情報・バラエティ

TOP情報・バラエティスイッチン!10月10日OA【これからの季節に食べたい!家庭でできる「最高の石狩鍋」をご提案!】

イメージ

最新オンエア情報

10月10日OA【これからの季節に食べたい!家庭でできる「最高の石狩鍋」をご提案!】

今日のスイッチン!は、家庭で簡単にできる、秋に食べたい贅沢な「石狩鍋」を大特集!皆さんも今日の晩御飯にいかがですか?
1.jpg









これからの季節のお家ご飯にぴったりなお鍋!
今日のスイッチン!では、北海道を代表する郷土料理の一つである「石狩鍋」を、札幌近郊のお店を巡って集めた一級品の食材を使って作り上げていきます!
2.jpg3.jpg







まずは、ベースとなる「スープ」から!
最初に三谷リポーターが訪れたのは、石狩鍋発祥のお店と言われる『金大亭』。明治13年創業の老舗割烹で、まるでタイムスリップしたかのような建物は、当時の雰囲気を色濃く残しています。まずは、ここの4代目女将さんにお話を伺いました。
4.jpg5.jpg6.jpg7.jpg















女将さんによると、スープのコツはいたってシンプル!しっかりと昆布で出汁を取り、白味噌と合わせ、薬味の山椒を加えることことがポイントだそう。他の調味料を加えずとも、鮭や野菜の旨味がスープに深みを与えていくということです。
14.jpg15.jpg16.jpg17.jpg















続いては、メイン食材となる「鮭」!
多種多様な鮭の加工品を取り揃えている老舗鮭専門店『丸亀』にやってきました。社員自らが現地へ出向いて厳選した北海道羅臼産の鮭を主に取り扱っているという、鮭の品質には絶対の自信を持っているこのお店で、お鍋にぴったりな商品を紹介してもらいました。
18.jpg19.jpg20.jpg21.jpg















それがこちらの鍋用の秋鮭の切り身です。あらかじめ小さくカットされており、そのままお鍋に入れるだけでOKのこの商品には、アラも入っているのが嬉しいポイント!切り身を入れる前にアラのみを入れて出汁を取るのがおすすめだそうですよ。
23.jpg24.jpg







続いては、お鍋には欠かせない「野菜」!
やってきたのは、東区にある『くいしんぼうのやおや』。店主の齊藤さんが毎朝自ら農家さんの元へ買い付けにいっているというこのお店。
たくさんの野菜が並ぶお店の壁には、農家さんの写真が貼られており、生産者の顔がわかる安心感も魅力のひとつです。
26.jpg27.jpg28.jpg31.jpg















ここでは、金大亭の石狩鍋に入っていた、キャベツ、玉ねぎ、長ネギ、春菊の他に、齊藤さんおすすめの大根もゲット!
ちなみに「お鍋には白菜」というイメージがあると思いますが、石狩鍋にはキャベツを入れるのがおすすめ!甘味が出てスープがよりおいしくなるそうですよ!
29.jpg32.jpg







もう一つお鍋に欠かせない食材である「豆腐」は、白石区にあります、昭和33年創業の老舗豆腐店『豆彩工房 悠貴』でゲットしてきました!
質の良い北海道産の大豆を使用した豆腐を数多く取り揃えており、先代より引き継がれているこだわりの製法と、地下からくみ上げているという天然の軟水で作り上げる豆腐は、とろけるような柔らかさ!そんなこのお店の、石狩鍋に入れるおすすめの豆腐とは?
34.jpg35.jpg36.jpg37.jpg















提案頂いたのは、こちらの「もめん豆腐 極」という商品です。鍋には焼き豆腐というイメージがあるかと思いますが、豆腐本来の味わいや食感を味わうのには木綿豆腐の方が合っているとのこと!お鍋に入れる時には、少し水気を切っておくと、よりおいしく味わえます。
38.jpg39.jpg40.jpg41.jpg















さあ、すべての準備が整いました!お店の方々から頂いたアドバイスも忘れずに丁寧に作り上げた「石狩鍋」の出来栄えは...?
44.jpg45.jpg46.jpg47.jpg48.jpg49.jpg






















三谷リポーターは、今回人生で初めて石狩鍋を作ったそうですが、とてもおいしく仕上がりました!調理は簡単でも、素材一つ一つの良さがここまで引き立つというのは、「石狩鍋」ならではかもしれません!スタジオのお二人も美味しそうに食べていました!
50.jpg51.jpg52.jpg53.jpg















ぜひ皆さんもお家で作ってみてはいかがでしょうか。
55.jpg56.jpg










番組で紹介したプレゼントの応募は今日までです!気になる方は忘れずに!
58.jpg