最近感動したこと【矢部順子】

最近2つのことに感動しました。

まずは、4月22日から三越札幌店で始まった「大黄金展」。
初日に取材に行きました。

毎年、黄金週間に合わせて実施されているもので、
会場には黄金の地球儀や茶具など、合わせて約500点、
総額30億円もの製品が並び、まばゆい光を放っています。
展示されている時価4億円もの金塊に直接触れると
金運がアップすると聞き、
仕事を忘れ、一生懸命触ってきました。

この日一番の目玉は、
なんと3700万円の純金の鍋を使った、すき焼きの実演!
老舗日本料理店の料理人が作ったすき焼きが、買い物客に振舞われました。
3700万円と聞いただけで、テンションは上がっていたのですが、
いただいたところ、
なんとな〜くまろやかな味で、とても美味しかったです。

もうひとつは「タンポポで天気予報が出来る」ということです。
毎週金曜日にニュースの中で放送している
お天気コーナーの特集で教わったのですが、
タンポポは開花後、光を感じて昼間は開き、夜は閉じるのです。

実は、花が半開きのときは雨になる。という天気予報ができるんです。
なぜかというと、
光が足らず、曇りのときは日中でも花が半開きになっています。
つまりその場合は低気圧が近づいているためで、
その後、雨が降る可能性が高い…とのことです。
確かに、昼間でも花が半開きの状態を見たことがありました。
「タンポポがつぼむと雨」ということわざもあるくらいなんです。

いつも素通りしていた道路脇の植物に、こんな秘密があったなんて…
と、最近は何か発見はないかとキョロキョロしながら
芽吹いてきた街を歩いています。