経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツコンサにアシスト!今週は速報武蔵ゴール!(予定)

イメージ

コラム【OVER THE PITCH】

2019. 3.19 放送
今週は速報武蔵ゴール!(予定)

鹿島に先制を許すも逆転勝ち!
というシナリオ通りには行かず・・・。


浦和戦、清水戦ともに勝因は
「守→攻の切り替えの早さ」だった。

しかし
日曜日の札幌ドームで
切り替え早く、カウンターから
ゴールを陥れたのは鹿島だった。
それも3度。

大岩監督としては
「相手のウィークポイントを突く動きが
出来ていた」と狙い通りの試合。

ミシャさんは
「気をつけろと言っていた形でやられた」と。


両監督も描いていたのはことは同じ。
それを遂行できたかどうか。
そして、最初の決定機を決められたかどうか。
(この先制点の重みは大きい。札幌が先制していたら・・・)


「コンビネーションをつぶしに来ていた」(宮澤)
「(縦パスの)コースを空けておいて入れさせて囲む」(深井)
鹿島は
『ボールを保持し、隙を見てクサビを入れる』という
札幌の形を消すことも徹底していた。
ミシャさんが求める
「チャレンジ」をする機会を与えることも
少なかった。
奪ってからはダイレクトで前へ。
清水戦で見せた札幌の攻撃を
鹿島にしてやられた。



「やっぱり鹿島はうまい」。
選手もサポーターもそう感じた。


キャプテンが試合後冷静に話したのは
「球際の強さなどベースの部分」
「1失点でで戦う戦い方」。

先制されても逆転できるのが
本当の強さだろう。
今の札幌はそこまでではないと
認めざるを得ない。


「やっぱりうまい」では済まさない。
試合後の選手の言葉や表情からは
そんな気持ちが見えた。


代表ウィーク。
韓国代表、タイ代表、日本代表にU23。
4人がケガなく帰ってきてほしい。
その活躍は必ず札幌のパワーになる。


今週の放送で武蔵のゴールを速報で入れたいぞ!