救世主【矢部順子】

札幌に来ておよそ2カ月が経ちました。
日々感じるのは、季節の変化が早いこと。札幌では朝晩冷え込む上に、日中の最高気温が10度を切るなど、早くも冬の足音が聞こえます。

この寒暖の差についていけなかった私は、先月末に1週間も風邪を引いてしまいました。
鼻声でニュースを読んでいたため、視聴者のみなさんにはお聞き苦しい点が多々あったことをお詫び致します。

そんな苦しい私を救ってくれたアイテムは2つ。
ひとつめは「ハーブティー」です。
特にエキナセアという、キク科の多年草で紫色の花をしたハーブを加えた「エキナセアレモン」ハーブティーを飲んでいました。エキナセアは人間の免疫機能を高めてウイルスなどから体を守ってくれるそうです。
風邪を引いたときのハーブティーはのどに潤いを与えてくれたほか、レモンの爽やかな香りで鼻通りもよくなり、気持ちが安らぎました。

もうひとつは「腹巻」です。
体が冷えるといけない!と思い、愛用の腹巻をクローゼットから出しました。
最近の腹巻はレースがついていたり、柄がかわいかったりと、とってもおしゃれなんです。私の使用している腹巻には中央にポケットがついているのですが、そこにカイロを入れると、お腹からポカポカ温まります。

何はともあれ、今後は自己管理に気をつけなくては・・・と実感した1週間でした。
夜風の厳しいこの時期の飲み歩きも控えたいと思います(苦笑)