向上

3.jpg
20日放送の特集は、道内観光のサービス向上にAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の新技術を生かす取組みです。札幌のIT関連企・エコモットは去年、「北海道IoTビジネス共創ラボ」を立ち上げました。IoTを活用して道内産業の生産性を高める狙いです。インバウンド誘客へ8KのVR動画を導入する取り組みなどを始めています。






8.jpg

観光産業が直面する「人手不足」に対応するため、札幌国際大学が試みるのは人型ロボット「ペッパー」の活用。観光情報を入力したペッパーを、斜里町のホテルに"入社"させ、「観光案内係」として活躍してもらいます。情報の更新は大学側が行うため、ホテル側の負担はなし。道内の観光地どこででも活用することができます。20日放送の特集で詳しく。






12.jpg

北都交通函館支店は去年、道南で運行する観光バスに、最大17か国語に対応できる「多言語対応システム」を導入しました。人手不足もあり、ガイドが外国語を学ぶ時間がないことから決めました。GPSと連動して、観光名所に近づくと自動的にその場所の情報を数か国の言葉で案内してくれます。現在システムの更新中で、この春からより詳しい観光地情報を提供します。