経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツけいざいナビ北海道冬の観光資源を掘り起こせ

イメージ

最新オンエア情報

2018.2.3 放送
特 集冬の観光資源を掘り起こせ

Still0131_00002.jpg


3日放送の特集は「冬の観光資源を掘り起こせ」。冬の北海道に元々ある資源を観光に生かすアイデアや取り組みを取材しました。美唄市のゴルフ場が今シーズン始めたのが、ウインターゴルフ。「冬の北海道でゴルフは無理」という思い込みを取っ払ったら実はできてしまって、体験したゴルファーも大満足。口コミでじわじわと人気が広がっています。今後は海外を含めた観光客の利用も促していきたいということです。




Still0131_00008.jpg
冬の支笏湖といえば「氷濤まつり」ですが、実はもう一つ冬にしか体験できないアクティビティがあります。それが「アイスウォーク」。支笏湖は日本最北の不凍湖ですが、一部、結氷する場所があります。ダイビング体験などを手掛ける会社が3年前に始めました。「アイスウォーク」といいながら、このアクティビティの楽しさは「割れた氷から水に落ちる」こと。磯田キャスターが水没しまくります。




Still0131_00016.jpg
この冬、最も注目を集めている観光スポットといえば豊頃町大津海岸。美しい名前と幻想的な写真が広まったことで、浜辺に打ち上げられた氷が「ジュエリーアイス」という観光資源に変身しました。急増した客のため、豊頃町は今年初めて休憩所やトイレを設けました。観光客をひきつけてやまないジュエリーアイスですが、常にあるわけではありません。発生のメカニズムを解明し「ジュエリーアイス予報」を出せるようになれば、観光客の役に立つのでは」。そんな視点から、北見工業大学の研究者も調査を始めました。