星空のプレゼント【矢部順子】

先月、取材で札幌市青少年科学館に行きました。
毎週金曜日にニュースの中で放送しているお天気コーナー「お天気ナビ」で、115年ぶりの輝きを放つ「ホームズ彗星」を特集するためです。

プラネタリウムに行くのは実に8年ぶり。
星が好きで、学生のころは結構通っていました。
何を隠そう私、小学生のときの夢は「天文学者」でした。
夏休みの自由研究で星の観察をしたり、
高校生の時には、予備校の天文合宿で山梨県まで行ったこともあります。
理系の勉強に挫折して夢で終わってしまったんですけどね(^-^;)

科学館のプラネタリウム内部はもちろん真っ暗。
取材カメラではうまく映らず、高感度カメラを借りて撮影しました。
そして撮影が終わった後、担当者の方から
「矢部さんの生年月日はいつですか?」と尋ねられたので答えたところ・・・
何と、私が産まれた日の星空を上映してくれたんです!

20数年前のその日の夜9時の夜空には、東の空に木星と土星、
そして西の空には三日月が。
3月生まれなので、うお座があるかと思っていたのですが、
天頂にはしし座やかに座、ふたご座などの星座が見られました。
ここまで再現できるんだという驚きと、普段では絶対不可能な、
過去の自分の生まれた日の夜空を眺めているうれしさでいっぱいになりました。

これからもっと寒くなると、夜空が澄んで星がきれいに見えます。
皆さんもぜひ、星にロマンを求めて?空を見上げて下さい。