経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツコンサにアシスト!「追加点・・・」

イメージ

コラム【OVER THE PITCH】

2015. 5.28 放送
「追加点・・・」

第15節 5月24日(日)  徳島1-2札幌 鳴門・大塚 

神戸まで飛行機。神戸から徳島までは高速バス。
片道1万円!2か月前に取材を決めた。

深井が復帰する?小野も??
・・・どちらも外れたが、
「アウェイ負けなし継続」を見届ける!

 

歩いてスタジアムへ向かう。
川沿いを歩く。負けたら道のり遠いな…頭をよぎる。

そして暑い。

??

写真すだち 2 (3).jpg
「さわやかトイレ スダチくん」??

…には寄らずコンビニでアイスクリームを買って、てくてく。

 写真 1 (4).JPG
鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム(長い)

写真 1 (3).JPG
ヴォルタくんとティスちゃんが準備体操中

「札幌サポーターの皆さんようこそっ!」
徳島サポの拍手が
ほかのスタジアムよりも温かい感じがした。

選手紹介はアランパーソンズプロジェクト。
入場のGOWESTはペットショップボーイズ。
MTV世代にはうれしい。。 

「油断したほうが負ける」とメモ。
試合開始時の気温は27℃。

試合の入りは決してよくなかった。
ニウドのミスが多い。
しまいには逆サイドのベンチ前まで呼ばれる。
監督が怒る・・・(笑)

21分。
荒野のファインゴール!
形勢は逆転。

しかし、荒野&ニウドが前半で負傷交代。
ゲームプランは崩壊寸前・・・

 

後半。
内村→都倉ラインで追加点。

・・・1点返されてからは、明らかに徳島の足が前に出る。
セカンドボールをとるという以前に、
インターセプトされてしまう。
これでますます勢いがつく。

ソンユン、スーパーセーブ連発!
なんとか勝ちきる。
都倉は何度も足をつっていた。

写真ソンユン 2 (1).jpg
インタビューを受けるソンユン様

残り時間7分で
コーナーフラッグでキープした堀米くん。

「いやー長かったです。なんとかしたくて」
必死だった感が笑顔の中にも溢れていた。

そのゴメス。

「あと1点取れてれば盤石の試合でしたよね」

 

ん?

シーズン序盤は「1点欲しい」「2点目がとれれば…」って思ってたような。
それが、今は
「3点目があれば。2点差をキープして安心して試合を運べる」
に変わってきた。

これは、もしかしてチームの力がアップしているのではないか?

勝っているから。
点が取れているから。
ではあるが、だ。
なんだかレベルアップがしている感じがするのだ。

だからこそ月曜日は勝たなければいけない! 

セレッソ(6勝5敗4分)の「負け方」を見てみる。

ホーム 0-2金沢 前半に先制され、後半追加点(PK)。シュート17本。
ホーム 1-2群馬 開始早々フォルラン弾で先制。前半に追いつかれ終盤に決勝ゴール。11本。
アウェイ 0-1福岡 前半のゴールを福岡が守りきる。シュート9本づつ!
ホーム 1-2磐田 前半終了間際に先制するも、後半逆転される。15本13本の打ち合い。
ホーム 1-2長崎 前半長崎先制。後半なんとか追いつくもアデショナル5分に失点。10本づつ。

どの勝ち方にしようか…。

 

「相手どうこうより自分たちがやるべきことをやる」
監督は必ずそう言うはず。
そして、「攻めているときのリスク管理」も。

破壊力抜群のセレッソ攻撃陣。
調子に乗せないために
ゼロの時間をどれだけ伸ばせるか。

そしてフォルランのゴールで失点しても(万が一です…)
追加点を与えない!

現実的には福岡の勝ち方かもしれない。
ここまでの総失点は
札幌12セレッソ17。

守備ありき。

それにしても
前の3人がどうなるのか。
試合が月曜日なので、
明日の放送の予想スタメンは
予想の域を出ません(笑)
この場を借りてお詫びいたします。