映画・ドラマ

TOP映画・ドラマゆうがたサテライト~道新ニュース最新オンエア情報

トップイメージ

最新オンエア情報

2019. 2.22
厚真で震度6弱 住民「またか」

21日夜、胆振地方を震源とする非常に大きな地震が発生し、厚真町で震度6弱を観測しました。この地震により、道内で5人がけがをしたほか、交通網の乱れや断水による影響が出ています。

空撮.jpg

きのう午後9時22分ごろ、胆振地方中東部を震源とする地震があり、厚真町で震度6弱、安平町とむかわ町で震度5強を観測しました。気象庁によりますと、震源の深さは33キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5・8と推定され、道内では去年9月の胆振東部地震に次ぐ規模となります。半年の間に起きた2度の大きな地震。厚真町民の一人は「地震だなと思ったら急に大きな揺れになって、物が倒れたりコップが落ちたりした。1週間くらいは安心できないと思っている」と話していました。

煙突.jpg

道によりますと、地震によって札幌で1人、苫小牧で3人など合わせて5人が、転倒するなどして軽いけがをしました。また、むかわ町内では住宅1棟の煙突が折れたほか、江別市内などの公共施設3施設では一部損壊の被害が出ました。厚真町では、けが人は報告されていませんが、一時111戸が断水しました。一夜明けた22日朝、住民には疲労の色が見えます。断水は一部で解消しましたが、完全復旧のめどはついていません。

札幌市内も強い揺れに見舞われました。地震から約1時間後の午後10時半ごろ、中央区のススキノの繁華街には、タクシー待ちの行列ができていました。JR札幌駅では、列車の運休で行き場を失った人たちで混み合いました。JRは、線路の点検作業のため特急列車や普通列車が線路上で停止し、朝方まで車内で過ごすことを余儀なくされた人も。新千歳空港では、地震の影響で足止めされたおよそ170人が空港ビル内で夜を明かしました。

気象庁.jpg

札幌管区気象台は、今回の地震は胆振東部地震に関連しているとし、地震活動は当面続くとして注意を呼びかけています。

2019. 2.21
北電 ブラックアウトからの復旧訓練

北海道電力はきょう、胆振東部地震で発生した道内全域停電、いわゆるブラックアウトを想定した復旧訓練の様子を、報道関係者に公開しました。

全体.jpg

「緊急地震速報です。強い揺れに警戒してください」―。

訓練は、警報音とともにスタート。道内の電力需給を調整する本店内の中央給電指令所などで行われました。

画面表示.jpg

去年の地震と同じ苫東厚真火力発電所の1号機と2号機が緊急停止し、ブラックアウトとなる事態を想定。発電量ゼロの段階から、一部の水力発電所を復旧させ、徐々に全域で発電を再開するまでの手順を確認しました。

電話する職員.jpg

ブラックアウトをめぐっては、国の検証委員会が泊原発3号機の主変圧器への送電が復旧を遅らせたと指摘しています。こうしたことから北電は復旧手順を見直し、今回はその手順に基づいて初めて訓練しました。北電は新年度、ブラックアウト対応の全社訓練を行う方針です。

2019. 2.20
航空機産業への進出を! 札幌商工会議所が研修会

 北海道の中小企業も成長を続ける航空機産業に進出して欲しい。こんな目的の研修会がきょう札幌で開かれました。大(190220) (3)00000000.jpg

 札幌商工会議所ものづくり工業部会の小砂憲一部会長は「(これまで)北海道で航空機は縁遠い産業だった」と述べる一方で「これから発展し続ける産業になる」と語りました。研修会は札幌商議所が主催しました。既に航空機産業に参入している道外の企業2社のトップを招き、部品メーカーとして取引先を開拓するにあたっての実体験やその魅力についての講演が行われました。丸大機工の菊地兼治社長は「(エアバスA380の)サプライチェーンの中で機械加工をやらせていただきたいと言っている」などと説明しました。航空機産業を巡っては小型ジェット「MRJ」を三菱航空機が開発しているなど、世界的にも今後20年間で市場規模が2倍になると予想される成長産業です。

2019. 2.19
道経連が宇宙ビジネス育成へ

 北海道経済連合会はきょう、道内の宇宙産業を育てる構想を発表しました。新たなロケット発射場を誘致し、関連企業が集まる「宇宙版シリコンバレー」をめざします。2030年までに民間ロケットが衛星軌道まで到達する可能性が高いと予想。衛星からのデータは自動運転などに使え、道内では 農業や運輸業での活用に期待がかかります。道内では大樹町のベンチャー企業がこれまで2度、小型ロケットの打ち上げに挑戦。海に面した大樹町は発射場として世界的に優れているとし、大規模施設を誘致します。big1.jpg道経連の増田正二副会長は「北海道がめざしているのは民間が自由に使えるような射場環境。さらに鹿児島の補完的な(役割を果たす)発射場だ」と話しています。道経連は観光面の波及効果だけで年間267億円と見込み、関連企業の誘致もめざします。

2019. 2.18
企業と大学を橋渡し!札商が就職情報交換会

2年後の採用ルール変更で、学生の採用が厳しさを増す中小企業を対象に、札幌商工会議所(札商)はきょう、学生の就職についての情報交換会を開きました。

会場全景.jpg

情報交換会は去年に続いて2回目。道内の大学や短大16校と札商に加盟する中小企業45社が参加しました。企業が、学生から聞くことが難しい会社を選ぶ基準などの本音について、普段、学生の相談に応じている学校の担当者から直接聞くことができる貴重な場です。

ブース.jpg

ある大学の就職担当者は、会社を選ぶ基準について「その会社で勤める人たちと10年後も一緒に働いている姿が見えるかどうかが大事」と学生の本音を紹介していました。

大学側.jpg

情報交換会に参加した企業の採用担当者は「こういう機会がないと、中小企業は人手不足で苦しくなる」と懸念していました。札商は今後も情報交換会を開く予定です。

ブース (2).jpg

2019. 2.15
外国人「おもてなし力」向上へ 市場で実験

外国人により観光を楽しんでもらおうと、札幌場外市場で、スマートフォンを使って外国語で観光情報を伝える実験が始まりました。
Still0215_00005.jpg実験は、市場を運営する組合とNTTグループが行っています。市場に来る外国人は増加傾向ですが、外国人を雇用している店はまだ少なく、言葉の壁が課題です。そこで導入したのが...
「QRコードを読み取ると外国語のメニューが表示され、その画面を見せることでスムーズに注文をすることができます」(畑中記者のリポート)
Still0215_00004.jpg英語や中国語など5カ国語に対応。料理や食材の説明はもちろん、観光客の好みや気分からおすすめを紹介する機能もあります。観光案内所にはQRコードを設置。店に着く前にメニューを見られるようにしています。
「各店ごとの取り組みだと限界もあるし、場外市場全体としての取り組みにしていかなければいけない」(札幌市場外市場商店街振興組合の岩本副理事長)「最近はタブレット端末のように手軽に導入できるものが増えているので、軽く試してもらうところから始めてもらうのがいい」(NTT新ビジネス推進室の梶川担当部長)
支払いまでをスマートフォンでできるシステムの導入も目指します。実験は3月29日までです。

2019. 2.14
ススキノのスナックで確定申告相談会

税務署への確定申告が18日から始まるのを前に、札幌ススキノのスナックできょう、東京のIT会社がスナックのママやホステスを対象にした確定申告相談会を開きました。

相談.jpg

企画したのは、クラウド会計ソフトなどを手がける東京の会社「フリー」です。担当者が札幌の税理士とともにススキノのスナックを訪れました。必要経費の範囲や、確定申告をした方が税金の還付を受けられる事例などの相談のほか、スマートフォンのアプリを使った確定申告の使い方を学びました。

スマホ.jpg

相談に訪れたスナックのママさんは「確定申告アプリはすごく便利だなと思います」と話していました。税理士は「(所得などを多面的に把握する)マイナンバーというのがキーワードになっています。きちんと申告してほしいですね」と呼びかけていました。

ママさん.jpg

フリーは、スナックのような働く人が少ない事業所向けにスマホを使った確定申告を働きかけています。

2019. 2.13
優れた道産加工品 プロの目で選定

 食品のバイヤーらがプロの目で魅力ある道産加工食品を選ぶ「北のハイグレード食品セレクション」が大①00000000.jpgきょう決まりました。道の主催で2011年から始まりました。今年は96品の応募があり、食品会社や百貨店の関係者、料理人らが試食して16品を選びました。道南の鹿部町の塩分控えめの「ほっけの開き干し」は33③00000000.jpg軽石の粒で包んで干したため水分が除かれ、魚本来のおいしさが味わえます。洞爺湖町の「熟成ベーコン」は塩漬けした豚肉を3週間熟成させるなど、時間をかけた手作り感が評価されました。選ばれた商品は、道が道内外で開く商談会に出品の機会を提供するなどして販路拡大を支援します。

2019. 2.12
東急電鉄の豪華列車、北の大地で運行へ

JR北海道と東急電鉄(東京)がきょう、来年夏をめどに道内で豪華観光列車を運行すると発表しました。東急電鉄がJR横浜駅と伊豆急下田駅の間で運行している「ザ・ロイヤルエクスプレス」で、札幌と道東エリアを結びます。

東急.jpg

来年5月から8月までのいずれかの1カ月の間に、週4日程度運行します。レールを保有するJR北海道に収入が入る仕組みとし、赤字が続くJRの経営改善につなげます。運行ルートは今年の夏ごろに決めます。

4人.jpg

JR東日本の本社できょう、JR北海道の島田修社長のほか、東急電鉄の高橋和夫社長やJR東日本の深沢祐二社長、JR貨物の真貝康一社長の4人が共同会見を行いました。JR北海道の島田社長は「東急電鉄に旅行商品の造成、販売、社内サービスを行っていただき、当社で列車の運行を行うという役割分担で進めたい」と述べました。

島田.jpg

また、JR北海道は今年7月27日から9月8日までの土日と祝日に、JR東日本が所有する観光列車を宗谷線に導入することも明らかにしました。

2019. 2.11
道博物館が裏側からみる見学ツアー

 博物館の裏側が一般公開されました。大20190211HP用博物館①00000000.jpg倉庫内の収蔵品を特別に見学できる催しがきょう札幌・厚別区の北海道博物館でありました。先週から始まったアイヌ民族に関する特別展。刀のさやなど24の文化財を、CTスキャンで撮影した内部の状態とあわせて展示しています。その関連イベントとして行われたのが゙...。北海道博物館の杉山智昭学芸員は「心臓部をちょっと、垣間見ていただきたいと思います」と話します。倉庫内を公開する「バックヤードツアー」。事前募集の10人が農業や漁業の現場で使われていた大型の機具などを見て回りました。

来場者の大人は「普段目にすることができなくて本当、勉強になります」と感想を語ってくれたほか、子どもの来場者は「机とかも木でできていて、昔は不便ではないけれど、そういう風になっていたんだと思いました」と話しました。博物館には18万を超える収蔵品がありますが、常設の展示室で普段公開しているのは全体のわずか2パーセント。日の目を見ず、埋もれたままのものもあるということです。22220190211HP用博物館③00000000.jpg「インバウンドが(増えている)関係もあって文化財を積極的に活用しようという動きが盛ん。普段は目に見えない裏側の活動を知ってもらって、皆さんに文化財を保存することの大切さを知ってもらいたい」(杉山さん)。来年度以降も同様の取り組みを続けたいとしています。

2019. 2. 8
石川氏が野党統一候補に 鈴木氏は辞職願

4月の道知事選への立候補を表明している石川知裕元衆院議員が、野党の統一候補となることがきょう、決まりました。石川氏は政策を明らかにしました。


立憲民主党道連など旧民進系の4団体は、共産党北海道委員会など3団体と懇談し、7団体が連携して石川氏を野党統一候補として支援する方針を確認しました。

①00000000.jpg石川氏はその後の記者会見で政策を発表。中央依存からの脱却や人口減少問題の解決、脱原発を主要政策に位置付けました。また、JR北海道の赤字路線の存廃について、検討の見直しが必要との考えを示しました。上下分離方式の導入に向けた検討にも先頭に立って取り組むとしました。

選挙戦の争点となりそうなカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致については、「経済成長に資するものか疑問で、ギャンブル依存症の問題も解決されていない」として慎重な姿勢を見せました。

②00000000.jpg一方、石川氏に先立って立候補を表明した鈴木直道夕張市長はきょう、市議会に辞職願を提出しました。

2019. 2. 7
国際雪像コンクール、思い出の冬に

海外のチームが雪像を制作する国際雪像コンクールが、さっぽろ雪まつりの大通会場(中央区)で行われ、きょう表彰式が行われました。

Still0207_00000.jpg

国際雪像コンクールは今年で46回目。9チーム27人が高さ約3メートルの雪像を制作しました。審査の結果、男性3人のタイチームが2年連続9回目の優勝を飾りました。

Still0207_00001.jpg

雪像はタイの熱帯魚を表現。うろこも綺麗に表現されていて、高い芸術性と独創性が評価されました。チームのメンバーの一人は「優勝した時はとても幸せな気分になります。私は幸運だと思います」と笑顔で話していました。

Still0207_00002.jpg

準優勝はマカオチーム。マカオの人気観光地の一つの観音像をモチーフに、迫力ある雪像を作り上げました。

Still0207_00003.jpg

国際雪像コンクールで制作された雪像9基は、さっぽろ雪まつりが閉幕する11日まで、大通公園の西11丁目会場で展示されています。

Still0207_00004.jpg

2019. 2. 6
冬にあえてアイス 札幌に人気店が集合

 寒い冬にあえてアイスクリーム。きょうから札幌三越で大Still0206_00000.jpg道内人気のソフトクリームなどが集合したアイスクリームフェスタが始まりました。冬の開催は初めてです。なぜ冬に?札幌三越の佐々木宏晃さんは「北海道ですと(冬に)室内でアイスクリームを食べる文化があります」と説明してくれました。道内5つの人気店が出店しました。若い女性客は「(アイスクリームを)毎日食べてます」と話しました。

「ふわもこラベンダーソフトでございます」。店員がこう客に呼び掛けているのは富良野の藤井牧場の鮮やかな色合いのソフトクリームです。

 道南七飯町の道の駅で人気のソフトクリームにはある仕掛けが。「ガラナソフトということなんですが、ソフトクリームの上にぱちぱちキャンディーがかかっているんですね。頂いてみますね。(食べる)うん、口の中でぱちぱちキャンディーがはじけて、2Still0206_00003.jpgやさしいガラナという味なんですけども、ぱちぱちキャンディーがはじけることによって炭酸感が味わえる。まさにこれは北海道を代表する炭酸飲料の芸術作品といえますね」(小澤良太アナウンサーのリポート)。今月14日まで開かれています。

2019. 2. 5
新撰組ゆかりの書 100年ぶり月形に

  新撰組ゆかりの書が月形に戻ることになりました。大20190205HP用新撰組揮毫00000000.jpg月形町の上坂隆一町長に渡されたのは明治時代の1881年、樺戸監獄の職員の武道練習場に掲げた「修武館」の揮毫です。松前藩士から新撰組に転じた永倉新八が監獄の剣術指導者に招かれた時に、友人の政治家で書家の山岡鉄舟から贈られました。樺戸監獄の廃止で旭川刑務所が保管していました。監獄廃止100年の今年貸し出します。上坂町長は「札沼線があと1年ちょっとで廃線に。その代わりに100年ぶりに戻ってくる」と嬉しそうに語っていました。今後は月形樺戸博物館で展示します。

2019. 2. 4
純白の美、大通会場も開幕 さっぽろ雪まつり

今年で70回目となるさっぽろ雪まつりはきょう、メインの大通会場も開幕し、さっそく大勢の観光客などでにぎわっています。

UHB広場.jpg

会場には映画「スターウォーズ」をはじめ、高さ10メートルを超える五つの大雪像が来場者を出迎えています。東京から訪れたという親子連れは「大雪像が見られて嬉しい」「迫力があって、自分より背丈の何倍もの大きい物があるのがすごい」と興奮気味に話していました。

大坂なおみ.jpg

西9丁目と西12丁目の会場には、市民が作った雪像80基が並んでいます。テニスの全豪オープンで優勝した大坂なおみ選手をモチーフにしたものや、地震で被災した厚真町などを応援する市民雪像も。今年もスマートフォンによる人気投票を実施しています。西4丁目会場には、2020年に胆振管内白老町に開設される民族共生象徴空間(ウポポイ)をPRするブースも設けられています。

翻訳.jpg

さらに、年々増える外国人観光客に対応するため、外国語翻訳アプリが登場しました。英語、中国語、韓国語、タイ語の四つの言語に対応。インターネット上で待機している通訳とテレビ電話でつながり、会話形式で通訳してくれます。

市民雪像.jpg

氷雪像が並ぶすすきの会場(中央区)はきょう午後6時に開幕。1月31日に開幕したつどーむ会場(東区)も含め、さっぽろ雪まつりは今月11日まで開かれています。

2019. 2. 1
鈴木夕張市長 知事選出馬を正式表明

夕張市の鈴木直道市長がきょう、4月の道知事選に無所属で立候補すると正式に表明しました。会見後、鈴木氏は自民党と公明党に推薦を求めました。

①00000000.jpg急きょ集まった道内の若手起業家たちに迎えられ、記者会見に臨んだ鈴木市長。退路を断ち無所属で知事選に出馬する決意を語りました。「若輩ながらも自らのこれまでの経験と持てる力を全て注ぎ、新しい発想も取り入れながら、北海道が課題解決の最先端の自治体となるよう汗を流し続けていきたい」。

次の夕張市長については「夕張では様々な人材が育ってきている」とする一方、「市長を決めるのは市民」とし、明言を避けました。

会見後、鈴木氏は自民党と公明党に「推薦」を要請。これに対し自民党道連は...

「早急に吉川道連会長と打ち合わせをして今後のことを相談してまいりたい」(自民党道連・小畑幹事長)。一方、同じ与党の公明党の北海道本部は、党本部に鈴木氏の「推薦」を申請します。道知事選で自民党より先に公明党が推薦を決めるのは異例です。②00000000.jpg

知事選を巡っては、立憲民主党道連が石川知裕元衆院議員を軸に調整していて、来週にも国民民主党道連などと協議し擁立を決めたいとしています。

2019. 1.31
札幌・狸小路に「MEGAドンキ」

札幌の狸小路で2館態勢です。ドン・キホーテの新たな店舗が2月1日、オープンします。オープン前日の31日に、一足早く報道関係者に公開されました。

20190131HP用ドン・キホーテ①00000000.jpg「MEGAドン・キホーテ札幌狸小路本店」は、去年1月にオープンした店舗の向かいにあります。売り場は地下2階から地上4階までで、面積は約5000平方メートル。24時間営業で、さっぽろ地下街直結です。

20190131HP用ドン・キホーテ③00000000.jpg店内には、これまで取り扱っていなかった生鮮食品をそろえました。外国人観光客に人気の抹茶味のお菓子や、目薬、風邪薬など医薬品も拡充しています。

20190131HP用ドン・キホーテ⑤00000000.jpg「4割くらいのお客様が、外国人観光客ですね。一番多いのは中国の方ですが、韓国の方も非常に増えてきています」(蛯名店長)。店内には新たに観光案内所を設置。5カ国語に対応する70人のスタッフを配置するということです。

2019. 1.30
チョコ勢ぞろい!バレンタイン商戦札幌でも

バレンタイン商戦真っ盛りです。札幌の百貨店では、国内外の有名ブランドのチョコレートを集めたイベントが始まりました。

Still0130_00000.jpg丸井今井札幌本店で始まったチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。13回目となる今回は、日本やフランス、ベルギーなど10カ国の88店が出店。カラフルな缶に入ったものやスティック型のチョコレートなど、思わず写真を撮りたくなるような商品を数多くそろえています。

「SNS映えするような商品を多く取りそろえています。ご自分用のご褒美チョコのようなものをお求めになるお客様が、とても増えています」(丸井今井広報・田中さん)

Still0130_00001.jpg売れ筋価格は2000円~3000円。自分用に買う男性客も増えているといいます。「自分用に買いました。予算は5万円くらいです」(女性客) 「自分用と彼女用です。1万円ぐらい買います」(男性客)

イベントは来月14日のバレンタインデー当日までです。人気ショコラティエによるトークショーも予定されていて、およそ13万人の来場を見込んでいます。

2019. 1.29
さっぽろ雪まつり 市民雪像の制作始まる

 まもなく開幕する、さっぽろ雪まつり。大通会場ではきょうから市民などが自由に表現できる小雪像の会場で市民雪像の制作が始まりました。市民雪像は大通9丁目や12丁目会場などに10倍の倍率から抽選で選ばれた80基が展示されます。きょう午前10時から一斉に制作が始まりました。大Still0129_00000.jpgこちらのグループでは、去年9月に地震があった厚真町の公式キャラクターなどがテーマです。グループのメンバーのひとりは「みんな迫力あってね、思いのほか(作業が)進んでいます。やっぱり、被災地のことを忘れないでほしいってことですよね」と話しました。NHKの番組で人気の「チコちゃん」などのキャラクターやプロテニスの大坂なおみ選手をテーマにした雪像もつくられます。さっぽろ雪まつりは、あさってつどーむ会場で始まり、大通とすすきの会場は来月4日に開幕します。

2019. 1.28
池田町に新ワイナリー構想

 十勝の池田町で宿泊施設などを運営する会社が新たにワイナリーをつくる構想をまとめ、きょう町内で
発表しました。地元で採れるブドウを使い地域活性化に結び付ける狙いです。

 池田町の大地。林秀康社長の考えは「こういう暮らしをしたいという仲間を(増やしたい)」。構想によりますと、大Still0128_00002.jpg清見地区の建物を改修してワイン工場を2021年までに建設し、町内の系列農業法人が生産したブドウを原料にワインを生産します。建設費はおよそ5000万円。構想発表には金融機関関係者らも出席しました。林社長はゆくゆくは池田町を週末に訪れる人や移住者を増やしたいとしています。

 池田町ではすでに行政主導の池田町ブドウ・ブドウ酒研究所がワインを製造しており、町内に工場が一つ増えることになります。

2019. 1.25
苫小牧発着のフェリーに新船登場

 苫小牧と仙台を結ぶ太平洋フェリーの航路にきょうから新しい船が就航します。大(190125) (1)00000000.jpg就航に先立ち、苫小牧港で船内を公開しました。太平洋フェリーの新船就航は8年ぶりです。およそ30年運航していた「きたかみ」に代わる新しい「きたかみ」。けさ苫小牧港に初入港し、歓迎のセレモニーが行われました。新しい船内のテーマは「スペーストラベル」。プロジェクションマッピングで宇宙船のような旅を演出します。「この新しいフェリーでは大部屋をなくし、個室以外はこのカプセルタイプと、プライバシーが確保され、機能性も向上しました」(岡田純記者のリポート)。2(190125) (3)00000000.jpg定員は160人以上減りましたが、8人用など大人数の部屋を廃止。利用客からの要望が多かったペットと泊まれる部屋を初めて導入しました。快適さを売り物に家族連れを中心に旅客を増やす狙いです。太平洋フェリーの志甫裕社長は「貨物に関しては、北海道は陸続きではないので、海運業はしっかりやっていかなければならない。ここは今まで通り、需要に応える形でスペースを確保した」と話しています。ドライバー室も2段ベットをやめて個室とし、運送会社などからも選ばれるフェリーを目指します。

2019. 1.24
JR3社 札幌でビジネスホテル競合

 JR東日本は来月1日、札幌駅北口に大型ビジネスホテルを開業します。JR東日本が自社の営業エリア以外にホテルを展開するのは初めてです。「来月1日オープンするJR東日本の道内初出店のホテル。札幌駅北口から徒歩2分の好立地です」(岡田純記者のリポート)。大①00000000.jpgきょう報道陣に公開したJR東日本ホテルメッツ札幌。客室数はシングル、ツインなど合わせて206室です。全ての部屋に独立した浴室を設け、観光客の取り込みも狙います。JR東日本ホテルメッツ札幌の舛上佳美支配人は「この先、札幌はとても多くのホテルが建つと聞いておりますし、どんどんインバウンドのお客が流れてきているところもありますので、大変魅力を感じております」と話しています。

 日本の人口減少でJR東日本は鉄道事業の大きな収入の伸びが見込めません。JR北海道も鉄道事業の赤字を補うためホテル事業を強化。札幌駅周辺だけでもすでに3軒を展開。来年夏にも増設を予定しています。さらにJR西日本の子会社も来年夏ごろをめどに、道内初のホテルを計画するなど、札幌中心部でJRグループがホテル運営で競合しそうです。

2019. 1.23
災害・停電に強い消防署 札幌で開署

 札幌の真駒内に大規模災害に対応した新たな消防署大20190123HP用札幌市南消防署①00000000.jpgが完成し、きょう開署式が行われました。札幌市南消防署は老朽化のため別の場所に建設し、今月12日から業務を始めました。異常気象など大規模災害に備えた様々な施設や資材があります。「新しくできたこちらの消防署には、災害時に備えてガソリンと軽油の給油施設が市内の消防署で初めて設置されました」(岡田純記者のリポート)。ガソリン、軽油を1万リットルずつ備蓄し、消防学校の同様の施設と合わせ3日分の消防車両などの燃料が賄えます。3日間連続稼働できる非常用自家発電機2)20190123HP用札幌市南消防署④00000000.jpgも設置。外国人観光客も多く訪れる定山渓も含めた南区の防災拠点として運用されます。

2019. 1.22
来月はバレンタイン!チョコ専門店オープン

来月のバレンタインデーを前に、小樽の洋菓子店「ルタオ」は21日、観光客でにぎわう堺町通りにチョコレート専門店をオープンさせました。

Still0122_00000.jpg

店名は「ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ 小樽本店」。リンゴやブドウといった地元の素材などを組み合わせたチョコレートにこだわりました。

Still0122_00002.jpg

バレンタインデーに加え、中国の旧正月「春節」を前にしたこの時期に、これまであったチョコレートショップをリニューアルしました。同店のスタッフ・野村愛花チーフは「何かの素材とかけ合わせることによって、今まで食べたことのないチョコレートお楽しみいただくことをコンセプトにしました」とPRしています。

Still0122_00001.jpg

このエリアは食べ歩きをする観光客も多いことから、この店舗限定のショコラクレープもあえて手のひらサイズにして販売しています。生地とチョコだけのシンプルなクレープで、チョコレートが口の中でとろける触感が魅力です。

Still0122_00003.jpg

オープン初日となったこの日、早速観光客や修学旅行生らでにぎわっていました。

2019. 1.21
道東の魅力知って! 香港メディア,amnekiPR

香港のメディア関係者に道東の魅力を知ってもらうためのツアーが、きょうから釧路で始まりました。

20190121HP用ピーチ00000000.jpg

ツアーは、格安航空会社ピーチ・アビエーションが香港の新聞社や雑誌社から12人を招き行っています。一行は関西国際空港発のピーチ便で釧路空港に到着しました。

20190121HP用ピーチ②00000000.jpg

早速、釧路市内の和商市場を訪れました。ご飯の丼を手に各店を巡って好みの具材を盛りつける「勝手丼」を味わったツアー参加者は「とってもおいしかった。もう1回食べたい」と満足そうに話していました。

20190121HP用ピーチ③00000000.jpg

ピーチは道東の観光情報などを香港で発信してもらい、観光客の増加につなげる狙いです。広報担当者は「台湾とか韓国とか、香港以外にも就航しているので、そうした国のメディアも招待して東北海道を売り込んでいきたい」と力を込めていました。

20190121HP用ピーチ④00000000.jpg

ツアーは1月24日までの4日間の日程で、阿寒湖畔や網走なども訪れます。

2019. 1.18
病気克服した麻薬探知犬 新千歳で活躍

顔に皮膚病の痕が残り、飼い主が見つからなかったラブラドルレトリバーが先月から、麻薬探知犬として新千歳空港で活躍しています。全国的にも珍しい、病気を克服した探知犬の姿を追いました。
②00000000.jpg新潟生まれの1歳のメス「クリスティン」。遊び好きが高じて、擦り傷から細菌性の皮膚病にかかりました。目や鼻の周りは毛が抜けて黒い斑点が目立ち、ブリーダーが飼い主を捜しましたがなかなか見つかりませんでした。そんな中、好奇心旺盛な性格を生かそうと、千葉にある麻薬探知犬の訓練施設で訓練を受けさせることに―。
去年夏から、函館税関職員の谷拓磨さんとペアを組み、約4カ月間、麻薬の臭いを嗅ぎ分ける訓練をしました。
①00000000.jpg去年11月、難関の認定試験に合格。今は、主に新千歳空港国際線の税関検査場で手荷物を持つ旅客の間を所狭しと動き回っています。犬の嗅覚は人間の数万倍。麻薬の臭いを見つけたらこんなご褒美が―。「一緒に走ったりして遊びます。麻薬を良く見つけたと褒めてあげます」(税関職員・谷さん)
探知犬との信頼関係は重要で、犬舎の掃除やブラシで毛並みを整えたりしながら関係を深めています。税関職員の「鼻」となり、薬物汚染防止の最前線できょうも活躍しています。

2019. 1.17
ことしも実施!お歳暮ギフトなど割安に

この時期恒例の食料品やお歳暮ギフトを割安に提供するイベントが、大丸札幌店できょうから始まりました。
(190117) (1)00000000.jpgイベントでは、乾燥しいたけや角煮などの肉の加工品、スモークサーモンといった食品を、通常よりも3割から7割ほど安く販売しています。
飲み物を詰め合わせたお歳暮ギフトも半額で販売されていて、開店と同時に飛ぶように売れていきました。客の反応は?「毎年来ますよ。並んでね、朝から。やっぱり安いですよ。普通に買うより」「こどもが好きな物や、夫が好きな物を探しています。いっぱいお菓子が入って1000円だったのでこれはお得」。
(190117) (3)00000000.jpg会場には540円均一のワインコーナーや、数量限定の日替わりのお買い得商品も用意されています。イベントは今月21日までです。

2019. 1.16
平岸爆発から1カ月 今も残る影響

52人が負傷した札幌・豊平区平岸の爆発事故からきょうで1か月です。現場には今も、事故の爪痕が残ったままです。

先月16日の夜、不動産仲介会社「アパマンショップ平岸駅前店」で爆発があり、従業員や隣の居酒屋の客など52人が負傷。建物42棟と車32台に被害が出ました。

Still0116_00002.jpg「爆発があった現場です。1か月たってもがれきの撤去作業が続いています。再開した店舗がある一方で、いまだに再開できない店舗もあります」(岡田記者)

周辺の道路は通行できるようになっていますが、マンションなど建物は1カ月たっても修理ができず、板を貼ったままの窓も多く見られます。Still0116_00001.jpg

現場の向かいにある飲食店の店主は、客足に影響が残っていると打ち明けます。

「割れたガラスが入口まで飛んでいった。トラウマになってしまい、大きな音を聞くとびっくりしてしまう」(飲食店店主・山下さん)

壊れた看板や店内の楽器などの補償について、不動産仲介会社と話し合いを進めていますが、先は見通せていません。完全な復旧には相当な時間がかかりそうです。

2019. 1.15
もりもと・岩見沢農高、和菓子を共同開発へ

 菓子メーカーの、もりもとと、岩見沢農業高校が共同で黒大豆を使った和菓子の商品開発を行っています。もりもとは道経済産業局の支援を受けて今回初めて、岩見沢農高と和菓子を商品化する共同プロジェクトを進めています。岩見沢農業高校はおととしから黒大豆などの農産物で国際的な農業生産工程管理の規格、いわゆるグローバルGAPを取得しています。大(190115) (1)00000000.jpg黒大豆は粒が大きく高い香りと甘味が特徴で、高校生らは豆の煮方や配合を変えた試作品を味わい意見を発表しました。試作に参加した高校生は「枝豆みたいな感触。個人的には一番おいしく感じた」と話しています。もりもとの松原範宜専務執行役員は「国際標準化が求められる。先進的な取り組みを行なっている高校と一緒になって、次の時代のお菓子を作っていきたい」と語りました。もりもとは来月にも商品化して岩見沢市内で限定販売する予定です。

2019. 1.14
平成最後の成人式 国際色豊かに

 きょうは平成最後の成人の日。新成人が大人としての一歩を踏み出しました。札幌・西区の式典では出席者も国際色が豊かになっています。「(成人)式ということで少し実感が湧いてきた」(出席者)。西区の成人式には道内企業に勤めるベトナム人技能実習生の姿も。「着物本当にかわいい。参加してみたいから来ました」(技能実習生)。大(190114) (1)00000000.jpg技能実習生の成人式参加を後押しした中和石油海外事業部の菅田浩志さんは「(技能実習生たちは)日本で長く働きたいとか、国に帰って日本の企業に勤めたいという希望を持っているので日本の習慣を少しでも触れる機会があるといいと思った」と話します。今年の道内の新成人は去年より159人多い4万8319人。札幌市は参加しやすいよう来年から成人の日前日の日曜開催に変更します。

2019. 1.11
道内の自慢の味一堂に 札幌でいいとこ獲りマルシェ

 道内8つの市町村の自慢の味を販売する初の催しが去年開業した札幌市民交流プラザで始まりました。「いいとこ獲りマルシェ」はきょうから4日間、4つのブースに日替わりで農水産品やお菓子など自慢の品が並びます。釧路市の水産物ブースは「こちらテレビ東京の男子ごはんという番組でグランプリを獲得した、さんまじゃーきーなんですけども、このようにスティック状になっていまして食べやすくなっているんですね。(食べる)さんまのうま味が生きていますね。3大.jpgあっ、そしてかめばかむほどさんまの脂身のうま味が口の中にあふれ出す。そういった感じです」(小澤良太アナウンサーのリポート)。札幌市が14日まで開いています。

2019. 1.10
陸自北部方面航空隊が編隊飛行

 陸上自衛隊の北部方面航空隊がきょうヘリコプターなど航空機による大Still0110_00003.jpg年初の編隊飛行訓練を行いました。航空隊長の廣瀬敏彦一等陸佐は「いついかなる任務にも即応し、これを完遂しえるよう最も強く、最も頼もしい北部方面航空隊を目指し進化し続けなければならない」と訓示しました。訓練にはパイロット、整備士ら90人の隊員が参加。毎年この時期、編隊飛行能力の向上や安全への意識を高めるために実施しています。12機のヘリコプターは次々と駐屯地を飛び立ち、V字の編隊を組みながら石狩湾新港や北海道神宮などの上空を飛行しました。

2019. 1. 9
統合型リゾートの模型並ぶ 札幌でイベント

 カジノを含むIR=統合型リゾートの魅力を発信するイベントがきょう、札幌で始まりました。大Still0109_00000.jpgイベントはIR誘致をめざす民間企業などで組織する実行委員会が主催しました。海外でIRを運営する事業者が出展し、カジノだけでなくホテルやレストランも備えた施設になることを紹介しました。北海道IRショーケース実行委員会の堀正人委員長は「IR=統合型リゾートは単にカジノだとかゲーミングだという誤解を解いていただきたい」と話しています。IRをめぐっては、経済効果が期待できる一方でギャンブル依存症を懸念する声もあることから、道は苫小牧が適地だとしながらも誘致を表明していません。イベントはあすも開かれます。

2019. 1. 8
生命の歩み間近に 北海道博物館で特別展

人間が誕生するまでの地球や生き物たちの歴史をたどる巡回ミュージアム「生命のれきし-君につながるものがたり」が、札幌市厚別区の北海道博物館で開かれています。

(190108) 化石.jpg

展示されているのは、東京の国立科学博物館に所蔵されている地球最古の岩石や恐竜の全身骨格など73点です。

北海道博物館の円谷昴史(えんや・たかふみ)研究職員は「地球とか生命の歴史を本物の化石とか岩石を通してご覧いただける。壮大なストーリーを体験してもらいたい」と来場を呼びかけています。

(190108) 館内P.jpg

会場にはこのほか、スクリーンに映された恐竜を身振りで自由に動かせるバーチャル体験のコーナーも設けられています。

(190108) なろう!.jpg

この巡回ミュージアムは今月20日までで、今月末には北見での展示が予定されています。

2019. 1. 7
さっぽろ雪まつり 雪の搬入スタート

冬の北海道を代表するイベントさっぽろ雪まつりで雪像づくりに使う雪の搬送作業が1月7日、会場となる大通公園などで始まりました。

トラック.jpg

雪像づくりは、陸上自衛隊第11旅団が行います。1日あたり最大でおよそ450人、延べ1万人の自衛隊員が携わります。隊員の1人は「70回という節目と胆振東部地震の被災からの復興へ歩んでいるこの時期に、夢と感動と勇気を与えられるよう雪像の制作に努めます」と決意を語っていました。

隊員.jpg

制作する大雪像2基には5トントラックで約1200台分の雪が必要で、郊外の中山峠などから集めて運び込むということです。

さっぽろ雪まつりは、つどーむ会場(東区)が1月31日、大通・すすきの会場(中央区)は2月4日に開幕し、いずれも2月11日まで開かれます。

2019. 1. 4
平成最後の仕事始め

多くの官公庁や企業が4日、新年の仕事始めを迎えました。

20190104HP用仕事はじめ③00000000.jpg道庁では高橋はるみ知事が、職員約500人を前に、道内経済の活性化に向けた取り組みにより力を入れるとあいさつしました。

20190104HP用仕事はじめ①00000000.jpg「胆振東部地震の影響を乗り越え、道民と築き上げてきた食と観光の北海道ブランドを世界へ発信し、もっと知ってもらう必要がある」(高橋知事)

一方、去年の年末に道外の大手2社と資本提携したアークスでは、約200人の社員が地域密着を徹底し、地方での売り上げの増加を目指すと誓いました。

20190104HP用仕事はじめ②00000000.jpg「我々の店へ来るとお客さんが明るいと感じる雰囲気をつくっていく、こういう1年でありたい」(アークスの横山社長)

札幌証券取引所の大発会では、去年、サッカーJ1で過去最高の4位という成績を収めた北海道コンサドーレ札幌の宮沢裕樹選手らが、取り引きの開始を祝いました。

2018.12.25
JR日高線存廃問題 沿線自治体の意見割れる

 JR日高線存廃問題で沿線の町長がきょう会議を開きましたが、7町の意見はまとまらず、年明けも議論を続けます。大HP用181225.jpg日高線鵡川ー様似間の沿線7町長は前回の会議で日高門別から様似までの廃止受け入れで合意。全線廃止受け入れ案と、鵡川ー日高門別間を鉄路で存続する2案に絞る方向になりました。しかし浦河町の池田拓町長が改めて全線復旧を主張、7町の足並みがそろわず、年を越すことになりました。浦河町の池田拓町長は「大切な財産であるJR路線を廃線ではなく路線の休止という形をとってでも未来の世代に残していきたい」と会議後、話しました。7町は来年1月28日に改めて協議する予定です。

2018.12.24
復興クリスマストレイン 道北を走る

 胆振東部地震からの復興の願いを込めたクリスマストレインが道北を走りました。大(181224) (2)00000000.jpg被災地の子供らが「北海道は元気です。みなさんも北海道にたくさん遊びにきてください」と復興を宣言しました。道がJR北海道のリゾート列車を貸切りました。アジアからの招待客と厚真など被災地の親子らが乗りました。安平町早来から来た女の子は「外の景色見るのが好き。(地震で)水が出なくなったりして(困った)」と話してくれました。旭川駅で出発式をした後、列車は稚内へ向かいました。

2018.12.21
秋元札幌市長が出馬を表明

札幌市の秋元克広市長がきょう、2期目を目指し来年4月の市長選挙に出馬すると表明しました。

HP用2018-12-21.jpg秋元氏は夕張生まれの62歳。北海道大学を卒業後、札幌市役所に入庁し、市長政策室長や副市長を歴任、前回の選挙で初当選しました。

2期目では、災害に強いまちづくりなどを目指すとしています。

次の選挙では立憲民主党や国民民主党が秋元氏の支援を既に表明しています。自民党や公明党も支持するとみられています。共産党は独自候補を擁立する見込みです。

2018.12.20
札幌に「無人ホテル」

2000円から宿泊できるということです。常駐のスタッフがいない「無人ホテル」がきょう、札幌の中心部に完成しました。フロントを置かない新形態のホテルは道内で初めてです

(181220) (1)00000000.jpg運営するのは、不動産会社のマッシブサッポロ(札幌)です。ホテルは木造2階建てで、客室数は3室あります。ホテルを入ってすぐ横にあるタブレット端末に予約番号を入力。画面に沿って名前や住所などを打ち込み、本人確認ができれば、部屋の電子錠に暗証番号を入れて開錠します。

(181220) (2)00000000.jpg主に外国人観光客の利用を見込み、1室6人から10人が泊まれます。人件費を抑えられるメリットがあり、運営会社は新たな商機に期待しています。「家族でだんらんしながら、家のように滞在いただけるのでは」(運営会社の担当者)

緊急時に駆け付けるスタッフは配置します。オープンは来月中旬です。

2018.12.19
アフリカの小国に野球文化を 道産子が奮闘

西アフリカの「ブルキナファソ」。日本ではあまり知られていないこの国に、野球文化を広げようと活動を続ける男性が、道内にいます。

③00000000.jpg富良野市内のパン屋で、パン職人として働く出合祐太さんはことし6月、ブルキナファソのスポーツ省から野球代表チームの監督に任命されました。「10年前に青年海外協力隊で現地の野球隊員として活動することがあり、それがきっかけで帰国後も富良野を拠点に教え子たちをサポートいている」(出合さん)

②00000000.jpg2年前には、ブルキナファソなどの選抜チームとファイターズOBとの親善試合を実現しています。先週は現地に赴き、代表チームのメンバーを選びました。「アフリカでの決勝戦には、現時点の力でも行けると思っている」(出合さん)

④00000000.jpg彼らを別の角度から応援する動きも出ています。北翔大学でデザインを学んでいる佐藤恋さんは、講演会で出合さんと知り合い、その縁でユニホームのデザインを依頼されました。国が貧しく、同世代の人たちが野球に打ち込めない現状を知り、ある思いをロゴマークに込めたと言います。「野球チームがすごく有名になれば、夢を持てる人が増えるのではないかと思い、はばたく夢に向かってというイメージにした」(佐藤さん)

①00000000.jpg代表チームは来年3月、東京オリンピック・パラリンピックの西アフリカ予選に臨みます。「いろいろな支援があってこの活動は成り立っている。皆さんの思いというものをぜひ形にしたい」(出合さん)来年2月には、代表チームの合宿を道内で行う計画で、その資金をクラウドファンディングで募っています。

2018.12.18
ジオパーク推進 北大博物館が連携協定

 洞爺湖有珠山地域の世界ジオパークを教育や地域振興に生かそうと、北大総合博物館とジオパーク推進協議会はきょう、相互協力協定を結びました。大HP用20181218ジオパーク②00000000.jpg

 洞爺湖有珠山地域は2009年にユネスコの地球の歴史や活動などの痕跡が分かる世界ジオパークに認定されました。締結式には北大総合博物館の館長のほか、洞爺湖町など有珠山周辺の4つの自治体のトップが出席しました。北大総合博物館の中川光弘館長は「活動を通じてジオパークの地元の方に、どのようにすばらしいものかを知っていただき、研究をさらに発展させていく」と話しています。協定は5年間で、ジオパークの学術研究の推進、普及啓発や地域振興などを協力して進めます。道内にジオパークは5カ所ありますが、大学と協定を結ぶのは初めてです。

2018.12.17
平岸のビルで爆発火災 41人けが

 きのう夜、札幌市豊平区で居酒屋などが入るビルが爆発して炎上し、41人がけがをしました。何らかのガスに引火して爆発した可能性があり、警察と消防が原因を調べています。

 きのう午後8時半ごろ、札幌市豊平区平岸3条8丁目の居酒屋などが入る2階建てビルが爆発して崩れたとの通報が、大(181217) (1)00000000.jpg消防にありました。消防によりますと、不動産仲介会社の従業員や飲食店の客ら41人がけがをし、うち1人が全身にやけどを負う重症だということです。爆発から一夜明けましたが、付近の住民は今も驚きを隠せない様子です。現場近くに住む住民は「初めは雷かなと思ったけれどすごい衝撃で」「飛行機でも落ちたのかなと思うぐらいの衝撃だった」などと話してくれました。爆発の衝撃で、マンションなど多くの建物のガラスが割れました。近くの美容院の人は「シャッターを下ろしている状態だったがガラスが割れて。ドアがゆがんで自動ドアが開かなくなっている」と爆発の衝撃を語りました。爆発したビルには不動産仲介会社と居酒屋、整骨院の3つのテナントが入っていました。ビルにはプロパンガスのボンベが合計9本設置されていますが、いずれも損傷はみらませんでした。ただ各テナントとも消防法に定めのある火災報知器などを設置しておらず、ことし10月に札幌市消防局から改善指導を受けていました。警察は不動産仲介会社の建物が爆発で吹き飛んでいることから、この会社内に何らかの原因でガスが広がった可能性があるとみて調べています。

2018.12.16
札幌でガス爆発?40人以上がけが

16日夜、札幌で爆発とみられる事故が発生し、40人以上がけがを負いました。

IMG_0268.JPG16日午後8時半ごろ、札幌市豊平区平岸3条8丁目付近で、爆発とみられる事故が発生していると警察に通報がありました。近くの居酒屋から火と煙が出て、警察によりますと、居酒屋の客など42人がけがを負い、そのうちの1人は重傷だということです。

付近はマンションなどが建ち並ぶ住宅街で、周囲には煙が立ち込め一時騒然としました。
住民からは、「ドン」という大きな音とともに、地震のような強い揺れを感じたとの声が寄せられました。警察が、事故の原因を詳しく調べています。

2018.12.14
北海道新幹線 1日3本が東京まで3時間台

 東京ー新函館北斗間が3時間台へ。JR北海道はきょう、来年春のダイヤ改正の概要を発表しました。ダイヤ改正でJRは北海道新幹線の青函トンネルの走行速度を160キロに引き上げ、大(181214) (2)00000000.jpg所要時間を4分縮めます。東京ー新函館北斗間は最短3時間58分となり、4時間を切る列車は1日3本。東京発が2本、新函館北斗発が1本となります。函館ライナーの時刻も見直し、本州と函館との所要時間をおおむね5分ほど縮めます。在来線では、海外観光客の増加をみて札幌と道東を結ぶ「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」の全列車を年間を通してトマム駅に停めます。来年3月16日から新ダイヤに変わります。

2018.12.13
札証新興市場に地元外壁メーカーが上場

 札幌証券取引所の新興企業向けの市場、アンビシャスに札幌の外壁リフォーム会社がきょう、新たに株式を上場しました。大(181213) (2)00000000.jpg上場したのは、札幌のFUJIジャパンです。先月、上場が承認され、きょう市場で売買を始めました。アンビシャスへの上場は、去年6月の札幌のシステム開発会社以来、1年半ぶりで上場企業数はこれで9社になりました。小池善明理事長は「(上場で)知名度の向上を図ってもらうとともに市場変更などステップアップを目指してほしい」と話しています。FUJIジャパンは東北や関東にも拠点を置き、4000棟以上のリフォームの実績があります。上場で8000万円を新たに調達し、寒冷地の技術を売りに販売網を全国に広げる方針です。佐々木忠幸社長は「関東圏の新規出店を伸ばしていきたい。内地(道外)の施工技術はまだまだ(北海道には)ほど遠く、うちの方が優れていると考えている」とみています。

2018.12.12
道、外国人留学生と企業の縁を取り持つ

 道内で働く外国人の留学生を増やそうと、道はきょう、札幌で地元の企業と留学生の間を取り持つ交流イベントを開きました。交流イベントには大Still1212_00002.jpg外国人を採用した実績がある道内の4社と、大学などに通う留学生13人が参加しました。道は慣習の違いから道内での就職に不安を抱く留学生が多いとみていて、不安をなくすことが採用の増加につながるとしています。きょうは採用担当者と留学生が直接意見を交わし、留学生が求める職場環境や、企業が留学生に期待する点について理解を深めました。参加者からは「まだ日本語が上手に話せないので(入社のための)テストが不安」(中国人留学生)などの声が聞かれました。道は来年度も同様の交流イベントを開くとしています。

2018.12.11
トマムにことしも「氷の街」

氷の街が、ことしも出現です。上川の占冠村にあるリゾート施設、星野リゾートトマムに、恒例の「アイスヴィレッジ」がオープンしました。

①00000000.jpg1998年に始まったアイスヴィレッジ。幻想的な風景に魅せられた観光客で、毎年にぎわいます。昨シーズンは、約8万人が訪れました。

ことしの目玉は、本棚や椅子が氷でできているブックス・アンド・カフェ。氷の器に入ったかき氷(税込み2500円)などを、炎をかこみながら味わうことができます。

③00000000.jpg「寒さをたのしんでいただきたいという思いで毎年様々なアイデアを出している。氷と炎のミスマッチを楽しんでいただきたい」(スタッフの古川さん)

来月には、氷でできたホテルや教会もオープンします。アイスヴィレッジは来年3月14日までです。

2018.12.10
北ガス野球部の室内練習場完成

今年の秋に発足した北海道ガス硬式野球部の室内練習場が完成し、初練習の様子が10日、公開されました。

20181210HP北ガス00000000.jpg室内練習場は、札幌・厚別区にある北ガスの社有地に造りました。敷地面積はおよそ4000平方メートル。人工芝などによる内野のフィールドをはじめ、トレーニングルームやロッカールームを備えました。暖まりやすいガス温風暖房も導入。冬場の練習環境を万全なものとしました。

20181210HP北ガス②00000000.jpg「冬の社会人野球の過ごし方を大きく変える施設。手探りの状態でことしはスタートすると思っているので、練習場が来年にどう影響するか逆に楽しみ」(北ガス硬式野球部の小島監督)野球教室を開くなどし、一般に開放することも計画しています。

2018.12. 7
建設に賛否...ルスツの大型風力計画

後志の留寿都村で、大型風力発電所の建設計画が進んでいます。環境への影響を懸念する声もあり、賛否が割れています。

(181207) (1)00000000.jpg6日夜に開かれた公聴会。11人が意見を述べました。アメリカのエネルギー会社の日本法人が村南部の村有地に、1基あたり出力4200キロワットの国内最大の大型発電機18基を建設、売電を目的に20年間操業する計画です。

公述人からは...
「地域の活性化につながるので事業に賛成」

一方、反対意見も出ました。
「ヒグマの生息域が狭まる」「人的被害、農業被害をもたらす」
「留寿都村ばかりでなく、その周辺地域の眺望、景観に大きな影響を与える」

今後、道が意見をまとめ、経済産業省が建設を認めるか最終判断します。

2018.12. 6
新しい政府専用機がお目見え

来年度から運用される新しい政府専用機がきょう、報道陣に公開されました。

①00000000.jpg首相や皇族が長距離の移動の際に使う新しい政府専用機。真新しい機体を横切る赤いラインが目を引きます。アメリカのボーイング社製の777型機で、2機あるうちの1機は今年8月、航空自衛隊千歳基地に到着。運用に向け、整備や訓練が行われています。

③00000000.jpg現在の政府専用機よりも燃費が良く、およそ1000キロメートル長く飛行できるということです。

現在の政府専用機は、今年度でその役目を終えます。

2018.12. 5
来年5月に「さっぽろ落語まつり」

テレビ北海道は、開局30周年の来年5月に「さっぽろ落語まつり」を開催します。プロデューサーの三遊亭円楽さんらがきょう、札幌で制作発表をしました。

Still1205_00000.jpg「みんなで落語の花を咲かせていただきたい。第1回目としては、最高のメンバーになったのではないか」(三遊亭円楽さん)

東西の人気落語家28人が、札幌で競演する落語まつり。円楽さんのほか、立川志の輔さんや桂文枝さんらが一堂に会します。

来年5月24日から26日までの3日間、札幌文化芸術劇場「ヒタル」をメイン会場に開かれます。

2018.12. 4
開発局が復興支援 地震被災地の農産物を輸出

 北海道開発局は胆振東部地震の被災地の農産品を輸出し復興を支援する取り組みを始めました。9月の地震で被災した厚真、安平、むかわの3町で生産したハスカップジャム、ナガイモなど大HP用181204.jpg農産品およそ1.4トンを札幌の物流施設でコンテナに詰め、6日に苫小牧港から船で運び19日に台湾に着く予定です。来年2月、現地での復興支援イベントで試食や配布をして被災3町をPRします。北海道開発局の松良 精三港湾計画課長は「少しでも多くの外国人観光客の方に被災地を訪れていただいて、復興支援に役立ててもらいたい」と話しています。この取り組みは道産食品の輸出拡大の一環です。輸出実績を重ね受け入れ側の通関や検疫手続きを簡素にさせる狙いもあります。

2018.12. 3
円山動物園、11年ぶりにゾウ

 札幌の円山動物園に11年ぶりにゾウがやってきました。円山動物園に来たのはミャンマーのアジアゾウ4頭です。母子を含むオス1頭、メス3頭が新千歳空港経由で円山動物園に到着しました。日本とミャンマーの国交樹立60年を記念しミャンマー政府から贈られました。大(181203) (1)00000000.jpg9月に新しいゾウの施設が完成しています。新しい環境に慣れてもらい、訓練をした後、来年春ごろから一般公開する予定です。円山動物園では飼育していたアジアゾウが11年前に老衰で死んだ後はゾウがいませんでした。市民からも飼育の要望が強かったため、ゾウを誘致しました。

2018.11.30
クリスマスツリー 広尾から全国へ

本物のアカエゾマツでできたクリスマスツリーの発送作業が、十勝の広尾町でピークを迎えています。

広尾クリスマスツリー1.jpgツリーの発送は、地元のサンタランドを広く知ってもらおうと、広尾町森林組合が2007年から毎年行っています。

大きさは80センチほどのLサイズと、60センチほどのSサイズの2種類で、価格は1万3000円から1万6000円ほど。主にインターネットで予約を受け、手作りの鉢に入れ首都圏など全国各地に送っています。

広尾クリスマスツリー2.jpg例年100鉢から200鉢ほど販売していて、ことしは、およそ90鉢を発送済みです。贈り物としても人気だといいます。

「乾燥しないよう水などをあげればより長持ちして、毎年、生の木のクリスマスツリーが楽しめる」(広尾町森林組合の鯖江さん)

受け付けは、12月10日までです。

2018.11.29
札幌市がアイヌ民工芸品の展示会

 アイヌの民工芸品を札幌中心部でも買える期間限定の販売会が、きょうから札幌駅前通地下歩行空間=チカホで大Still1129_00001.jpg始まりました。

 「アイヌの民工芸品の展示販売会を2週間限定で行なっております」(販売スタッフの呼び込みの声)。札幌市がアイヌ民工芸品の需要を調べる目的で催しています。市内の作家の作品を扱っています。前回6月の販売会で要望の多かったストラップなどを新たに加えました。今月からインターネットでの通信販売も始まりました。市中心部ではアイヌの民工芸品を扱う店が限られていることから、市は2020年度をめどに常設店を計画しています。市は販売会の収支や運営費を踏まえ、計画に反映させる考えです。

2018.11.28
農と食の最新機器一堂に 札幌で大規模展示会

 農業、観光、食。北海道を代表する3つの分野をテーマに次世代の製品などを紹介する大規模な展示商談会がきょうから札幌で始まりました。

 北海道アグリフードプロジェクト。137社が最新の農業製品などを紹介し、商談や即売も行われています。「このような農産物など荷物を運搬してくれるロボットなんですけども。大HP用181128.jpgこのボタンを押しますと押した人を認識して付いてきてくれるんですね。このようにですね。このような段差が目の前にあってもしっかり乗り越えて、障害物があってもしっかり交わしてくれるんですね」(小澤良太アナウンサーのリポート)。日通商事の山本真澄さんは「これから労働者が少なくなってきて、年齢層も上がっていくなかで、こういった重たい物を運ぶのは1つの課題でもありますので、とても役立つのではないかという声は頂いております」と語ってくれました。

 今年から観光と外食のブースも新しく設け、次世代の厨房機器なども紹介しています。こちらはパスポートをスキャンするだけで免税書類がつくれるシステム。書類作成の手間が省け購買意欲が高まるといいます。展示会は明日まで。一般の入場も可能で主催者は1万人の来場を見込んでいます。

2018.11.27
震災乗り越え 厚真の地酒づくり

 胆振東部地震による土砂災害をまぬがれた厚真産の酒米を使った清酒の仕込み作業が新十津川の酒造会社できょうから始まりました。こちらの酒蔵では純米大吟醸酒「あつま川」大(20181127) (1)00000000.jpgをつくっています。こうじと蒸して冷ましたコメを杜氏らが水の入ったタンクの中で次々と合わせます。原料の酒米「彗星」は厚真の佐藤泰夫さんが育てました。町内のもう一軒の農家も栽培していましたが、地震で土砂災害にあい収穫はかないませんでした。

 「もう一軒の方も可哀そうなことになってしまった。その分、良い米がとれればなと思っている」(佐藤泰夫さん)。作業は「三段仕込み」で行われ、きょうは「初添え」という最初の作業でした。「(町の)復活のためにも、復興のためにもこのお酒を造ろう。震災のあった厚真町を忘れないでほしいという思い」(金滴酒造の名取重和社長)。あつま川は来年1月に厚真町内限定で販売されます。

2018.11.26
佐川急便装う詐欺 道内でも増加

佐川急便を装ったショートメールをスマートフォンに送り、個人情報を盗み取ろうとする「フィッシング詐欺」が、道内でも増えています。

①00000000.jpgショートメールは、「不在のため荷物を持ち帰った」として、偽のサイトへアクセスするよう誘導。本物のサイトとそっくりのページから電話番号などの個人情報を入力させ、偽のアプリのダウンロードを要求します。盗んだ情報からプリペイドカードなどが勝手に購入され、身に覚えのない数万円ほどの請求が来るということです。遠隔操作で自分のスマートフォンからショートメールを送られ、被害を広げてしまう場合もあるといいます。

②00000000.jpg道警によりますと、ことし7月から全国的に被害が出始めていて、道内でも、今月10日の時点で被害にあったとの申告が27件寄せられています。相談は先月100件を超え、今月はそれを上回る勢いです。

「ショートメールやメールのメッセージが来た時は、まずは疑ってみることが大事。電話番号や認証コードの入力を要求された時は、よく考えずに入力してはいけない」(道警サイバーセキュリティ対策本部の石川学指導官)

佐川急便も、「ショートメールによる案内はしていない」と注意を呼び掛けています。

2018.11.23
ブラックフライデー 道内でも盛況?

11月23日は「ブラックフライデー」です。アメリカ発祥のお得な小売業のセールが、道内でも徐々に広がっているようです。

ブラックフライデーは、アメリカで始まったクリスマスを前に行われる小売業の大セールのことで、毎年11月の第4金曜日が年に1度のセールの日となります。

「ブラックフライデーはお得な価格が魅力ということで、30点限りの婦人靴が、開店後すぐに売り切れとなりました」(阿部力記者)

(20181123) (2)00000000.jpg今年から初めてブラックフライデーに取り組んでいるさっぽろ東急百貨店。
衣料品や日用品を中心にほぼすべてのフロアで数量限定のお買い得商品を用意しました。ブラックフライデーは知らなくても、お得な価格に客の反応は上々です。

「ブラックはクロ(96)ということで、960円の商品を用意したりとクロにちなんだ価格にこだわった」(さっぽろ東急百貨店の中川彩販売推進担当マネジャー)

さっぽろ東急百貨店のブラックフライデーは、25日までです。

2018.11.22
ステンドグラスギャラリーがグランドオープン

小樽芸術村に、新たな名所の誕生です。宝飾品で知られる「ティファニー」創業者の息子、ルイス・コンフォート・ティファニー氏の作品を展示したステンドグラスギャラリーが、きょうグランドオープンしました。

20181122HP小樽芸術村④00000000.jpgステンドグラスギャラリーでは、100年ほど前のティファニー作品およそ30点を展示しています。アメリカ本土でもこれだけの作品を間近で見られるのは極めて珍しいということです。

20181122HP小樽芸術村①00000000.jpg今年8月にプレオープンしていましたが、修復していた2組の作品を新たに追加。さらにステンドグラスの技法や構造を解説したコーナーも設け、きょうグランドオープンしました。

「新しくできたこちらのコーナーでは、ステンドグラスに使われているガラスに、実際に触れることができます」(岡田記者の報告)

小樽芸術村には、ことしに入りこれまでに20万人以上が訪れています。

2018.11.21
ニセコに新業態ホテル誕生

ニセコ地区に22日、道内初進出となる新業態のリゾートホテルが開業します。この冬は手ごろな価格でニセコを楽しめそうです。

(20181121) (1)00000000.jpgあすオープンする「ファーストキャビン ニセコ・ぽんの湯」。ゆったりとした広さが売りのカプセルタイプの部屋は飛行機の「ファーストクラス」をイメージしていて、一泊5千円から宿泊できます。二段ベッドを備えたタイプの部屋も用意しています。

(20181121) (2)00000000.jpg運営会社ファーストキャビンの来海(きまち)忠男社長は「安いけれども快適な施設は国内客もインバウンド(外国人観光客)も求めている」と話しています。

スキー客の利用を想定し乾燥室やロッカーを設置したほか、基礎化粧品を備えた天然温泉の大浴場もあります。ホテルと付近のスキー場や新千歳空港とを結ぶ無料シャトルバスも運行します。

2018.11.20
道総研 食品加工ロボットで中小企業を支援

人手不足解消の切り札として注目を集めるロボット。道立総合研究機構は食品加工ロボットを購入し、中小企業の人材が研修もできる研究所をきょう開きました。大Still1120_00002.jpg食品ロボット実証ラボが道総研の札幌の施設内でオープンしました。国内メーカーから購入した4台のロボットで食品加工など中小企業の従業員が使い方や仕組みを学べます。

 「こちらは商品を並べるロボットです。画像で向きを認識し、特殊なハンドを使い、カステラも潰さずに並べることができます」(畑中大樹記者のリポート)。国からおよそ8500万円の補助を受けました。道総研によりますと、食品業界向けのこの種の公的施設は全国初です。道立総合研究機構の田中義克理事長は「道内中小企業のロボットを供給する側、使う側双方に対する支援拠点をめざしている」と話します。企業向けにロボットを貸し出すなどして普及をめざします。

2018.11.19
震災復興の応援袋も 新春初売りの内覧会

 札幌の百貨店がきょう、新春初売りの福袋内覧会2大Still1119_00001.jpgを開きました。

「こちらは防災をテーマにしたセットです。空気で簡単に設置できるテントなど、災害の時だけでなく、普段から使いやすい道具をそろえたということです」(畑中大樹記者の報告)。防災セットは非常食なども入り7万5600円。さらにジンギスカンなど厚真町の特産品詰め合わせ、定山渓温泉のバスツアーなど被災地支援「応援袋」が5種類。通常の福袋も販売します。さっぽろ東急百貨店は胆振東部地震で、福袋の企画を変えました。営業推進部の阿部祐子さんは「今、必要なものや北海道の復興に直接つながる中身を考えた」と話しています。援袋は抽選販売で、来年1月2日から3日間、店頭で受け付けます。

2018.11.16
革新的な電気自動車 北大で公開

 近未来の電気自動車が目の前にーー。軽い合成樹脂や新しい構造のタイヤなど近未来の素材をふんだんに使ったコンセプトカーの展示がきょうから北海道大学で始まりました。

 「きょうから展示が始まったコンセプトカーが大HP用181116.jpgこちらです。外装のほとんどにこれまでの金属ではなく樹脂が使われているため、このようにかっこよくてスタイリッシュで複雑なデザインが可能になったんです」(小澤良太アナウンサーのリポート)。内閣府が主導する研究開発プログラムの一環として開発されました。車体には自動車などを軽くし安全性にも優れた新素材「しなやかなタフポリマー」をふんだんに使い、車全体の重さを一般的な電気自動車の半分ほどに抑えています。北大もプログラムに参加し、高強度・低燃費タイヤの構造を開発しました。プロジェクトに参加している北大の黒川孝幸教授は「こちらのタイヤなんですけど、見た目では分かりにくいんですが、実はタイヤのゴムの厚さが薄くなっています。我々が開発したダブルネットワークの技術をゴムに転用しています。使うゴムの資源も少なくて済みますし、軽くなるので将来的に期待ができる技術となっています」と新しいタイヤの特徴について語ってくれました。あさってまで北大で展示しています。

2018.11.15
紅茶の新業態店 北広島で開業へ

 紅茶ブランド「リプトン」を展開する食品メーカー大手のユニリーバ・ジャパンが2)20181115HP用リプトン①00000000.jpg紅茶消費を拡大しようと新業態の店舗を北広島のショッピングモールに開きます。

 「新しいお店にやって来ました。こちらが目玉商品のフルーツインティーなのですが、容器いっぱいに果物が詰め込まれているだけでなく大20181115HP用リプトン②00000000.jpg、ベースとなる紅茶の種類を20種類以上から選ぶことができるんです」(畑中大樹記者のリポート)店の名前は「リプトン・ティースタンド」。写真映えする見た目や果物を加えて飲む新しい飲み方を提案するほか、好きな紅茶も選べます。女性を中心に紅茶を飲む習慣のない若者を取り込みたい考えです。ユニリーバ・ジャパンは2年前から東京や大阪で期間限定の店舗を運営し、最大で4時間半待ちの行列ができるほど人気に。常設店としては北海道が初めてで今後、全国に展開します。ユニリーバ・ジャパン・サービスの小林令奈さんは「紅茶は今、日本で飲用率が低い。リプトンとして新しく紅茶のお店をオープンすることで日常的な飲用を促せればと思う」と話しています。営業時間は午前10時から午後8時まで。あさってオープンします。

2018.11.14
ボージョレ・ヌーボー あす解禁

 ワイン好きが心待ちにするフランス産ワインの新酒、ボージョレ・ヌーボーの販売解禁が今夜の午前0時に迫りました。販売店では準備に追われています。

 「こちらが今夜の解禁を待っている今年のボージョレ・ヌーボーなんですね。昨日このお店に届いたばかりということなんですが、可愛らしいラベルでわくわくしますね」(小澤良太アナウンサーのリポート)。できたての味わいが魅力のボージョレ・ヌーボー。セイコーマートを展開するセコマは毎年空輸し提供しています。広報担当の遠藤佳代さんは「(今年の仏・ブルゴーニュ地方は)気温も高く雨も少なかった。柔らかい酸味で果実の香り豊かなボージョレに仕上がっていると聞いております」と話しています。セコマで扱うのは2種類。大HP用181114.jpg値段は去年とほぼ同じです。「予約が本格化する時期に(胆振東部地震が)あったので当初は予約が伸び悩んだんですけども」(遠藤さん)。その後、予約数は回復しましたがグループ全体の輸入量は去年よりおよそ2万本少ない10万本ということです。

2018.11.13
札幌大谷 明治神宮野球大会で初優勝

 13年ぶりの道内勢の快挙です。明治神宮野球大会高校の部の決勝戦で、札幌大谷が北信越地区代表の星陵を下し、初出場で優勝を果たしました。
 (181113) (1)00000000.jpg 札幌大谷は0対1で迎えた7回、センター前へのヒットで逆転に成功。2点を追加して守り抜き、道内勢としては2005年の駒大苫小牧以来13年ぶりとなる優勝を手にしました。
 (181113) (3)00000000.jpg 学校では、全校生徒がパブリックビューイングで試合の行方を見守り、優勝が決まると大きな歓声が体育館に響き渡りました。
 この優勝で、北海道地区は来春の選抜大会の「神宮大会枠」を獲得。出場枠を2に増やしました。

2018.11.12
「eスポーツ」専用施設が札幌に

 対戦型のゲームで勝敗を争う「eスポーツ」。2024年のパリ・オリンピックで正式種目として検討される中、先週、道内初の専用施設が札幌にオープンしました。

 Still1112_00000.jpg 「施設には高性能なパソコンや専用のキーボード、長時間座っても疲れにくい椅子などゲームをするには最適な環境が整備されています」(畑中記者)

 施設は定員23人。格闘系など20種類以上のゲームで技を競い合えます。「こういうゲーム環境を整えるには結構お金がかかるのでこの環境を気軽に楽しめる施設はすごくいい」(利用客)

 Still1112_00002.jpg 道内では、札幌の専門学校が育成コースを設置するなど、eスポーツ熱が高まっています。施設では、プロチームを招いてのイベントも予定しています。

 「eスポーツにこれから触れてみたい人。そしてeスポーツを愛する人すべてに使っていただきたい。この店を北海道のeスポーツの聖地にしたい」(施設を運営するユニファイドの下川さん)
 
 利用料金は3時間1200円からで、24時間営業します。

2018.11. 9
地震や台風影響 JRの最終赤字過去最大に

JR北海道はきょう、グループの中間決算を発表し、今年度の最終赤字額が当初見込みより膨らみ過去最大の175億円になると表明しました。

 HP用181109①00000000.jpg今年春には最終赤字を140億円と見積もりましたが、台風21号や胆振東部地震による運休分の減収などで収支がさらに悪化しました。

 昨年度の路線別収支も発表しました。最も営業赤字が多かったのは北海道新幹線で98億7700万円。開業ブームの一巡で客が減るとともに、車両の修繕費や青函トンネルの補修費がかさみました。綿貫常務は「国の補助で今後は大きく縮小するが赤字は残る」としました。HP用181109②00000000.jpg

  札幌近郊の路線の収支は、快速エアポートの好調で前年度よりも改善しましたが、赤字が続いています。廃止方針の札沼線の北海道医療大学ー新十津川間をはじめ全路線が営業赤字となっています。

2018.11. 8
日ハムBP 球場配置案など明らかに

 北海道日本ハムファイターズのボールパークについて、北広島市はきょう、球場などの配置案やアクセス道路のルート案を明らかにしました。

 181108HP用①00000000.jpg市はきょうの市議会ボールパーク等調査特別委員会で、建設決定の概要を報告しました。その中で、新駅から球場までの通路の両脇に飲食店などを設け、当初のイメージよりもやや駅から離れた場所に球場を置くという配置案を示しました。イベントを行うアリーナを設置し、球場については、アマチュアの試合にも使えるようにする方向で、球団と協議を進めているということです。

 

181108HP用②00000000.jpg  国道からのアクセス道路については、野幌原始林など周辺環境に配慮した新しいルート案を示しました。市はインフラ整備などの総事業費をおよそ155憶円と見込んでいますが、JRの新駅設置にかかわる費用は含まれていません。市は今後、民間企業と一緒に新駅の設置をJRに求めることを検討します。

2018.11. 7
灯油価格 需要期前に高値水準続く

 本格的な需要期を前に高値状態が続いています。道内の灯油小売価格がことし最高値を更新し、1リットル当たり103円目前となっています。

 Still1107_00001.jpg 石油情報センターによりますと、道内の灯油1リットル当たりの平均小売価格は102.9円と前の週から0.1円値上がりしました。去年の同じ時期よりも22円高い水準です。

 石油情報センターでは、世界的な株安傾向により来週の灯油価格は下がる可能性があるとしていますが、その先は中東の産油国の動向次第で不透明だということです。

2018.11. 6
胆振東部地震から2カ月 稲作農家の不安

 胆振東部地震の発生からきょうでちょうど2か月。仮設住宅への入居が始まり復興に動き出しましたが、被災地の農家には将来への不安が高まっています。

 「2次災害の危険があるほか、道路の通行止めが続いていたため収穫時期を逃した稲穂が今もそのまま残っています」(阿部力記者のリポート)。大20181106HP用厚真町田んぼ①00000000.jpg厚真町ではコメの作付面積1500ヘクタールのうち高丘や幌内などで180ヘクタール分が収穫できませんでした。頭を垂れる稲穂を見つめる高丘のコメ農家は「残念でしかたないよ。だって春先から全部手塩にかけた自分の水田でしょ。収穫できないのは農家にとって一番辛いことだと思う」と話しています。9月中旬から1か月間が稲刈りの最盛期。すべてはあの地震で狂いました。「今年はとれなくても(保険とか補助とか)いろいろあるから乗り越えられるけど、来年度作れないことがすごい心配」22220181106HP用厚真町田んぼ③00000000.jpgと農家の女性は語ります。農協や道などはきょう来年の稲作ができるように講習会を開きました。46戸の農家が参加しました。

 農業とともに被害が深刻なのが林業。道の試算で被害額は少なくとも509億円にのぼります。町の面積の7割が森林という厚真ではおよそ3200ヘクタールが被害を受けました。厚真町産業経済課の宮久史主幹は「林道だとか作業道だとか森林管理のインフラも被害を受けた。残っている森林に近づくのも現状難しい」としています。

2018.11. 5
日ハムが北広島の新球場計画を発表

 北海道日本ハムファイターズは2023年に北広島に新たな本拠地「北海道ボールパーク」2HP用181105②00000000.jpgを開業します。球団は先ほど会見を開き、新球場の計画について発表しました。北広島に建設される新球場は、開閉式の三角屋根が特徴の天然芝の野球専用球場です。建築面積は札幌ドームとほぼ同じ、およそ5万平方メートル。フィールドは左右非対称。収容人数はドームよりも少ないおよそ3万5000人で、3000台を超える規模の駐車場も備えます。球団はこれまで北広島市と交通アクセスなど課題について協議してきました。先月末、親会社の日本ハムが新球場建設を決め、およそ600億円を投じ食とスポーツを融合させたアジアナンバー・ワンのボールパークをめざします。プレーを間近でみられる「砂かぶり席」を多くする一方、全3万5000席のうち1割ほどは固定せずレストランや温浴施設などにして、来場者が食事や入浴をしながら試合をみられるようにするということです。一方、発電機や食料などの備蓄庫を設ける計画で、プロ野球で初めて本拠地に災害拠点機能を持たせます。今後、球団などは来年9月に新会社を設立し、大HP用181105.jpg2020年春に着工。2023年に開業する計画です。

2018.11. 2
電気自動車を非常用電源に 札幌で実験

 電気自動車を災害時に非常用電源として活用するための実験大1102HP用100000000.jpgがきょう、札幌でありました。実験は省エネ機器の導入支援などを手掛ける札幌の会社が、避難所が停電したとの想定で行いました。札幌市が所有する施設に配電するための機器を取り付け、自動車から電気を供給。1500ワット発電できる大型の自動車だと、テレビやパソコン、電気ストーブ、炊飯器などを同時に動かせることを確かめました。あかりみらい(札幌)の越智文雄社長は「車1台でなんとか一晩、生き延びるというレベルの電源は取れることがはっきりした。札幌市にも(活用を)検討いただきたい」と話しています。実験の結果は道内の各市町村に周知し、活用を促すとしています。

2018.11. 1
サッポロファクトリーに新店舗

 札幌の商業施設、サッポロファクトリーの北側フロアの一角に新しい飲食や物販の店舗が入居してきょうリニューアルオープンしました。にぎわいを見せています。

 「きょうリニューアルオープンしましたサッポロファクトリー3条館2階のスペースです。新たに6つのお店が入りまして非常におしゃれな雰囲気になっているんですが、このフロアのテーマは『上質な日常』の提案ということです」(小澤良太アナウンサーのリポート)。出店したのは札幌の円山で人気のカップケーキ専門店「サリーズ カップケーキ」大(181101) (1)00000000.jpgや70種類の様々な具材をはさんだコッペパンが人気の「こっぺ屋」。札幌初出店の国内外の雑貨などを扱う店など6店舗です。「かわいらしいお店がたくさんあるので全部1つ1つのぞいてみたいなって」(女性客)「いろんな全部違うお店なので、すごく楽しめるかなと」(男性客)。サッポロファクトリーがある、いわゆる創成川イーストエリアは新しい中央体育館やマンション建設などの再開発が進められてます。そこでこのフロアも新しいライフスタイルを追求した「上質な日常」をテーマに改装したということです。

2018.10.31
北電、胆振東部地震の影響110億円

 北海道電力はきょう、胆振東部地震に伴う今年度の経営への影響額が、110億円に
のぼるとの見通しを示しました。胆振東部地震の発生により、北電の苫東厚真発電所内の設備や複数の送配電設備などが損傷しました。こうした設備の復旧や石油火力発電所を代替運転したことによる燃料費の増加で、年間の収支への影響額は110億円にのぼるとしています。

 きょう発表の中間決算では、42億円を地震に伴う特別損失として計上していますが、販売価格の上昇などにより連結の純利益は前年同期を大きく上回る98億円となりました。会見で真弓明彦社長大(181031) (2)00000000.jpgは、大規模停電の責任を取るかとの問いには明言を避けました。「再発防止の取り組みをしっかりやらないといけない。北電離れという話もあったが、そういうことにつながらないように、きめ細かく対応したい」(真弓社長)。

 一方、北海道ガスがきょう発表した中間決算は、家庭向けの販売量の増加などで増収増益となりました。

2018.10.30
「北海道」表示のワイン 販売開始

 国が地域ブランドを保護するワインの地理的表示、いわゆるGIにきょうから「北海道」が加わり、道産ワインのブランド力向上に期待が高まっています。

20181030HP用ワイン①00000000.jpg 第1弾の今回は道内10社の98銘柄が認定され、きょうから「北海道」と表記されたシールが貼られて販売されています。ワインの地理的表示のGIは、国税庁が指定したもので、商品の品質などに地域の特性が求められます。原料に道産ブドウを100%使い、道内で醸造や瓶詰めを行った上で、審査に合格すればラベルなどに「北海道」と表記できます。

20181030HP用ワイン②00000000.jpg

 小樽市にある北海道ワインの嶌村公宏社長は「ワインの産地としての北海道を印象付けることができる」とした上で、「北海道のチーズやハム、水産加工物とともに海外に展開することができ、ワインの産地を巡る観光客が増える可能性もある」と期待感を示しました。北海道ワインの売店を訪れた観光客は「東京出身だが、(商品に)北海道とつくと食べてみたいな、飲んでみたいなという気持ちになる」と話していました。

20181030HP用ワイン③00000000.jpg ワインのGI表示は「山梨」に続いて2例目。「北海道」の第2弾は来月末にも発表されます。

2018.10.29
女性起業家 × 企業 札幌で交流イベント

 札幌できょう、女性起業家と企業などを繋ぐ交流イベントが開かれ、すでに起業した女性らが自身の取り組みを発表するプレゼン大会などが行なわれました。

(181029) (1)00000000.jpg プレゼン大会では、十勝の小豆を使って洗顔料などを作っている女性や着物を海外の伝統的な衣装にリメイクするアイデアなどが発表されました。起業家の一人は「十勝の農作物の力を肌からも吸収するということで、『肌野菜』と名付けて商品を開発しました」と思いを語りました。

 イベントには広告や金融関連の企業担当者も参加。ネーミングに関するアドバイスやコスト面などのビジネス展開について意見交換しました。参加者は「自分とのコラボもできたら、とかも考えられると思う。企業などとも何かつながりができたらなと思いました」と話していました。

(181029) (2)00000000.jpg

 

  主催した札幌の女性起業家グループ「ノースウーマン」の繁富奈津子代表は「企業などに自分のビジネスを知ってもらうのが一番。更に成長させるようなきっかけにしていただければ」と期待していました。

 イベントではこのほか、クラウドファンディングの活用の仕方についてのセミナーや、企業などとの交流会、商談会も行なわれました。

2018.10.26
被災地で活躍 段ボールベッド

 札幌の会社が、災害時に活用できる新たな段ボールベッドを開発しました。胆振東部地震の被災地でも活躍しているようです。

(体験者した女性)
「すごく快適です。もっと硬いイメージだったんですけど、クッションがすごく柔らかくて」。
 今月17日に札幌で行われた防災訓練。環境関連の商品を手掛ける彩生が開発した段ボールベッドが注目を集めました。1.jpg

(彩生・高橋社長)
「今あるダンボールベッドはただ並べるだけ。雑魚寝するしかなく、これでは寝られないだろうと」。
 その最大の特徴とは?


(彩生・佐々木本部長)
「こちらが開発されたダンボールベッドで箱型になっている。断熱材が入っているので防寒、防音の効果が抜群」。秘密は、厚さ5センチの断熱材。避難所でのプライベートの確保にも一役買っています。

 
 胆振東部地震で被害が大きかった厚真、安平、むかわの3町に無償提供しました。災害への備えにと、複数の市町村から問い合わせがあるということです。

 被災地で活躍している製品の情報は、あす27日午前11時からの「けいざいナビ北海道」でも取り上げます。

2018.10.25
政投銀・北洋銀・道銀が復興支援ファンド

 先月の胆振東部地震で被災した事業者の復旧・復興を支援するため、日本政策投資銀行と北洋銀行、北海道銀行が共同でファンドを創設します。きょう、3行が連携協定を結びました。

 (181025)00000000.jpg協定には、被災した事業者への融資を円滑に進めることや、今後需要が見込まれる災害時の事業継続計画の策定支援などコンサルティングの強化を盛り込みました。

 (日本政策投資銀行・渡辺一社長)
 「震災からの復旧・復興のみならず、今後の北海道の活性化に資するような事業をファンドを通じて支援していきたい」

 道によりますと、地震による商工業の被害は合わせて236憶円に上り、停電による影響額は1300憶円を超えます。

 観光業への影響も大きかったことから、ファンドでは、設備損壊など直接的な被害に加え、停電による操業停止や風評被害など間接的な被害にも対応します。

 ファンドの規模は3行合わせて15億円で、今月31日に創設します。

2018.10.24
地震復興を支援 エア・ドゥとJRがフリーパス

 胆振東部地震の影響で減った観光客を呼び戻し復興を後押ししようと、エア・ドゥとJR北海道は、お得に道内を周遊旅行できるフリーパスを、11月から販売します。

 フリーパスは、エア・ドゥが就航する道内5空港への到着便の搭乗券を、JR北海道の駅窓口で提示すると購入できます。道東と道北などの鉄道が乗り放題となります。エア・ドゥとJR北海道との共同企画は初めてです。

HP用20181024エアドゥ&JR①00000000.jpg(エア・ドゥ・谷寧久社長)
「観光向けのお客様が増え、震災復興につながることを期待したい」
(JR北海道・島田修社長)
「復興を一日でも早くかなえようと実現した企画。一人でも多く来道いただければ」

 旭山動物園(旭川)の入園料がセットになっているほか、観光施設の入館料などが割り引きになる特典もあります。フリーパスの販売は2019年3月末までです。

2018.10.23
春でも出荷できるカボチャ 新品種を開発

 北海道農業研究センターは国内産カボチャの端境期の12月から5月に出荷できる新たな品種を開発しました。国内産の安定供給で生産者の収入を増やせるとみています。名前は「おいとけ栗たん」。大20181023HP用カボチャ①00000000.jpg宮城県の渡辺採種場と共同開発しました。栗のような甘みが特徴で、加工にも向きます。収穫後、3カ月以上貯蔵しても糖度が高いままで、国内産が少なく高値出荷が見込める2月から3月も品質が落ちません。北海道農業研究センターの杉山慶太・園芸作物育種グループ長は「(端境期は)外国産にシェアを奪われているが、国産に置き換えていきたい。栗のような風味があり、非常にホクホクしておいしい」と話しています。カボチャの種は来年4月から販売されます。

2018.10.22
原発事故・台風 複合災害想定した初の訓練

 道はきょう台風と原子力発電所の事故が同時に発生したという想定で災害対応を確認するための防災訓練を初めて実施しました。大1022.jpgこの訓練は台風の接近と自動停止した北海道電力の泊原子力発電所3号機で設備故障が発生し、放射性物質が外部に漏れたという想定で行われました。道は本庁舎と国やオフサイトセンター、関係機関をテレビ会議で結び、対応や情報共有を実施しました。発電所の半径30キロ圏内では台風による土砂災害で孤立した地域住民が自衛隊のヘリコプターや装甲車で次々と避難。訓練に参加した住民は「こうした車で安全に移動できるのは安心というか、自衛隊の人がしっかり守ってくれていると感じた」と話していました。札幌での初動対応後、現地視察を終えた高橋はるみ知事は「それぞれの立場の人たちに原子力の色々なトラブルが起きた際、人体に対する安全性の目安などの研修をしっかり行っていく」と語りました。訓練は道が中心となって13の関係機関が参加して毎年実施しています。今回はおよそ1万人が参加しました。

2018.10.19
人気ドーナツチェーン 北海道に進出

 人気ドーナツチェーンが北海道に初上陸です。本場アメリカの商品を提供するクリスピークリームドーナツがきょう千歳に道内初の店舗をオープンさせました。

 千歳のアウトレットモール「レラ」。開店前には多くのファンが列を作りました。次1019②00000000.jpg購入客は「1時間ちょっとくらい(並んだ)」。ほかの購入客は「おいしそうだなと思ってちょっと気になっていたので」「大きいアメリカみたいなドーナツだなと思います」と話してくれました。およそ80年前にアメリカで誕生したこのドーナツ。国内では2006年に東京に進出し、現在は3大都市圏を中心に41店舗を展開しています。

 「こちらが看板商品のオリジナルグレーズドです。外はさくっと中はもっちり、そして表面に砂糖がコーティングしてあるんです。非常に甘いんですが、さわやかな甘さなんですね。どんどん食べられそうです」(小澤良太アナウンサーのリポート)。大1019①00000000.jpg北海道進出を記念し北海道チーズケーキという新しいドーナツも発売しました。クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンの若月貴子社長は「北海道はスイーツの激戦区だと認識していて北海道のおいしい乳製品を使った限定ドーナツも作ることができましたし、ぜひ道民のみなさんにクリスピーのドーナツを味わっていただきたい」と話しています。来月2日には札幌中心部の地下街に道内2号店をオープンします。札幌市PR大使ジンギスカンのジンくんをモチーフにしたドーナツも発売します。

2018.10.18
むかわ 震災乗り越えシシャモ漁

 太平洋岸の、むかわのシシャモ漁が大20181018HP用むかわシシャモ①00000000.jpg最盛期を迎えています。胆振東部地震の被害もありましたが、町は特産のシシャモで元気になろうとしています。鵡川漁港に戻った漁船が次々と水揚げしているのは特産のシシャモ。岸壁ではとれたてのシシャモをほかの魚と選別しています。漁師さんは「去年と比べたらいくらか良い。だけど、水温が高いからまだだめ」と話してくれました。鵡川漁協によりますと、これまでの水揚げ量はおよそ20トンとまずまずの滑り出しだということです。町内の商店の店先にはむかわの風物詩といえるシシャモのすだれ干しも登場。このお店では10匹1串1000円から販売しています。カネダイ大野商店の小向秋広さんは「脂ものっていますし、これから型の大きいのも上がってくると思うので皆さんぜひむかわ町に来てほしい」と話しています。店内はこの季節限定のししゃもずしをはじめ香ばしく焼き上げたシシャモを味わうお客さんで◆20181018HP用むかわシシャモ③00000000.jpg賑わいを見せています。来場客は「きょうはししゃもずしを食べに来た。脂がのってるけれど、あっさりして食べやすい」と話し、別の客は「(むかわで食べると)普段食べているよりおいしい」と満足そうに話してくれました。地震で建物が倒壊するなどの被害が出たむかわ町。来月3日から特産のシシャモを味わってもらう復興イベントが行なわれます。

2018.10.17
小さな川の洪水予防 低コストで監視

 国土交通省は小さい川の洪水被害を防止するために費用が安く済む簡易型河川監視カメラの開発を進めています。きょう北広島で自治体職員らに公開しました。簡易型河川監視カメラは国交省の「革新的河川技術プロジェクト」として開発を進めています。山間部や川幅50メートル以下の中小河川など、監視カメラの設置が進んでいない場所での利用を想定しています。きょう午前中に北広島河川防災ステーションで開かれた見学会には、道や札幌市などから担当者およそ30人が参加。近くを流れる千歳川の支流、輪厚川のほとりで機能の実証試験をしているカメラ12種類を見て回りました。

 カメラは無線式と有線式の2種類。ズームや首ふりなどの機能を省くことで大(181017) (1)00000000.jpg導入費用を抑えられます。国土交通省河川環境課の西尾正博課長補佐は「水位とかの情報は避難行動につながらないという課題がある。画像情報を充実させることで住民の皆さんの避難行動につなげたい」と話しています。国交省は先月から北広島のほか埼玉県でも実証試験を行っており、来年からの実用化を目指しています。

2018.10.16
震災前、厚真の魅力を小学生新聞で 中島さん姉妹

 胆振東部地震が起こる前、厚真町の11歳と8歳の姉妹が、自分たちが住む町の魅力を小学生新聞にまとめていました。その後、町は大きな被害を受けましたが、それでも前を向いて頑張る2人を取材しました。

 2人は中島愛梨さんと榎音さん。3姉妹の長女と三女で、厚真中央小学校に通う小学生です。

 今年8月、夏休みの課題として、新聞づくりに取り組みました。題字は「厚真町新聞」。自らの足で地域を回り、町の自慢を紹介しました。

新聞を前に.jpg 読む人に分かりやすい新聞は、北海道新聞社などが主催したコンクール「小学生新聞グランプリ」で見事に入賞しました。姉の愛梨さん(小学6年)は「厚真のことを知ってほしくて書きました」と話し、新聞ではマチ特産のハスカップや米、ジンギスカンなどを紹介しました。妹の中島榎音さん(小学2年)は「あつま田舎祭りがお気に入りです」と笑顔を見せていました。

 町は9月6日未明、 震度7の地震に見舞われ、2人の自宅も被害に遭いました。棚やタンスが倒れ、モノが散乱。停電や断水で、避難所での生活を強いられました。父の洋介さんは消防団の活動で土砂災害の現場へ。不安な生活の中、家族で過ごせない時間もありました。

賞状手に.jpg

 今は小学校が再開するなど日常を取り戻しつつあり、取材したお米屋さんや被害の大きかった地域を見て回ったといいます。

 愛梨さんは「土砂が流れて家が潰されたりして、悲しくなりました」と言います。榎音さんは「緑がまた増えてきれいになってほしい。厚真にぜひ来て」と呼びかけています。

【メモ】2人が作った「厚真町新聞」などの小学生新聞の入賞作品は、北海道新聞社のホームページ(https://www.hokkaido-np.co.jp/es-newspaper_gp24?pu)で見ることができます。

2018.10.15
「北海道で働こう!」経済団体が就活イベント

 道内で働きたいと考えている大学生らを対象とした企業説明会がきょう、札幌でありました。
 説明会は、道内の経済団体などでつくる「北海道で働こう応援会議」が主催し、140を超える道内企業が参加しました。

会場全体P.jpg

 道内の大学生の道外での就職率は年々高まっていて、人材の流出をいかに防ぐかが課題となっています。北海道中小企業家同友会の池川和仁・常任理事は「北海道の企業が人材の問題で非常に苦労をしているので」とした上で、「地域に学生を残したい、若者を残したいということを趣旨にして今回開催した」と説明しました。

相談風景.jpg

会場には来春卒業予定の学生のほか、既卒者や就職活動を控えた大学3年生も参加し、担当者の説明に熱心に耳を傾けていました。
 札幌国際大の4年生は「北海道の観光を支えたいという思いがある」と語り、北海学園大の3年生は「話を聞いてみて、自分はここで働きたいなと思えるところがあればいいなと思って参加しました」と話していました。

 

 関係者は、今回の結果を踏まえ、

来年以降も同様の説明会を開くか検討するとしています。

2018.10.12
被災地、食べて応援 札幌で北海道まつり

 胆振東部地震の被災地を食で応援するイベント「がんばろう北海道まつり」が12日から札幌市中央区の創成川公園の狸二条広場で始まりました。

Still1012_00001.jpg

 このイベントは 地震に見舞われた厚真やむかわなど6町のご当地グルメや特産品を食べて応援しようと、日本青年会議所の北海道地区協議会が企画しました。会場では塩ジンギスカンや焼きシシャモなどが販売され、多くの人でにぎわっていました。

Still1012_00000.jpg

 出店していた厚真町の市原精肉店の市原由花さんは「(被災地の)いろんな所に目を向けて頂き、色々な所に応援が届いてくれたら」と期待。来場者は「被災している方達が作っていると思うとありがたく食べないと」と満足そうでした。イベントは14日まで開かれ、売り上げの一部は被災地に寄付されます。

2018.10.11
復興へ一歩 安平町の老舗菓子店

来年、開局30年を迎えるテレビ北海道は、道内179市町村の節目の出来事紹介する
「179(いななく)プロジェクト」を進めています。
きょう紹介するのは、先月の胆振東部地震で被災した安平町で、
地元に愛されるお菓子を作り続けているお店です。

20181011HP用179①00000000.jpg安平町の追分で来月、創業60周年を迎える下出菓子舗。
創業当時から人気の「ベコ餅」を作っているのは、
2代目の下出公司さんです。

先代の父が公司さんの高校卒業を機に、追分の駅から近い今の場所に
店を開きました。
手作りにこだわりながら、
地元産のメロンを使ったまんじゅうなどユニークな商品も考案し、
観光客からも人気だといいます。

20181011HP用179③00000000.jpg

先月6日に発生した胆振東部地震では、安平町・追分も震度6強を
観測しました。

(下出菓子舗・下出公司さん)
「揺れが終わって居間の方に来る間にもう、
瀬戸物の食器などがばらばらに...」

幸い建物に大きな損害はありませんでしたが、
停電などが続きしばらく菓子作りはできなかったといいます。

少子高齢化の影響で、町のにぎわいが薄れてきた中での今回の地震。
商店街には、1カ月がたっても再開できないお店もあります。

20181011HP用179②00000000.jpg安平町は、復旧・復興へ向け少しずつ前へと進んでいます。
来年80歳になる下出さんは、
復興を後押ししながらできる限り地元の人たちに
手作りのお菓子を届けていきたいと思っています。

(下出菓子舗・下出公司さん)
「あと何年できるか、わかりませんけど。
町内のみんなに食べてもらえればありがたい」

「ベコ餅」などのお菓子は、今月26日から苫小牧で開かれる
「東胆振物産まつり」に出品されます。

2018.10. 9
札幌駅そば 高級賃貸マンションがお披露目

最上階の家賃は80万円です。
住友不動産はきょう、JR札幌駅のそばで建設している
道内初進出の高級賃貸マンションの内覧会を開きました。

Still1009_00001.jpg地上30階建て、総戸数330戸の「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」。
住友不動産がこれまで東京都心でのみ展開してきたブランドです。
間取りは2LDKと3LDKが中心で、1か月の賃料はおおむね16万円から35万円。
最上階はなんと、80万円です。
一体どのような人が、借りるのでしょうか。

Still1009_00003.jpg「札幌市内在住で都心部の利便性を求めている人や、
札幌で拠点を求めている人が対象になる」(住友不動産の担当者)

周囲には明治時代から地元の名士が守ってきた原生林をはじめ、
北大植物園が南側に広がります。
コンシェルジュの24時間対応があるほか、
隣接したホテルと提携していて
入居者はジムの優待や料理の宅配も受けられます。
これまでに1500件の問い合わせがあり、100件の申し込みがあったといいます。

完成は来年2月の予定です。

2018.10. 8
B1リーグ開幕 レバンガがホーム2連戦

プロバスケットボール・B1リーグが開幕し、レバンガ北海道はきのう、おとといと札幌で
大阪エヴェッサを相手に2連戦を戦いました。
リーグ発足3年目で初となる、ホーム・北海道での開幕戦です。

20181008HPレバンガ④00000000.jpg昨シーズン、1試合あたりの観客動員数がリーグ2番目となった
レバンガ。
今シーズンの幕開けとなるおとといの初戦にはおよそ4700人、
きのうの2戦目には3800人ほどが詰め掛け、
初年度からの通算の観客数は20万人を超えました。

ブラジル出身のジョゼ・ネトヘッドコーチを迎えての新体制。
20181008HPレバンガ③00000000.jpg



初戦は6点差で敗れましたが、
2戦目は激しいディフェンスからの速攻がさえ、
70対53で勝ちました。

B1リーグ戦は、来年4月まで各チームが60試合を行い、
リーグ規定に基づく8チームがプレーオフに進出します。
レバンガの次のホームゲームは今月17日です。

2018.10. 5
国後・択捉の日ロ共同経済調査団が帰港

 北方四島での日ロ共同経済活動の実現に向けた現地調査団がきょう、根室港に戻りました。今回で3回目となる調査団には、道内の企業経営者ら49人が参加し、今月2日に根室港を出発。択捉島と国後島を視察し、観光や漁業、農業など5つの分野のプロジェクトについて現地の人たちと意見を交わしました。調査団長の長谷川栄一総理補佐官大2018-10-5 4島調査団帰港.jpgは「共同経済活動でこういうことをしたいという提案を向こうにぶつけた。(ロシア側からは)こういう風にならないのかとか、違った角度からの質問やいろんな意見が出た」と話しています。政府は今後、プロジェクト実現に向けた具体的な検討を進める方針です。

2018.10. 4
札幌文化芸術劇場でこけら落とし公演の稽古を公開

 今月7日に開館する札幌市民交流プラザの核となる札幌文化芸術劇場(ヒタル)で、こけら落とし公演であるオペラ「アイーダ」の総稽古が、きょう報道陣に公開されました。

 「北海道初の多面舞台によるオペラ『アイーダ』の初日に向けた総稽古がいま舞台で始まろうとしています」(岡田純記者のリポート)。きょうは初日公演のキャストが出演し、本番さながらの演奏が行われました。「アイーダ」大Still1004_00002.jpgは古代エジプトを舞台に総勢250人以上が出演するオペラで、「ヒタル」の最新の舞台装置ならではの迫力ある演出などが楽しめます。こけら落とし公演の初回は7日の午後2時開演ですが、ヒタルでのすべての公演の入場券はすでに完売しているということです。

2018.10. 3
夕張鹿鳴館が3年ぶりに公開再開へ

 国の登録有形文化財である夕張鹿鳴館が大181003①00000000.jpg今月7日から一般の見学を再開します。夕張鹿鳴館はホテルやレストランを含む3年ぶりとなる全面営業再開をめざし改修工事を進めてきましたが、胆振東部地震や台風の影響で資材の到着が遅れるなどしたため、一般の見学のみ先行して7日から公開します。1913年に当時の三井財閥の旧北海道炭鉱汽船の迎賓館として建設された夕張鹿鳴館は和洋2)181003②00000000.jpg折衷の建物で、室内装飾も美術や工芸が施されるなど、歴史的な価値があるとして2011年に国の登録有形文化財に登録されています。

2018.10. 2
JR北海道と東日本が観光客誘客でタッグ

 JR東日本グループの旅行会社とJR北海道が連携し、道内の観光素材を生かした旅行商品の開発に向け、札幌に道内初の営業拠点を設けました。大(181002) (2)00000000.jpg札幌に設けた営業センターはJR東日本グループの「びゅうトラベルサービス」が、金沢、仙台、盛岡に次ぐ全国4カ所目の拠点として設けました。JR東日本とJR北海道の職員が常駐し、北海道新幹線の札幌延伸を見据え、北海道と東北、それに首都圏の間で旅行需要が高まるような商品を共同で開発し、販売します。きょうの開所式には、関係者およそ30人が参加。胆振東部地震で打撃を受けた道内観光の盛り上げ役の役割も果たすとしています。びゅうトラベルサービスの高橋弘行社長は「商品造成を行いながら、様々な形をつくりながら北海道への送客を行っていきたい」と話しています。第1弾の商品は、来年2月から販売する予定です。

2018.10. 1
道内コンビニ大手が電子マネー導入

 コンビニ道内最大手のセコマは独自の電子マネーを導入し、きょうから全店で決済を始めました。「きょうから導入された電子マネーのカードがあれば、現金を使わずに、お買い物と、ポイントを貯めることができます」(岡田純記者のリポート)。♪ピロリん「ペコマ!!」(決済の音)。大(181001) (2)00000000.jpgセコマは店であらかじめ入金した分だけ支払いに使える電子マネーを導入しました。釣銭のやりとりがなくなり、客と店員両方に便利な仕組みです。無料で発行する新カードの利用を促し、購買データを多く集める狙いです。セコマのマーケティング企画部の佐々木威知部長は「購買データがより細かく蓄積されていきますので、我々の商品開発ですとか、または販売促進ですとか、そういったものにより生かしていける」と話しています。新しい「ペコマカード」は年内に150万枚の発行を見込んでいます。

2018. 9.28
旧優生保護法訴訟 札幌地裁で初弁論

旧優生保護法のもとで強制的に不妊手術を受けさせられたとして、
札幌在住の男性が国を相手取り
1100万円の損害賠償を求めた訴訟がきょう、札幌地裁で始まりました。

(180928) (1)00000000.jpg19歳の時に、強制的に不妊手術を受けさせられたと訴えている
小島喜久夫さん。
きょうの初弁論で、こどもを持つ機会を奪われるなど
精神的苦痛を受けたと訴えました。国側は国家賠償法による被害補償が
可能と主張し、旧優生保護法の違憲性については触れていません。

道内は、旧優生保護法下での不妊手術の件数が2593件と、
全国最多です。
傍聴席には、障害がある人たちの姿も多くみられました。
2回目の口頭弁論は、12月21日です。

2018. 9.27
胆振東部地震から3週間 復興の動きは

最大震度7の胆振東部地震の発生から、きょうで3週間です。
多くの人が避難生活を送る中、復興への動きが出始めています。

今回の地震で、道内では住宅が倒壊するなどの被害が相次ぎました。
被害総額は既に1800億円を超えています。

「むかわ町では、3週間たっても営業再開できないでいる事業所がある一方、
復興に向けての工事や営業を再開するお店が増えてきています」
(岡田記者)

HP用(180927)①00000000.jpgむかわ地区では7割を超える店舗などが被災しました。
そんな中、物置を使って営業を再開した店舗もあります。

「(営業再開は)震災の3、4日あとくらいからですね。
注文をいただいていたので、仕事は早めにしたいなと思いまして」
(生花店の小泉さん)

HP用(180927)②00000000.jpg




傾いた店舗は建て替え中で、来年の春に完成します。
しかし、営業を再開できる人ばかりではありません。

高齢を理由に、再開をあきらめる人がいるのも実情です。

「やっぱり町がちょっと寂しくなっちゃうのかな。
皆さんと協力して、町をもとに戻せるような雰囲気にできれば」
(小泉さん)

25日からは、仮設住宅の建設も始まりました。
まちをいかに立て直すのか、
復興にかける地元の人たちの思いが強まっています。

2018. 9.26
ホッカイドウ競馬の場外馬券売り場が再オープン

ホッカイドウ競馬の場外馬券売り場が26日、札幌駅前で再オープンしました。

(180926) (1)00000000.jpg
道営競馬の場外馬券売り場「Aiba(アイバ)札幌駅前」は
2015年3月に閉鎖し、きょう別の駅前のビルに移転し再オープンしました。

「立地の良さを生かし外国人観光客や競馬を楽しんでいただける
新規の客を開拓できるような店づくりを目指す」(道農政部競馬事業室・田中源一室長)

新たな施設はレースをゆっくり楽しむことができる指定席や、
食事だけでも利用できる飲食エリアを備え、
仕事帰りの会社員を中心に観光客の集客も図ります。(180926) (2)00000000.jpg

きょうのオープニングセレモニーでは、
胆振東部地震で被災した門別競馬場の復興を願う横断幕も贈呈されました。

ホッカイドウ競馬はきのうから再開しています。

2018. 9.25
地震で休業 新千歳空港の飲食店が再開

胆振東部地震の影響で営業を停止していた
新千歳空港の飲食エリアが続々と再開し、地震前の状態に戻りつつあります。

きょう、新千歳空港国内線の3階フロアでは
25の飲食店が再オープンし、多くの客で賑わいました。

Still0925_00002.jpg「土曜に来た時は全然店がやっていなかったが日を追うごとに開いてきた。選べるお店が増えてきたので良かった」(観光客)
新千歳空港の運営会社によりますときょうまでに土産物店は全て、飲食店もおよそ8割が再開しています。

「ガラスの破片とか天井のクーラーも落ちてしまった。
きちんとこうしてオープンできてうれしいです」(飲食店関係者)
今週木曜日にはラーメン専門フロアが再開し、3階飲食店は全て稼働することになります。
4階の温泉とホテルは修繕に時間がかかるため、年内の再オープンを目指します。

2018. 9.24
観光客戻った?札幌の現状

胆振東部地震から2度目の3連休最終日を迎えました。
観光への影響が心配されている、札幌の現状を取材しました。

「狸小路商店街です。3連休ということで、人通りは賑わっていて、
外国人観光客も増えてきていますが、ピークよりはまだ少ないということです」(岡田記者)


地震直後にキャンセルが相次ぎ、
稼働率が9割から2割にまで落ち込んだこちらのホテル。
徐々にですが、観光客が戻ってきているといいます。(180924) (2)00000000.jpg

「多い日、週末でしたら稼働率が9割を超えてくる日もある。
SNSですとか、いろんなところから情報を得て、
大丈夫だと思って来ていただいている方が多い」
(からくさホテル札幌・大西花奈副支配人)

ただ、地震の影響を心配する問い合わせは依然多いということです。

そんな中、SNSを使って道内の現状を
国内外に発信する活動が広がってきています。

(180924) (4)00000000.jpg

復興キャンペーンを実施中の定山渓温泉。
日帰り客で賑わっているものの、
外国人客はまだ少なく、宿泊は去年の同じ時期の3割減です。
地元の観光協会は、紅葉シーズンに向けPRを強化する方針で、
「復興割り引き」など国の支援にも期待を寄せています。

2018. 9.21
胆振東部地震 被災地で災害FM局が始動

 被災地のむかわ、厚真の両町で臨時災害FM局が立ち上がり、生活情報を伝えています。むかわでは炊き出し、無料法律相談などの情報を伝えています。進行役は被災者でもある町内の主婦2人。今村京子さんは「子育てをしているお母さん。いっぱい情報が必要だと思う」と話し、久保田夕子さんは「(町民が)少し元気になるような私たちの話とか言葉も伝えていけたら良い」大(180921) (1)00000000.jpgと語ってくれました。隣の厚真でもきょうから1日3回放送を始めました。いずれも出力50ワット。道内の臨時災害放送局では最大出力です。2つの町で立ち上げに関わり、東日本大震災の被災地で5年間、臨時災害放送をした大嶋智博さんは「例えば(町内の)電気が止まったりとか、道路が寸断されたりとか、なかなか(被災者に)届かない。大きい放送局が小さい町の情報をすべて網羅すると被災地以外の人にとっては必要のない情報だと思う人も多い」とみています。被災者による被災者のための支え合いも動き出しています。

2018. 9.20
北電、厚真火力の内部を報道公開

 北海道電力は本格復旧へ向けて作業が続いている厚真町の道内最大の火力発電所、苫東厚真発電所をきょう報道陣に公開しました。「こちらが苫東厚真4号機です。現在は損傷箇所がないかどうかを確認するため、通常の1000分の1の回転数でタービンを回し、損傷箇所がないか確認しています」(阿部力記者のリポート)4号機は地震発生後にタービンの軸部分のカバーが損傷。大(180920) (2)00000000.jpg軸の回転を滑らかにする潤滑油が外に漏れ出して引火し火災が起きました。ただボイラーや発電機を動かすタービンに目立った損傷はありませんでした。

 「内部点検の必要性もあるかどうかも含めて今健全性を確認しているところ。分解するときは全部取り外して部品も、保温材も取り外してやらないと分解できない」(北海道電力の菅原岳宏課長)厚真には発電機が3基あり、1号機はきのう午前9時から35万キロワットの電力を供給しています。2号機もボイラーに問題はなく、タービンの回転数を徐々に上げ、異常がなければ10月中旬ごろの本格運転をめざします。北電はまた、発電と送電を切り離す2020年4月からの発送電分離に向け、送電事業を専門に行う子会社「北海道電力ネットワーク」を来年4月に設立すると発表しました。

2018. 9.19
胆振東部地震 被災地で仮設への入居始まる

 胆振東部地震で厚真町などでは、来月までに道が仮設住宅を整備します。これに先立ち厚真町は町営住宅などの無償提供を始めました。

 「避難生活が長引き、今も450人が避難を続ける厚真町ではこうした町有地に道が来月までの入居をめざし仮設住宅をつくります」(畑中大樹記者のリポート)。道は来月までに厚真、安平、むかわの3町に合わせて130戸の仮設住宅をつくります。厚真町は町営住宅大新HP用180919.jpgや民間アパートの空き部屋34戸の無償提供を始めました。道によると、厚真のきょうの避難者は先週末のほぼ半分、450人ほどです。慣れない避難生活で体調を崩す人も出ており、住宅問題の早期解決が望まれます。

2018. 9.18
胆振東部地震 道内公立校、すべて再開

 胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真町はきょう大20180918HP用小中学校再開00000000.jpg学校の授業を始めました。道内すべての公立学校が再開し、復興へ動きだしつつあります。

 「こちらの小学校では避難所から通う子どもがいることや工事で通学路が変わることなどから集団登校をしています」(畑中大樹記者の報告)。厚真町立の小中学校4校などが再開し、道内の公立学校の休校はなくなりました。町中心部の自宅から通うこちらの小学生は「国語の教科書とノートと筆記用具、いろんなものをなくした。宿題とか机の上に置いていたから」と話してくれました。厚真中央小ではおよそ150人が登校しました。厚真中央小の池田健人校長はB20180918HP用小中学校再開00000012.jpg「心を痛めている子どももいるかもしれないので、そのケアを細心の注意を払ってやっていきたい」と語りました。

2018. 9.17
地震で不通となった札幌市内の道路が開通

地震の影響で通行止めとなっていた札幌の市道、
東15丁目屯田通が改修工事を終えきょう、11日ぶりに全面開通しました。

(180917) (3)00000000.jpg開通したのは、札幌市東区の市道「東15丁目屯田通」のうち、
北26条から北32条にかけてのおよそ700メートルの区間です。

(180917) (2)00000000.jpg







この市道は地震の影響で道路が陥没したため、
北13条から北47条までのおよそ4キロの区間が通行止めとなっていました。


「いやー、良かったね。助かりますよ。早く復旧工事をやってくれたからね」(近隣住民)

札幌市によりますと、今回の工事は仮のもので本格的な復旧工事は来年春から行う予定です。

2018. 9.14
胆振東部地震、被災地厚真、水道も徐々に復旧へ

 胆振東部地震で900人あまりが今も避難している厚真町では、水道などの復旧作業も徐々に進みつつあります。大(180914) (1)00000000.jpg町内ではおよそ1400戸で断水が続いています。「懸命な水道の復旧が続く厚真町の厚真地区でも、きのうの夜から徐々に水道が通り始めています」(岡田純記者のリポート)。地震後、町内全戸で断水した厚真町では、11日の上厚真地区に続き、きのう夜から厚真地区でも水道が復旧しはじめています。美容室の店主は「特にトイレはこんなに水を使うんだって初めて分かりました。これからだと思います。私たちの復興は。それが何年続くか」と話してくれました。まだ飲料水に使えないところもあり、全面復旧には1ヵ月はかかる見込みということです。

 きょうから買物の支援へ、苫小牧までの「支援バス」を運行。2(180914) (3)00000000.jpg午後に6人が利用しました。しかし日常生活が戻るまでには時間がかかりそうです。

2018. 9.13
胆振東部地震から一週間 災害ボランティア始動

 胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真町では正午に関係者が犠牲者に黙とう大20180913HP用厚真黙祷ボランティア①00000000.jpgしました。「復興への取り組みが厚真町の新たな歴史になる」(宮坂尚市朗町長)。地震の爪痕が残るなか、災害ボランティアが本格的に活動を始めました。

 「こちらの家庭では自分では元に戻せなかった、たんすなどをボランティアの方々が片付ける作業をしています」(畑中大樹記者のリポート)。災害ボランティアは倒れた家具の片付けや避難所の掃除などを手伝います。町によりますと、大20180913HP用厚真黙祷ボランティア②00000000.jpgきのうまでにおよそ500人が登録したということです。住民の山口正子さんは「私ひとりじゃどうにもならない。まだ住めない。でも片付けないと」と話していました。

2018. 9.12
胆振東部地震・生活再建へ安平で大型ごみ搬出

 胆振東部地震の震源地に近かった安平町ではきょうから家具など大型ゴミの搬出が始まりました。生活再建の第一歩です。

 「こちらは震度6強を観測した安平町です。こちらの建物、石の部分が大きく壊れています。揺れの激しさを物語っています」(阿部力記者のリポート)

 町内の至るところに損壊した建物が。一軒のお宅を訪ねると。片付け作業の真っ最中でした。散らばった家財を片付ける田川治さんです。「本箱とか楽器とか全部倒れて...。もう足の踏み場もなかったよ」

 被災者を困らせているのが、こうしたゴミ処理の問題。災害対応に追われる自治体にも受け入れる余裕がありませんでした。町はきょうから大師ヶ丘公園で大(180912) (3)00000000.jpg大型ゴミを受け入れ始めました。田川さんも「ありがたい。今までは持ち込みで大型ゴミは有料だが、今回は災害対応で無料なので」と語ります。余震が続くなか、日常を取り戻す懸命な作業が続いています。

2018. 9.11
胆振東部地震、世耕経産相が道内視察

 胆振東部地震の被害を確認するため、世耕弘成経済産業大臣はきょう札幌の物流拠点などを視察しました。世耕大臣は道内コンビニ大手セコマの物流施設で大Still0911_00000.jpg倉庫や仕分け業務の復旧状況などを視察。その後、道内の経済団体関係者や、北電の真弓明彦社長、高橋はるみ知事などとも意見交換しました。経産省によると、被災した道内最大の苫東厚真発電所の再稼働が9月末以降、全面復旧は11月以降になる見込みです。北電の真弓社長は大臣との意見交換で、水力発電所の稼働が今月13日との見通しを示しました。北電の真弓明彦社長は「(揚水式の水力発電所である)京極発電所1号機につきましては、(再稼働までの期間を)順調に作業が続けば9月21日から9月13日に短縮することができる見込みとなっています」と話しています。

2018. 9.10
計画停電回避へ緊急の節電呼び掛け

 大20180910HP-1.jpg道内の電力供給が不安定なため国や道は経済団体などに緊急の節電を呼びかけました。札幌できょう関係者の連絡会議がありました。道内ではピーク時に見込まれる電力需要380万キロワットに対し、現在の供給量はおよそ30万キロワット足りません。北海道電力の真弓明彦社長は「本日、月曜日以降はさらに需要が増加することが想定され、現在の供給力では10%程度不足する見通しとなっております」と話しています。北電は主力の厚真火力発電所が復旧に1週間以上かかる見通しを示しました。国や道は計画停電を避けるため20%の節電への協力を企業などに求めました。すでに札幌のホームセンターは照明の数を減らし、2大20180910HP-2.jpg札幌市はラッシュ時を除き地下鉄と路面電車の運行本数を減らします。経済産業省によりますと、午後3時現在の道内の節電実績は15.3%です。

2018. 9. 6
安平で震度7 胆振中部震源に巨大地震

きょう午前3時ごろ、胆振の厚真町で
震度7を観測する非常に強い揺れの地震がありました。
この影響で道内では7人が死亡、295人が負傷したほか、
厚真町で31人の安否が、分からなくなってます。

②00000000.jpg札幌管区気象台によりますと、
震源は胆振地方中東部で、震源の深さは37キロ、
地震の規模を示すマグニチュードは6・7と推定されます。

この地震により、胆振地方を中心に土砂崩れで住宅が倒壊する
被害などが拡大しました。

「現在午前3時45分、札幌・中央区です。
停電でしょうか、信号機に灯りは付いていません。
走行する自動車はお互いに譲り合いながら走っています」(畑中記者)

火力発電所の停止で広い範囲が停電し、生活に影響が出ました。


「(こんな揺れは)初めて。停電とかも私人生初めてなのでどうしたらいいか分からない」(住民)
医療機器が使えず、外来診療を取りやめる病院も。
③00000000.jpg市内のスーパーでは、食料などを求める人が長蛇の列を作りました。
交通網にも大きな影響が出ました。

「JR札幌駅に来ています。
地震の影響で列車は全区間運休になっています」(岡田記者)

新千歳空港の発着便も全便運休しました。
復旧のめどは、立っていません。
道内では一時、295万戸が停電。
現在、札幌と旭川の一部が復旧しました。

「少なくとも1週間以上は需給に見合う電力を
確保することはできない」(北電・真弓社長)


停電や相次ぐ余震の影響で、
札幌では午後2時半現在で259カ所の避難所が設置されています。

道は、道内全域への災害救助法の適用を決めています。

2018. 9. 5
台風21号 道内にも猛威

日本海側を北上した台風21号の影響で、
道内はきょう未明から非常に強い風と雨に見舞われました。
住宅の屋根の一部が飛ばされるなどの被害があったほか、強風によるけが人が出ました。

(180905) (2)00000000.jpg道内ではきのうの夜から雨が降り出し、強い風が吹き荒れました。
道危機対策課によりますと、
強風で屋根がはがれるなどの住宅被害が札幌など各地で発生。

函館では60代の女性が強風にあおられて転倒し、軽いけがをしました。
後志の倶知安町では、42・4メートルの最大瞬間風速を観測。
道内173地点のうち22地点で観測史上最大を記録しました。

(180905) (3)00000000.jpg



道内各地では木が倒れる被害が相次ぎました。

札幌市北区ではビニールハウスが住宅街まで吹き飛ばされました。
(阿部記者)
「電線や何かをすべて巻き込んでビニールハウスが飛んできたのでしょうか。
車の上に完全に覆いかぶさっています」(180905) (1)00000000.jpg

札幌市内の自動車販売会社では、店の天井が落下しました。
(販売会社の工場長)
「天井のパネルが全部落ちた。ほとんどの車が傷だらけの状況」

また、各地で電柱がなぎ倒され、一時8万7000戸が停電しました。
(大川カメラマン)
「折れた木によって電線が切断されています。
午前7時現在、付近ではまだ停電が続いているということです」

停電が全面復旧するのはあすの見込みです。

交通機関も乱れ、JRは札幌発着の列車を中心に、
午後4時20分時点で特急88本を含む列車645本が運休しています。

新千歳空港に向かうバス乗り場も混雑しました。
(畑中記者)
「JRの運休を受け、新千歳空港に向かうバスは長蛇の列ができています。
バス会社は臨時の増便を手配しているということですが、
最後尾で3時間待ちということです」

台風は午前9時に温帯低気圧に変わり道内の天気はほぼ回復しましたが、
気象台は、これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあるとして、
土砂災害などへの注意を呼びかけています。

2018. 9. 4
台風21号 道内に接近

非常に強い台風21号が、道内に接近中です。
5日の未明から明け方にかけ最接近するとみられ、太平洋側西部を中心に大荒れの天気となりそうです。

Still0904_00000.jpg台風21号の接近により、道内は急速に雨や風が強まるおそれがあります。
最大瞬間風速は日本海側や太平洋側西部などの陸上で35メートル、
オホーツク海側の陸上で30メートルの予想で、
波の高さは5メートルから6メートルが見込まれます。
あす正午までの24時間に降る雨の量は、
太平洋側西部で180ミリ、日本海側南部や太平洋側東部で150ミリの見込みです。

Still0904_00002.jpg

この影響で、新千歳空港の発着便は、
中部や関西方面を中心に午後3時の時点で89便の欠航が決まっています。

JR北海道の列車は、札幌ー函館間の特急スーパー北斗などで運休が発生しています。
気象台は、強風や高波への注意を呼び掛けています。

2018. 9. 3
青函トンネル内で新幹線の高速走行試験

目指すは「4時間の壁」の突破です。
青函トンネル内での北海道新幹線の高速走行試験が
9月2日から始まりました。

(180903) (1)00000000.jpg試験は、鉄道・運輸機構が行っています。
青函トンネル内の走行速度は、
すれ違う貨物列車の荷崩れを防ぐため、140キロに制限されています。
試験では速度を160キロから210キロにまで上げ、
貨物列車の安全性を確かめます。

試験が順調に終われば、
JR北海道は2019年春から速度を160キロに引き上げます。
これにより、東京から新函館北斗までの所要時間は
今よりも3分短い3時間59分となり、利用客の増加が見込まれます。

試験は今月19日までです。

2018. 8.31
大正の人気作家伝える有島記念館 ニセコで40年

 テレビ北海道は来年、開局30周年です。大(180831) (3)00000000.jpgそこで道内179市町村の節目の出来事を紹介する179プロジェクトを実施しています。きょうは大正期の人気作家の業績を伝える、ある施設を紹介します。

 ニセコ町にある有島記念館。白樺派の作家、有島武郎の生誕100年を記念して造られました。今年で開館から40年です。内部は代表作の単行本などがずらり。有島の名を知らしめた「カインの末裔」は町内にあった有島家の農場をモデルとしています。もうひとつの代表作「生まれ出づる悩み」にもニセコが登場します。2(180831) (1)00000000.jpg主任学芸員の伊藤大介さんは「絵描きになろうか、家業を継ごうかという職業選択を悩んでいる青年の悩みを取り上げている。若い方にぜひ読んでいただきたい」と話しています。全国各地から年間1万人ほどが訪れます。併設のカフェではクラッシックなどのコンサートも定期的に開催。作品の世界観に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

2018. 8.30
開業100年の札幌市電が新車両ーー乗りやすく車内もゆったり

 今年開業100周年を迎えた札幌の路面電車=市電に新型車両大(180820) (1)00000000.jpgが導入され、きょう報道陣に公開されました。「新たに導入された車両は、市電の中でも通路幅が最も広く、子供から高齢者までゆったり利用することができるんです」(岡田純記者のリポート)。5年ぶりの新型車両導入です。従来の低床車両の通路が狭い問題点を改善しました。札幌市交通局の田中政美車両課長は「バリアフリーというのが、一番の目的なんですけれども、いろいろ乗りやすくするため改良しているのでこれからも市民の方に長く愛していただけるような車両として使ってほしい」と話しています。価格は2億8200万円。市交通局は10月をめどに運行する予定で、来年度中にはさらに2両導入します。2(180830) (2)00000000.jpg

 環境に優しい交通機関として注目を集める路面電車。3年前のループ化以降、利用者も増えています。市は去年から延伸に向け交通量や道路状況などの基礎調査を始めていますが、施設の老朽化など課題が多いのが現状です。札幌市の秋元克広市長は「電車事業所の車庫、変電所を含めて、その電車施設というのは非常に老朽化して、もう限界にきておりますので、今すぐ路線延伸の議論というのは現状では難しい」としています。

2018. 8.29
サンマ豊漁、店頭でも安く

 道東沖のサンマが豊漁です。大20180829HP用サンマ①00000000.jpg根室の花咲港では主力の大型船が戻り、連日1000トンを超える水揚げを記録しています。一方、気になるサンマの値段は?

 サンマの水揚げ全国一の花咲港では、市場が一日に受け入れられる、およそ1300トンを大きく超える見込みで、きのうから受け入れを制限しています。これを受け花咲卸売市場の競りでは、大型船が初めて水揚げした今月24日の3分の1ほどの1キロ205円の値を付けました。

 一方、札幌の鮮魚店では「この豊漁を受け札幌市内のこちらの鮮魚店では、先月の走りのころよりも3分の1ほどの値段、1匹大きい物でも180円で売っています」(岡田純記者のリポート)。鮮魚小売り、札幌多田水産の多田健三社長は「去年よりも魚体はいいです。脂も乗ってますしね。このくらいの価格帯がお求めやすいし、食べてもおいしいんじゃないかなというふうに考えています」と話しています。

2018. 8.28
大学教授・料理人が共同で北海道の食文化考えるセミナー

 道内の食を取り巻く環境が変化していることを受け、産学で食文化を考えるセミナーがきょう札幌で開かれました。セミナーは北海道大学の教授や料理人などでつくる研究会の主催です。講演では、海水温の変化でとれる魚の量や種類が変わっていることや大(180828) (1)00000000.jpg最新の水産加工技術について報告がありました。ホテルの料理人が最近、漁獲量が増えているブリを使った料理を発表。豆腐を作るときの上澄みで魚の臭みを軽減させる研究が生かされています。北大大学院農学研究院の若松純一准教授は「北海道はいろいろな食の文化や食材があり、それを広めたい。新しい食材を使って新しいもの(料理)を作り出す、ということもできればいい」と話しています。10月には農業分野のセミナーを開きます。

2018. 8.27
新千歳空港にふかしたてまんじゅうの土産店

 洞爺湖町に本社を置く、わかさいも本舗がきょう新千歳空港に初の直営店をオープンしました。道産素材にこだわった和菓子の魅力を空の玄関から全国に発信します。

 商品が並ぶ店舗大(180827) (1)00000000.jpgの横に菓子工房があります。毎日、空港限定販売の「新千歳くうこうまんじゅう」をふかし、できたてを土産用に販売します。「あー、外側はもちもち、中のあんもしっとり、非常においしいです」(阿部力記者のリポート)。あんに十勝産の小豆を、皮には道産小麦を使いました。空港の土産は洋菓子が多いとみて国内外の旅行者に和菓子の魅力を広めたい考えです。

2018. 8.24
道内の女性たち「雪国楽しめるファッション誌」創刊へ

紙の媒体にこだわった、新たな挑戦です。
雪国の生活を楽しむファッション誌が、道内在住の女性たちの手で創刊されます。

180824②00000000.jpg発案者は、4人の子どもの母親で、札幌でイベント企画会社を運営する星野恵さん。
7年前に福岡から札幌へ移り住んだ際、冬の服装選びで悩んだといいます。
(星野さん)「他に同じような思いをした方がいるのではないか―。役に立てるようなファッション誌を」

一般的なファッション誌では、北海道のような寒さの厳しい地域向けの服装は
あまり紹介されません。

そこで、寒くても、おしゃれと暖かさを両立できるファッション誌が必要だと考えました。

180824①00000000.jpg昨年11月、交流サイトの「フェイスブック」で
協力を呼びかけると、美容師や主婦らおよそ30人が賛同。
アイデアを出し合い、6月から取材や撮影を始めました。

(星野さん)
「手に取って開いて一覧できる紙媒体には
とても魅力がある。雪国スタイルのファッションを発信していきたい」

創刊号となる秋冬号の発行は、10月上旬の予定です。
子育て中の母親らが集まる札幌のカフェなどで販売するということです。

2018. 8.23
道東沖サンマ漁が本格化

道東沖のサンマ漁が本格化しています。
根室の花咲港では23日朝、漁船30隻が水揚げをしました。
浜は活気づいています。

(180823) (1)00000000.jpg根室の花咲港では日が昇る前から、棒受け網の漁船30隻が次々と帰港。
キラキラと輝くサンマを水揚げしました。
市場関係者によりますと、この日獲れたのは合わせて417トンで、
まずまずの量だといいます。

セリでは1キロあたり950円の値となり、高値が続いています。
大きさは30センチほどと例年並みです。

(180823) (2)00000000.jpg(市場関係者)
「サンマが取れる場所も遠いですし、群れもまだ薄いですね。これから取れてくれれば」

水産庁によりますと、ことしの水揚げ量は
過去最低だった去年よりも増える見通しです。
港では24日にも大型船による初水揚げが始まります。漁業関係者は今後の大漁を期待しています。

2018. 8.22
ピーチCAの卵 千歳の専門学校で訓練

格安航空会社のピーチ・アビエーションが、
新人客室乗務員の訓練の一部を、千歳の専門学校で始めました。

(180822) (4)00000000.jpg機内さながらのこちらの場所は、専門学校の中にある訓練施設。
運営する日本航空学園が約2億円かけ、実際の航空機の一部を使って整備しました。

施設では、10月にCAとしてデビューをするピーチの新人23人が、
備品の安全性を確認する手順などを学んでいます。
(180822) (1)00000000.jpg(新人CA)
「実際に備品を動かすことができるので、一つ一つ作業を確認しながら覚えやすい」

ピーチはこれまで、グループ会社の施設を借り、主に羽田で訓練をしてきました。
その際、訓練生はホテルに宿泊させていて、その費用が負担となっていました。
今回、学校側からの提案で施設を借りることとなり、負担を大幅に減らせるようになりました。

(ピーチ広報グループ・長谷川さん)
「訓練所から歩いてすぐに寮がありますし、3食全部準備してくれるので訓練負担が軽減できる」

ピーチは今後も、専門学校での訓練を続けます。
訓練コストの削減が進み、運賃がさらに安くなるのか期待されます。

2018. 8.21
夕張市の複合拠点施設 来月着工へ

夕張市はきょう、清水沢地区の複合施設の工事が
来月から始まるのを前に、安全祈願の催しを行いました。

Still0821_00001.jpg市は、分散している住宅や公共施設を清水沢地区に集約しようとしていて、
複合施設はその拠点です。
多目的ホールや図書スペース、バスターミナルを備えます。

Still0821_00002.jpg総事業費は10億6000万円。来年12月の完成予定です。
神事には鈴木直道市長も出席し、「夕張再生の象徴になる施設」だとしました。

2018. 8.20
札幌市民交流プラザが報道公開

今年10月7日にオープンする札幌市民交流プラザの施設内部がきょう、報道陣に公開されました。

180820①00000000.jpg公開されたのは、札幌文化芸術交流センターと図書・情報館、札幌文化芸術劇場(hitaru)の3施設です。

(岡田記者)
「道内初の4面舞台や最新の舞台装置を備えたこの劇場では今年10月、
こけら落とし公演として、オペラの大作『アイーダ』が上演されます。

180820②00000000.jpg文化芸術劇場では、オペラカーテンの演出や照明など
舞台装置のデモンストレーションもありました。

図書・情報館には文学書や児童書はなく
仕事や暮らしに役立つ本が中心。
グループでの話し合いも可能で、一部の席は予約もできます。

(札幌市民交流プラザ・石井正治館長)
「皆さんが公共施設と一般的に考えるようなものではなく、
関心を持ってお越しいただく施設を作っていきたい」

2018. 8.17
新千歳空港 国内線客から施設使用料徴収

新千歳空港の運営会社がことし10月28日以降、
国内線の利用者から使用料を徴収することが分かりました。

Still0817_00000.jpg使用料は大人(12歳以上)270円、子ども(3歳以上12歳未満)140円です。
航空運賃に使用料を上乗せして徴収します。

新千歳空港の運営会社は使用料収入について、
先月完了した国内線旅客ターミナルビル整備の費用に充てるとしています。
国際線利用者からは、既に使用料を徴収しているということです。

2018. 8.16
夏の楽しめるスポット⑤夕日とグルメが楽しめる厚田の道の駅

 親子でも楽しめる道内各地のスポットを紹介する夏休み企画。4回目のきょうはきれいな夕日とグルメが人気の石狩にある道の駅です。国道231号、通称オロロンラインに面した道の駅「石狩あいろーど厚田」です。4月のオープン以来、わずか2カ月で30万人が来場した人気の秘密は......。

 「道の駅の3階はこうしたテラスになっています。日本海を望めるんですが、きょうはあいにくの曇り空とあって美しい夕日が全く見えません...」(阿部力記者のリポート)。晴れた日には空と海を一面、赤やオレンジ色に染める美しい夕日が人気なんです。札幌から来た観光客の感想は「夕日見れたら良かったんですけど」。地元の石狩市民も「いつもだったら海が見えて、夕日も見えて最高なんですけどね」と話していました。

 夕日だけでなく、グルメもあいろーど厚田の魅力です。午後2時ごろには売切れる「二三一(ふみいち)バッテラ」。地元特産のニシンとカズノコの親子寿司です。「さっそく頂いてみたいと思います。ニシンの酢の締める締め具合とカズノコのコリコリした食感が非常に美味しいです」大HP用180816.jpg(阿部記者のリポート)。絶品メニューはほかにも。濃厚なかつお出汁がきいた厚田産の十割そばに甘露煮が入った「にしんそば」。ここ限定のジェラートも外せません。夕日を表現した「厚田の夕日」をはじめ定番の「はまなすソルベ」や「厚田ブルー」も人気商品です。石狩あいろーど厚田の吉田和彦駅長は「地元の食材を使ってお客様に楽しんでいただきたい。2度でも3度でも足を運んでもらえると良いと思っています」と話しています。夏の思い出づくりにドライブしてみてはいかが?



2018. 8.15
夏の楽しめるスポット③豊浦の秘境駅で到達証明書

 夏休みに親子で楽しめる道内各地のスポットを紹介するコーナーです。3回目のきょうは「日本一の秘境駅」として知られる道南の大20180815HP用JR小幌駅①00000000.jpgJR室蘭線小幌駅の「秘境到達証明書」の話題です。無人駅の小幌駅は上り下り合わせて1日6本の列車が止まります。列車を使わなければ険しい林道を1時間ほど歩かないと行くことができず、鉄道ファンからは「日本一の秘境駅」と呼ばれています。

 「私は小幌駅に来ています。ここはトンネルとトンネルの間にあり、周りは山あいの深い緑に囲まれています」(斉藤和浩記者のリポート)。証明書は中20180815HP用JR小幌駅②00000000 - コピー.jpg地元の噴火湾とようら観光協会が小幌駅で記念撮影した人を対象に今月4日から発行しています。噴火湾とようら観光協会の岡本貴光事務局長は「特別感のある証明書。豊浦町を知っていただくきっかけにしていきたい」と話しています。駅名看板と本人が写った写真を町内の道の駅や天然豊浦温泉「しおさい」に持っていくと、無料で証明書を受け取れます。東京から駅に来た観光客は「事前に情報を取っていたけど期待通りの場所だった。証明書を受け取りに行きたい。楽しみです」と感想を話してくれました。

 JR北海道は3年前、利用客の少ない小幌駅の廃止を表明しました。豊浦町は駅を観光振興の核にしようと、維持費用を負担し、駅は生き残りました。豊浦町の村井洋一町長は「何もないというのが小幌駅の魅力。観光につなげていかなければならない」と語ります。この夏、親子でめぐってみてはいかがでしょうか。


(後受け)
あとコメと感想8秒

2018. 8.14
夏の楽しめるスポット②三笠で太古の歴史に触れる

 親子で楽しめる道内各地のスポットを紹介する、夏休み企画の2回目です。きょうは太古の歴史を伝える三笠の博物館の話題です。

 来年で開館40年目となる三笠市立博物館。地球誕生以来の生き物の進化の過程を描いた人気の絵本「せいめいのれきし」をテーマに特別展を開いています。加納学館長に見どころを教えてもらいました。「やはりこの長く伸びた歯ですね。サーベルタイガーと言われる所以です」(加納さん)。およそ4万年前にアメリカ大陸に生息したとされる、ネコ科の哺乳類スミロドン。剣のような牙で、人類をも襲っていた可能性があります。その隣のひときわ大きな化石は?「日本で初めて(化石が)見つかったということでニッポノサウルスと名付けられた」(加納さん)。全長4メートルほどのニッポノサウルスは、最近話題のむかわ竜の親類。草食恐竜ならではの平らな歯を間近に観察できます。そして2メートルの、トカゲのようなエリオプスはなんと、カエルの仲間。加納さんは「昔どのような生き物がいたのかということを考えてほしい。ひいては地球環境がどう変わってきたのか、生き物たちがどう変わってきたのかということを見ていただきたい」と話しています。常設展示室には、大20180814H用三笠②00000000.jpg道内で見つかった巨大なアンモナイトの化石がずらり。あさってまで、化石のレプリカづくりも体験できます。体験者からは「三葉虫を作りました。はい(うまく)できました」などの声が聞かれました。夏休み最後の思い出づくりにいかかでしょうか。

2018. 8.13
夏の楽しめるスポット①小樽に写真映えする新名所

 夏休みも終盤。親子で楽しめる道内各地のスポットをきょうからシリーズで特集します。1回目のきょうは小樽に登場した写真映えする『新名所』です。道内外や海外からの観光客で賑わう小樽運河。その運河沿いに登場したのが...

 「今月オープンしたばかりのこちらのお店。メインのお肉料理専門店に加えパン屋さんや、ハンモックでゆっくりできるカフェが一緒になった小樽の新スポットなんです。」(岡田純記者のリポート)。石造りの倉庫を改装した小樽タイムズガーデン。道産野菜にこだわったサラダビュッフェのある肉料理レストランをはじめ、店内ですぐに食べられるパン店や、大(180813) (1)00000000.jpgハンモックでくつろげるカフェではスイーツなども楽しめます。札幌から来たの女性観光客は「SNSで(知りました)。このハンモックが、普段カフェではそんなにないので...」と感想を話し、別の女性客は「何かゆっくり本とか読みたいですね」と話していました。

 レストランのメインは羊の肉を使った料理です。「運河が見えるこの絶好のロケーションで味わえるのが、この自慢の、生ラム肉の料理です。ではいただきます。うん...肉厚なんですが、くせもなくておいしいです。やっぱり骨付きだと食べ応えがあっていいですね」(岡田記者のリポート)

 開放感のある店内はまさに『ガーデン』。家族で過ごすのはもちろん、友人と訪れるのもお薦めです。小樽タイムズガーデンの夏伐亮一アシスタントマネージャーは「天井も高いので来ていただければ、何というか癒しの空間、というようなかたちも体験できる。小樽の(観光)スポットの1つに入れたいというかたちで考えております」と語りました。

2018. 8.10
道央道SAにセブン-イレブンがオープン

高速道路でもセブンイレブンに立ち寄れます。

HP用180810.jpg
コンビニ大手のセブンイレブン・ジャパンの新店がきょう、
道央自動車道の樽前サービスエリアにオープンしました。

(山田記者)
「入ってすぐ両側に、胆振管内を中心に道内産の土産物が並びます。
奥にはインバウンド向けの商品も置いています」

午前7時にオープンした樽前サービスエリアの店舗。
およそ100平方メートルの売り場に、2000ほどの商品が並びます。

観光客や長距離運転のドライバーの利用を見込み、
近隣の土産品や眠気対策の商品を通常の店舗よりも多くそろえています。

道内の高速道路のサービスエリアに、セブンイレブンが出店するのは初めてです。

(セブン-イレブン・ジャパンの担当者)
「今後、高速道路のサービスエリアでの出店を強化したい」

今後はサービスエリアだけでなく、
大学や病院、道の駅にも出店したいとしています。

2018. 8. 9
1億円の重さは?道銀で親子銀行体験

Still0809_00000.jpg1億円の重さを体感です。
夏休み中の子どもたちに、銀行について学んでもらうイベントがきょう、札幌でありました。
イベントは、子どもたちに金融や経済に興味を持ってもらおうと、
北海道銀行が毎年この時期に全道各地で開いています。
札幌の本店には、12組の親子が参加。

子どもたちは、重さ10キロの1億円の札束を持ってみたり
硬貨が入った袋の重さ比べたりし、興味津々な様子でした。

Still0809_00001.jpg(小学2年の女子児童)
「100万円お札の厚さにびっくりした」
(小学5年の男子児童)
「10円玉とか500円玉とかの袋は、1円玉の袋と比べると重さが違って驚いた」

イベントは10日までです。

2018. 8. 8
FDAが丘珠ー松本便を就航

静岡の航空会社フジドリームエアラインズがきょう、
札幌の丘珠と長野の松本を結ぶ初の定期便を就航しました。

20180808HP FDA③00000000.jpg今月31日まで、毎日1往復運航します。
当初は今月21日までの予定でしたが、
予約が好調だったことから期間を10日間延ばしました。

フジドリームエアラインズは現在、新千歳ー松本線を通年運航し、
去年8月の搭乗率は9割を超えています。

おととしから運航している丘珠ー静岡線も好調で、
松本線も利用客が見込めると判断しました。

20180808HP FDA①00000000.jpg(フジドリームエアライン・森谷専務)
「丘珠空港は市の中心部から6キロメートルで利便性が高く、非常に重要な空港」

運賃は、大人片道1万8000円からです。

2018. 8. 7
豪雨被害河川で国が災害査定

先月の大雨で被災した公共施設の災害査定がきょう、
上川の東川町で始まりました。

HP用180807.jpg先月の豪雨で氾濫した東川町の倉沼川では
北海道開発局の査定官が氾濫場所を実際に見て、
被害の経緯や復旧状況を確認しました。

国は今回の査定から、事務手続きを簡素化。
これにより、2カ月かかっていた査定までの期間が、
1カ月に短縮されるということです。

今月10日までに上川管内の6カ所で査定が行われます。

2018. 8. 6
最上階は4億円 円山に超高級マンション

(180806) (1)00000000.jpg最上階は4億円台です。

東急不動産はきょう、札幌の円山に建設中の
高級分譲マンション「ブランズ円山外苑前」の
モデルルームを報道公開しました。



(畑中記者)
「新しいマンションができるのは、道内でも屈指の一等地、円山公園のすぐ隣です。最高級のつくりで富裕層をターゲットにしています」


円山公園駅から徒歩3分。
8階建てで2LDKから4LDKの53戸が入ります。
価格は6000万円台から4億円台。
最も安い部屋でも、
中央区の平均的なマンションのおよそ1・4倍です。

(180806) (2)00000000.jpg購入するのは、現在円山に住んでいて買い替えや住み替えで
移る人が中心だといいます。

5月から販売し、既に多くの問い合わせがあります。

モデルルームの一般公開は今月25日からです。



2018. 8. 3
プロバレーチームと比布町が連携協定

 旭川を本拠とするプロ・バレーボールチーム、ヴォレアス北海道の運営会社が比布町と連携協定を結びました。移転に伴い解体を予定していた比布中学校を活用します。町は5年間校舎を無償で貸し出し、解体費として予算計大HP用180803.jpg上した3000万円を助成します。ヴォレアスは校舎を合宿所として活用するほか、飲食スペースを設けるなど住民の交流施設にする計画です。体育館はバレーボールの専用アリーナにし、子ども向けに教室も開きます。運営会社の池田憲士郎社長は「(道外のチームに合宿に)来てもらえる環境があれば、北海道にいながら、客に見てもらいながらチームを強化できるメリットがある。ともに作っていくというコンセプトで、まちを一緒に盛り上げていきたい」と話しています。校舎は今月20日に引き渡され、1000万円ほどかけて体育館の床の張り替え工事などを行います。

2018. 8. 2
道内の中小企業が連携 有志が連合組織旗揚げ

 道内中小企業の連帯を図って新たなビジネスチャンスを開拓しようと、有志による企業連合の設立に向けた発起人会がきのう夕方、札幌で開かれました。名称は「北海道明日を創る企業連合」。発起人会には、道内各地の飲食やホテル、IT業などの経営者ら、およそ100人が出席しました。計画では、業種の枠を超えて情報を共有する仕組みづくりを進めます。さらに事業者同士のビジネスマッチングを進め、新たなマーケットを開拓します。

 発起人代表は元北海道経済産業局長の増山寿一氏が務めます。大i HP用180802.jpg増山氏は「企業者が横でつながって連帯して、新しいビジネスをつくるプラットフォームが必要と考えた」と動機を話します。経営者の研さんを目的に月1回、経営セミナーも開きます。「志ある人は皆さん来てほしい」(増山氏)。地方自治体も含め、数千社の賛同を目標に、来年春に立ち上げる予定です。

2018. 8. 1
道東に初のLCC定期便 釧路ー関西結ぶ

 格安航空会社ピーチアビエーションが大(180801) (3)00000000.jpgきょう、釧路と関西国際空港を結ぶ路線を開設し、第1便が釧路空港に到着しました。道東にもいよいよLCCが進出です。

 ピーチアビエーションの井上慎一社長はA(180801) (1)00000000.jpg「釧路線就航はピーチ初の東北海道就航となります。東北海道でもいよいよLCCの歴史の幕が開けようとしています」と語りました。たんちょう釧路空港ではピーチアビエーションの釧路ー関西空港便就航を祝う式典がありました。道東への格安航空、いわゆるLCCの定期路線開設は初めてです。釧路ー関西線は1日1往復運航し、料金は片道5290円からとなります。道東から関西へ旅行しやすくなります。本州からの観光客が増えるとの期待もあります。釧路市の蝦名大也市長は「道東地域の中で磨き上げた素晴らしいものを連携をとり発信をしながら、この就航をしっかりいかしていきたい」と話しています。

2018. 7.31
下川町、持続可能なまちめざし障害者の働く場づくり

 道北の下川町はきょう、本州企業2社と連携協定を結び札幌で調印式をしました。町と協定を結んだのはコールセンター大手のベルシステム24ホールディングス、愛知県豊橋市のラ・バルカグループです。国連の「持続可能な開発目標」であるSDGsを推進し、地域社会を維持するため、大Still0731_00000.jpg下川町の廃校で障害者を雇いフェアトレード原料で「久遠チョコレート」を製造します。下川町の谷一之町長は「北海道で先鞭を切らせてやらせてもらう。これで火がついてほかの地域でも(同じ取り組みは)展開することが可能ではないか」と話しています。工場は来年4月にも稼働します。

2018. 7.30
火星大接近!道内でも各地で観察イベント

 あす、15年ぶりに火星が地球に最も近づきます。夏休みにあわせて道内各地では観察会が予定されています。札幌市天文台では15年ぶりとなる火星の最接近「スーパーマーズ」にちなんだ観察イベントが始まってい大0730HP用火星接近-2.jpgます。今回の地球と火星の最接近はおよそ5760万キロメートルとされ、大型の望遠鏡で近づきつつある火星を家族連れなどが興奮した様子でのぞき込んでいました。来館者からは「火星! 火星!」といった歓声や「砂嵐が起こっていて(火星をみた印象は)もやっとしていました」という感想が聞かれました。

 道内では天文台のある札幌市が3日まで、名寄市や陸別町では5日まで、芦別市などでも明日、観察会を行う予定です。

2018. 7.27
受動喫煙問題 道内飲食店の対応は?

受動喫煙対策の強化を目的とした法律が、成立しました。
多くの人が利用する、道内の飲食店の現状を取材しました。

今月18日に成立した改正健康増進法。
2020年4月から一部の施設を除き、受動喫煙対策を義務化する法律です。

180727①00000000.jpg道内各地でレストラン「びっくりドンキー」を運営するアレフは、
客からの要望を受け、2015年から全面禁煙に向けた取り組みを始めました。
売り上げへの影響は?(アレフの担当者)「いったん、1割から2割くらい下がりました」
しかし、その後は受動喫煙対策が効果を上げ、家族連れらが増加。
およそ1年で売り上げはもとに戻りました。

180727②00000000.jpg


焼き鳥店「串鳥」を運営する札幌開発は、改正法の施行による経営への影響を懸念しています。

(札幌開発・中島執行役員)
「禁煙となったらお酒を飲む場を今のまま維持できない」

(来店客)
「来なくなると思いますよ。吸う人は吸えない店にはいかない」

顧客を維持しながら、いかに禁煙対応を図っていくか。
難しいかじ取りを迫られています。

2018. 7.26
アレフ施設に公安調査庁が再び立ち入り

地下鉄サリン事件などを起こした
オウム真理教の元幹部ら6人の死刑が執行されたことを受け、
札幌の後継団体「アレフ」の施設に26日、公安調査庁が緊急立ち入りしました。

(180726)00000000.jpg(山田記者)
「調査官が中に入っていきます。中には白いマスクをした信者と思われる方の姿が見えます」

26日午後1時前、公安調査庁の調査官が
札幌市白石区にある後継団体「アレフ」の施設を立ち入り検査しました。

アレフ施設への立ち入りは、
オウム真理教元代表の松本智津夫元死刑囚の死刑が執行された今月6日以来です。

付近の住民からは、今後のアレフの活動への不安の声が聞かれています。

2018. 7.25
アリオ札幌 6年ぶりに大規模リニューアル

札幌東区の商業施設「アリオ札幌」がきょう、リニューアルオープンしました。
近隣のJR苗穂駅周辺の再開発に伴う人口の増加を見越して、
家族連れの呼び込みに力を入れます。

アリオ札幌は3月から順次改装し、テナントの6割を入れ替えました。
大がかりな改装は6年ぶりです。

                                
(180725) (1)00000000.jpg
(畑中記者)
「今回のリニューアルでは家族向けにターゲットを絞り
フードコートの座席を100席増やしました。
小さな子供向けに小上がりの席も用意しています」





家族連れを呼び込もうと、子ども向けの商品が集まる2階に遊び場を作りました。
今年11月には新たな苗穂駅が開業し、
周辺ではタワーマンションなどの建設が始まります。
これらの施設と通路で結ばれることから、
関係者は再開発の効果を期待しています。

(180725) (2)00000000.jpg
(アリオ札幌・阿部支配人)
「再開発で人が増えるということで使いやすい施設、楽しい施設を目指して
これからも見直していきたい」
このリニューアルで、年間の売り上げは1割増える見通しです。

2018. 7.24
北大内セイコーマートがオープン

セイコーマートを運営するセコマの、北海道大学内の店舗がきょう、オープンしました。

Still0724_00000.jpg店舗は2階建てで、
面積は通常の2倍のおよそ480平方メートル。
緑豊かな学内の景観を損ねないよう、
イメージカーラーの
オレンジ色は用いず、
全面ガラス張りの店舗としました。



(山田記者リポート)
「セコマ最大面積の北海道大学店。2階に上がるとイートインスペースオープンキッチン、
そして、奥ではジンパも楽しむことができます」

午前11時の開店と同時に、多くの学生が訪れました。
開店を待ちわび、夜中から店の前に並んでいたという学生も。

(学生)
「2階でジンギスカンが食べられると聞いたんで、
今度お肉を買ってみんなでジンギスカンパーティーをしたい」

セコマの大学内の店舗は、これで5店目です。

(セコマ・丸谷社長)
「北海道を象徴する大学ですよね場所も非常にオープンですよね
一般の方も通れる立地はどうしても店は欲しいと思っていた」

ジンギスカンパーティーの予約は、来月13日から開始します。

2018. 7.23
ハンガリーの「国宝」 ブランド豚肉を出荷

帯広の農産物卸会社が、
ハンガリー原産のブランド豚肉の出荷を先週から始めました。

(180723) (1)00000000.jpg幕別町の十勝ヒルズで飼育されている「マンガリッツァ豚」。
本場ハンガリーでは国宝に認定されています。

カールした長い毛が特徴で、
くせの無い脂身と濃い赤身が魅力。1年中『放牧』で育てています。

農産物卸会社の丸勝はおととし、マンガリッツァ豚を輸入し、繁殖と飼育に成功。
ブランド名を付け、今月18日に十勝や東京のレストランに初めて出荷しました。

(180723) (2)00000000.jpg丸勝は、まずは首都圏を中心に売り込み、将来的には輸出も視野に入れています。

テレビ北海道は、
8月4日(土)午前11時から放送の「けいざいナビ北海道」で、
全道のブランド豚の情報を詳しくお伝えします。

2018. 7.20
夏本番!大通公園でビアガーデン開業 値段に工夫も

 夏本番を迎え、札幌で恒例の大通ビアガーデンが、きょう開幕しました。今年は大手ビール会社の値上げに伴い4年ぶりに販売価格が変わっています。

 絶好のビアガーデン日和となったきょうの札幌。今年も大通公園で多くのビールを提供するブースが出店しました。来場者からは「全員有休とって 楽しみにしていた」「きょうは暑くてビール最高ですね」「昼から飲めることが最高に魅力です」といった声が聞かれました。さっぽろ夏まつり実行委員会の山上一心さんは「例年200万人近く動員させていただいているんですが、去年ちょっと寒かったので、去年を上回る動員を期待しております」と語りました。

 今年で65回目ですが、生ビールが2014年以来、4年ぶりに20円高くなりましたが......。「こちらがサントリーのタワーピッチャーです。奥が10リットル、手前が3リットルなんですが、10リットルが去年と値段据え置き、3リットルは去年より100円値下げしています」(小澤良太アナウンサーのリポート)。サントリー酒類の三ツ木浩一さんは「より多くのお客さんにリピーターになっていただきたいという狙いがありまして、100円ですけども値下げをして沢山の方にまずは楽しんでいただきたいという思い(があります)」と話します。

 こちらはサッポロビール。毎年人気の大通りビアガーデン限定ビール、富良野シトラスです。1A.jpg時間限定販売をやめ今日から3日間、いつでも販売しています。「フルーティーですね。柑橘系でカクテルのような味なんですけども、しっかりビールなんですね。今日みたいな暑い日はどんどん飲めちゃう味ですね」(小澤アナの試飲リポート)。大通りビアガーデンは来月15日までの開催です。〆

2018. 7.19
北海道ブランドずらり 日本最大級の道産品見本市

 北海道ブランドの販路を広げようと、大Still0719_00000.jpg4日間で2万人の来場を見込む日本最大級の道産品見本市「バイヤーズマーケット北海道」がきょう札幌で開幕しました。100を超す企業が出展しました。

 みそを作るこちらのメーカーは市場縮小で3年前から健康志向の加工品を販売しています。「みそを作る時の米こうじで作った甘酒のような調味料。北海道産の原料を使っているということだけではやはり足りなくて、それぞれの(商品の)ブランドをどのようにして国内外の客に知ってもらうかが課題」と日本清酒寿みそ営業部の浅川太策主任は話します。

 水産業界は道内の漁獲が振るわず、新商品の開発が活発です。釧路市に工場を持つこちらの会社は、不漁のサンマの代わりの商品開発を進めています。「サンマよりイワシが今、道東では水揚げがあるのでイワシ丼やイワシの甘露煮といった商品に変化している状況。サンマよりもイワシの方がダメージを受けやすい商品なので形が崩れないように(工夫して)作っている」(近海食品の加納健太営業本部主任)。見本市はバイヤー向けがあすまで、消費者向けは21日から22日まで開かれます。

2018. 7.18
小樽の大型SCにボルダリング施設

 小樽の大型商業施設「ウイングベイ小樽」にきょう、岩を伝って壁を登るスポーツであるボルダリングの施設が屋内にオープンしました。体験型の施設で集客につなげたい考えです。運営会社の小樽ベイシティ開発がつくりました。

 「専用の靴など必要な道具はすべて借りることができるため、手ぶらで来て楽しむことができます」(畑中大樹記者のリポート)

大Still0718_00002.jpg ボルダリングは2020年の東京オリンピックの正式種目に採用され、愛好者が増えると期待されます。料金は大人1日1800円。(別に登録料が必要)。子ども向けから上級者用まで幅広く用意し、年間2600万円の売り上げを見込みます。今月下旬には屋外テラスに豪華なキャンプが楽しめるグランピング施設もオープンします。ウイングベイ小樽は運営会社が去年12月に民事再生を申請。今年3月から投資ファンドが実質的に経営しています。小樽ベイシティ開発の橋本茂樹社長は「札幌であるとか(小樽)近郊、いろんなところから広範囲にお客様に来てほしい。(これまでは)再生するというのが主題目だったので、これからはこうした体験型の施設を増やしながら、たくさんの客に来てもらえる形にしていきたい」と話しています。

2018. 7.17
介護ロボット普及へ 道が帯広などにセンター

 介護する人の負担軽減などが期待される介護ロボットの普及のため、道は札幌に続き今月、帯広など道内3カ所に拠点を開設しました。その狙いとは?

大(180717) (3)00000000.jpg 道は今年度およそ1億3200万円をかけ、介護ロボットの普及や導入支援を進めています。その拠点となるのが介護ロボット普及推進センターです。十勝リハビリテ―ションセンター医療技術部の阿部正之副部長は「この機械は、ベッドから車いす、または車いすからベッドに移動する時に使う機械で、介護者の方がどうしても自分の腰を痛めたりしたりとか。そういうことがあるので、介護者の負担軽減。あとは本人自体も楽に移れる」と説明してくれました。

 実際に体験して作業がどれだけ楽になるかなどを実感できます。さらに、こんなロボットも...

 「このロボットはコミュニケーションが取れるほか、レクリエーションの見本も見せてくれるんです。
レクやってみて!」(ロボット:はい。わかりました)=岡田純記者のリポート。

 予約制で見学のほか、体験や作業療法士などから使い方の説明も受けられます。予約は19日からホームページで受け付けます。運営するマルベリーさわやかセンター帯広の櫻井資久センター長は「介護ロボットというと、なかなか高額だったり、まだまだ普及が進んでいない。納得いくまで試してもらい、ぜひ採用までご検討いただければ」と話しています。

2018. 7.16
フィットネスクラブ顧客争奪戦、ゴールドジムも札幌進出

 札幌で相次ぐフィットネスクラブの進出。人口196万人の魅力的な市場で各社による顧客の奪い合いが過熱しています。

bigHP用180716.jpg 札幌中心部にきょうオープンしたのが「ゴールドジム札幌大通」。道内初進出となります。地下鉄駅そばの好立地に、地下2階から地下1階まで吹き抜けの開放的な空間を用意。フロアにはウエートトレーニング用器具が100台並びます。開業前の時点で会員登録が1100人を超えるなど、市民も待ち望んでいたようです。利用客からはは「札幌にもできたら良いなってずっと思っていた」「うれしいですね。これだけマシンがそろっているので」といった声が聞かれました。

 フィットネスクラブの進出が相次ぐ札幌市。4月には「エニタイムフィットネス札幌山鼻」が開店したほか、秋ごろまでにほかの企業が進出する動きも。エニタイムは道内のほかの都市への出店も視野に入れます。運営会社、ファストフィットネスジャパンの土屋敦之社長は「北海道じゅうをエニタイムでいっぱいにしたいと思う」と語ります。一方、後を追いかける形のゴールドジムは。運営会社、スポーツプロジェクトの金山勲社長は「(札幌は)3店舗くらいはここを合わせて出店させたい」と述べるとともに、「(地方都市も)十分可能性はあると思う。旭川なども(出店は)よろしいと思う」と話します。札幌進出を足掛かりにするフィットネスクラブ戦争は道内の地方都市にも広がりそうです。

2018. 7.12
国際農業機械展 帯広で開幕

国内外のメーカーが最新のトラクターなどを展示する
国際農業機械展が12日、帯広で開幕しました。

(180712) (1)00000000.jpg(岡田記者)
「4年に1度の国際農業機械展、会場には初日から
 大勢の農業関係者などが訪れています」

自動運転によるトラクターのパレードで幕を明けた、今年の農業機械展。
国内外から過去最多134の農機メーカーが出展しました。

会場では、GPSと地図データを活用し、
農作物の生育に合わせて肥料の量を自動で調節し散布するシステムが展示されました。

設計図をもとに3Dアニメーションをつくり、農業機械の細かな部分まで精密に再現するシステムも。
パーツの分解方法や状態まで細かく表示できます。
出展したIHIアグリテックは今後、農業機械のメンテナンスにも応用できないか可能性を探ります。

2018. 7.11
ウナギ価格高騰 代わる魚とは...

来週7月20日は土用の丑の日です。
しかし、肝心のウナギの価格が高騰し、ますます手が届きにくくなっています。
こうした中、ウナギに代わるある魚を活用する動きが、道内で出てきています。

(180711) (1)00000000.jpg札幌市内のウナギのかば焼き専門店では、価格高騰の影響がじわりと出ています。
(店主)
「過去最高値だと思う。業界では値上げの影響で売り上げが3割くらい落ちている」
かつてない全国的な不漁の影響で、
道内の1キロあたりの養殖ウナギの仕入れ値は6000円に迫る勢い。
過去最高水準だといいます。

コンビニ道内大手のセコマは10日から、
道内のおよそ7割の店舗でウナギならぬサンマの蒲焼重の販売を始めました。
(180711) (2)00000000.jpg
(山田記者リポート)
「身がふっくらしていて醤油のタレの香りがふっと抜けて美味しいです。とってもご飯が進みます」
(来店客)
「ウナギを食べたいけど高いから、味が似ているのであればサンマでも...」

販売は今年で7年目。
年々人気が高まり、去年は初年度の3倍以上を売り上げました。
(セコマの広報担当者)
「北海道の食文化として、土用の丑の日にはさんま蒲焼重を普及させたい」
今月24日からは豚を使った蒲焼重も販売するとしています。

2018. 7.10
深刻...船員不足 フェリー会社が企業説明会

人や物を輸送する海運業界で、船員の不足が深刻です。これを解消しようと、
高校生らを対象とした企業説明会が10日、札幌でありました。

Still0710_00000.jpg説明会は道運輸局が主催し、
道内外のフェリー会社など
30社が参加しました。
道内の船員の数は近年、
850人ほどで推移し、
全国と同様に最盛期から大きく減っています。

説明会には、
道内の水産高校の生徒らおよそ100人が参加。
企業の担当者が、仕事の魅力を熱心に説明しました。

(参加した企業の担当者)「船員の半数は50歳以上。かなり高齢化が進んでいる」
1人でも多くの学生に興味を持ってもらおうと、船員に必要な資格も紹介しました。

2018. 7. 9
ツルハ初の商業ビル 創業地の旭川で開業 

(180709) (1)00000000.jpgドラッグストア大手のツルハホールディングスが建設していた、
JR旭川駅前の複合商業ビルが完成し、9日に落成式が行われました。

(180709) (5)00000000.jpg完成した「北彩都ツルハビルディング」。

地上12階建て、延べ床面積9300平方メートルの規模で、
1階と2階にツルハドラッグの店舗など商業施設、
3階から上に道内初進出のワイズホテルが入ります。
ホテルは客室数160室で、先週末に開業しました。


ツルハホールディングスが、商業ビルを運営するのは初めてです。
創業の地の旭川で、新たなビジネスモデルを確立する方針です。

(180709) (3)00000000.jpg(鶴羽順社長)
「ビルにはバスターミナルもあり、ホテルもある。
 観光客らの動向、要望を聞きながら売り場を改善していきたい」

ツルハホールディングスは、
2016年に閉店した旧西武旭川店の跡地も取得していて、
旭川で商業ビル運営の実績を重ね、今後ほかの都市でも展開していく方針です。

2018. 7. 6
札幌駅に屋上の新名所

 JR札幌駅直結の商業施設、札幌ステラプレイスの屋上が整備され、きょうから休憩施設として開放されました。新名所として市民や観光客の利用が見込まれます。名前は「そらのひろば ステラ9」。運営するJR北海道系の札幌駅総合開発はステラプレイス屋上の開放は初めてとしています。

 「こちら9階の屋上ということでかなり解放感があります。ベンチの周りには緑もあって、くつろげるスペースになっています」(畑中大樹記者のリポート)。大HP用180706.jpg広場にステージを設け、イベントも催します。来年度からは一般にも貸し出し、集客を狙います。

 来場した女性客は「イベントがあるとなったら皆集まりやすいと思う」と話し、別の来場者は「(また近くに)来たらついでに寄りたい」と語ってくれました。入場は午前10時から午後7時まで。無料ですが、冬は催しの日だけ開放します。

2018. 7. 5
札幌の老舗和菓子店がアイスのコラボ商品

大Still0705_00002.jpg 北海道産のあずきやあんこを、より気軽に食べてもらおうと札幌の老舗和菓子店が新しいスイーツを開発しました。

 新商品というのがこちら「まめなアイスキャンディ」。見た目は華やかでかわいらしい。いただきます!すごくまろやかで、クリームあんみつを食べているような感覚です(磯田彩実アナウンサーのリポート)。

 月寒あんぱん本舗を運営する「ほんま」が開発しました。②Still0705_00001.jpgベリーやミカンなど洋風の食材と道産原料にこだわったあんこが練りこまれています。本間幹英社長は「今までのうちの商品が色彩的にも地味だったというのもあって、視覚から入っていただきたいと意識した。今まであんこが身近じゃなかった人にも親しんでもらいたい」と話しています。販売価格は税抜き1個390円。直営店とインターネット通販で6種類を販売します。

2018. 7. 4
千歳市が市制60年迎える

 テレビ北海道は来年、開局30周年を迎えます。そこで道内179市町村の節目の出来事を紹介する「いななくプロジェクト」を実施しています。今日は市制施行60年の千歳市です。

 「市制施行60周年バンザイ!」(千歳市議会の本会議場)。この60年で大HP用180704.jpg千歳の人口は2倍に。児童数日本一の小学校もあり、室蘭や岩見沢を抜き道内10番目の都市です。目標は10万人超え。定住促進を進めています。山口幸太郎市長は「出会い、結婚、妊娠、出産、子育て、これを一連のパッケージでやっている。このことによって若い方々が魅力を感じられるようなまちづくりをしたい」。空港や自衛隊関係者も多く暮らす千歳は市民の平均年齢が42.9歳。全道平均を大きく下回ります。来年は地元の大学公立化で、若い人がさらに増えます。山口市長は「今年は例年の5倍くらいの志願者が出た。若い方の街、学園都市の顔をこれからどう作るか(が課題)」と語ります。

 市制60年の千歳市でした。テレビ北海道はニュースなどで道内179市町村の話題をお伝えします。

2018. 7. 3
道産子女子競輪選手、函館でデビュー

大B(180703) (4)00000000.jpg 女性が銀輪で勝負する「ガールズケイリン」。2012年の女子競輪復活後、初の道産子選手2人が今夜、函館競輪場のレースでデビューします。紋別市出身の寺井えりか選手と函館市出身の三尾奈央子選手。函館には道内唯一の競輪場がありますが、冬の練習が制限されるため登録選手が現れず、函館市などが始めた地元選手育成プロジェクトの1期生です。寺井選手は「第1期で終わらなくてよかった。(後輩たちに)笑われないようにがんばらないと」と抱負を語ります。2人を指導する北海道出身の元競輪選手、藪下昌也さんは「成績を出していかないと客は付いてきてくれない。本当は優勝してほしいというのがあるけれど(デビュー戦は)無事にとりあえずゴールしてほしい」と期待を寄せます。

 寺井さんは大学までアルペンスキー選手。国際大会の優勝経験もあります。競輪大A(180703) (1)00000000.jpg学校の在校成績も21人中3位と優等生でした。寺井さんは「初めてスキー以外に夢中になれた。結果がどうであれ先行するという風に決めているので前に出るということができれば」と話します。

 三尾さんは結婚後、始めた趣味のロードバイクが高じて応募しました。30歳でデビューです。三尾さんは「スポーツ自体もやったことはなかったが、なんか自転車は自分に合っていた。諦めないで走っている、全力で走っているところをお客さんにも感じてもらえるように精一杯走る姿を見せたい」と語ってくれました。

2018. 6.27
開発局が十勝川で堤防決壊実験

北海道開発局はきょう、
大雨で河川が増水した際に
堤防がどのように崩れるか調べる実証実験を、
十勝の幕別町で行いました。

(180627) (3)00000000.jpg実験は、局地的な大雨で堤防が崩れる被害が
近年増えていることを受け行いました。

長さ1・3キロ、幅30メートルある
十勝川の水路は国内最大級の規模で、
堤防に定点カメラやセンサーが設置されています。

実験では、こうした機器やボートに載せた観測機器を使って、
堤防が崩れ始めるまでの時間や水量を調べました。

(180627) (2)00000000.jpg(帯広開発建設部治水課 
米元課長)
「堤防の質に合わせてどういたった対策が取れるのか検討していきたい」

開発局は、今後も実験をし
災害に強い堤防造りに生かすとしています。

2018. 6.26
海開き目前 小樽海保などが水難事故訓練

海開きを前に、
小樽の銭函海岸で26日、
水難事故に対応する救助訓練が行われました。

訓練は、小樽海上保安部と道警、それに小樽市消防本部など
5つの機関が合同で行いました。

0626HP用水難訓練-2.jpg19人のダイバーが捜索して行方不明者に見立てた
人形を海中から発見し、引き上げて陸に搬送。
迅速な救助の手順を確認しました。
道内では今月29日の小樽ドリームビーチを皮切りに本格的な海開きを迎えます。
(小樽市消防本部の担当者)「小さい子供同士では泳がず、必ず親や保護者が付き添うことが大事」
訓練は27日も行われます。

2018. 6.25
札沼線廃止 新十津川町も容認

JR札沼線の存廃について、
新十津川町の熊田義信町長はきょうの住民説明会で、
廃止を容認する考えを示しました。

180625.jpg新十津川町・熊田義信町長あいさつ
「廃線容認への理解を賜りたい」

札沼線の
北海道医療大学―新十津川間の存廃を巡っては、
先週、月形町の上坂隆一町長が廃止を容認したばかりです。

同じ沿線の浦臼町も来月上旬に住民説明会を開く予定で、
廃止を容認する動きが一気に広がりそうです。

2018. 6.22
待望の航路復活 室蘭に10年ぶり定期便

 きょう10年ぶりに室蘭港にフェリーの定期便が復活、初航海の船が間もなく到着します。歓迎の準備が進むなか、地元では新航路への期待が高まっています。「10年ぶりのフェリー復活を盛り上げようと、こちらの酒店では宮古の地酒を記念ラベルで販売しています」(岡田純記者のリポート)。室蘭で100年以上続く酒本(さけもと)商店は、岩手県の宮古唯一の酒蔵の地酒を今月9日から販売。室蘭と宮古との初の企業コラボです。酒本商店の酒本久也社長は「宮蘭フェリーが就航できた。室蘭がこれから活性化するんじゃないかなという願いと思い(を込めた)。どんどん皆さんに利用してもらって、1日に2便、3便になるようになってくれれば」と話しています。大180622.jpg

 市内のこちらの商店街では毎年恒例のイベントを、就航初日に合わせ1日早めました。第1便到着後には室蘭で、宮古の商店街と「友好調印式」をします。室蘭市商店街振興組合連合会の斉藤弘子理事長は「(フェリー就航で)隣町になったようなものだから、これから商工業の交流を含めて、人との交流も含めてお付き合いを長くしていきたい。何かイベントを仕込んで、あちらの商業者の方たちに来ていただいて、一緒に何かをしようという」と連携強化に期待を寄せます。地元での期待が高まる宮蘭定期フェリーの第1便は、午後6時に室蘭港に入港します。宮古発、室蘭発ともに予約はほぼ満席です。

2018. 6.21
暑さを吹き飛ばせ!札幌らーめん共和国が期間限定イベント

1大Still0621_00001.jpg 夏の暑さを吹き飛ばせ!札幌らーめん共和国できょうから夏向きの麺の期間限定企画が始まりました。札幌駅のエスタ10階にある札幌らーめん共和国。きょうが初日の「夏の麺 ホット アンド クール」。共和国内の8つのお店がぴり辛系と、ひんやり系に分かれ期間限定メニューを提供しています。

 札幌の吉山商店のメニューはクール。人気の魚介系メニューを冷やしに変化させました。2中Still0621_00002.jpg「キンキンに冷えてますね。冷やしていることによって魚介のうまみが優しくなった感じがしますね。夏ばての時なども快適に食べられそうな味です」(実食した小澤良太アナウンサー)

 小樽の初代はホット!ぴり辛系では珍しい塩味ベースです。3中Still0621_00003.jpg「結構ガツンとくる辛さなんですけど塩がベースなので、さわやかな辛さですね」(小澤アナ)。外国人観光客も多いらーめん共和国。イベント開催の狙いとは。「地元のお客さんに来てもらってのらーめん共和国なので、(地元の人が楽しめるように)新しいものにチャレンジしていくという、これがらーめん共和国の仕事かな、というふうに思っています」(札幌らーめん共和国の沼田初館長)。8月19日まで開かれています。

2018. 6.20
旭川デザインウイーク 最新家具がずらり

大(180620) (1)00000000.jpg 旭川のものづくりの素晴らしさを情報発信するイベント「旭川デザインウィーク」がきょうから始まりました。地場産業の家具業界を中心に最新デザインの商品がそろっています。このイベントには旭川をはじめ、道内各地の家具工房など、あわせて45社が出展しています。会場では各工房の個性を際立てようと、作品の展示方法に趣向を凝らしています。

 東京オリンピックを前に旭川らしい、もてなし空間を提案しようと、ホテルの客室をイメージしたスペースも用意しています。有名デザイナーと旭川の家具メーカーが道産材を使って共同制作した家具を展示し、旭川家具の魅力をアピールしています。旭川家具工業協同組合の渡辺直行代表理事は「2020年の東京オリンピックに向けてホテルの整備は全国的に進む。(旭川家具の魅力を)旭川から発信して我々の仕事に結び付けたい」と話しています。

大(180620) (2)00000000.jpg 旭川家具の魅力はもちろん、風船を使ったアート作品なども展示するなど、市内各所でも、ものづくりの魅力を体感できる企画が用意されています。旭川デザインウイークは24日まで開かれています。

2018. 6.19
きらら397、比布町で誕生し30年

大180619.jpg テレビ北海道は来年、開局30周年を迎えます。そこで道内179市町村の節目の出来事を紹介する「いななくプロジェクト」を始めました。きょうは30年前に上川の比布町で生まれたお米「きらら397」です。比布町にある道の上川農業試験場。120年以上にわたり農産物の試験研究を続けてきました。きららは、この試験場で産声をあげました。「きらら397が誕生したことによって、北海道のお米のイメージが一新された」(道立上川農業試験場研究部の平山裕治さん)。冷害に強く、早い時期に収穫できるよう改良を重ねてきましたが、さらに味にもこだわり、試行錯誤を重ねて開発したのが「きらら397」です。平山さんは「今ある『ななつぼし』も『ゆめぴりか』もそうですけど、きらら397の系統で育成されている品種ですので、今あるすべての(道産米の)品種のベースになっている」と語ります。小売店の店頭では見かけなくなりましたが、主に外食産業に卸す業務用米として生産が続いています。

 道農政部によりますと、去年は道内の作付面積のおよそ11%を占めました。また試験場でも...「開発中のものがきららと比べて良いか悪いか、標準的な比較のための品種として使われている」(平山さん)

 割安でも、おいしいのが特徴。比布町の「きらら397」でした。

 テレビ北海道はニュースのほかに毎週土曜日のけいざいナビ北海道、スイッチン!の3つの番組で各市町村の情報をお伝えしていきます。

2018. 6.18
札幌の老舗ホテルもテレワーク導入

大HP用0618テレワーク-3.jpg札幌グランドホテルは自宅で勤務するテレワーク制度をきょうから試験的に導入しました。公募で選んだ宿泊予約の担当のパートタイマー1人が対象ですが、試験結果をみて働き方改革を拡大します。札幌グランドホテルは1934年に開業した老舗ホテルです。従業員は会社から支給されたパソコンで自宅でも職場と同じように業務ができます。                                   大HP用0618テレワーク-2.jpg

 タブレット端末を使えばインターネットを通じて会議にも出られます。札幌グランドホテルの工藤慶一宿泊支配人は「培ってきた伝統というものがあるが、人手不足の中でやはり働く側の環境に合わせた雇用方法を考えていかなければならない」と話します。札幌グランドホテルは、およそ700人の従業員のうち100人ほどにテレワークを適用できる可能性があるとみています。

2018. 6.15
民泊営業 道内でもいよいよ解禁

住宅宿泊事業法がきょう施行され、
道内でも一般住宅に有料で旅行客などを泊める民泊の営業が解禁となりました。

(180615) (1)00000000.jpgきのうまでの道内の届け出件数は677件。
およそ8割の544件が札幌で、全国一の多さです。
残りの133件は札幌以外で、
小樽や函館での届け出が多くみられます。
営業に必要な届出番号が発行されたのは、全道で428件に上ります。

民泊営業の解禁で期待されるのは、
観光客の増加に伴うホテル不足の解消です。
一方で、騒音やゴミ出しなど住環境の悪化が懸念されています。

(180615) (3)00000000.jpg(小樽市内の周辺住民)
「だんだん住民が減ってきて、民泊の割合が増えてきてる感じがします。
うるさいのが一番困る、ゴミも時々...」
(札幌市内の周辺の住民)
「不安ですよ。どこにどんな人が来ているのか分からないので。
防犯だけはしっかりしてよという感じですけど...」



道と札幌市は先月30日から、コールセンターで住民からの苦情を受け付けています。

テレビ北海道は今月23日の「けいざいナビ北海道」で民泊について詳しくお伝えします。

2018. 6.14
各業界 人材育成に本腰

人手不足感が、道内のあらゆる業種に広がっています。
各業界が相次ぎ、働き手を確保するための対策を講じています。

(180614) (1)00000000.jpg道内の漁協の組合長が集まった会議。
漁業者の数が30年前から半減している問題が取り上げられました。

「担い手・後継者へ引き継いでいく土台づくりが不可欠」(道漁連・川崎会長)

船などの購入費を補助することで、担い手を確保していく方針です。

「いらっしゃいませ!!こちらへどうぞ!」(若手社員)

(180614) (2)00000000.jpg





飲食業界では、人材を定着させようという
新たな取り組みが始まっています。
札幌を中心に居酒屋をチェーン展開する伸和ホールディングス。

職場になじめずすぐにやめてしまう若い社員が多いことから、若手を中心に運営する研修店舗を設けました。

「ベテランばっかり一人だけ新人という環境になると今の若い子は
精神的に辛いものがあるのではないか」(伸和ホールディングス・佐々木社長)
狙いは、働く楽しさを知ってもらうことです。

「入ったばかりの人がいるので楽しいです。
同じ研修生がいるので安心します」(若手社員)

(180614) (3)00000000.jpg楽しさを感じてくれれば、長い期間働くことにもつながると考えています

「新人だけなので横のつながりとチームワークができる」
(伸和ホールディングス・佐々木社長)

10日間の研修を経て、通常の店舗へ配属されます。

2018. 6.13
企業の担当者が大学へ 札商主催の就職説明会

(180613) (1)00000000.jpg道内企業の担当者が大学に出向き、
学生に仕事の中身を伝える就職説明会がきょう、札幌でありました。

(180613) (2)00000000.jpg(岡田記者)
「説明会が開かれているこちらの会場ですが、
普段はゼミなどが開かれる学生同士の交流スペースです」

就職説明会は、地元企業のことをもっと知ってもらおうと
札幌商工会議所と札幌大学が連携して開きました。

(札幌商工会議所企画課・佐藤さん)
「学生の来場のしやすさを重視して学内で開催させていただいた。
実際に学生が聞きたいことを企業が親身に聞く空気がつくれないかと考えた」

売り手市場を追い風に道外で就職する学生が増えていて、
道内の中小企業は人手を確保しにくい状態が続いています。

(180613) (3)00000000.jpg(参加企業の担当者)
「ホテルなどの説明会ではゆっくり学生と話しができない。
学生もいろんなことも聞いてくれたりして雰囲気は良かった」

きょうは、若手経営者が道内で働く魅力を学生に伝える
トークショーもありました。


(参加した学生)
「いろんな会社の話を聞いて視野が広がればいいと思う」

札幌商工会議所は今週土曜日、北海学園大学でも同様の説明会を開きます。

2018. 6.12
「179プロジェクト」創立60周年の白樺学園

テレビ北海道は来年、開局30周年を迎えます。
これに合わせ、道内179市町村の節目の出来事を紹介する
「いななくプロジェクト」を実施しています。
今回は十勝の芽室町にある私立の白樺学園高校です。

HP用0612白樺学園-1.jpg今年で創立60年目の白樺学園高校。
道内屈指のスポーツの強豪校で、
なかでも有名なのはスピードスケートです。
長野五輪金メダリストの清水宏保さんや、
平昌五輪に出場した郷亜里砂さんらを輩出しています。

HP用0612白樺学園-2.jpgそんな白樺学園高校のスピードスケート部は今、
冬に向けてトレーニングに励んでいます。
今年の目標は?
(キャプテンの堀川君)
「今年はインターハイで優勝ですね。早く氷の上に乗りたい」
指導者側の目標は、オリンピックで活躍できる選手の育成です。
(監督の和田さん)
「この2年間ずっと世界に出ている子どもたちもいる。
ジュニアワールドカップとか世界ジュニアという大会に
1人でも多く送れたらなと思っている」

テレビ北海道は
ゆうがたサテライト道新ニュースと
毎週土曜日のけいざいナビ北海道、スイッチン!の3つの番組で、
各市町村の情報をお伝えしていきます。

2018. 6.11
羽衣の滝遊歩道が5年ぶりに再開

(180611) (1)00000000.jpg土砂崩れで通行止めとなっていた
道北東川町の観光名所
「羽衣の滝」の遊歩道が
きょう、5年ぶりに
通行できるようになりました。

羽衣の滝は
道内最大の落差270メートルを誇り、
「日本の滝百選」にも
選ばれています。

しかし、2013年の土砂崩れで
天人峡温泉から滝までの
およそ600メートルの遊歩道が通行止めとなり、
滝を見ることができなくなっていました。

改修にかかった費用はおよそ2億円。
展望広場を新たに設けたほか、
落石防止ネットを整備しました。

(180611) (3)00000000.jpg天人峡温泉の宿泊客の
およそ8割が滝を訪れる
ということで、
関係者は再開による効果に
期待を寄せています。

「羽衣の滝は国民的な財産
とにかく多くの人たちに
来てもらって
この滝を自分の目で
確認してほしい」
(東川町・松岡町長)
再開を受け、
地元の観光協会はあすから
市街地と天人峡温泉を結ぶ
無料のシャトルバスを運行します。

2018. 6. 8
JTB、札幌の夜を観光資源に

大(180608) (1)00000000.jpg 大手旅行会社、JTBは「新三大夜景都市」にも選ばれた札幌の夜を観光資源にしようと市内の直営劇場で、東京で人気のショーを始めました。この時期、夜の大通公園はよさこいソーラン祭りを楽しむ観光客で賑わっています。すすきの、狸小路の劇場では...。花魁が舞い、侍が戦う。音響や照明を駆使した演出で、東京・六本木では日本人、外国人ともに人2(180608) (2)00000000.jpg気を集めています。中国人の観客は「素晴らしいと思う。チャンスがあれば(友達を連れて)一緒にもう1回見たい」と感想を話してくれました。入場券は税込み3000円。今月10日まで毎日公演します。JTBは夜の外国人向け観光を成長市場と位置付けさまざまなショーを企画します。

3(180608) (3)00000000.jpg JTB北海道ツーリストインフォメーションセンターの戸村 元泰札幌狸小路センター長は「昼間は大体皆さん目的感を持って各地観光に行っているので、食事が終わってお休みになるまでの間、買い物にはもう飽きてきている方に楽しいショーで楽しんでもらえれば」と話しています。夜の観劇を組み込んだ外国人向けツアーも計画しています。

2018. 6. 7
民泊解禁直前、道内の動きは

中(180607) (1)00000000.jpg 一般住宅などを年間180日を上限に有料で旅行者に貸し出す民泊の営業が今月15日に解禁されます。道内でも、個人や企業からの届け出が相次いでいます。

 住宅宿泊事業法のもとでは、届け出が受理されれば誰でも民泊営業ができます。きのうまでの道内の届け出は札幌市が396件、札幌市以外が105件で、先月中旬から急速に増えています。

大(180607) (2)00000000.jpg  十勝の足寄町にあるこちらの住宅。神奈川県から移住してきた夫婦が、来月の営業開始に向け準備しています。料金は一泊3000円。儀間雅真さんは「自分たちで気軽に泊まれるのはいくらか考えた時に3000円くあいが泊まりやすいかと」と話しています。雄大な自然を生かし、エゾシカ猟を体験できるツアーも計画。ホテルよりも安い値段と独自のサービスで観光客を呼び込みます。

 こうした動きに既存のホテルは。からくさホテル札幌の山田芳之支配人は「将来どうなってくるかは分からないが、今のタイミングでは(宿泊料金を下げる)考えは持っていない」と話します。ホテル不足で需要が高い状態は今後も続くとみて、民泊営業解禁後も今の料金を据え置きます。

大(180607) (3)00000000.jpg 一方で、ある懸念が。「清掃をしていただく方々、施設を管理していただく方々の不足感は今もものすごい。そこ(人材確保)がバッティングするのではないか」(山田支配人)。ホテルと民泊との間で今後、人手の取り合いが激しくなる可能性もあるとみています。

2018. 6. 6
砂川5人死傷から3年、飲酒運転根絶の取り組みは

砂川市で飲酒運転のうえ暴走した車に衝突され、一家5人が死傷した事件からきょうで3年となります。3年の間に飲酒運転を巡って変わったことと変わらないこととは?

 砂川市できょう開かれた今年で3回目となる飲酒運転根絶を願う集会。参加者の思いはただ一つです。善岡雅文砂川市長はあいさつで「2度とあのような事故を起こさせてはならない。あの事故を風化させないよう、私たちひとりひとりが飲酒運転撲滅のために行動していかなければならない」と表明しました。この事件は3年前のきょう、砂川市の国道で飲酒運転の上、猛スピードで赤信号を無視した車が歌志内の会社員永桶弘一さんの車に衝突、家族4人が死亡、1人が重傷を負ったものです。事件後、北海道は条例を制定。飲酒運転をしない、させない。飲酒運転を見たら通報する。ただ、いずれも強制力はなく、あくまで努力義務です。

大180606.jpg おととい、被害者の後輩である砂川高校の生徒らが怒りを込めて飲酒運転根絶を呼びかけました。沼口駿生徒会長は「もう2度とこういう悲惨な事故を起こさないためにも、被害者とその遺族の苦しみを分かって、それを伝えていく必要があると思う」と話しました。道警によりますと、飲酒運転による事故発生件数はここ5年でわずかに減少傾向にあります。一方、飲酒運転の検挙数は去年841件と前年並みで飲酒運転は減っていません。

 酒を提供する店にも変化が...札幌市内を中心に焼き鳥店を展開している「串鳥」。メニューの注文に使う端末には「運転代行」のボタンが...これを押せば、店が業者を手配してくれます。串鳥南二条店の石橋英樹店長は「お客さんは(運転代行を)頼みやすくなった。(店側が)すべてのお客様、100パーセント車で来ているかどうか、確認するのは厳しいのが現状」と語りました。飲酒運転根絶の実現には飲んだら乗らないというひとりひとりの自覚が必要です。

2018. 6. 5
179(いななく)プロジェクト・50年迎える富良野・へそ祭り

 テレビ北海道は来年、開局30周年を迎えます。これに合わせ、道内179市町村の節目の出来事を紹介する「いななくプロジェクト」を実施しています。きょうは富良野市のあのイベントの紹介です。

 テレビドラマの舞台として有名な富良野。年間およそ180万人が観光で訪れます。その富良野で今年が50周年となるイベントが。それは...

大0605HP富良野へそ祭00000000.jpg 北海へそ祭り。おなかに顔を描き、踊りながら商店街を練り歩く人気のイベントです。名称は富良野が北海道の真ん中、人間で言えばおへその位置にあることに由来します。へそ祭りには例年、市内外から60チームほどが参加。今年は、来月28日と29日の2日間行います。現在、祭りの準備が着々と進んでいます。節目の年とあり、ユーモラスな踊りをした今年の優秀チームへの賞金は、去年のおよそ2倍の100万円です。富良野市商工労働観光課の水間真彩さんは「富良野市外からこられるお客さんも楽しんで見てくれていて、飛び入り参加で一緒に踊ったりしている。みんなが笑顔になっているところを見てもらいたい」と話しています。

 テレビ北海道は、ゆうがたサテライト道新ニュースと毎週土曜日のけいざいナビ北海道、スイッチン!の3つの番組で道内各市町村の情報をお伝えしていきます。

2018. 6. 4
笑いの祭典「みんわらウイーク」 今年は特別企画も

大180604.jpg  北海道と吉本興業が協力し、笑いを通じて北海道を盛り上げる「みんわらウイーク」。3年目の今年は開催期間も伸ばし、北海道命名150年を盛り上げます。みんわらウイークは8月8日の[道民笑いの日」にちなみ2年前から開かれています。北海道観光大使のお笑いコンビ、タカアンドトシのトシさんは「昨年以上の規模でやらさせていただきますけれども、この期間が今年一番笑ったなと、皆さんに思って頂ける。そういうイベントにしていきたい」と会見で意気込みを語りました。北海道150年の連動企画として道外・海外からの移住者とのトークショーや「150秒で北海道150年の歴史が分かる」をテーマにお笑いバトルも開かれます。国連が掲げる「持続可能な開発目標=SDGs」を道民に広く知ってもらおうと、芸人やアスリートと触れ合うウオーキングイベントも今年初めて催します。今年のみんわらウイークは8月1日から8日間開かれます。

2018. 6. 1
JR花咲線で観光列車が運行開始

180601①00000000.jpgJR北海道が
単独では維持困難としている花咲線。
お金をかけずにソフトを工夫して
観光列車を走らせる
取り組みが始まりました。

(見送る声)
「おはようございます!いってらっしゃいませ!」
観光列車は、
利用客を増やすためにJRと根室市が
企画しました。

毎朝8時台に上下1本ずつを
観光列車として運行します。

(JR北海道・柳谷祐さん)
「沿線地域に一人でも多くの方を観光の面で運びたい」
180601③00000000.jpg見た目は普通の列車ですが、周辺の見どころを
外国語にも対応する音声アプリで
紹介するのが特徴。

(音声ガイドの案内)
「太平洋に突き出た落石岬が見える絶景が広がります」
外の景色を楽しめるよう、
音声案内に合わせて
スピードを落として運転します。
(乗客)
「とてもありがたいことですね。鉄道ならでは」

根室と厚岸では、
事前予約でご当地弁当を購入できます。

(長谷川根室市長)
「JR北海道の経営改善のために乗客を増やす対策を地元としてもしたい」


11月末まで運行します。

2018. 5.31
札幌市時計台 あすから改修工事

HP0531時計台①00000000.jpg

国の重要文化財で、今年10月に創建140年を迎える「札幌市時計台」。
あすから改修工事が始まります。
時計台は、前の改修から20年たって建物の傷みが進んでいるため、塗装を中心とした改修を行います。10月の工事終了まで外側にはシートがかけられ、内部も見学できなくなります。




HP0531時計台②00000000.jpg
観光客「(改修工事とは)知らなかった。きょう見られて良かった」

6月から10月と言えば、観光シーズンの最盛期ですが...。

秋元・札幌市長「観光に来られた皆さんにはご迷惑をおかけすることになりますが、(塗装は)冬場に工事ができないということでやむを得ないものと思っている」


2018. 5.30
釧路市 特産のフキを使った和紙「富貴紙」アピール

(180530) (2)00000000.jpg

原料は、地元特産の「フキ」。釧路市が、とても珍しい和紙「富貴紙」の普及に力を入れています。
富貴紙は、釧路市音別町で生産されています。原料は自生しているフキのほか、食用として栽培している2軒の農家も提供しています。
フキ農家「食用以外の利用もできるすごく可能性のある植物だと考えている」


(180530) (4)00000000.jpg

工房では、市の臨時職員3人が富貴紙を作っています。細かく切った皮を煮込んで繊維を取り出し、水とつなぎを混ぜた液体に加えてすいていくと・・・。フキの繊維が透けて見える富貴紙に生まれ変わります。





(180530)00000000.jpg和紙は、2014年にユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。
しかも、フキが原料の和紙は極めて珍しいものです。

蝦名釧路市長「価値あるものをしっかり守り技術も高めながら、色々な分野にこの和紙が使われていくような取り組みをしていきたい」

富貴紙は、名刺の台紙やはがきとしても販売され、観光客にも人気だといいます。

佐藤紙店店長「わざわざ富貴紙をくださいと買いに京都の方がおみえになったのがびっくりしました」

来月下旬には、新たに扇子も発売される予です。

2018. 5.29
帯畜・樽商・北見工 競争力強化へ経営統合

Still0529_00013.jpg

少子化で、地方大学の経営が厳しさを増す中、帯広畜産大学、小樽商科大学、北見工業大学の道内3つの国立大学は、きょう、4年後を目標に経営を統合すると発表しました。
3大学は、新たな運営法人『北海道連合大学機構』を帯広に創設し、2022年4月を目標に経営を統合する計画です。



Still0529_00012.jpg
これにより、理事・役員数の削減や各大学が個別に行っている事務作業を効率化して経営の無駄を省き、人員や予算を研究・教育に配分して競争力の強化を図ります。
3大学はそれぞれ、農・商・工の単科大学として異なる強みを持っていて、統合により企業との共同研究など外部からの資金獲得の幅が広がる可能性もあります。

2018. 5.28
倉本聰さんの「理想のレストラン」富良野にオープン

0528②00000000.jpg
作家の倉本聰さんが長年思い描いてきた「理想のレストラン」が、富良野にオープンしました。キーワードは「生産者の思いを伝える」です。  
きょうオープンした「ル・ゴロワ フラノ」。倉本さんが、生産者への敬意と、北海道の食材の魅力を伝えたいと構想をあたためてきたイタリアンレストランで、倉本さん自ら店舗デザインやメニューなどを監修しました。



0528HP①00000000.jpg
倉本聰さん「あんなにおいしいかぼちゃは久しぶりに食べたといったら(生産者の)じいさんが泣くんですよ。自分の作品を美味しいといわれたことがなかった、と言って。食の生産者はほめられないんです。というのは(消費者に生産者の)顔が見えていないんです。それをつなぎたいなっていうのが一つの僕の大きな眼目ですね」




0528③00000000.jpg
シェフを務めるのは、東京のレストランで腕を振るった大塚健一さん。
食材の特徴などを生産者から直接聞き、一緒に試作を重ねて最もおいしい調理法やメニューを考えたということです。ランチはおよそ2千円、ディナーはおよそ8千円からで、予約が必要です。


2018. 5.25
札幌でご当地ジンギスカンフェスティバル

大(180525)00000000.jpg 北海道命名150年にちなんでご当地ジンギスカンの食べ比べができる催しがきょうから札幌駅前で始まりました。個性的なご当地ジンギスカンも味わえます。

 「JR札幌駅前で始まったこちらのイベント。会場内はジンギスカンの良い香りが漂っています。8店舗食べ比べられるという事でどのお店にするか迷っちゃいますね」(湯浅知里アナウンサーのリポート)

1000円で鍋と野菜、箸と皿のセットを購入。好きな店で肉を買い、焼くだけです。4回目の今年は2店が初出店。道内外から味自慢が集まりました。

 1店目はこちら、初出店で東京の「ラムバサダー」のラムチョップ。特別ソースを3種類から選びます。「ガーリックソースにつけていただきます。すごく食べごたえがありますね。ワイルドにラムが楽しめる感じです」(湯浅アナ)

 2店目は新十津川、大畠精肉店の変わり種ジンギスカン。その名もアスパラの根を与えた「アスパラ羊」です。「口の中でうまみがじゅわっと広がりますね。ラム独特の臭みが感じられないので、苦手という人でも食べやすいかもしれないです」(同)

 味付けジンギスカンの横綱の呼び声も高い「なよろ煮込みジンギスカン」!締めではなく、肉と一緒に
うどんを煮るのが、名寄流。「お肉はもちろん、この浸み込んだうどんが本当に美味しいですね」(同)イベントは27日まで開かれています。

2018. 5.24
空きビルを再生 富良野に観光拠点

大Still0524_00001.jpg 宿泊施設を併設し、外国人観光客の受け入れを強化します。富良野の中心部に、周辺地域の観光情報を発信する新たな拠点施設が誕生しました。名称はコンシェルジュフラノ。地元の企業などが設立した運営会社「ふらのまちづくり」が7億5000万円を投じ、衣料品販売店だった4階建て、延べ床面積およそ5000平方メートルの空きビルをリニューアルしました。

 「こんにちは。何かお探しですか」(コンシェルジュの男性)

 1階には周辺の観光情報の案内所のほか、地元の食材を使った料理を提供するレストランを設けました。2階には、市の観光担当の部局や商工会議所など、合わせて8つの団体や企業の事務所が入ります。中心部に宿泊施設が少ないことから、3階は最大130人が泊まれる宿泊施設としました。宿泊料金を抑えたい若い外国人観光客を多く呼び込もうと、1人1泊3500円から利用できるようにしています。来月1日に本格開業します。ふらのまちづくりの西本伸顕社長は「富良野に来て、ここへ来れば富良野で今何をやっているか。どんな楽しいことができるかがすぐに分かるような、そういう情報拠点にしたい」と話しています。まちづくり会社は今後、施設を核に周辺を巡る独自のツアーも企画します。最近増えている体験型観光の受け入れにも対応する考えです。

2018. 5.23
函館でホテル建設ラッシュ、海外の観光客に照準

大(180523)00000000.jpg 函館でホテルや旅館の建設ラッシュが起きています。北海道新幹線開業のブームは落ち着きましたが、増える海外からの観光客を取り込む狙いです。JR函館駅から車で15分ほど、湯の川温泉街にある「ホテル万惣」が新館を増築しました。これまでなかった6人部屋など客室を5部屋増やし、レストランも広げました。「人気のビュッフェスタイルで道産の食材を楽しめるだけでなく、目の前でお肉を焼いてくれるサービスもあるんです。食事面の充実で他のホテルと差別化を図りたい考えです」(畑中大樹記者リポート)。運営会社、オリックス不動産運営事業本部の飯島正純部長は「今後インバウンドの客も含めてまだまだ函館は伸びしろがあるエリアだと考えている」と増築の狙いを話します。函館を訪れる観光客は減っていますが、外国人宿泊客に限ると2017年度は前の年度より23.9%増えて50万人と2年連続で最高を更新しました。大和ハウスが先月、駅前でホテルなど商業施設を着工し、JR北海道も函館駅前にホテルを建設するなど、今年から来年にかけて開業計画が目白押しです。函館市は観光都市としての魅力を高めようと駅前再開発などを進める一方、人手不足対策にも乗り出します。7月に子育て中の主婦などを対象にホテルでの仕事を体験してもらう初めての事業を計画しています。函館市経済部雇用労政課の山崎貴史課長は「幼稚園、保育園の送り迎えの間の時間帯であれば、ホテルの室内清掃、ベッドメイキングにぴったり合うのではないか。隠れた労働力をできれば引き出したい」としています。

2018. 5.21
流通系電子マネー、道東のバスで決済開始

大180521.jpg イオン北海道などは道東の釧路や帯広の一部の路線バスで、電子マネー「WAON」による決済サービスをきょうからはじめました。交通系ICカード以外の電子マネーによる路線バスの運賃決済は、全国で初めてです。釧路を中心に路線バスなどを運行するくしろバスは、バス3台に新たに専用のIC読み取り機を取り付けました。きょうから市内中心部を回る路線でWAONによる運賃決済を導入しました。女性の利用者は「いまはじめて知りました。普通であれば(現金で)一回一回払うのに大変なんですよね」と話し、男性の利用者は「バスに乗る度にポイントがつくんですか?(そうです)ああ、いいですね。便利でいいんじゃないですか?小銭で出すのが大変ですから」と語りました。釧路など地方の路線バスは利用者が減り続けています。市やくしろバスなどは利用者の増加を期待しています。くしろバス乗合事業部の原央企画課長は「今まで現金や回数券だけの取り扱いでしたけれども、北海道の他の地域に暮らしている方ですとか、あるいは北海道外からいらっしゃった方もですね、手軽にバスに乗れる。非常に期待しているところです」と話しました。くしろバスは、今年9月にも、もう一路線で導入する予定です。きょうは十勝バスもWAON決済を始めました。秋には阿寒などの路線でも決済できるようになります。イオン北海道などは来店者とバス利用者の両方の拡大効果を見込んでいます。

2018. 5.18
レバンガ折茂社長「上を目指す」

Still0518_00002.jpg
今月、シーズンを終えたプロバスケットボール・レバンガ北海道の折茂武彦社長がきょう、札幌市の秋元克弘市長を表敬訪問しました。
折茂武彦社長「今シーズンはかなり厳しい戦いが予想されたものの、なんとか戦えた。来季しっかりクラブ、チームをまとめて上を目指して頑張っていきたい」
今シーズンのレバンガ北海道は、国内トップのB1リーグ残留は決めたものの、26勝34敗で東地区最下位でした。



Still0518_00000.jpg
一方で、観客動員は1試合平均3700人あまりと過去最も多く、リーグ18チーム中2位でした。入場料やスポンサー収入の増加で、2億円を超える債務超過の解消にもめどがつきました。
折茂武彦社長「(債務超過解消で)これからが新たなスタートになっていくと思いますし、応援して下さる方に恩返しができるのではないかと思っています」

2018. 5.17
池田町 スパークリングワイン増産

(180517) (2)00000000.jpg
十勝ワインで知られる池田町が、スパークリングワインの製造を強化しています。製法にもこだわりかのワイナリーとの差別化を狙います。
池田町は30年ほど前から、シャンパンと同じ製法でスパークリングワイン造りに取り組んでいます。一般的なスパークリングワインは炭酸ガスを注入して作るのに対し、ここでは、びん詰めした後、酵母などを加えて発酵を促し炭酸を発生させています。こうして作られる「泡」は、よりきめ細かくなると言われています。



(180517) (3)00000000.jpg池田町ブドウ・ブドウ酒研究所・安井所長
「日本のような湿度の高い気候だとスパークリングワインの爽快感がもっと消費者に受け入れられる時代が来ると思う」

ワインの保管倉庫をおよそ1億円かけて改修した専用工場は、先月25日から稼働。夏以降の出荷をめざし、今は発酵の過程で生じる酵母の残骸を取り除く作業などを進めています。これまでの2倍にあたる年間8000本を製造し、直売店や札幌の百貨店などで販売します。

来月2日(土)午前11時の「けいざいナビ北海道」では、存在感が高まっている道内ワイナリーの最新事情を詳しくお伝えします。

2018. 5.16
フィットネス市場拡大 京プラは36年ぶり大改装

180516①00000000.jpg
札幌のホテルで、唯一、直営のフィットネスクラブを運営する京王プラザホテル札幌。開業から36年ぶりに、最新の機材に入れ替える改装をしました。その狙いは。

京王プラザホテルの地下にある「ペント・セプト」。全てのトレーニングマシンを入れ替え、最新の18台を導入しました。
畑中記者「こちら一般的な機械に見えるのですが、実は道内で初めて導入された設備があるんです。モニターにガイドが表示され、ペースが乱れると表示が赤く変わります」

180516②00000000.jpg
目的や運動量に応じて自動的にメニューを組む機能もあります。開業以来初めての大型改装に踏み切ったわけは。
高橋支配人「札幌に観光で訪れる海外客の多くはは、フィットネスジムやプールがあるホテルを検索してホテルを決めている。改装によりプール・ジムが新しくなったことで、より選ばれるホテルになったと思う」
ここ数年、およそ400人で推移している一般の会員も、改装を機に増やしていきたい考えです。


180516エニタイム00000000.jpg
健康志向の高まりなどを背景に、国内のフィットネスクラブ市場は拡大しています。道内でも、24時間営業で人気の「エニタイムフィットネス」が先月、道内に初上陸。1ヵ月で会員数がおよそ500人に達するなど出足は好調です。7月には、世界最大級の会員制フィットネスクラブ「ゴールドジム」も道内初の店舗を札幌に開設する予定で、顧客獲得合戦が熱を帯びそうです。

2018. 5.15
開幕!札幌ラーメンショー2018

(180515) (4)00000000.jpg
全国の人気店が集まる「札幌ラーメンショー」が、きょう開幕。注目の一杯を磯田アナウンサーが取材しました。
札幌ラーメンショーは今年で4回目。大通公園西8丁目を会場に、12日間にわたって開かれます。北海道をはじめ、東京、福岡、広島などから20店が出店。料金はどの店も1杯800円です。




(180515) (1)00000000.jpg
東京の人気店と札幌の味噌ラーメン専門店がコラボした「伊勢海老味噌」。ラーメンショー限定の味です。
磯田アナ「手の平ほど大きなチャーシューがのっています。チャーシューは柔らかくて、濃厚な味噌味ですけど、海老のだしも良く香ります」
ちなみに、撮影の準備で丼から値を離したすきに、特大チャーシューを
カラスにさらわれました。皆さん、気を付けてくださいね!



(180515) (2)00000000.jpg東京を中心に本州でブームが起きているというワンタン麺は。
磯田アナ「エビはぷりぷりでワンタンはほろほろとほどけます。あっさりした醤油ラーメンで、スープまで飲み干せそう」
福岡の「博多新風」は「もう一度食べたい」という要望が相次ぎ、去年に続き2度目の出店。ラーメンショー初登場の塩ちゃんぽんなども人気を集めていました。
男性客「道外のラーメンが食べられるのでそれを楽しみに来ました」
女性客「次は何を食べようか考え中です」
実行委員会は、期間中10万人の来場を見込んでいます。

2018. 5.14
老舗長靴メーカー×大学生 お土産を開発

180514①00000000.jpgゴム長靴で知られる小樽の老舗メーカー「ミツウマ」と、札幌市立大学の学生がコラボ。一風変わったお土産を開発しています。

畑中記者リポート「工場見学をしているのはデザイン学部の学生たち。彼らがつくっている意外な商品がこちらゴムでできたハンコです」
その名は「おじさんハンコ」。小樽市や様似町など道内12市町村のお土産賭して制作します。おじさんのモデルは実在する地元の人たちで、どんな仕事をしているかや、まちの特徴などの紹介文も商品に添えます。


180514②00000000.jpg

ミツウマが持つ、ゴム加工のノウハウを生かした商品を、と学生たちが提案しました。

女子学生「北海道すべての市町村にあって、それぞれの良さがあるものって何だろうと考えたら人だと思った」
男子学生「おじさん、というちょっと変わった感じの商品なので、おかしいと思うんだけど楽しんでもらう」
今年10月に創業100年を迎えるミツウマ。お土産を製造するのは初めてです。


180514③00000000.jpg

ミツウマ総務部・岡田秀敏課長「町おこしに貢献できればと狙っている商品でもある。若い力で新鮮なアイデアを分けてほしい」

町おこしに貢献するユニークな商品を作ることで企業価値を高めたい狙いです。
札幌市立大学に寄せられる産学連携の依頼はここ4年で2倍以上に増えています。

札幌市立大学デザイン学部・矢久保空遥助教「デザインを活用して応用してどれだけ通用するのかあるいはどういう壁が存在するのか学ぶことができる。学生にとってもとてもよい機会になるのでこのようなプロジェクトがもっと増えていけばいいと思う」

2018. 5.11
高橋知事が中国首相と会談

大(180511)00000000.jpg 高橋はるみ北海道知事(画像右)はきのう夜、札幌で李克強中国首相と会談したほか、きょう、日中の自治体のトップ会合で、両国が対話を通じ、地域レベルでの連携も強化する方針を確認しました。中国の李首相ときのう夜会談した高橋知事は食品などの「北海道ブランド」を李首相に強くアピールしました。李首相は品質が高く安全な北海道産の農産品を評価し、輸入拡大に強い関心を示しました。日中両国は道内から直接、中国へコメを輸出することで合意し、石狩の精米工場を指定工場に追加します。東京、北京に続き3回目となる日中知事省長フォーラムは、北海道のほか、埼玉県など6県の知事が出席。中国からは四川省などの省長らが出席しました。高橋知事は多くの中国人観光客が北海道を訪れていると話し、一層の連携強化を提案しました。高橋知事は「両国の強い関係のもと、相互の地域間交流を心から期待している」と李首相に伝えました。フォーラムでは省エネなど環境や観光や防災などの分野で地域間連携を推し進めることで合意しました。

2018. 5.10
道内地銀2行、そろって減収減益

大180510.jpg 道内2つの地方銀行の2017年度の決算がきょうまとまりました。北海道銀行(画像は笹原晶博頭取)が先ほど発表した決算は、一般企業の売上高にあたる経常収益が前年度より1%減りおよそ782億円。経常利益は41.5%減り89億9500万円。前年に引き続き減収減益となりました。住宅ローンが好調で、貸出金は1年前よりも5%増え3兆5192億円となりましたが、マイナス金利政策が続いて貸出利回りが低下したほか、外国証券や投資信託の含み損が表面化したとしています。また北洋銀行は貸出金が6兆2105億円と1年前よりも4.5%増え、過去最高となりました。その一方で、経常収益は1149億円、経常利益は160億円とともに減り、2期続けての減収減益となりました。

2018. 5. 9
JR東日本が札幌でホテル

大(180509)00000000.jpg

 JR東日本が来年、札幌駅の北口に客室数200室を超える大型のビジネスホテルを開業します。グループのJR北海道のおひざ元での今回の開業、その狙いとは。

 名称は「ホテルメッツ札幌」。代々木ゼミナールの関連会社の所有地に、13階建て、延べ床面積6700平方メートルの施設を建設します。客室数はシングル、ツイン合わせて206室。全ての部屋で浴室やトイレを広くとり、宿泊客の獲得に的を絞ります。来年2月の開業予定です。JR東日本が、自社の鉄道営業エリア外でホテルを運営するのは初めてです。JR東日本は、人口減少を背景にこの先、鉄道事業収入の大きな伸びが見込めないことから、主要駅周辺でのホテル展開に力を入れています。こうしたなか、外国人観光客の増加が続いている札幌のマーケットに注目。安定的な収益が期待できることから、開発を決めたとしています。札幌市内では、鉄道事業の赤字を補うためJR北海道もホテル事業を強化していて、グループ内で今後、競合する可能性が出てきています。

2018. 5. 8
日本海側の地震探る 東大地震研が道南で調査

大HP用0508渡島断層解析00000000.jpg 地震や津波を引き起こす可能性がある地中の断層の位置や形状を特定するための調査がきょうから、道南の渡島半島地域で始まりました。東京大学地震研究所が、日本海側を対象に2013年度から実施している全国調査の一環で、今回は、渡島半島に位置する江差町、厚沢部町、北斗市、七飯町の陸地と海岸部を対象に行います。道内での実施は、去年の石狩川河口などを対象にした調査に続き2回目です。きょうは、バイブロサイスという地中に人工的に震動を送る特殊な車両や、跳ね返ってきた震動の波をデータとして集め断層の形状や地下の構造を解析する機器などが、報道公開されました。日本海側の内陸部では東日本大震災発生の前に地震が相次いだ経緯があります。このため、日本海側の断層の解析は、千島海溝を震源とする地震など太平洋側で発生が懸念されている巨大地震の予測にも役立つとみられます。東大地震研の佐藤比呂志教授は「北海道の今の状況は3・11前の東北に似ている。道内でも(巨大地震が)発生する可能性が高まっている」と話しています。今月19日までデータを集め、来年5月に結果を発表するということです。

2018. 5. 7
道北で豊作願い「御田植祭」

大HP用0507東川御田植え祭00000000.jpg 今年の米の豊作を願う神事、「御田植祭(おたうえさい)」がきょう、道北のコメどころ、上川の東川町の水田で行われました。道内で唯一、北海道神宮から神様のための水田である「神饌田(しんせんでん)」として指定された、東川町の三田常男さんの水田で行われました。神事の後の田植えでは早乙女姿の女性12人が「ゆめぴりか」の苗を1本1本植えていきました。北海道神宮の吉田源彦宮司は「神話の世界から今日まで繋げられている、そういった重みを感じている。そういったことを一般の方にも知ってもらいながら、お米作りというものをご理解いただければありがたい」と話しています。11月には「神饌米(しんせんまい)」として北海道神宮に奉納されます。

2018. 5. 4
函館に豪華客船 積極誘致が実を結ぶ

Still0504_00002.jpg

一度に2000人以上を乗せて寄港するクルーズ客船。経済効果を狙い、函館市が誘致に力を入れています。約2500人を乗せた「ゴールデン・プリンセス」。先月末に横浜港を出て大阪や韓国の釜山を巡り、けさ、函館港に初めて入港しました。あす出港し、最後はアラスカを目指します。




Still0504_00003.jpg

アジアなどでの北海道人気を受け、道内への寄港回数は増加傾向です。特に函館市は、積極的な誘致活動が実を結び、2015年までトップの小樽を抜いて、3年連続で道内最多となる見込みです。クルーズ客船による経済効果は1回数千万円と言われていて、地元の期待も高まっています。




Still0504_00005.jpg

函館朝市の商店「私はすごく期待しているんです」
函館朝市の商店「売り上げにつながるというのはいいことだと思う」

函館市は、より大型の船も接岸できるよう、若松ふ頭の岸壁を整備するなど受け入れ態勢を強化する考えです。



2018. 5. 3
憲法記念日 改正に反対の声を

180503①00000000.jpg
憲法記念日のきょう、札幌では安倍政権が目指す憲法改正に反対する集会が開かれました。学識経験者などで作る市民団体が大通公園で開いた集会には、主催者発表でおよそ700人が集まりました。市民団体の代表は「日本が平和国家の道を歩むことができたのは、憲法9条によるものであることは明らかです」とスピーチ。



180503②00000000.jpg

改憲勢力が国会で3分の2を占める中、憲法を守るには野党と市民の結束が大事だと訴えました。集会後、参加者は札幌中心部をデモ行進し、市民に憲法改正反対を訴えました。




2018. 5. 2
泊原発停止6年 北電の経営厳しく

(180502) ①00000000.jpg
泊原発が停止し、今月5日で丸6年です。依然として再稼働の時期は見えず、北電からの顧客の流出が加速しています。泊原発再稼働に向けた原子力規制委員会の審査は、「敷地内に活断層がない」という明確な根拠を北電が示せないため、事実上、進んでいません。2度の値上げで電気料金は高止まりしています。「再稼働するまで下げられない」とする北電からは顧客の流出が加速し、これまでに35万件を新電力に奪われました。



(180502) ②00000000.jpg
昨年度の決算は増収増益でしたが、燃料高による値上げ効果によるもので、厳しい経営は今も変わりません。北電の真弓社長は「(昨年度の決算は)決して喜べるものではない。販売電力量の減少をおさえつつ、さらなる収益拡大を図ってかなければならない」と述べています。原発の再稼働が全国で相次ぐ中、北電の経営陣にはあせりが広がっています。




2018. 5. 1
北広島市 「ボールパーク推進室」設置

(180501)00000000.jpg

北海道日本ハムファイターズのボールパーク構想実現に向け、北広島市はきょう、新たに「ボールパーク推進室」を設けました。今後、建設候補地周辺で行う道路や上下水道などの整備をはじめ、球団と連携したさまざまな事業の企画を担当します。上野市長は「北広島市民のため、北海道民のために全力でこの職務に当たっていいただきたい」と激励しました。きょうは、球団が出資する北海道ボールパークや道との初めての協議も行われ、球団側は、新球場の建設について2020年5月の着工を目指すことを明らかにしました。

2018. 4.30
ロープ1本で「空中散歩」恵庭の施設が人気

(180430) ②00000000.jpg

森の木々を生かしたアトラクションを楽しめる施設が、先週末、恵庭市にオープンし、人気を集めています。恵庭市のルルマップ自然公園の中にオープンした「フォレストアドベンチャー・恵庭」。数メートルから、高い所では15メートルほどの高さの木々に足場を設け、ケーブルなどを使って渡る「空中散歩」が楽しめます。



(180430) ①00000000.jpg

道内では初めての施設とあって、道東などからも客が訪れています。
体験した女性「面白いです。明日は絶対筋肉痛だよね」
体験した男の子「高いところから空を飛んだみたいです」
利用には予約が必要ですが、ゴールデンウイーク後半は、予約が一杯ということです。

2018. 4.27
日本海沿いの道の駅「あいろーど厚田」が開業

大2018-4-27.jpg 日本海沿いの国道231号で初の道の駅、石狩「あいろーど厚田」が石狩市できょうオープンしました。「あいろーど厚田」は石狩湾に沈む夕日を展望できる場所にあります。3階建ての施設内には郷土資料室、地場産品紹介コーナーなども併設されています。フードコートでは食事をしながら日本海を一望できます。訪れた人も「きれいですね。ここからみる景色が一番いい」などと話しています。

2018. 4.25
さっぽろ東急百貨店内に東急ハンズが移転開業

大180425)00000000.jpg リニューアルのため先月閉店した東急ハンズ札幌店があす、JR札幌駅前のさっぽろ東急百貨店内で移転オープンします。きょう報道関係者向けに内覧会がありました。さっぽろ東急百貨店の8階と9階に移転した東急ハンズ札幌店。これまでになかった札幌ならではの新たな商品群を増やしました。なかでも目玉は。湯浅知里アナのレポートでは「雑貨だけではなくて、道内で作られているジュースやこういったジャムなんかを選んで一緒にギフトとして送ることができるんです」。北海道産の食料品や雑貨など300余りの商品を自由に組み合わせ、オリジナルのギフト商品にできるコーナーを設けました。JRや地下鉄の駅が近く若い女性の来店が増えると見込み、色鮮やかな文具を集めた売り場も設けました。「女子文具コーナーにはこうしたグラデーションがきれいなパスケースから、人気の猫柄のペンケースまで、こういったものがかばんの中にあると、一気に華やかになりそうですね」(湯浅アナ)。東急百貨店の中に東急ハンズの店舗が入るのは、全国で初めてです。東急ハンズ札幌店の森實 正明店長は「じっくりと手をかけて、日々の暮らし方みたいなことを考えていくというところを提案していきたい」と話しています。百貨店側も相乗効果を期待しています。さっぽろ東急百貨店の萩原 正統店長は「百貨店にとっても東急ハンズにとっても、お互いのお客様がお互いのお店を利用しあうというメリットが出てくると考えている」と期待しています。東急ハンズ札幌店はあす午前10時に開店。年始を除き毎日午後8時まで営業します。

2018. 4.24
ソフトバンク、雪山救難へドローン無線で実験

 大180424.jpg雪山などで遭難した人を救助する際に、スマホなどの電波をドローンで中継し、遭難者の位置を特定する実験がきょう大樹町で行われました。実験は登山やスキー中の遭難事故が増加傾向にあることを受け行なわれました。実験は圏外にいる遭難者のスマートホンの電波をドローンを使い中継し位置情報を受信します。これまでのシステムではソフトバンク以外の電波を中継できないのが課題でしたが、きょうの実験では通信会社によらずスマホの電波をドローンで中継。さらに、GPSの情報から遭難者の位置を特定できました。ソフトバンクの藤井輝也工学博士は「ソフトバンク以外の通信事業者を合わせて中継する。地上から行くよりもはるかに容易に遭難者の位置の特定ができるのではないか」とみています。同社の担当者によりますと実用化に向けては制度改正などが必要だということです。

2018. 4.23
セコマが北大構内に24時間営業店

大0423HP用セコマ00000000.jpgコンビニ道内大手のセコマは、北海道大学と地域創成連携協定をきょう結び、7月に北大構内では初となる24時間営業のコンビニを出店すると発表しました。セコマの丸谷智保社長と北大の名和豊春総長は地域経済の活性化に向け、食の分野などで協力する協定を締結しました。セコマは今年7月には北大の最先端の研究成果などを発信する広報コーナーのある新店舗を開店します。最大100席のイートインスペースや2階にはイベントやセミナーも催せるテラスを設けます。セコマの丸谷智保社長は「北大構内に全く新しいコンセプトでお店を出させていただく。ジンギスカンパーティーだけのためではなく、研究構想の実現の場としてお使いいただける」と話しています。今後、セコマは北大と協力し商品の共同開発などを進める考えです。

2018. 4.20
宇宙目指して 大樹ロケット燃焼実験に成功

180420-1.jpg
民間が打ち上げるロケットして、国内初の宇宙空間到達を目指す「MOMO(モモ)2号機」。今月28日の打ち上げに向け、
19日、エンジンの燃焼実験を行いました。
大樹町のベンチャー「インターステラテクノロジズ」が開発した
モモ2号機。去年7月に打ち上げた1号機は、上空で機体が壊れました。

小澤アナリポート「1号機からの大きな改良点は、こちらの黒い部分【CFRP】と呼ばれる素材なんですが、この厚みを1号機の最大3倍にして
強度を増しています」



180420-2.jpgきのうの実験ではおよそ10秒間、エンジンを燃焼。仕上がりは順調です。
インターステラテクノロジズ・稲川社長「きちんと点火してきちんと燃えることもできているので、そういう意味では安心して打ち上げに臨める」
打ち上げ予定は、今月28日です。

今月28日放送の「けいざいナビ北海道」では、
大樹町からの生中継を交えて、
ロケット開発の舞台裏をお伝えします。

2018. 4.19
セブンイレブン道内1000店 セイコーマートを追撃

Still0419_00001.jpg
セブンイレブンの道内の店舗数が、あす20日、
札幌東区にオープンする店で1000店となります。
道内首位のセイコーマートとの競争が、いっそう激しくなりそうです。
セブンイレブンは40年前に道内に進出。
1000店達成を前に、きょう、セレモニーが行われました。




Still0419_00003.jpg
「カニとイクラの弁当」など8種類の記念商品を
道内全店で販売します。

今後は、肉や野菜など生鮮食品の販売にも力を入れるほか、
単身世帯や高齢者向けのコンパクトな商品を増やしていきたい考えです。




Still0419_00002.jpg
道内では、大手4社がおよそ3千店を展開しています。
1101店を展開する首位のセイコーマートは、
自治体の要請を受けて過疎地へも積極的に出店。
一方、セブンイレブンは、都市部を中心に出店しています。
人口減少が進む道内では、
新規出店による事業拡大には限界があり、
時代に対応した新たな戦略をどう打ち出すのか注目されます。


2018. 4.18
コメリ道内出店加速へ 大型物流施設が完成

Still0418_00001.jpg
ホームセンター国内大手の「コメリ」が、道内出店を本格化させます。
苫東地域に建設していた大型物流施設の竣工式がきょう、行われました。この物流センターは、コメリが道内で初めて設ける大型物流施設。
延床面積はおよそ3万7千平方メートル、総事業費はおよそ30億円です。
国内・海外のメーカーから直接商品を仕入れる拠点機能に加えて...。




Still0418_00002.jpg岡田記者リポート「こちらのセンターでは、広大なスペースに商品を保管。仕分けも自動化を進め100店舗に商品を送り出すことができます」

商品の仕分けや検品をセンターが行うことで店頭での作業を省き、接客などのサービスに力を入れます。
コメリ・捧雄一郎社長「このセンターはコメリの多店舗展開を支える大きな要になっています」

現在、コメリは道内で16店を展開。今後、道内100店を目指して新規出店を加速させ、140店余りを展開するDCMホーマックを追撃します。

2018. 4.17
記録的不漁のイカ 代わる原料は... 

0417HPぶり①00000000.jpg
スルメイカの記録的な不漁に見舞われている道南の水産加工業界で、イカに代わる原料で商品を作る動きが出てきています。これまで使われていなかった、その原料とは。

それが、「ブリ」。2016年の道南のブリの漁獲量は8千トンあまり。10年で4.2倍に増えました。




0417HPぶり③00000000.jpg
北斗市の水産加工会社・ソネ食品の水山社長「何をこれから作っていったらいいのか考えた時に、噴火湾で獲れているブリ、これよりないんじゃないかと」
ソネ食品の商品のおよそ8割は、塩辛などイカが原料です。しかし、イカの漁獲量は10年前の5分の1に減少、仕入れ値は3倍にまで跳ね上がっています。そこで、漁獲量が増えているブリを使った加工品の開発を去年11月に始めました。



0417HPぶり④00000000.jpg
完成した商品は「鰤燻」。切り身を砂糖や塩などで味付けし、燻製にしました。価格は、80グラム入りで税込み600円ほど。今月から函館市内の百貨店などで販売しています。ソネ食品は、ブリ加工品の開発に力を入れる考えです。ちなみに、次の商品は?

ソネ食品・水山社長「いたずらにお茶漬けを作ってみたらそれがおいしかった。このブリの燻製が終わってから、お茶漬けを考えていきたい」
道は、ブリ加工品を作る企業を支援する取り組みを、来月、始めるということです。

2018. 4.16
新ひだか町長選で新人が当選 JR日高線への対応は

Still0416_00001.jpgきのう投開票が行われた新ひだか町の町長選は、 新人が現職を破り初当選しました。当選した大野克之さんは、旧・静内町出身の59歳。 道庁では、主に農政畑を歩みました。 2015年から不通が続くJR日高線は、JR北海道が 廃止とバス転換を提案しています。 4選を目指した現職は、日高町村会の会長として存続を訴えていました。大野さんは「存続も廃止も皆さんの考えとしてはあると思う。それを日高管内7町の中でオーソライズして方向性を出すことが一番大切なこと」と述べ、 自身の考えについては明言しませんでした。

2018. 4.13
帯広中心部ににぎわいをーーカフェが開業

大(180413)00000000.jpg 帯広市の藤丸百貨店に女性をターゲットにした新しいカフェがきょうオープンしました。中心市街地の活性化にも期待が寄せられています。藤丸2階にきょうオープンした「チーズカフェ バイ ミリオンサンテ 藤丸店」。料理に使う95%以上の食材が地元の十勝産です。趣向を凝らしたチーズ料理などのメニューをそろえます。初日の利用客は「産地の表記もしてあるので、十勝を頂いているというような感じ」と感想を話します。店舗をプロデュースした真浦綾子さんは十勝には「ハイクオリティーなチーズを作っている工房が沢山ありまして、そのチーズを食べ比べできるようなお店にしたいと思っている」と狙いを説明します。帯広市中心部に集まる人の数は、やや増加傾向にありますが、ピークの4分の1ほどの水準です。真浦さんは「笑顔になっていただいて、その笑顔のまま街の中で遊んでいただけるような街中の活性化の入口になるようなお店を、私の想いとしてはやっています」とコメントしました。

2018. 4.12
JR北海道が函館駅の隣にホテル建設

sssStill0412_00000.jpgJR北海道はきょう、函館駅の隣接地に宿泊特化型のホテルを建設すると発表しました。ホテルはJRイン函館の名称で、道内6棟目のJRインブランドのホテルとなります。函館駅の隣の所有地におよそ30億円を投じ、地上11階建て、延べ床面積7500平方メートルのホテルを造ります。客室数は210ほどで、今年の秋ごろに着工し、再来年春の開業を目指します。島田修社長は「ほか(のホテル)とは異なりインバウンドをより意識したつくりに」と話しています。JR北海道は過去に建築資材の高騰などで函館でのホテル建設を断念した経緯があります。現在進んでいる苗穂駅周辺の再開発では、タワーマンション建設に事業者として参画します。また花咲線の一部の列車を6月から半年間、観光列車として運行します。

2018. 4.11
新千歳ータイのLCCが運航再開

大180411.jpg タイの格安航空会社(LCC)のタイ・エアアジアXがきょう、新千歳ーバンコク線の運航を再開しました。けさの新千歳空港でのセレモニーでタイに向かう乗客を見送りました。札幌からの観光客は「(直行便の方が)いいですよね 楽ですよね」といった声や「(直行便が就航したので(観光に)行こうと思いました」といった声が聞かれました。毎日1往復運航し、就航記念の運賃は片道1万1900円です。80%以上の搭乗率を見込み、今後、利用状況に応じて増便も検討します。タイ・エアアジアXは2015年に新千歳ーバンコク線で定期運航する計画でしたが、国連の専門機関がタイ航空当局に安全上の懸念を指摘しました。代わりにグループ内のエアアジアXがチャーター便を飛ばしましたが、3ヵ月で休止しました。タイからの観光客は、2007年からの9年間でおよそ80倍に増えました。予約客の8割以上がタイから訪れる観光客です。ナダ・ブラナシリCEOは「タイ人は日本が好きで旅行のトレンドは個人での周遊旅行。東京に来て札幌からタイに帰ったり、札幌に来て大阪からタイに帰ったりする」と周遊観光客の増加に期待を寄せています。タイ・エアアジアXは函館などにもバンコク便を就航させ、訪日観光客を取り込みたい考えです

2018. 4.10
サケ・マス流し網漁へ出漁

大(180410)00000000.jpg 日本の排他的経済水域である200カイリ内水域でのサケマス流し網漁が、きょう解禁になり、各地の港で小型漁船が漁に出ました。根室の歯舞漁港では大勢の家族らが見守るなか、きょう午前0時の解禁に合わせて14隻の漁船が出港しました。サケやマスは、生まれた川の国が漁の権利を持つという考えで、日本の200カイリ内でもロシアとの交渉で漁獲量などを決めています。先週東京で行われたロシアとの交渉で、漁獲量の上限は去年と同じ2050トン、漁獲量に応じて3億円前後の協力費を支払うことを決めました。しかし、去年の漁獲量は1273トンと上限を大幅に下回る不漁となりました。漁業関係者は今年の漁に期待を寄せてます。漁師からは「(去年は不漁だったので)今年は(まとまった)漁獲量があってほしい。量があれば値段が安くてもどうにかなる」という声や「他の船に負けないように頑張ってくる」といった声が聞かれました。漁船は早ければ1週間ほどで港に戻るということです。漁は7月7日まで行われ、根室市内からは去年より1隻多い27隻が操業する予定です。またロシアの200カイリ内での流し網漁はおととしから禁止されていて、試験操業として行っている曳き網漁は、去年よりも期間を延ばし、95トンの漁獲量が割り当てられることになりました。

2018. 4. 9
奥尻高で入学式、島外からの「留学」去年の3倍

kkkxzHP0409奥尻高校入学式00000000.jpg奥尻島の奥尻高校できょう、入学式があり、今年は島外からの入学者が去年の3倍の16人に増え、合計22人が入学しました。定員割れが続く奥尻高校は去年から道外からの生徒も募集しています。今年の島外出身者は東京、千葉、福岡からの入学者3人を含む16人でした。千葉浦安市から入学した男子生徒は「奥尻でしか出来ない事をやろうと思ったので入りました。スキューバダイビングとか」。札幌市からやってきた女子入学生は「(授業は)グループワークが多いのでコミュニケーション能力を身に着けていきたいと思います」と抱負を語りました。

2018. 4. 6
札幌市立小学校で入学式

(180406)00000000.jpg
札幌の市立小学校199校で、きょう入学式が行われ、
およそ1万4500人の 新一年生が 学校生活をスタートさせました。
白石区の東橋小学校では、
45人の新一年生が 元気に体育館に入場しました。
野村幸明校長は 「これから楽しいことが いっぱい待っています。
しっかり頑張ってください」と あいさつしました。

2018. 4. 5
不祥事相次ぐ 道警本部長が異例の特別訓示

(180405)00000000.jpg酒気帯び運転と万引き。 警察官の不祥事が相次いでいます。
旭川方面本部の 男性警部補はことし2月、
旭川市内で酒気帯びの状態で自家用車を運転。
道警本部の男性警部は 先月、札幌市内で食料品7点を万引きしました。
2人は容疑を認めていて、 道警はきょう付けで
2人を「停職」の懲戒処分としました。 相次ぐ不祥事を受け、
道警本部の和田昭夫本部長は異例の特別訓示を行い、
「 強い危機感を持って、法にもとる行為の防止に当たってほしい」と
述べました。

2018. 4. 4
旬な人~高木菜那さん

20180304.jpg
話題の人に話を聞く「旬な人」のコーナー。
今回は、平昌オリンピックのスピードスケートで二つの金メダルを獲得した、幕別町出身の髙木菜那選手です。2度目の出場となった平昌では、2種目で金メダル。一つの大会で複数の金メダル獲得は、冬のオリンピックでは日本の女子選手では初めてです。快挙の実感や次の目標、妹でありチームメイトでもある美帆選手についても聞きました。

2018. 4. 3
「走る豪華ホテル」今年も道内で運行

20180403.jpg「走る豪華ホテル」が、今年も道内を運行します。JR東日本はきょう、 「トランスイート四季島」を報道陣に公開しました。四季島はJR東日本が運行する 周遊ツアー専用の豪華寝台列車。きょうは2年目の運行に向けた訓練運転を行いました。今年も東京・上野から 東北や北海道を巡る3泊4日のツアーを予定。 料金は一人74万円からです。 函館では、市内の料亭が イカや地元野菜を使った朝食を提供します。JR東日本の担当者は「青函トンネルを越えて北海道に渡ってくるというのは旅の中でも非常に楽しい醍醐味になっている」と話しています。去年行なわれた26回のツアーは すべて完売。今年の予約もはすでに完売していて、早くも「来年」の予約受け付けを来月以降に始めるということです。

2018. 4. 2
入社式 トップと新入社員の抱負は

(180402)00000000.jpg

新年度が本格的に スタートしたきょう、 道内各地で企業の 入社式が行われました。路線見直し問題が正念場を迎える
JR北海道には、 去年より8人多い 314人が入社。 島田修社長は、2030年度の 北海道新幹線の札幌開業を担う人材となってほしいと激励しました。 そして 「安全は天から降ってくるものではなく 一人一人の不断の努力の積み重ねにより 保たれるものです」と話し、 特急列車が脱線し炎上した 7年前の石勝線の事故を教訓に、 日々の業務に臨むよう求めました。 新入社員は緊張した面持ちで、 安全を最優先にすることを 誓いました。 新入社員代表は 「会社が現在直面している問題や様々な経営課題も理解して 入社を決意した。一つ一つの仕事を誠実にこなしていき、 課題や意味を考えて、真摯に向き合っていきたい」と抱負を述べました。

2018. 3.30
電力小売り自由化2年、北ガスの戦略は

(180330)0000000a.jpg北海道ガスが新年度、家庭向けの省エネ支援サービスを始めます。電力小売りの全面自由化から来月で2年、他社との違いを鮮明に打ち出します。今年10月から始める「エミネル」というサービス。ガスや電気の使い方を1件1件分析し、最適な省エネの方法をアドバイスするほか、センサーで人がいるかどうかを検知して暖房を自動制御します。光熱費を年間で1万円から最大5万円抑えられるとしています。5月中に新築の戸建て住宅を対象に受け付け、5年間で1万件の契約を目指します。前谷浩樹執行役員は「お客様と一緒にエネルギー消費量の削減やCO2の削減を図っていきたいという狙いがある」と話しています。北ガスは今月、自由化後の 一般家庭の電力契約件数が10万件に達し存在感を強めました。ただ道内は本州よりも電気料金が高い影響で、新電力会社同士の競争も激しくなっています。他社とは異なる取り組みで、競争力を高める必要があるといいます。大槻博社長は「(顧客の電気使用の)データを少し捕まえてきたので、それを細かに分析しながら新規のお客様を開拓するにはどういう料金が有効だとかそういうことを少し、秋ぐらいまでに精査する」と今後の見通しについて言及しました。

2018. 3.29
新幹線札幌駅のホーム位置決まる
新幹線札幌駅のホーム位置決まる画像

180329no大.jpg北海道新幹線の札幌駅のホームの場所について、JR北海道が提案していた大東案の採用が決まりました。大東案は、今の札幌駅の200メートルほど東側に、新幹線専用のホームを設ける内容です。建設主体の鉄道・運輸機構など関係機関がきょう会議を開き最終合意しました。事業費は645億円。札幌駅に新幹線のホームを造る現駅案よりも75億円増えますが、差額はJRが負担します。来月以降、鉄道・運輸機構が施設の設計など工事の準備を進めます。新幹線のホームの場所を巡る協議は2年半に及び、札幌駅の西側とする案や地下に造る案が浮上しては消えました。こうした中、今年度に決定しないと2030年度末の札幌延伸開業に影響が出ることから先月、JRが大東案を提案。現駅案を推した鉄道・運輸機構も、技術上の問題はないと容認しました。ただ新たな課題も浮上しています。現駅への新幹線の乗り入れを想定していた札幌市は、駅周辺に大型の商業施設などを造る再開発計画の見直しを迫られています。札幌市の秋元克広市長は「(大東案は)再開発予定地に干渉すること。さらに地下鉄などから新幹線駅舎への歩行者動線の確保や「周辺交通への影響などまちづくり上の今後の検討課題もある」としています。市は見直し内容を反映した新たな計画を新年度の早い段階でまとめるとしています。

2018. 3.28
HAC就航20周年、今後の展望は

0328HP用no.jpg札幌の航空会社、HAC(北海道エアシステム)がきょう就航20周年を迎えました。拠点の札幌丘珠空港ではセレモニーがありました。関係者が見守る中、鏡開きや振る舞い酒、記念放水などの催しがありました。HACは1997年に日本エアシステム(現在の日本航空)と道の共同出資で発足しました。目的は地域の医療や離島の暮らしを支えること。新千歳―函館など3路線で運航を始めました。日本航空は経営破たん後に一時、出資を引き上げましたが、その後復帰しました。2011年から 拠点を札幌丘珠空港に移し、現在5路線で運航しています。HACの桑野洋一郎社長は「機材更新、北海道新幹線が2030年くらいに(札幌に)入ってくるなど大きな環境の変化を想定したうえで、ビジネス以外の客をいかに取り込んでいくか。当社はまだインバウンドの客がいない中でこれをいかに取り込んでいくかが課題だ」と話しています。

2018. 3.27
公示地価 道内住宅地 27年ぶり下げ止まり

180327a.jpg土地取引の目安となる公示地価がきょう発表され、道内の住宅地の平均価格が27年ぶりに下げ止まりました。

今年1月1日時点の住宅地の価格は前の年から横ばいでした。下落が止まったのは1991年以来です。札幌が堅調に上がったうえ、多くの地域でも底値感が強まり下落幅が縮小しました。上昇率の上位3地点は倶知安町です。外国人向けの別荘需要に加え、リゾート施設や新幹線の建設のために従業員用の住宅も増えています。札幌でも地価が上がるエリアが広がっています。

一方、商業地では外国人観光客の増加を背景に函館市が10年ぶりに上昇に転じました。札幌のすすきのエリアもホテルの需要が高まり全国でも高い上昇率を記録しました。道内全体の平均価格は0・6%の上昇と2年連続で上がりました。ただ、地価の下落が止まらない地域も多く、今後は差が広がりそうです。

2018. 3.26
日本ハム新球場、北広島に 2023年開業へ

180326a.jpg北海道日本ハムファイターズの新球場の場所が北広島に決まりました。5年後に新たな集荷客施設が誕生します。球団幹部が夕方、市役所を訪れ、市長らに報告をしました。

球団の親会社の日本ハムはきょう取締役会を開き、北広島案を承認しました。新球場の候補地としては北広島市のほかに、札幌市が道立真駒内公園を提案。球団が両市と協議を進めてきました。

球団と北広島市は2023年の開業を目指し、新年度から具体的な協議に入ります。

2018. 3.23
混雑緩和へ 札幌市が区役所を土日に開庁

0323 1.jpg転入や転出の手続きで窓口が混雑するのを緩和するため、札幌市は土曜日のあすと日曜日の来月1日、市内の全ての区役所を臨時開庁します。受け付け時間は午前8時45分から正午までで、転入、転出の届け出のほか、住民票の発行などにも対応します。札幌市では年間12万人に上る転出入者の4割以上が3月と4月に集中し、一部の区役所では待ち時間が3時間に及ぶこともあったといいます。市の担当者は「土日の方に届け出をする人が流れることで、平日の混雑が多少なりとも解消されると期待している」と話しています。全国の政令指定都市のうち、半数が導入していて、札幌市は今回が初めてです。また、今月26日から30日と来月2日には、受け付けの終了時間を午後7時まで延長します。

2018. 3.22
層雲峡に観光客呼び込め 上川に新会社

0322 1.jpg層雲峡温泉に観光客を呼び込もうと、道北の上川町などが新会社を設立し、今日初めての総会を開きました。町や地元の観光協会など5者は先月21日に協同で出資し新会社「大雪山ツアーズ」を設立。地元の層雲峡温泉や大雪山系の自然などの魅力を発掘し国内外にPRを強化することで観光客の減少を食い止め、さらに増加に転じさせることが目的です。西野目社長は「四季がはっきりしている、スキー場もある、それから紅葉が早いという、そういうことを中心に地域の魅力をもう1回、再発掘していこう」と意欲を示しています。初年度は、入湯税引き上げによる増収分5000万円を元手に体験型の観光ツアーなどを企画します。道内では、地域の観光振興を担うDMO=観光地経営組織を設立する動きが活発化していて、上川町も新会社を候補として国に申請しています。

2018. 3.21
歓喜にわく LS北見がパレード

0321 1.jpg五輪の感動、再び。女子カーリングで銅メダルを獲得したLS北見の選手たちが地元の商店街で凱旋パレードを行いました。1万2000人が駆けつけ、北見が歓喜に沸きました。早朝から北見はお祝いムード。試合のハーフタイムに選手たちが食べたことで人気が沸騰したチーズケーキ「赤いサイロ」。店にはパレードを見ようと訪れた全国のファンが買い求めようと殺到しました。そして正午過ぎいよいよパレードがスタートするとムードは一気に最高潮に。割れんばかりの歓声に選手は満面の笑みで応えました。藤沢五月選手は「こういった形でお礼を言わせていただいて本当にありがとうございます。皆さん本当に応援ありがとうございました」とあいさつ。吉田知那美選手は「皆さん全員にメダルをかけてあげたい」と会場を盛り上げました。全国から集まったファンや北見市民は「かわいかった。手を振ってもらった」「これからもがんばってほしい、応援しています」と感激した様子でした。パレード後には、市民報告会も開かれ、市が新たに設けた「市民特別栄誉賞」も5人に授与されました。

2018. 3.16
サクラサク 道内公立高校で合格発表

180316a.jpg道内223校の公立高校できょう合格発表が一斉にあり、およそ3万1300人が一足早い春を迎えました。

札幌南高校は午前10時に合格者の番号を張り出しました。集まった受験生は自分の番号を見つけると抱き合って喜んだり、涙を流したりしていました。

「すごくうれしいです。とりあえず早くお父さんに連絡したいです」「めっちゃ遊びたいです。全力で遊びたいです」「部屋の掃除をしていて大量の紙を見つけた。すごく頑張ったんだなぁって自分で自分をほめてあげたい」。合格した受験生からはこんな声が聞かれました。

合格者が定員に達しない高校では2次募集の願書を22日から受け付けます。

2018. 3.15
ゆうばり国際映画祭 きょう開幕 札幌にも会場

180315a.jpg「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」がきょう開幕しました。18日までに113本の映画を上映し、受賞作を決めます。

JR夕張駅前でオープニングセレモニーがあり、人気俳優の葉山奨之さんや川栄李奈さんらがレッドカーペットを歩きました。仮装した市民や多くの映画ファンで盛り上がりました。

映画祭は今年で28回目ですが、初めて札幌の狸小路にサテライト会場を設けました。過去の映画祭で好評だった作品などを上映します。

2018. 3.14
外国人留学生よ働いて 札商が秘けつを紹介

180314a.jpg事業の海外展開や外国人観光客の急増を受け、道内の企業が外国人留学生の採用に関心を高めています。札幌商工会議所がきょう外国人採用に関するセミナーを開きました。

セミナーには道内企業からおよそ80人が参加しました。現地の言語や習慣に精通している外国人留学生を採用しグローバル化に対応する狙いがあります。

参加した企業からは「ベトナムで事業をしており、現地でも日本でも働ける人を採用したい」(メガネ販売)「中国人の社員がすでに一人おり、中国人客が安心して注文できる」(外食)といった声が聞こえました。

講演では外国人を採用する際の注意点として、在留カードの確認を徹底するよう促しました。また、留学生として来日し、日本企業に就職した外国籍の社員の実例も紹介しました。

2018. 3.13
青函トンネル開業30年 新幹線時代に課題も

180313a.jpg青函トンネルが開業し、きょうで30年です。人や物の流れを大きく変えたトンネルは北海道新幹線の札幌延伸を控え、新たな課題に直面しています。

全長54キロに達する青函トンネル。7000億円の資金と24年の時間をかけ、1988年に開業しました。青函連絡船に代わって割安な貨物列車が走り、野菜を本州へ、生活物資を北海道へと運びます。

そしておととし、北海道新幹線が開業しました。300万人を超えた乗客は半分ほどに減っていましたが、新幹線により200万人台を回復しました。新幹線が札幌まで到達してこそ、青函トンネルの効果は高まります。しかし課題は山積みです。

JR北海道は維持費として年に40億円を負担。新幹線の速度アップのための工事や貨物列車との調整はまだ検討中です。新幹線が札幌にやってくるのは2030年度末。あと13年です。

2018. 3.12
氷雪原でだまし絵ツアー 野付湾に観光客

180312a.jpg道東の野付半島の雪原で不思議な写真を撮影できると、この冬、多くの観光客が詰めかけました。その一風変わった写真とは。

別海町の野付湾では冬の間、海水が凍り、地平線まで氷と雪の原野が続きます。真っ白い背景を利用して、遠近感がまひした「だまし絵」のような写真が撮影できます。ツアーが1月下旬に始まると、去年の6倍近い4000人余りが全国から集まりました。

ネイチャーセンターの工藤茜さんは「果てしなく続く氷原を歩くのが魅力かなと思う。今年は特にトリック写真がまた広まったのでそれをメインに企画した」と話します。暖かくなり氷の溶ける心配があるため、今シーズンのツアーは先週で終了しました。ネイチャーセンターでは海外に向けてもPRを強化する考えです。

2018. 3. 8
高校入試で出題ミス 全員に2点

0308 1.jpg北海道教育委員会は今日、おとといの公立高校一般入試の社会の問題に誤りがあったと発表しました。誤りがあったのは、社会の設問4のAの問い1です。東京都と世界の主な都市の時差を問う問題で、時間を示すグラフの一部に誤りがあり、正解が得られない設問となっていました。生徒の採点などをしていた高校や中学の教諭ら3人から道教委に昨日、連絡があり、間違いが判明しました。道教委はこの問題を削除し、受験者全員に配点分の2点を与えます。会見で道教委の担当者は「受験者はもとより、中学校や高等学校の関係者にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びします」と謝罪しました。合格発表は予定通り今月16日に行うということです。

2018. 3. 7
札幌・清田区で8100戸が断水 復旧の見込み立たず

0307 1.jpg札幌清田区でおよそ8100戸が、けさから断水しています。7日19時現在、復旧の見通しは立っていません。断水が発生しているのは、清田区の清田、真栄、美しが丘の一部有明の全域です。札幌市水道局によりますと、断水が発生したのは今日午前5時半ごろで、8100戸、約2万人に影響が出ていて、小学校1校も休校となっています。水道局は、公園などに応急の給水所を設け、対応に追われています。給水所に来た男性は「朝、7時ごろに起きたんだけどもう全然駄目だった、何をするにも水がないと」と困惑した様子でした。水道局では、水道管の破損が原因とみていますが、今のところ特定には至っていません。各家庭で水が使えるようになるのは、あす以降だということです

2018. 3. 6
さっぽろスイーツ 今年は「抹茶チーズ」

0306 1.jpg今年のさっぽろスイーツコンペティションのグランプリがきょう発表されました。今回は70作品の応募があり、グランプリに選ばれたのは、古田浩真さんの『さっぽろ抹茶チーズ~お豆とともに~』です。道産のマスカルポーネチーズを使ったケーキに抹茶パウダーをふりかけ北海道の大地を表現しています。外国人観光客に人気の「抹茶」とチーズや豆など道産食材の魅力を組み合わせた点が高く評価されました。アイデアを考案したのは小学5年生の山本百椛(ももか)さんは「北海道産の食材をいっぱい使っているところを工夫しました。グランプリはすごくうれしいです」と話しました。グランプリ作品はレシピが公開され、来月以降、札幌と近郊の菓子店などで順次、発売されます。

2018. 3. 5
札幌市 MICE施設はパークホテル敷地に

0305 1.jpg札幌市はきょう、国際会議などに使う道内最大規模の施設を札幌パークホテルの敷地に整備することを決めました。施設は、 MICEと呼ばれる国際会議やイベントの会場として整備します。現在のホテルの建て替えにあわせて併設して建設する計画で2025年までに開設を目指します。当初は9月に閉館するさっぽろ芸文館の跡地が有力視されていましたが、周辺に自然があふれ中心部にアクセスしやすいことから、パークホテルの敷地を選びました。札幌では昨年度、115件の国際会議が開かれ、その経済効果は約120億円と試算されています。市は、新たな施設を整備して国際会議を積極的に誘致し、経済効果をさらに高める考えで、施設の概要を今月15日の市議会の委員会に報告し、市民から意見を募集します。

2018. 3. 1
道内大荒れ 交通機関も乱れ JR200本超運休

180301a.jpg急速に発達した低気圧の影響で、きょうの道内は雨や雪を伴う強い風により大荒れの天気となりました。引き続きあすにかけても警戒が必要です。

最大瞬間風速は真狩で28・1メートル、せたなで27・8メートルを記録しました。また、午後3時までの24時間に降った雪の量は伊達市大滝で36センチ、上札内などで28センチに上りました。

この暴風雪のため交通機関にも影響が出ています。新千歳空港では東京や東北を結ぶ路線を中心に156便の航空機が欠航しました。またJRも道内各地を結ぶ特急43本を含め、あわせて229本が運休しました。

2018. 2.28
サツドラ 大学1年生でも内定 あすから新採用制度

180228a.jpgサッポロドラッグストアーはきょう、大学1年生にも内定を出す新しい新卒採用制度を導入すると発表しました

あす取り入れる採用制度は応募や入社時期を学生が選べるのが特徴です。大学や専門学校などの1年生でも通年で応募を受け付け、内定を出します。学生は入社時期を卒業後2年間の4月と10月から選べます。

富山浩樹社長は「働く人が、働き方を選択できる企業で働きたいという風に変わってくる」と話し、人手不足が顕著となるなかで新しい採用制度により優秀な人材を確保したい考えです。

2018. 2.27
厚岸産ウイスキー きょう発売 町おこしにも期待

180227a.jpg厚岸で造ったウイスキーがきょう、発売となりました。道東で生まれた初めてのウイスキーだけに、町おこしへの期待も高まります。

発売となったのは厚岸のウイスキー蒸留所が手掛ける初商品「厚岸ニューボーン」です。

市販のボトルはおよそ1万本と限られ、地元でも事前の予約で500本がすぐに売り切れました。きょうは引き換えのため道の駅を多くの人が訪れました。購入した地元の人からは「カキとウイスキーで厚岸の知名度が上がればいい」などの声が聞かれました。

地元の商工会は手軽に味わってもらおうと、地元の飲食店できょうだけグラスで客に提供します。厚岸町商工会の岩崎純史・地域支援課長は「今後、厚岸に来ればウイスキーが飲めるという環境を整えていきたい」と話しました。

2018. 2.26
劇団四季「眼鏡に字幕」サービス開始へ

180226a.jpg外国人観光客の増加を受け、劇団四季は眼鏡型の端末に字幕を表示するサービスを全国の劇場に先駆け、北海道であす始めます。

東京のIT企業の技術を生かし、役者のセリフに合わせて眼鏡型の端末に字幕を映します。英語や中国語など4か国語に対応します。

きょうのテストを体験した中国からの留学生は「眼鏡だと頭が動いても字幕が見られるので、後から出演者が出てくる演出などでは便利です」と話しました。

外国人観光客だけではなく耳が不自由な人も舞台から目を離さずに字幕を読めます。劇団四季では訪日客にミュージカルを楽しんでもらう手段として研究しており、札幌での反応を見て全国での導入を検討します。

2018. 2.22
チームパシュート金メダル 道内歓喜に沸く

0222 1.jpg平昌冬季五輪スピードスケート女子チームパシュート決勝では道内勢3人で臨んだ日本が金メダルを獲得。道内は歓喜に沸きました。オランダとの決勝戦には、幕別町出身の高木美帆選手と姉の菜那選手、厚岸町出身の佐藤綾乃選手が出場しました。好スタートから前半リードする日本ですが、3人全員が今大会でメダルを獲得している強豪、オランダに逆転を許します。しかし、疲れのみえたオランダに対し、日本は一糸乱れぬ隊列と先頭を巧みに入れ替える連携で追い上げ、終盤に逆転し一気に突き放します。オリンピックレコードで決勝戦を制し、この競技で初の金メダルを獲得しました。高木姉妹の地元幕別町や札幌市で応援した観客らを熱狂させました。観戦した高橋知事も「心からおめでとう、そしてありがとうと言いたい」と快挙を称えました。一夜明けて幕別町役場では、祝福の垂れ幕も掲げられました。

2018. 2.21
認知症カフェ 地域の見守り強化に生かせ

0221 1.jpg認知症の人や家族が地域住民と交流する「認知症カフェ」。札幌市が取り組みを支援しようと力を入れています。札幌東区の認知症カフェ「ふらっとステーション伏古」では月に2回程度、認知症の人やその家族が地域の住人と一緒に園芸などを楽しんでいます。認知症のグループホームなどを運営する社会福祉法人やNPOなど民間が中心になって開設するこうした認知症カフェは全国で4200カ所以上に広がっています。患者や家族が気軽に悩みの相談や情報交換をする場をつくるとともに周辺の住民と交流することで万が一の際の「見守り」につなげるのが目的です。しかし、どこも運営は赤字です。2015年度から認証制度を導入し支援する札幌市は先日、活動を多くの人に知ってもらおうとフォーラムを開きました。道内の認知症患者は2020年度には20万人を超えるとされています。札幌市では今後、ボランティアスタッフを紹介するなどして支援を強化する方針です。

2018. 2.20
優生保護法で「不妊手術適当」 11歳の少女も

180220a.jpgかつての優生保護法のもと、知的障害などを理由に強制的に不妊手術をしていた問題で、道内では11歳の少女を含む1129人が「手術が適当」と判断されていたことが分かりました。
道がきのう公表した資料では、1973年までの12年間に1129人の手術を「適当」としていました。うち8割が女性で、未成年者は15%に上りました。この期間に実際に手術をしたのは485人でした。
1996年までの46年間に道内で強制的に不妊手術を受けた人は少なくとも2593人いるということです。

2018. 2.19
地元の技術で付加価値を 農水産物の新商品を開発

180216a.jpg道内の農水産物を売り込もうと、ノーステック財団がきょう新商品の発表会を開きました。加工方法や見た目に工夫を凝らし、バイヤーの助言も生かして新用途を開拓します。

江差のナマコを地元の工場の乾燥機を使ってフリーズドライ加工しました。1箱10個入りで48000円。海外客のみやげとして、新千歳空港では2カ月で4箱が売れました。フリーズドライは風味や加工が飛びにくいとして高級な料理での利用もめざします。

余市の会社はバイヤーから去年もらった意見を基に、ニシンの一夜干しのパッケージを改良しました。地域の付加価値を高めるために、地域の素材や施設を生かしながら最終商品への加工に取り組んでいます。

2018. 2.16
共同住宅の11人死亡火災 札幌市が類似施設を調査 現状は

180216a.jpg11人が亡くなった共同住宅の火災を受け札幌市はきょう、有料老人ホームの可能性がありながら届け出のない施設に対し、立ち入り調査を始めました。生活に困った人を支える共同住宅の現状を訪ねました。

札幌のNPO法人、自立支援事業所サンレジデンスが借り切ったアパートでは仕事を失った人など7人が暮らします。食事も手助けしますが、有料老人ホームには該当しないと考え届け出はしていません。火災を避けるため灯油の使用は禁止。部屋のガスコンロも火が付きません。

サンレジデンスは全体でおよそ100人を受け入れ、運営費として月にあわせて100万円ほどを受け取ります。ただ5人の職員の給料やガソリン代を切りつめても、年に30万円ほどしか残りません。

NPO法人ほっとらんどが北広島で運営するのはかつて学生寮だった住宅で、14人が暮らします。職員2人で世話をするのは4か所の34人。生活に困っている入居者から受け取れる金額は限られ、職員の給料は生活保護費より少なく、年金に頼ります。

世話をする人も支える人もギリギリの中で、法律のはざまの施設が運営されています。

2018. 2.15
高木が銀メダルを獲得 今大会2つ目の快挙

215 1.jpg平昌五輪6日目。幕別町出身の高木美帆選手がスピードスケート女子1000mで今大会2つ目のメダルを獲得しました。銀メダルを獲得した小平奈緒選手とともに表彰台へ個人種目で日本女子選手が同時にメダルを獲得するのはオリンピック史上初の快挙です。高木選手は「自分が想定していた以上のレースができたので1500m以上に自分を褒めてあげたいな」と振り返りました。一方、アイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」はオリンピック3度目の出場で初勝利を果たしました。また、カーリング女子一次リーグが開幕し、LS北見は2連勝を飾り、好発進です。

2018. 2.14
冬の野菜生産に期待 暖房のいらないハウス栽培

0214 1.jpg道の農業試験場が冬でも暖房のいらないビニールハウスを開発しました。新たに開発したハウスは、ビニールを2重にして、空気の層を作ります。内部は、最低でも氷点下3度ほどに保てます。上川の比布町できょう農業関係者およそ200人がハウスを視察しました。厳しい寒さの中でもリーフレタスや小松菜などの葉物野菜が育ちます。暖房費がかからないため、設備の費用は、長くても3年ほどで回収できるそうです。道総研道南農業試験場の担当者は「冬に新たな野菜を作ることで農家の収入アップにつながる。通年でパートを使えるようになり雇用も新たに創造できる」と普及に意欲を示しています。通年栽培が広がれば、本州産に頼る冬の野菜も価格が抑えられると消費者にもメリットがありそうです。。

2018. 2.13
高木が銀 高梨が銅 メダルラッシュに沸く

213.jpg平昌冬季五輪第4日の12日、スピードスケート女子1500メートルで高木美帆選手が銀メダル、スキージャンプ女子では高梨沙羅選手が銅メダルを獲得。道産子のメダルラッシュに沸きました。今シーズンW杯で4戦4勝と金メダルの最有力候補と期待された高木選手は、悔しさをにじませながらも「最高順位を獲れたのは誇りに思えること」と振り返り「1000mとチームパシュートでは今以上のレースができるよう準備をしていきたい」と意欲を燃やしました。一方、スキージャンプ女子の高梨沙羅選手は、前回ソチ五輪の無念をはらす大ジャンプで銅メダルをつかみました。「金メダルを獲ることはできなかったですけどすごく自分の中でも記憶に残るそして競技人生に繋がる糧になるすごく貴重な経験」と話しました。

2018. 2.12
球団が「真駒内案」イメージを公表 BP構想

(180212) 1.jpgプロ野球・日本ハムファイターズの新球場を核にしたボールパーク構想の予定地の決定は大詰めを迎えています。きのう、札幌で住民向けのフォーラムが開かれ、球団から道立真駒内公園での建設イメージ図が初めて公開されました。フォーラムは、札幌に球場を残そうと活動する「応援団」の主催で住民らおよそ450人が参加しました。球団が真駒内案について直接、市民に説明するのは今回が初めてです。新球場のイメージ図や温浴施設などの配置案を説明しました。「真駒内案」の最大の注目点は公園の南側に建物を設置していない点です。反対派が懸念する自然環境への影響に配慮しました。札幌市の担当者はもうひとつの大きな課題の交通渋滞悪化への対策のほか、地下鉄駅前の再開発を連動して行うことを説明しました。一方で今月3日に開催された北広島市開催の説明会では、透明な屋根素材を使ったドーム球場や一般向けの球場を設ける「北広島案」を球団が公表しています。これを受けて北広島市は来週から町内会や自治会を対象に説明会を開催し、誘致への機運をさらに高める狙いです。球団は来月中にも候補地を決定する方針です。

2018. 2. 9
高齢者が現場に活力 人手不足に対応

180209a.jpg人手不足の波が至るところに押し寄せています。高齢者に長く働いてもらう取り組みが、道内の企業で広がっています。

札幌で路線バスを運行するじょうてつ。運転手不足に歯止めをかけようと、60歳で定年退職した後に契約社員として働ける年齢を68歳に引き上げました。65歳以上では、5人が働いています。運転手歴40年の宮田さんは週に6日、ハンドルを握ります。

道によりますと、道内のバス会社の7割で運転手が足りません。事情はトラック業界も同じ。運送会社では定年を80歳に引き上げる動きもあるほどです。

お好み焼き店の風月は4年前に定年制を廃止しました。65歳以上の30人ほどが店を支えています。熟練の人がいると現場に安心感も生まれます。店長を務めたことのある青木さんは71歳。働く時間を抑えるため、2年前に自ら正社員からパートへと変わりました。柔軟に働ける仕組みも高齢者には大切のようです。

2018. 2. 8
厳冬の泊原発避難訓練 住民1万人参加し課題も

180208a.jpg猛吹雪のなか震度6強の地震が発生し泊原発から放射性物質が漏れた事態を想定して、道などがきょう、避難訓練を行いました。雪と寒さのなかで課題も見えてきました。

訓練には道などおよそ4百の団体と、住民1万人ほどが参加しました。ホテルでは近年増えている外国人客を誘導。手助けが必要な高齢者などを放射線を防ぐ屋内に避難させたりもしました。

また冬の道の訓練では初めて、泊原発から30キロ圏内にある岩内町の住民が百キロ離れた札幌などへ避難しました。3時間かけて避難した人の表情には疲れもにじみました。

北大病院では被爆した負傷者を受け入れる手順を確認しました。この日は、雪が激しかったためヘリコプターを使った訓練は中止し、代替手段の準備などが課題となりました。

2018. 2. 7
北方領土の日 「返還の思い届け」各地で啓発活動

180207a.jpg「北方領土の日」のきょう、返還を全国に訴えようと各地で啓発活動が行われました。

根室の大会には700人ほどが参加しました。おととしの日ロ首脳会談で返還への期待が高まりましたが、具体的な進展は見えないままです。元島民の平均年齢は82歳を超えます。返還運動の後継者を育てるため、中学生による弁論発表もありました。

おととい開幕したさっぽろ雪まつりの会場でも北方領土返還を求める署名活動などが行われました。

2018. 2. 6
キタサンブラック"第2の人生"へ 安平で種牡馬の展示会

180206a.jpg春から夏にかけての競走馬の繁殖期を前に、安平町にある社台スタリオンステーションがきょう、繁殖用のオスウマである種牡馬の展示会を開きました。引退したばかりのあの名馬も登場しました。

展示会には生産者や馬主などおよそ700人が集まりました。今年は種牡馬を29頭を紹介。中でも、注目の的はキタサンブラックです。

日高町で生まれたキタサンブラックは有馬記念といった重賞のGⅠレースで7勝を挙げました。獲得賞金は19億円に迫り歴代最高です。

繁殖での種付け料は1回500万円。すでに130件の応募があります。キタサンブラックに騎乗した武豊騎手は「乗りたいですね。絶対にいい子が出ると思います」と話しました。早ければ来年1月ごろ、キタサンブラックの子が誕生する予定です。

2018. 2. 5
さっぽろ雪まつり開幕 海外客向け決済が充実

180205a.jpgさっぽろ雪まつりがきょう、メイン会場となる大通とすすきので開幕しました。外国人観光客をさらに呼び込もうと、ITを生かしたサービスが広がっています。

6丁目会場を中心に導入したウィーチャットペイとアリペイは両替やクレジットカードが不要。中国では合計で13億人以上が使うほど普及しています。

会場にはタブレットを活用した翻訳アプリも用意しました。10ヶ国語に対応し、救急センターや観光案内所に設置しました。

雪まつりには去年は過去最高の264万人が来場。中でも外国人は27万人と、前の年より5割増えました。札幌市では決済や翻訳のデータを生かし、外国人向けのサービスを拡充する考えです。

2018. 2. 2
日ハムキャンプイン 清宮選手も始動

(180202) 1.jpgプロ野球日本ハムファイターズの春季キャンプが日本時間のきょう、アメリカ・アリゾナ州でスタートしました。日中の気温が26度まで上がる絶好のコンディションの中、中田翔選手ら主力選手が、ノックや打撃・投球練習などで汗を流しました。注目のドラフト1位ルーキー清宮幸太郎選手は右手親指を痛めている影響で打撃練習には参加しなかったものの、時より笑顔を見せながら守備と走塁練習を行ないました。清宮選手は「良い環境で伸び伸びできた。ちょっとはファイターズの一員になれた気がします」とすがすがしい表情で話しました。チームは、2年ぶりの日本一奪回に向けアメリカでのキャンプ終了後は、17日から沖縄で2次キャンプを行ないます。

2018. 2. 1
札幌の共同住宅で火災 11人が死亡

20180201 1.jpg1月31日の深夜、高齢の生活保護受給者らが暮らす札幌市内の共同住宅で火事があり、焼け跡から男女11人の遺体が見つかりました。きのう午後11時40分ごろ、札幌市東区北17条東1丁目の共同住宅「そしあるハイム」から煙が出ていると消防に通報がありました。火は激しく燃え、焼け跡から40代から80代とみられる男女11人の遺体が見つかりました。警察や消防によりますと施設には16人が入居していました。救助された5人のうち3人はけがを負いましたが、いずれも命に別状はないということです。施設は札幌の「なんもさサポート」が運営。築50年の元旅館を2010年ごろから身寄りのない高齢者や生活困窮者向けの共同住宅として使っています。施設内にはスプリンクラーは設置されていませんでしたが福祉施設ではなく一般的な下宿扱いのため設置義務はなく、直近の検査でも法令違反はありませんでした。警察は火の出た原因を調べるとともに、亡くなった11人の身元の確認を急いでいます。

2018. 1.31
超巨大地震に備え 釧路市の病院がシェルター設置

180131 1.jpg道東沖で「超巨大地震が切迫している可能性が高い」とした長期評価を受けて釧路市の「高柳眼科クリニック釧路」がきょう、津波シェルターを設置しました。先月19日政府の地震調査委員会は今後30年以内に根室沖で巨大地震が発生する確率は70%とする長期評価を公表しました。釧路市の高柳眼科クリニックは太平洋から1キロに位置し津波が到達する前に緊急避難所まで高齢の患者らを誘導するのが間に合わないと判断。約1千万円をかけて設置しました。導入したのは国が推奨する救命艇型のシェルターで定員は25人でトイレや非常食を備えます。個人が経営する病院がシェルターを設置するのは珍しいということです。今後さらに3艇を購入する予定であわせて100人ほどの避難場所の確保を目指します。

2018. 1.29
観光列車の可能性探る 道がモニターツアー開催

(180129 1.jpg観光列車導入の可能性を探ろうと、道は JR釧網線の列車で道東各地を周遊するモニターツアーを行いました。ツアーは、今月27・28日の2日間で約130人が参加しました。初日のツアーでは釧路を出発した一行はまずタンチョウが来る駅として知られる茅沼駅に到着。その後、貸切バスで摩周湖を訪れ、雄大な自然を満喫し、川湯温泉では、名物の鍋料理などを味わいました。道東と道北では、観光列車の導入実現を目指す動きがあります。これを受けて道は去年10月からモニターツアーを実施していて、今回が3回目です。これまでのツアー参加者を対象としたアンケートでは、9割ほどが再び参加したいと回答、道の担当者は「来年度は実際に観光列車を運行することを想定して検討したい」と意欲的で、外国人を対象にしたモニターツアーも計画しています。

2018. 1.26
欧米からも根室に来て バードウオッチング観光をアピール

180126a.jpg野鳥を観察する魅力を訴え、観光客を呼び込もうとする取り組みが根室地方で盛り上がっています。

北海道観光振興機構が野鳥専門誌の編集者らをヨーロッパから招きました。北海道を訪れる海外からの観光客はアジアが中心。そこでヨーロッパで人気の高い野鳥観察をアピールし、幅広い地域から道東に来てもらうと考えたのです。

参加者からは「北海道を代表する鳥がたくさん見られる。とても魅力的な場所だ」(英国の雑誌編集者)「冬だけでなく春も夏も秋もバートドウォッチャーには興味深い季節になると思うが、まだ可能性が知られていない」(ドイツ人写真家)などの声が漏れました。

野鳥観察を盛り上げる地元のイベント「ねむろバードランドフェスティバル」もきょう始まり、道外からの参加者が訪れました。しました。イベントの参加者数は去年を上回る見込みで、あさってまで野鳥の名所を巡ります。

2018. 1.25
赤いんげん豆の新品種 洋食に生かして

180125a.jpg道立総合研究機構は赤いんげん豆の新品種を開発し、きょう、報道陣にお披露目しました。全国でも珍しい新しい品種の特徴とは・・・。

新品種の名前は「きたロッソ」。道内で主に栽培している品種と比べ、煮崩れしにくく赤色を鮮やかに保ちます。このため、サラダやスープなどの煮込み料理に適しています。

道内で育てる赤いんげん豆はこれまで甘納豆などに使われていました。その需要が鈍る一方で、健康志向の高まりからサラダなど洋風料理で活用が増えています。このため色持ちが良く、煮崩れしにくい道産の豆が求められていました。

道総研はすでに缶詰などを試作。道内の食品メーカーと協力し、特徴を生かしたレトルト製品なども開発する考えです。

2018. 1.24
野菜価格が高騰 消費者も2極化へ

180124a.jpg葉物野菜の価格高騰が長引いています。店の売り方が変わり、消費者には二極化の動きが生じています。

札幌市内にある大手スーパーでは、キャベツ半分が298円で売っていました。平年のひと玉より高い値段です。産地の本州で昨年秋、天候が悪く、品薄となっているためです。

売り場では買いやすいよう少量パックを作ります。カット野菜や冷凍野菜をアピールするのは、契約栽培のため価格が変わりにくいためで、売り上げは2割ほど伸びています。

一方、有機野菜を扱う自然食品の専門店では、スーパーよりも安い逆転現象が起きていました。札幌の自然食品店では、例年の価格ですが、スーパーよりも安くなっています。有機野菜では土壌を入念に作るため、一般の野菜より天候の被害を受けにくいそうです。いつもなら高めの有機野菜に手を伸ばす人も増えているようです。

2018. 1.23
救急車から心電図を送信 搬入前に症状を確認へ

180123a.jpg救急車で患者を運ぶ際、病院で素早く処置ができるようになります。搬送先の病院に事前に心電図を送る取り組みが札幌で始まります。

救急車の中で患者の心電図などを撮影し、システムに送ると、受け入れ先の医師らが画像を確認できます。

札幌市消防局が市内の23病院と提携し、主に心疾患の患者を対象として2月1日からこのシステムを活用します。道内では初めての取り組みです。

2018. 1.22
アイヌ料理を知って 札幌市が常設店探る

180122a.jpg国内外からの観光客が増えるなか、アイヌ民族の伝統料理を知ってもらう機会を増やそうと、きょう札幌のカフェで試食会が開かれました。
試食会は札幌市などが札幌アイヌ協会の協力を得て開きました。合わせて40人ほどがアイヌ民族の代表的な汁料理、「鮭のオハウ」など5品を味わいました。
市は、アイヌ民族の工芸品などを販売する常設店を検討していて、集客策のひとつとして伝統料理を提供する飲食店も考えています。
札幌には年間1300万人以上の観光客が訪れますが、アイヌ文化を発信する拠点や工芸品などを扱う店は数が限られます。札幌アイヌ協会も先住民族の理解が深まることに期待を寄せています。市では、試食会などでのアンケートを通じてニーズを探り、2020年度に常設店を開きたいと考えています。

2018. 1.19
注目の最新技術が一堂に 札幌モーターショー開幕

(180119) 1.jpg自動運転など最新の技術を生かした車を集めた『札幌モーターショー2018』がきょう、開幕しました。4回目の今年は国内外の27社、38ブランドが出展。各メーカーが開発中の試作車を含めた約200台が展示されています。大きな目的のひとつが道内自動車産業の発展です。今回の目玉は道内の中小企業10社が共同開発した寒冷地仕様の電気自動車です。2年前に出展した試作品を改良し、コストダウンを実現、販売価格は約150万円で6月から売り出します。このほか、2020年にも実用化する予定の自動運転技術を搭載した車や路肩の「矢羽根付きポール」を感知して積雪で白線が見えなくても自動走行できる技術なども紹介していました。札幌モーターショーはあさって21日まで開催されます。

2018. 1.17
元同僚の男を逮捕 札幌・西区の女性殺人事件

20180117 1.jpgおととし11月、札幌西区の自宅マンションで当時23歳の女性が遺体で発見された事件で、警察はきょう、女性の元同僚の43歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。逮捕されたのは、札幌北区の職業不詳、熊倉昭洋容疑者です。警察によりますと、熊倉容疑者はおととし11月4日の夜、同じ病院に勤務していた作業療法士の木村安由光さんを木村さんの自宅で首を絞めて殺害した疑いです。熊倉容疑者は木村さんの遺体の第一発見者として通報していました。警察は、熊倉容疑者の認否を明らかにしておらず、「今後の捜査で動機を詳しく聞き出し事件の全容解明に努めたい」としています。

2018. 1.16
競技人口拡大へ 小学生がウインタースポーツを体験

0116 1.jpg平昌五輪の開幕まで1カ月を切りました。札幌市は子どもたちがさまざまなウインタースポーツを体験できる催しを初めて開きました。冬季五輪の誘致を進める札幌市は、子どもたちになじみが薄いウインタースポーツに取り組むきっかけをつくり、競技人口拡大に結び付ける狙いがあります。体験教室には応募総数約2500人から抽選で選ばれた市内の小学生240人が参加、各学年に分かれて3日間でフィギュアスケートやスキージャンプ、カーリングなど6つの競技を体験します。子どもたちは初めての競技に戸惑いながらも、楽しみながら技術を学んでいました。最終日のあさってには、元オリンピック選手からメダルを授与されるなどの交流会も予定されています。

2018. 1.15
「北海道で働こう」 オール北海道で地元就職を支援

180115 1.jpg道内の大学を卒業した大学生が就職の際に道外へ流出することを食い止めようと、経済団体などがきょう、地元での就職を支援する組織を立ち上げました。名称は、「北海道で働こう応援会議」。北海道新聞社の呼びかけで道や経済団体、大学など24機関が参加するオール北海道体制での取り組みです。去年3月に道内の大学を卒業した学生のうち約5400人が道外の企業に就職し、その割合は4割に達しようとしています。応援会議では、今後優れた道内企業の情報を様々な形で発信し、学生の地元定着を図ることで、道内の人材不足などの課題の解決に結び付けたい考えです。

2018. 1.12
コンサ・ペトロビッチ新監督「攻撃的なサッカーで魅了」

20180112a.jpgサッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌で今シーズンから指揮を執るミハイロ・ペトロビッチ新監督がきょう、就任会見を行いました。

ペトロビッチ監督はセルビア出身の60歳。2006年から合わせて12季、広島と浦和で監督を務め、両チームをJ1屈指の強豪クラブに育てました。

監督は記者会見で「観る者を魅了する攻撃的なサッカーをJ1で見せたい」と話しました。

コンサドーレは来月24日、アウェーで広島と開幕試合を戦います。

2018. 1.11
<2018この人④>高橋知事「JR見直し 勝負の年」

180111a.jpgことし注目の人物を直撃する「2018この人」。4回目は高橋はるみ知事です。待ったなしの課題であるJRの路線見直し問題について、「勝負の年」と言い切ります。

2016年11月にJR北海道が「単独では維持困難な路線」を発表し、去年は道内の公共交通について、様々な場面で議論が行われました。

地元との協議が進まず、昨年末に有識者から「リーダーシップ不足」と指摘された高橋知事。しかし、地元負担の議論も少しずつ進み、成果はあったと訴えます。

それでも地元の負担だけでは鉄道は維持できません。7月ころまでに、国を巻き込んで公的支援の枠組みを作ってもらう考えです。「去年12月末に市長会長、町村会長らオール北海道で国交大臣に提案をした。これを具体的な形にする」

国を説得するポイントはどこなのか、支援の線引きはどうなるのか。知事の実行力が問われる年となります。

2018. 1.10
大雪・暴風 道内大荒れ 交通機関も乱れる

181010a.jpg発達中の低気圧の影響で、道内ではきょう、日本海側を中心に大荒れの天気になりました。

日本海に面する留萌では昨晩から強い雪と風に襲われました。

留萌市の住民からは「ゆうべからひどかった。屋根が取れるかと思った」「(雪を)朝投げてこれで3回目だから」といった声が漏れていました。

札幌管区気象台によりますと、上川の幌加内では午後4時までの24時間で43センチの雪が降りました。風も強く、えりも岬では最大瞬間風速39.2メートルを記録しました。JRで特急が運休するなど交通機関にも影響が出ました。

2018. 1. 9
2017年の道内倒産件数 5年ぶりに増加

180109a.jpg去年1年間に倒産した道内企業は277件となり、5年ぶりに増えたことが分かりました。

東京商工リサーチはきょう、去年の道内企業の倒産状況を発表しました。倒産件数は277件と前の年を9件上回りました。また、小樽ベイシティ開発の先月の大型倒産が響き、負債総額も73億円多い705億円となりました。

去年は特に道東の不漁の影響で水産関連の倒産が多かったということです。

深刻になる人材不足も経営リスクとなっており、東京商工リサーチでは倒産件数が今後緩やかに増えると見ています。

2018. 1. 8
<2018この人>コンサドーレ野々村芳和社長「想像できなかった規模のクラブへ」

180108a.jpgことし注目の人物を直撃する、「2018この人」。初回のきょうは、コンサドーレの野々村芳和社長です。J1残留を果たしただけでなく、経営にも辣腕をふるいます。

コンサドーレは去年、過去最高の11位を記録しました。しかしサッカーの内容以外にも、上位クラブとの差は大きいと話します。

「コンサドーレの去年のシーズンの売上高が28億円くらいだが、J1平均が約36億円。トップになると50億~65億円のクラブがある中で勝負していくのは大変」

去年11月には8億円あまりの増資を打ち出します。これまでのような経営立て直しのための資金調達とは異なり、攻めの取り組みです。新たな売り上げを探るのはアジアです。チャナティップ選手などのブランドを生かし、アジア進出を図る企業の宣伝広告に役立てます。

「サッカーの内容や順位、クラブのサイズなど、もうちょっと頑張れば今まで想像もできなかったところに行けるのじゃないかと思えるようなシーズンにしたい」

2018. 1. 5
活況願って 札幌市中央卸売市場で初競り

180105 1.jpg「北海道の台所」札幌市中央卸売市場では今年最初の取引となる初競りが行なわれました。初競り式には市場関係者らおよそ二千人が参加しました。札幌市の秋元克広市長は「去年、水産を取り巻く環境は大変厳しかった。今年は戌年ということで安定した年になってくれればと思っている」とあいさつ。その後、競りが始まると新鮮な魚が並ぶ水産棟では、威勢の良い掛け声が場内に響きました。しかし、ここ数年、道内はイカやサンマ、秋サケなど主力の魚種で不漁が続いていて、きょうの取扱量も去年より3割ほど少ない74トン余りに留まりました。市場関係者は、「今年は去年のような不漁がないように、たくさん魚が獲れて安く皆さんに提供できればいい年になる」と取引の活況を願っていました。

2017.12.25
明日から冬休み 札幌の小中学校で終業式

171225a.jpg札幌の小中学校ではあすから冬休みです。市立の小学校201校と中学校97校はきょう、2学期の終業式を開きました。

西区にある手稲宮丘小学校の1年生の教室では、児童たちが長い冬休みに楽しみにしていることについて発表しました。男子児童は「おじいちゃん・おばあちゃん家に行くことが楽しみです」と話し、女子児童「おばあちゃんにお料理を教えてもらってそれで炒飯とかオムライスとかいっぱい作る」と答えていました。

校長はおよそ630人の児童に対し、安全や勉強に気を配り、計画的に休みを過ごすよう呼び掛けました。3学期は小学校が1月22日、中学校は1月15日に始まります。

2017.12.22
旧札幌西武跡に「にぎわい」生む新施設

171222 1.jpg札幌駅前の旧札幌西武跡地にきょう、飲食店などが入る交流スペース「コバルドオリ」がオープンしました。札幌駅前通まちづくり会社が土地を所有するヨドバシカメラからおよそ280平方メートルを借りて運営します。担当者は「仲通りや路地の魅力をアップするための社会実験という位置付け」と話します。施設には飲食や雑貨店6店のほか、中心部の活性化に活用するイベントスペースも設けました。このうち3店は通常の賃料より3割程度安く入居できるチャレンジショップで、若手経営者の起業や事業拡大を支援することが目的です。出店したカレー店では「将来起業したいとか海外の飲食店で働いてみたいとか考える若いスタッフに運営をやってほしいと申し込んだ」と話しています。

2017.12.21
荷物持っての避難を問題視 日航機緊急脱出で運輸安全委が報告

1221 1.jpg去年2月、新千歳空港で日本航空の旅客機から煙が出て緊急脱出した乗客3人がけがをした事故で国の運輸安全委員会はきょう調査報告書を公表しました。報告書では乗客の多くが乗員の指示に従わず、手荷物を持ち出して避難しようとしたと指摘。その後、脱出の際に乗員が取り上げた荷物が操縦室前に積み上がり、機長らが避難を誘導できなかったとしています。再発防止策として国土交通省と航空各社には緊急脱出の際に守るべきことを乗客に徹底させるよう求めました。また、煙の原因については、激しい降雪でエンジンのファン付近に氷が付き、漏れ出た潤滑油が霧状になって機内に流れ込んだ可能性が高いとしています。

2017.12.20
フォーカス2017 JR路線見直し問題

1220 1.jpg今年、道内で大きな注目を集めたニュースに焦点をあてるシリーズ企画「フォーカス2017」。1回目はJR北海道の赤字路線見直し問題です。JRが単独で維持困難とした10路線13区間の存廃をめぐって沿線自治体は見直しは一方的過ぎると反発しJRの思惑通りには進みません。リーダーシップ不足を指摘されていた道は、批判の矛先をJRに向けました。こう着状態が続いていた自治体との協議にようやく転機が訪れたのは、先月です。札沼線沿線の4町が、全線の維持を断念し一部をバスに転換する道を模索し始めたのです。花咲線沿線では、JRが提案する鉄道施設の維持費を地元が賄う、上下分離方式の検討が始まろうとしています。今月18日には高橋知事が国に対してJRへの財政支援を要請し財政負担の枠組みについての議論が来年、本格化します。JR北海道はこのままでは3年後に資金不足となる可能性があり、路線の見直し問題は、来年が正念場となりそうです。

2017.12.19
トマムに新施設 ゲレンデで買い物や飲食を

(171219) 1.jpgゲレンデの中腹で食事などが楽しめる国内では珍しい施設がきょう、占冠村の星野リゾートトマムにオープンしました。名称は「ホタルストリート」で飲食店や物販店など9店が並ぶ全長およそ160メートルの木造平屋の商業施設です。スキーやスノーボードで滑走しながら立ち寄れるこうした施設は、「スキーインスキーアウト」と呼ばれていて、最近はヨーロッパのスキーリゾートなどで人気です。星野リゾートによりますと本格的な施設は国内では初めてだということです。このほか、今シーズンは氷で作った街「アイスビレッジ」の施設を拡充したほか標高1088メートルに設置されたテラスで空気中の水分や霧が山の木々に付着する「霧氷」現象をライトアップするサービスも始めています。スキーインスキーアウトの施設もホテルから屋根付き通路で接続していて、スキーをしない人でも楽しめる施設を充実させることで顧客の拡大を目指します。

2017.12.18
JR赤字路線見直し問題 知事が国に財政支援を要請

171218 1.jpgJR北海道の赤字路線見直しを巡って、高橋知事はきょう、国に財政支援を要請しました。高橋知事は北海道市長会や道議会議員らときょう午前、東京の国土交通省を訪れ、要請書を提出しました。道や自治体がJR北海道を支援する取り組みに対し、「道内自治体の厳しい財政状況に鑑み、制度の創設や拡充を含めて財政支援を行うよう」国に求めました。これに対し石井啓一大臣は「どういった支援ができるかしっかりと検討していきたい」と応じました。高橋知事は要請後に記者団の取材に「JR北海道の支援を単独でやるのはなかなか難しい。仕組みづくりや制度の創設・拡充を含めての国の支援についても新たに要請をさせていただいた」と話しました。

2017.12.15
松前小島 荒らされた小屋にカメラが

171215a.jpg北朝鮮の木造船が漂着した松前町沖の無人島・松前小島。荒らされた小屋の内部にTVhのカメラが入りました。

北朝鮮の船員が無断で侵入したとみられる小屋です。ドアノブが壊され、冷蔵庫や洗濯機が無くなっています。小屋の中も外も何もかもが持ち去られているような状態です。

松前小島の小屋や漁協の施設から発電機などが盗まれた被害額はおよそ790万円にのぼると見られています。

小屋の管理人の吉田修策さんは「片づけをまず先にして、住めるような状態にしないと何もできない。突然何が起きるか分からないからこれから怖さは常にあると思う」と話しています。警察は今月9日、船長ら3人を窃盗の疑いで逮捕し、詳しい調べを進めています。

2017.12.14
岩見沢農高、農作物の生産の国際認証を取得

171214a.jpg岩見沢農業高校が農作物の生産に関する国際規格「グローバルGAP」の認証を受け、きょう報告会を開きました。

グローバルGAPは生産工程の安全性に関するもので、輸出の際などに求められることがあります。岩見沢農業高校は農場の環境や備品の保管状況など200以上の項目の審査を受け、米やタマネギなど9品目で11月に認証を受けました。北海道経済産業局によりますと、1つの団体が同時に取得した品目数としては国内最多ということです。

岩見沢農業高校では8割ほどの生徒が最終的に農業に就きます。高校は海外とも取引できる人材の育成を目指しています。岩見沢農業高校は来年2月、生徒自らが店頭に立ち、認証を受けた農作物を香港のスーパーで販売します。

2017.12.13
【独自】札沼線維持は月形まで 沿線自治体が全線存続を断念

171213a.jpgJR北海道の路線見直しにからみ、札沼線沿線の4町が全線の維持をあきらめ、空知の月形町までに限り存続を求めることが分かりました。

札沼線の北海道医療大学から新十津川までの区間は利用が少ないとして、JRは去年11月、バス転換を提案しました。

4町はJRの経営が厳しく全路線を残すのは難しいと判断。途中の石狩月形までの存続をJRに求めていく方針です。上坂隆一町長は「せめて月形まではJR北海道に頑張ってほしいと、4町は一枚岩になっている」と話します。

4町は来週、意見交換会を開き、JRへの要望を正式に決めます。

2017.12.12
ホテルの無料スマホ貸し出し広がる 外国人観光客を取り込め

171212a.jpgホテルが宿泊客にスマートフォンを無料で貸し出すサービスが札幌で広がっています。外国人観光客を主に対象としたもので、ホテルには宿泊者のサービス向上だけではない狙いがありました。

海外でスマホを利用する際、通話料やネット接続で高額な料金がかかることがあります。香港発祥のスマホサービス「Handy」は31ヶ国語に対応し、国内とアジア6ヶ国の間を無料で通話できます。インターネットのデータ通信料もかかりません。

京王プラザホテル札幌はことし9月にスマホの無料貸し出しを始めました。宿泊客にスマホを通じて直にメッセージを送れ、レストランの利用を増やしたいとの考えもあります。札幌グランドホテルも今月18日に導入します。ホテルがスマホレンタル会社に払うのは1台あたり月に980円です。

2017.12.11
冬道で実験 バスの自動運転

171211a.jpg十勝の大樹町で、冬道では道内初となる自動運転バスの実証実験がきのう始まりました。道路に埋めた磁石によってバスの位置を特定する磁気マーカーと、GPSを使い、冬の積雪時でも安全に自動で走れるかを検証します。

実験では、道の駅を中心に高齢者が多い地域や病院、さらに特産品のアイスの工場などを結んでバスが走ります。地域住民や観光客など人の移動に加え、物流の効率化についても検証します。

自動運転を2020年までに実用化しようと国土交通省が全国で実証実験を重ねています。

2017.12. 8
世界的リゾート トマムに進出

1208 1.jpg世界的なリゾート運営会のクラブメッドグループがきょう、占冠村の星野リゾートトマム内に新たにリゾート施設をオープンしました。「クラブメッド」は、世界25カ国以上の約70カ所でリゾートを運営していて国内では新得町のサホロに次いで2カ所目です。宿泊施設は占冠村が所有していた営業休止中の3施設を買い取り改修しました。総事業費は百数十億円で劇場やバーを備えた施設も新設しました。国際的な知名度を生かして、家族連れを中心に国内だけでなくアジアなどからも集客を狙います。



2017.12. 7
プロレスで北海道を元気に

1207 1.jpg札幌を拠点に2004年に旗揚げした「北都プロレス」。これまでに道内の111市町村をまわり、先日400回の巡業を達成した記念大会を札幌で開きました。観客およそ330人、超満員の会場は熱い戦いに沸きかえりました。代表のクレイン中條さん(68)と20代から50代の所属選手5人は、ほかの仕事で生計を立てながらプロレスの活動を続けています。活動の中心は過疎や高齢化に悩む自治体などと協力して行う「まちおこしプロレス」や老人ホームや養護施設への慰問です。次の目標は道内179市町村すべてで興業を開くことです。中條さんは「北海道を元気にということをモットーにしている。どんなに小さな街でも呼んでもらえたらどこへでも行く」と意気込んでいます。

2017.12. 6
路線の存廃 「1年以内に示して」

1206 1.jpgJR北海道の路線見直し問題が大きく前進するでしょうか。JRの第三者委員会が路線を存続させるか廃止するか、1年以内に示すよう知事などに申し入れました。要請はJR北海道に安全対策や経営面の助言をしているJR北海道再生推進会議の有志の委員6人が行いました。JR北海道が単独では維持困難としている10路線13区間について存続か廃止かを1年以内に示すよう求める声明文をきょう、国や道などに提出しました。廃止した場合の代替交通手段を具体的に示すことや、今後の路線見直しに向けた検討に道が積極的に関与するよう求めました。再生推進会議が今回、路線の見直しを急ぐよう求めた背景には鉄道網を今のまま維持し続けると、JR北海道は3年後に資金不足となる可能性があるからです。再生推進会議は、国に対してもJR北海道へ支援が必要だとしています

2017.12. 5
高齢者の入浴中の事故を防げ

171205 1.jpg高齢者の入浴中の事故を防ごうと入浴法などを指導する民間資格、『高齢者入浴アドバイザー』の養成講座が道内で初めて開かれました。国の推計では入浴中の事故でなくなる人は高齢者を中心に年間1万9千人に上り、特に温度の差が激しい冬に多発しています。講座は登別国際観光コンベンション協会が道内では初めて企画し、温泉施設の職員や市民ら30人ほどが参加しました。高齢者の入浴では最初の3分間が危険で、39度くらいのぬるま湯で半身浴をしてからお湯を足して温度を上げて全身浸ることや浴槽からあがる際は冷たい水に手だけ浸すと血圧の急降下を防止するなど専門家が安全に入浴するためのポイントを紹介しました。

2017.12. 1
灯油・ガソリン 値下がりは期待薄? 生活に影響広がる

171201a.jpg灯油やガソリンの価格が高騰しています。この先も急に値下がりすることはなさそうで、本格的な寒さを迎える道内では生活への影響が広がっています。

道内のガソリン平均価格は11月27日時点で1リットルあたり141・8円。2カ月前の130円から9週連続で値上がりしています。石油情報センターによりますと、産油国が供給量を一斉に減らしているために、価格が上昇しているということです。

しかし、消費者にとっては厳しい価格上昇です。ストーブの利用を控えたり毛布で暖をとったり、遠くへの外出も控え気味です。

OPECはきのう、来年3月までとしていた減産を来年末まで延長することで合意しました。灯油やガソリンの価格がすぐに下がる可能性は低そうです。

2017.11.29
正月への準備着々 こも樽造りが最盛期に

171129a.jpg新年の鏡開きなどでなじみ深いこも樽造りが最盛期を迎えています。

お祝いの席でよく見かける、日本酒を満たした「こも樽」。年始の鏡開きで使うことが多く、製作はこれからがピークとなります。

旭川にある高砂酒造では、今年はおよそ100樽を出荷します。12月だけで70樽を造る予定です。

こも樽造りは全て手作業です。一番大きい72リットルの樽はひとつ作るのに40分かかります。こも樽は3種類あり、最も大きな樽の価格は10万円あまりとなります。作業は来年初めまで続くそうです。

2017.11.28
北電 大口顧客の「割高分」を返金へ

1128 1.jpg北電は去年3月に新規事業者の撤退で契約を戻した工場や自治体に料金が格安になるプランを1年間、適用しませんでした。これが独占禁止法違反の恐れがあるとして今年6月に公正取引員会から警告を受けていました。北電は当初、格安プランを適用した際の最も安い価格との差額分を返金しない方針でしたが、乙部町など一部の自治体や企業から返金を求める動きがあり、方針転換を余儀なくされました。北電は「真摯に対応していきたい」と話しています。

2017.11.27
札幌の芸妓復興へ 見習い女性が奮闘

171127a.jpg宴席で唄や踊りを披露して客をもてなす芸妓(げいぎ)。札幌にもかつては300人ほどがいましたが、今はわずか10人しかいません。そんな芸妓の伝統を受け継ごうとする取り組みがいま、動き出しています。

札幌在住の千恵さん(24)。芸妓の見習いとして、先月から週に6回、唄と踊りを稽古しています。師匠は札幌の有名料亭の女将だった沢田啓子さん。芸妓歴50年以上の大ベテランです。

芸妓の減少を受けて札幌の経済界はことし2月、芸妓文化を今後も残そうと新人を育てる組織を立ち上げました。千恵さんは育成事業の初めての採用者です。

千恵さんはやりたいことが見つからずに5年前に大学を中退。アルバイト生活を送っていたところ、芸妓を募集していることを知りました。夢は踊りで客を魅了すること。遊ぶ暇もない毎日ですが、早く一人前になって札幌の花柳界を盛り上げたいといいます。

2017.11.24
早くも清宮フィーバー 日ハム新人入団会見

171124a.jpg早くも清宮フィーバーです。プロ野球北海道日本ハムファイターズは、きょう、清宮幸太郎選手ら来季の新入団選手の記者会見を札幌で行いました。記者会見は昨夜からの雪が降り積もった大倉山ジャンプ競技場で行なわれ、清宮選手ら新入団の7選手が顔を揃えました。清宮「ファイターズに入団したからには北海道という地から世界に羽ばたくという気持ちが自分の中にはある。その思いだけは今日から忘れずにやっていきたい」清宮選手は高校最多とされる通算111本のホームランを放った左打ちの強打者です。ドラフト会議では7球団が競合するなかで指名権を獲得しました。背番号はきょう、21番に決まりました。「日ハムの21番というと前まで武田久さんが着けていた番号でピッチャーというイメージが強いと思うので、21と言えば清宮と言っていただけるようなやはり自分の色を出したい」清宮選手ら7人はあす、札幌ドームや室内練習場などを見学。あさってのファンフェスティバルに参加したあと、札幌を離れます。来年1月中旬から新人合同合宿に臨む予定です。

2017.11.23
埋もれた映画 札幌で上映会

1123 1.jpg国内外の映画祭などで評価されたものの、札幌では上映されていない埋もれた映画作品を紹介する上映会がきょうから始まりました。その名も「クチコミ劇場」。1年間に国内で上映される映画の本数はおよそ1100本ですが映画館の相次ぐ閉館などで道内では半数の500~600本しか上映されていません。未公開作品の多くが無名の若手監督の作品で、きょうからの4日間で映画関係者やファンから人気が高い19作品を上映します。企画したのは映画観賞ファンでつくる自主上映団体札幌映画サークルで2年前から開催し今回が4回目です。映画監督や俳優のトークショーなどにも力を入れていて、メジャー作品にはない魅力に触れてもらうとともに地方から映画文化を盛り上げるきっかけにしたいと意気込んでいます。

2017.11.22
JOC、2026年冬季五輪の札幌誘致を表明

171122a.jpg日本オリンピック委員会(JOC)はきょう、2026年の冬季オリンピック開催に向け、札幌市と招致運動を進めると発表しました。

JOCの竹田恒和会長と札幌市の秋元克広市長が東京で記者会見を開きました。

招致の流れは2つの段階に分かれます。まず、国際オリンピック委員会(IOC)と協議して立候補を準備する「対話ステージ」に名乗りを挙げます。その後、IOCが来年10月の総会で立候補する都市を承認したうえで、各都市が招致レースに臨む「立候補ステージ」に進みます。

秋元市長は「ワーキングセッションや専門家派遣の機会を生かし、IOCからアドバイスを受けながら開催計画に磨きをかけたい」と話しました。札幌市は、早ければ11月中にもIOCの訪問を受けるということです。

2017.11.17
拓銀破綻20年 道内経済の今とこれから

171117a.jpg北海道拓殖銀行の経営破綻からきょうでちょうど20年です。北海道経済に大きな打撃を与え、企業や銀行に変化を促しました。

1997年。バブルの傷跡が深まり、金融機関の経営破たんが相次ぎました。都市銀行の破綻は拓銀が初めての事例でした。

拓銀は当時、預金量・貸出金量ともにおよそ7兆円。従業員は5500人にのぼりました。破綻により取引先企業には大きな混乱が生じました。

家具販売で国内最大手に成長したニトリホールディングスもピンチに陥った会社の一つ。何とか危機を乗り越え、金融機関に頼らない経営に舵を切りました。

拓銀の破綻は多くの教訓を残しました。北洋銀行の石井純二頭取は「2つの教訓を得た。ひとつはリスク管理の強化、もうひとつはガバナンスの強化だ」と話します。

2017.11.16
道内でも注目 エアコン暖房の住宅

171116a.jpg雪も降り始め、本格的に暖房を使う季節になりました。家庭の暖房をエアコンだけで賄う住宅がいま関心を集めています。

注文住宅のサイエンスホームが春に札幌に建てたモデルハウス。外断熱工法や3枚のガラスサッシなどで断熱性能を高め、吹き抜けを通して2つのエアコンで家中を暖めます。

ストーブやパネルヒーターがなく、家具も自由に配置できます。価格は建物だけで1800万円台から。光熱費は最も暖房を使う時期で1ヵ月2万8千円ほど(給湯は灯油)を見込みます。同社は静岡の会社ですが、エアコンや断熱の性能が高まり寒冷地でも展開できると考えました。

2017.11.15
収穫期の長いも 人手不足が深刻に

171115a.jpg農作物の収穫期に十勝の農家が人手不足で苦しんでいます。給料を上げても人が集まらない現状を取材しました。

芽室の小山農場では、今年は天候に恵まれ野菜の出来が良いそうです。しかし、長いもの収穫に働き手が足りません。10人くらい来てほしいところが、人材派遣会社3社からやっと3~4人しか集まりません。時給を最低賃金の2倍近く、1500円にまで上げましたが効果は乏しく、家族が長い時間働いて補います。

「人がいないから(作物の)需要はあっても作れない、という問題になっていくのではないか。今後は、常用雇用も考えている。海外実習生なども視野に入れている」と小山勉さん。地元のJAも人集めに苦労しており、畑での作業の簡略化などがポイントとなりそうです。

2017.11.14
Jアラート 全国で一斉訓練 北朝鮮ミサイルで道内は意識高まる

171114a.jpg国はきょう、Jアラート(全国瞬時警報システム)を使い、全国一斉で情報伝達訓練を行いました。北朝鮮によるミサイル発射で、道内では訓練に対する意識が高まっています。

道庁ではJアラートの情報が人工衛星を経由して正しく届いたことを確認しました。

各市町村は、防災行政無線や戸別受信機など独自に設置した機器が問題なく動くかも

チェックしました。札幌市は独自開発した防災アプリに情報を送りましたが、配信までに4分ほどかかり、「時間を短縮できないか検討する」としています。

北朝鮮の弾道ミサイルはことし2回にわたり北海道上空を通過しました。一部の自治体では防災行政無線が流れないトラブルもありました。

2017.11.13
旭川のプロバレーチーム、トップリーグめざし始動

171113a.jpg去年9月に誕生した北海道初のプロのバレーボールチーム、旭川の「ヴォレアス北海道」。男子国内トップリーグをめざす全国リーグがこの週末に始まります。

旭川の隣、鷹栖町総合体育館をホームアリーナとし、プロ契約の選手もいますが別に仕事を持つ選手もいるため、主に夜に練習をしています。

キャプテンでエースの函館出身・古田史郎選手は昨シーズンまでリーグでも優勝争いをする強豪チームの主力選手で、1部から3部への移籍という異例の決断をしました。9月には台湾代表キャプテンの陳健禎選手が加入。指揮を執るのはクロアチア出身のエド・クライン監督です。

現在のVリーグは来季から新リーグに移行する予定で、集客力や運営能力、地域との結びつきがこれまで以上に求められます。今シーズンは道内で6試合のホームゲームを行います。

2017.11. 9
ビジネスエキスポ 道産EVなど出展

171109a.jpg道内最大規模の展示・商談会「ビジネスエキスポ」が、きょうから札幌で始まりました。国や道などが毎年この時期に開いていて、今回は製造業を中心に345の企業や団体が出展。来年春に試験販売される寒冷地対応の電気自動車も公開されました。竹本記者「道内企業10社が共同開発したこちらの自動車。このように普通の自動車よりも車高を10センチほど高くして、雪の影響を受けにくい工夫をしています」価格は150万円前後。家庭のコンセントから充電でき、1回の充電でおよそ70キロ走ります。既に購入の申し出があるということです。表面には断熱性の高いウレタン素材を使いました。2人乗りの開発も検討中だといいます。中小機構・松尾さん「観光地で老夫婦が2人乗って観光地を回れるとか」「宅配業者がこれを使って宅配をするとか1人乗りに比べて格段に利活用の幅が広がる」人気キャラクターを人工でつくった霧に投影する技術も披露されました。クリプトンフューチャーメディア・菅原さん「何もないところに初音ミクを映してライブができればいいなと思って作った」「ほかのお客様にサイネージ(看板)の代わりに使っていただくことも考えている」このほか、人工知能を活用した部品の組み立て機械なども来場者の関心を集めていました。ビジネスエキスポは、あすも開かれます。

2017.11. 8
混雑解消へ 新千歳に自動手荷物預け機

1108 1.jpg新千歳空港の全日空の国内線カウンターにきょう、自動手荷物預け機10台が設置され運用が始まりました。国内線での導入は羽田空港に続き2番目です。手荷物を預かる処理能力が1.6倍ほどになり、ラッシュ時の混雑を半減できると見込んでいます。全日空の担当者は「いかに待ち時間を短縮すするかが課題だったので年末年始までに入れたいという思いがありました」と話していて、早速利用した客も「便利ですね」「とてもスムーズにいきました。並ばないで空いていればすぐに手続きができる点がいい」などと話していて、好評でした。

2017.11. 7
インフルワクチンが足りない 道内でも不安の声

1107 1.jpgこの冬のインフルエンザワクチンの製造量は過去5年で最も少なくなっています。道内でも供給不足が深刻です。製造する株を急きょ切り替えるなどした影響で出荷遅れや製造量の減少に繋がりました。札幌のある病院では先月20日から予防接種を始める予定でしたが開始が3週間ほど遅れる見通しです。医師は「10月中には全然ワクチンが入ってこない。この量で始めるとあっという間にワクチンが枯渇してしまう」と頭を悩ませます。札幌市医師会も、流行時期が早まると感染が拡大する恐れがあると懸念しています。

2017.11. 3
秋の叙勲で道内216人 伊藤義郎さんに旭日重光章

171103a.jpg政府はきょう、秋の叙勲を発表し、道内からは216人が受章しました。札幌商工会議所・元会頭の伊藤義郎さんが旭日重光章を受けました。

伊藤義郎さんは伊藤組土建の名誉会長で、札幌商工会議所の会頭や札幌証券取引所の理事長などを歴任しました。道内の社会基盤整備に力を注ぎ、産業振興をけん引しました。

「大北海道だからインフラ整備の金額がかさむ。北海道向けの予算が大きすぎると言われて国とやりあったが、私の仕事だと思ったし日本のためでもある」と振り返ります。

経済分野だけではなく、1972年の札幌冬季五輪を成功に導くなどスポーツや国際交流などの分野でも貢献しました。

2017.11. 2
さっぽろラーメンタクシー出発へ

(171102)a.jpgタクシードライバーおすすめのラーメン店を紹介!観光の盛り上げにさっぽろラーメンを活用します。事業の名前は「さっぽろラーメンタクシー」。札幌商工会議所が企画しました。参加予定のラーメン店はおよそ40店です。一定数以上の店で試食をしてレポートを提出したドライバーを認定します。認定されたドライバーは乗客の好みに合わせておすすめのラーメン店を紹介しタクシー業者、ラーメン店双方の売り上げにつなげていく狙いです。商工会議所は150人の認定を目指しています。参加者「これまでも観光客におすすめを聞かれたことがあるロゴがつくことで利用も増えるのでは」「どうせ乗るならラーメンタクシーというきっかけになれば」。事業は、来年1月からスタート予定です。

2017.11. 1
旭川 国内初 貨客混載タクシー 

Still1101_a.jpg旭川中央ハイヤーはきょう佐川急便と共同で乗り合いタクシーを使って宅配の荷物を運ぶ新事業を始めました。仕組みはこうです。タクシーは会社を出発したあと佐川急便から荷物と伝票を受け取ります。その後、乗合タクシーとしてJR東旭川駅で乗客を乗せ、目的地まで送り届けたあと空き時間に預かった荷物を各家庭に届けます。赤字が続いているこのタクシー会社は佐川急便から配送手数料が得られ佐川急便はドライバーの負担軽減を期待しています。旭川中央ハイヤー社長「この路線の中でいろんなものが集まってきていただける。あの路線に積めという意識をもっていただく、あの路線に乗ろうと思っていただける」北海道運輸局によりますと、宅配大手の荷物をタクシーが個人に直接配達するのは国内で初めてということです。

2017.10.30
IoTを生かしたクリーニング工場 札幌で開業

171030a.jpg「モノのインターネット」と呼ぶIoT技術を活用した新しいクリーニング工場がきょう札幌に誕生しました。

釧路市のマルセンクリーニングが15億円かけて建設しました。外国人旅行者が増えている札幌など道央圏のホテルから、シーツやタオルなどの需要を見込みます。

新工場では洗濯済みの品の箱にバーコードをつけ在庫を管理します。スマートフォンなどで出先からも出庫も準備できます。洗浄や仕上げを自動化して少ない人数で働けるようにし、1日35トンまで対応できます。

2017.10.27
日ハム清宮交渉権獲得 早くもフィーバー

171027 1.jpg26日のプロ野球ドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズが早稲田実業の清宮幸太郎選手を1位で指名、7球団競合の末、交渉権を獲得しました。道内は早くも清宮フィーバーに沸いています。清宮選手は、長打力が持ち味の左バッター。甲子園などで活躍し高校最多とされる通算111本のホームランを放っています。道民からは「うれしかった すごく家族で盛り上がった」「怪物みたいなイメージ、来年はシーズン券を買います」「4番を打ってもらってホームラン王になってほしい」「大谷選手や清宮選手自身が憧れている王貞治さんを超えるようなバッターになってほしい」といった喜びや期待の声が聞かれました。

2017.10.26
語り人と巡るツアー

171026a.jpg道内各地の歴史や産業を再発見しようと、JR北海道が企画した観光ツアー。その第一弾が夕張でありました。一泊二日のツアーには道内外から定員一杯の15人が参加しました。札幌からの参加者「やっぱり、ちょっと夕張大変だから。再建団体なので、これに参加して少しでも(再建に)協力できればと」。愛知・豊田からの参加者「石炭産業が衰退した後の夕張の対応というか少し興味があった」ツアーの名称は、「まちもの語り」。各地の歴史や産業などをゆかりのある語り部が物語形式で紹介します。きょうは夕張鹿鳴館や映画「幸せの黄色いハンカチ」のロケ地などを訪れました。夕張の鈴木市長も同行しました。鈴木市長「キャンセル待ちもあったと聞いているのですごくうれしい破たん以降市民と手を取り合いながら再出発したこの夕張の今を同時に知ってもらえたら」路線見直し問題で地域との関係維持に難しい対応を迫られるJRとしてはこうしたツアーで地域振興につなげられればと考えています。

2017.10.25
札幌の居酒屋 ロシアに商機

HP用1025伸和HDa.jpg札幌などで居酒屋を経営する伸和ホールディングスが、ロシアでのビジネスに力を入れています。農林水産省によるプロジェクトの一環で、先月、ロシア極東のウラジオストクに2週間ほど、ラーメン店を出しました。1杯260円のみそラーメンは予想を上回る売れ行きでした。きっかけは、ことしウラジオストクに出店したことです。海外1号店は、安い飲食店との競合を避けようと現地としては価格が高めの居酒屋にしました。日本食ブームを追い風に予想を上回る客が訪れ客単価は4500円前後と札幌のほぼ2倍に。この会社では、メード・イン・ジャパンの居酒屋のニーズは今後より高まるとみています。伸和ホールディングス 佐々木稔之社長「ロシア極東地域に複数(炎の)店舗を出した後、モスクワにも進出していきたい」

2017.10.24
大型施設の耐震診断 道内4分の1が「不足」

1024 1.jpg大勢の人が利用する道内の大型の建物を対象にした耐震診断の結果がきょう公表されました。およそ4分の1の施設で耐震性が不足しています。耐震診断は東日本大震災などを受けた2013年の法律改正でホテルや百貨店などに義務付けられました。道内の対象施設は727あり、およそ4分の1に当たる176棟が震度6強から7の大地震に対する耐震性が不足しています。このうち『倒壊の危険性が高い』建物は117で札幌・中心部の百貨店やホテル、小中学校や病院なども含まれています。耐震改修の法的義務はありませんが道などは今後、建物の所有者に改修を求めていく方針です。

2017.10.23
衆院選 一夜明け道内の勢力図は

171023 1.jpg22日に投開票が行われた第48回衆院選挙で道内12の小選挙区では与党が議席を減らす一方、立憲民主党が躍進しました。全国では自民・公明の与党が衆議院の3分の2以上を維持し大勝しましたが、道内の5つの小選挙区では立憲民主系の候補が自民候補との一騎打ちを制しました。7年ぶりの国政復帰を目指した新党大地の鈴木宗男代表は、議席獲得はなりませんでした。道11区で当選した石川香織さんは一夜明けて、「嬉しいというよりは、これから頑張らないといけない」と初当選の喜びよりも国会議員のとしての責任の重さを感じていました。

2017.10.20
道と札幌市が合同で防災訓練 仮設の橋も架ける

171020a.jpg道と札幌市が合同できょう大規模災害を想定した防災訓練を行いました。およそ1000人が参加する大がかりな取り組みです。

きょうの訓練は札幌市を震源として最大震度7の地震が発生したと想定しました。

真駒内駐屯地での訓練には、道や札幌市のほかに自衛隊や道警なども加わりました。

土砂崩れに車が巻き込まれたとして、ヘリコプターを順番に飛ばし、救出から搬送までの連携を確認しました。

支援物資の運送訓練では橋を渡れなくなった場合に備えて、豊平川に仮設の橋を設置。

苫小牧港から札幌の農試公園まで民間のトラックを使って物資を運びました。

2017.10.19
夕張鹿鳴館 2年ぶりに営業再開

171019a.jpg百年以上の歴史を誇る夕張鹿鳴館が、およそ2年ぶりに営業を再開します。明日の見学再開に先駆け、報道陣向けにきょう内覧会を開きました。

夕張鹿鳴館は炭鉱を運営していた北海道炭砿汽船が1913年に迎賓館として建築しました。和洋折衷の造りが特徴で、昭和天皇が宿泊した部屋が当時の姿で残っています。

夕張鹿鳴館は、所有していた小樽の産業廃棄物処理会社が経営不振のため、2年前に休館しました。今年8月に夕張リゾートを運営する元大グループが買収し、まず12月10日まで見学を受け付けます。その後レストランや宿泊棟などを改修し、富裕層向けの施設として来年春には営業を始めます。

2017.10.18
60歳以上の就職説明会 仕事の体験も

171018a.jpg60歳以上のシニア層を対象とした就職説明会がきょう、札幌でありました。実際に仕事を体験できる珍しい試みです。

人手不足により、シニア層からも働き手を求める企業が増えていることから、札幌市が初めて企画しました。市内の半数近い企業が人手不足を経営課題に挙げていて、4社に1社は60歳以上の人たちの採用に関心を持っているといいます。

会場では40の企業や団体がブースを構え、仕事体験などを通じて業務の中身を紹介しました。「年配の方が店にいるとお客さんも安心したりとか少し重みが出たりする」とシニアの採用に利点を見出す企業もありました。

2017.10.17
札幌で除雪車の出陣式 釧路では平年より24日早い初雪

171017a.jpg本格的な冬を前に札幌道路事務所はきょう、除雪車の出陣式を開きました。

出陣式には17台の除雪車とおよそ100人の関係者が参加しました。点検のデモンストレーションなどを行い、除雪担当者が安全を誓いました。

除雪車は今後、札幌道路事務所管内9ヵ所の除雪基地に配備し、札幌周辺のおよそ300キロの国道で雪に備えます。

また、午前7時ごろには、釧路地方気象台が雨に雪が交じるみぞれを観測しました。平年より24日早い初雪です。

2017.10.16
バスの自動運転 上士幌でテスト

171016a.jpg自動運転の走行実験が少しずつ広がるなか、道内では初めてバスを使った試みが十勝の上士幌町でありました。ソフトバンクの子会社などが実験をしました。

衛星からの情報を受けて動く小型のバスを使い、運転手がいない状態で安全に走行できるか確かめました。およそ370人の町民が実験に参加し、「怖くないよ」「(運転手がいないので)箱に乗ったような感じがした」「自然に動くので、逆に安心感があった」との声が漏れました。

一方、道はきょう自動運転車を活用した新たなビジネスの創出に向け、検討組織を立ち上げました。今後、各団体からビジネスのアイデアを募ります。

2017.10.13
台風から1年あまり 根室線の不通区間 地元町長らが視察

171013a.jpg去年8月の台風被害によりいまだに不通となっているJR根室線の東鹿越―新得間を、地元の町長らがきょう視察しました。

地元の新得町と南富良野町のそれぞれの町長と町議らおよそ30人がJR北海道の職員の説明を受け被害状況を確認しました。流木や土砂などが残ったままの鉄橋周辺やトンネル周辺を訪ねました。現在はバスで代行輸送をしています。

JRは復旧には10億5千万円かかると試算。単独では維持困難な路線にも挙げており、復旧のメドは立っていません。

2017.10.12
衆院選・高齢者の視点から①後継者不足・酪農の未来は

171012a.jpgテレビ北海道では今回の衆院選で、高齢者の視点に着目をして、政治に求めるポイントを

探ります。1回目のきょうは、人口が減るなかで、地域経済を支える後継者をどう守り育ていくのか・・・。北海道の主要産業のひとつである酪農の現場を訪ねました。

酪農家の石橋栄紀さん(77)は今年5月まで27年間にわたり、浜中町農協の組合長を務めました。2001年には全国で初めて新規就農者を育てる研修牧場を立ち上げます。早くから酪農業の後継者不足問題に取り組み、成果をあげてきました。

しかし、道内の酪農を巡る現状は深刻です。現在の安倍政権が発足した2012年以降も

酪農家の戸数、乳牛の飼育頭数ともに減少に歯止めがかかりません。

石橋さんは「経営能力を身に着けた人が農業を継ぐのが大事だから、そういう政策を私は求めたい。農業として自立できる経営者になってもらう。機械(の補助金)なんかはいらない、むしろ人を育てる政策を求める」と話します。

2017.10.10
衆院選きょう公示 道内小選挙区は最少30人が立候補

171010a.jpg第48回衆院選がきょう公示されました。今月22日の投開票に向け、12日間の選挙戦に入ります。

道内12の小選挙区には30人が立候補しました。野党共闘による候補者の一本化で、現行制度が始まった1996年以降で、最も少ない人数となりました。定数8の比例代表道ブロックでは、9つの政党と政治団体から単独候補としては19人が立候補しました。

道内では民進で出馬を予定していた候補者が立憲民主と希望に分かれたことで、自公と立憲民主・共産の戦いに希望が絡む構図です。アベノミクスの評価や消費増税、JR北海道の路線見直し問題などで激しい論戦が繰り広げられる見通しです。

2017.10. 9
札幌市電 ササラ電車で冬支度

171009a.jpg秋が深まる札幌できょう、路面電車が一足早く冬の備えに乗り出しました。線路の除雪をするササラ電車の用意です。

きょうは、1台の車両の前方に竹のササラを400束取り付けました。ササラ電車は鍋や釜などを洗うササラから着想を得て、1925年に札幌で開発しました。竹の反発力で雪を掃き飛ばし、いまも4台が活躍しています。

例年、11月に初出動し、 一冬に2~3回ササラを取り替えます。


2017.10. 6
新党大地 鈴木代表比例から出馬表明

(171006)a.jpg新党大地の鈴木宗男代表はきょう、衆院選に比例代表で出馬することを明らかにしました。鈴木代表「乾坤一擲、鈴木宗男の人生をかけた戦いをしたい、いやするんだ」新党大地からは鈴木代表と、北海道アイヌ協会をきのう退職した阿部千里氏の2人が比例代表で立候補します。鈴木代表は、受託収賄などの罪で2010年に衆院議員を失職。ことし4月に公民権が回復したばかりです。当選すれば、7年ぶりの国政復帰となります。衆院選で新党大地は小選挙区からは候補者を出さず、自民、公明両党の支援に回ります。代表代理を辞任した娘の貴子氏は、自民党から比例代表で出馬する意向です。

2017.10. 4
「女子中学生を宴会コンパニオンに」 女を逮捕

1004 1.jpg警察はきょう、札幌の会社役員の女を児童福祉法違反の疑いで逮捕しました。逮捕されたのは札幌のコンパニオン派遣会社「ノースバンケット・プロデュース」の役員・齋藤美紀容疑者です。警察によりますと、齋藤容疑者は今年1月から8月にかけて15歳未満の女子中学生8人を雇用。24回にわたって市内のホテルの宴会場に派遣し酒を注ぐなどさせた疑いが持たれています。斎藤容疑者は、客に年齢を聞かれたら20歳と答えるよう指示し2時間で5500円程度を渡していたとみられています。斎藤容疑者は、容疑を認めていて「年齢確認をしていなかった」と話しているといいます。この会社では、女子高生も数十人、登録していて、この女子高生らが紹介料2千円で中学生を紹介していたとみられています。

2017.10. 3
民進道連 全候補を支援

171003 1.jpg衆院選に向け民進党道連はきょう公認予定だった11人全員を党派を問わず支援する方針を決めました。民進党は、7区を除く全ての道内選挙区から候補者を出す方針でしたが大半が枝野代表代行が結成する立憲民主党から出馬する方向で、一部が希望の党や無所属での立候補へと分かれます。こうした中、希望の党は第一次公認候補を発表。道内の小選挙区では2区の松木謙公前衆院議員のほか4区で高橋美穂元衆院議員、9区で山岡達丸元衆院議員の3人を擁立することを決めました。

2017.10. 2
通訳案内士と観光業者をマッチング
通訳案内士と観光業者をマッチング画像

(171002)a.jpg外国人観光客のガイドをする通訳案内士と旅行会社などとの面談会が札幌でありました。通訳案内士は有料で外国人観光客をガイドする国家資格で、道内では600人あまりが資格を持っています。しかし、実際にガイドとして収入がある人はごくわずかで、観光事業者とのマッチングが課題になっています。きょうは通訳案内士27人と旅行会社など11社が参加しました。有料の通訳ガイドは、来年1月から資格がなくてもできるようになり質の低下が懸念されています。面談会を主催した北海道観光振興機構は、今後研修なども実施する考えです。

2017. 9.29
日本航空の国際線 新千歳空港に緊急着陸

170929a.jpg新千歳空港事務所によりますと、アメリカ・ロサンゼルスから成田空港に向かっていた日本航空61便が、午後4時50ごろ新千歳空港に緊急着陸しました。機内で煙のにおいがしたためです。乗客・乗員253人にけがはないということです。




2017. 9.28
衆院解散・選挙戦が事実上スタート 道内の有権者の思いは

170928a.jpgきょう正午すぎ、臨時国会の冒頭で衆議院が解散されました。来月22日の投開票に向け、事実上の選挙戦が始まりました。

道内では、区割り改定を含めた12の小選挙区と、定数8の比例代表で選挙戦がくり広げられます。

前回、2014年の選挙では12の小選挙区のうち、与党が9議席を占めました。

安倍総理による突然の解散表明に加え、小池百合子都知事が代表を務める新党を中心にした野党再編の動きも重なり、選挙の構図は流動的です。事実上の選挙戦が始まる中、道民の反応は...

2017. 9.27
JXTG 室蘭で再び事業縮小 200人転勤へ

170927a.jpg石油元売り最大手のJXTGエネルギーはきょう、室蘭で行なっている石油化学製品の生産事業から2019年3月に撤退すると発表しました。200人の従業員が現地で職を失うことになります。

撤退するのはペットボトルや化学繊維の原料を製造する事業です。売れ行きは堅調ですが、世界で生産体制が過剰になり撤退を決めました。約230人いる従業員のうち室蘭には物流業務の担当者だけが残ります。約200人は転勤を迫られます。

室蘭では長く石油精製を手掛けていましたが、2014年3月に廃止。その後、約50億円を投じて石油化学製品の製造工場へと転換しましたが再び縮小となりました。

2017. 9.26
倶知安町で住民と観光事業者が連携、地域振興組織が発足

170926a.jpg国際的なスキーリゾートがある後志・倶知安町のニセコひらふ地区で、住民と観光事業者が手を組んで地域振興に取り組む新たな組織が発足しました。

ニセコひらふエリアマネジメントは町内のスキーリゾート・グランヒラフを所有する東急不動産グループと、倶知安観光協会の役員などで構成します。きょう設立記念のシンポジウムを開きました。

この地区では、冬だけ別荘に滞在する外国人などの不在地主がおよそ8割を占め、町内会など地域の繋がりを維持するのが難しくなっています。このため町は、不在地主を含む地権者から分担金を徴収し、地域振興に充てようと計画。「エリアマネジメント条例」を3年前に制定しましたが、分担金の徴収方法などが定まらず、機能していませんでした。

新組織は美化活動やイベントなど当面の運営の資金を、地域の観光事業者からの協賛金で賄います。そのうえで今後、町から財政支援を受けたい考えです。倶知安町は導入を検討している宿泊税の一部などを活動資金に充てる方針です。

2017. 9.25
北方墓参で初の空路利用 悪天候でロシアで1泊 

170925a.jpg航空機を初めて利用した北方領土墓参団がきのう、中標津空港に戻りました。悪天候のため急きょ、行程が1日延びる混乱がありました。

墓参団には68人が参加し、国後島と択捉島を航空機で訪れました。計画では、おととい中標津空港を出発し、4つの墓地で慰霊祭をして日帰りするはずでした。ところが国後島が濃霧のためチャーター機が帰りに着陸ができなくなりました。

択捉島を訪れた35人は約200キロ離れたユジノサハリンスクへ向かい、現地のホテルに宿泊。一方、国後島の33人は島内にある「友好の家」で一夜を過ごしました。移動時間は短くなりましたが、怖さや手間の煩雑さなど参加者からは複雑な思いが漏れました。

2017. 9.22
早くも年末商戦 札幌でXmasケーキ・おせち試食会

170922 1.jpg札幌丸井三越がクリスマスケーキと来年のおせち料理の試食会を開催しました。丸井今井札幌本店では、情報誌・ポロコの読者モニターのアイデアを活用したクリスマスケーキを開発。写真を撮った際にどう映えるかを考えたといいます。一方、札幌三越のテーマは「美食」。素材や製法にこだわり美味しさを追求しました。おせち料理は、去年ぐらいから再びファミリー向けの需要が高まっていて、いろいろな商品を買い求める人も多いということです。予約の受け付けは来月からです。

2017. 9.21
新冠にドローン操縦士養成学校

170921a.jpg日高の新冠町に、小型無人機ドローンの操縦士を養成する専門の学校が開校しました。訓練の場は、廃校になった小学校です。今月開校した、ドローンスクールジャパン北海道新冠校。ドローン操縦士協会が認定する道内初の訓練校です。地元の建設会社が、教室だった場所に事務所を置き、体育館や周囲の牧場などを訓練に使います。コースは初心者向けと高度な操縦を学ぶビジネスコースの2つ。建設会社の社員がインストラクターを務め、2日間訓練します。工事現場の空撮に使われることが多いというドローン。今後は、農薬の散布や海水温の観測など様々な需要に対応できる操縦士が求められそうです。正木社長「今後もっと技術とか機械の性能は良くなれば、捜索活動の支援も可能になる」周囲の自然を生かし、大会の開催や観光振興にも役立てたいという考えも。正木社長「林間部の中をドローンがぬって歩くようなそういうコースができる。ほかにはない、人を呼び寄せるツールになる」

2017. 9.20
サンマ不漁で「高価な味に」・・・

(170920)a.jpg庶民の味、秋の味覚サンマ。高価な味になりつつあるようです。根室市などが毎年、この時期開催する「根室さんま直送市」が、きょうから札幌で始まりました。会場では、箱詰めの生サンマを2キロで2千200円で販売。記録的な不漁だった去年の2倍以上の価格です。根室市水産経済部園田達弥水産振興課長「昨年と比べると現時点で30%の水揚げ量の減となってまして一昨年と比べると45%減という状況ですね」。魚体も例年より20グラムほど軽い130グラムが主流です。小型のサンマが生食用にまわり、加工用の価格が高騰。加工会社も頭を悩ませています。阿部商店 阿部英晃社長「うちはやっても冷凍や塩(漬け)なんですけどそちらの方の原料にまで価格が下がらないのでできないのが現状ですね」。調査機関の予測ではサンマの来遊量は来月下旬には少なくなり漁も例年より1カ月ほど早く終わりそうだということです

2017. 9.19
PAC3 函館に配備

0919 1.jpg防衛省はきょう地上配備型迎撃ミサイル、PAC3を陸上自衛隊函館駐屯地に配備しました。北朝鮮の弾道ミサイルが先月と今月、相次いで渡島半島や襟裳岬付近の上空を通過したことを受けての措置です。防衛省では、飛行ルートに近い函館にPAC3を配備することで今後もミサイルが発射され落下物があった際、地上近くで迎撃するよう備えます。

2017. 9.18
全国へ羽ばたけ 中川梨花さん

170918 1.jpg旬な人のコーナーは札幌出身のタレント中川梨花さん(19)です。札幌を拠点に情報番組のアシスタントやCMなど多方面で活躍してきた中川さんは、今月、大学進学を機に活動拠点を東京に移しました。生まれ育った札幌を離れての挑戦です。11月には映画デビュー作「写真甲子園」が全国で公開。「東京では北海道の魅力を発信していけるような女優や情報番組などで伝えることを大事に仕事をしていきたい」と抱負を語ってくれました。

2017. 9.15
北朝鮮ミサイル、北海道上空を再び通過

170914a.jpg北朝鮮が今朝、弾道ミサイルを発射し、先月29日に続いて道内の上空を通過しました。襟裳岬の東、およそ2200キロの太平洋に落下しました。住民からは驚きと憤りの声が上がりました。

防衛省によりますと、ミサイルは午前7時4~6分に道内上空を通過。午前7時16分ごろ、太平洋に落下しました。道によりますと、道内では漁船への被害や落下物は報告されていません。網走市でミサイル発射を知らせるメールの送信が15分遅れるなど、住民への伝達に4つの市町村で支障が生じました。

個人はどう対応したらよいのでしょうか。放射線防護学が専門の理学博士、高田純さんによると、すぐに屋内や地下に移動し、光や爆風を避けるためにうつぶせになって目や耳を覆う必要があるそうです。

2017. 9.14
改正道交法から半年 高齢ドライバー 免許返納増える

170914a.jpg判断力が衰えがちな高齢のドライバーに認知機能に関する検査を増やした改正道路交通法が施行され、半年が過ぎました。法改正にあわせて免許を自ら返す人が増えています。
道内ではこの半年の間に、認知症の恐れがあるとして38人が免許を取り消されました。去年1年を上回る人数です。同時に増えているのが運転をやめる高齢者です。道内でことし免許を自ら返納した高齢ドライバーは9000人を超え、去年より6割増えています。
空知の南幌町に暮らす夏井彦二(78)さんは、近所での接触事故をきっかけに5月に免許を返納しました。ただ、運転をあきらめると買い物や温泉に出かけづらくなり、家族の通院も手助けできません。
こうした不安をなくそうと免許を自主返納した高齢者に、南幌町はタクシーチケットを無料で配っています。

2017. 9.13
札幌のオフィスビル 不足際立つ

170913a.jpg好調なオフィス需要を受け、東京の不動産サービス会社、CBREがきょう、フォーラムを開きました。テナントやビルオーナー、投資家などおよそ260人が参加しました。

札幌中心部のオフィス空室率はことしの4~6月に0・5%となり、調査を始めた2003年以降で最低となりました。

札幌中心部ではコールセンターやIT企業などの需要が高まっています。広いオフィスへの要望が強く、受け皿となる物件が不足しています。一方で大型オフィスビルの計画は2棟にとどまり、新規オフィスの供給は限られています。

賃料は1年前より8%上がっており、この傾向はしばらく続くとみています。

2017. 9.12
ビール4社 道内で全国初の共同配送を開始

170912a.jpg人手不足への対応から、ライバル同士が連携です。ビール大手4社がきょう、貨物列車とトラックを使って商品の共同輸送を始めました。
共同輸送を始めたのは、アサヒ、キリン、サッポロ、サントリーの4社です。まず札幌近郊にある各社の製造・物流拠点からビールや飲料水などをトラックで札幌の貨物駅まで運びます。その後、ひとつのコンテナに各社の商品を混ぜて載せ貨物列車などで300キロ以上離れた釧路や根室などへ運びます。
全国初となるビール大手4社そろっての共同輸送。運ぶ距離が長い北海道でドライバー不足がとりわけ課題となったためです。
共同輸送はビール以外でも広がっています。アステラス製薬など医薬品大手4社は商品を共同で保管する倉庫を札幌市に建設しており、年明けには輸送も共同で始めます。

2017. 9.11
道内企業 ハワイに商機を探る

170911a.jpg道内企業のハワイ進出を後押ししようと、ジェトロ北海道がきょう札幌でセミナーを開きました。

北海道は5月、経済や観光での交流をめざし、ハワイ州と連携協定を結びました。

札幌に本社があるどうきゅうは3月、海外1号店となるとんかつ店「玉藤」をハワイに開業したばかりです。店内は日本語の表記ばかり。売り上げは国内の店を上回る勢いです。

大東インターナショナル(札幌市)が運営するブルクベーカリーは10月にはハワイに3店目を開きます。パンの価格は札幌の1・5倍。それでも地元の日系人に受け入れられ、ハワイでの売り上げは国内に匹敵するほどに成長しました。

2017. 9. 8
富良野で豪プロ野球がトライアウト

170908a.jpg海外で夢のプロ野球選手にオーストラリアのプロ野球チームが日本で初めての入団テストをきょう、富良野で行いました。テストは、富良野を拠点に、プロ野球選手育成を目指す北海道ベースボールアカデミーが誘致しました。きょうはオーストラリアのプロリーグの2球団から幹部3人が来日。アカデミーで練習する選手を中心に15歳から26歳の17人がアピールしました。オーストラリアのプロリーグは6球団あり、アメリカのメジャーリーグと連携していることからメジャーへの道が拓ける可能性もあります。あすは夕張で入団テストを行ないます。

2017. 9. 6
日ロビジネス拡大に期待

0906 1.jpg今月2日から5日までの日程でロシア政財界の訪問団が北海道を訪れ、企業の視察や経済団体との交流を行いました。北海道にとってはロシア極東だけではなく、ロシア全土にビジネスチャンスを広げようという取り組みです。訪問団はロシアの主要経済団体「実業ロシア」のレピク会長とモスクワ近郊の州知事らおよそ20人。北海道の観光産業や最先端の医療や建築の技術などについて理解を深めるため来道しました。高橋知事との懇談では道内企業の積極的な進出を呼び掛けるなど道内企業の技術などを活用し産業の基盤を強くして経済力を高めたいロシア側は北海道への訪問を定期的なものにしたいと意欲をみせました。

2017. 9. 5
道内初 高速道で老朽化した床版を取り換え工事

170905 1.jpg道内の高速道路では初めて老朽化した鉄筋コンクリートの床板を取り換える工事がきょうから始まっています。工事が始まったのは、札樽自動車道の朝里ICー銭函IC間にある大野橋です。来月15日までの期間、およそ3.4キロの区間を終日、対面通行規制し舗装道路の下で支える床版とよばれるコンクリート剤を取り替える道内では初めての工事を行います。東日本高速道路北海道支社によりますと道内の高速道路は老朽化に加え車両の大型化による荷重の増加や凍結防止剤の塩分などが原因で施設の劣化が深刻で、今後も各地で大規模な修繕工事を順次、進める計画です。

2017. 9. 4
北方墓参 入域までの時間短縮に元島民は

0904 1.jpg先月30日から今月1日に実施された北方墓参の今年度の第三陣では出入域地点が歯舞沖に増設されました。国後沖で手続きをしていたこれまでに比べ4時間以上も早く入域手続きを終え、出発から4時間半ほどで、志発島に上陸。同行した岡田純記者によりますと、時間の余裕が生まれた分、ゆっくりと先祖の霊を慰められたようです。しかし、短縮された時間のすべてを、島の散策などに使うことはできず「島で長く過ごしたい」という元島民の希望が十分に叶えられたわけではありません。それでも移動時間の短縮は高齢化した元島民の負担軽減につながっていて、参加者からは「来年度以降の自由訪問でも適用してほしい」という声が聞かれたということです。

2017. 9. 1
ミサイルに備え 道内で初の避難訓練

170901a.jpg防災の日のきょう、ミサイルの飛来を想定した避難訓練が道内では初めて滝川市などで行われました。

国や道が主催した訓練は、弾道ミサイルが日本に届く可能性があるとの想定で行い、サイレンや携帯メールで住民に避難を呼びかけました。Jアラートを受信すると屋外のスピーカーでサイレンを鳴らすはずでしたが、サイレンがおよそ3分遅れるトラブルがありました。

先月29日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際には、道が緊急連絡に「訓練」と書いた文書を送信。14の自治体では防災無線が鳴らないなど情報伝達のミスが生じました。

2017. 8.31
小樽の石原裕次郎記念館 26年の賑わいに幕

HP20170831a.jpg小樽の石原裕次郎記念館がきょう最後の営業日を迎えました。多くのファンが押し寄せ、26年間のにぎわいに幕を降ろしました。

父親の転勤により石原裕次郎さんが小樽で幼少期を過ごしたことにちなみ、記念館は1991年に開館しました。

きょうは妻の石原まき子さんや舘ひろしさんらが訪れました。

初年度にはおよそ126万人が来場しましたが、近年は10万人ほどにまで減少。古くなった施設の維持が困難になり閉館を決めました。

小樽市民からは「さみしい」「涙が出る」などの声が聴かれました。

2017. 8.30
大雨被害から1年 復旧・生活再建に人手や資金足りず

170830a.jpg台風による200年に一度とも言われる大雨で、道内各地に大きな被害があってからあすで1年となります。死者4人、行方不明者2人を出し、河川や道路、農地の被害は2786億円に上りました。
被害のあった河川や道路などは道内全体でおよそ800カ所。しかし五輪景気やほかの地域の災害復旧で人手が足りず、4割ほどの地点で工事に手が着いていません。
生活再建も大きな課題です。清水町の町営住宅に暮らす藤木直志さんは自宅の床下が水に浸かり、仮住まいを続けています。「年金生活だから家を買うことなんでできない。まだどうするか判断しかねている」とこぼします。藤木さんのように被災して無料で町営住宅に住んでいる人は今も20人ほどおり、清水町は無償の期間を1年伸ばすことを決めたところです。

2017. 8.29
北朝鮮のミサイル 道内上空を初めて通過

170829a.jpg北朝鮮はきょう午前5時58分に弾道ミサイルを北東方向に発射しました。ミサイルは道内の上空を初めて通過し、襟裳岬の東およそ1180キロの太平洋上に落下しました。道によりますとこれまで道内で落下物や舶への被害などは報告がないということです。

早朝の思いがけないニュースに町中では混乱も生じました。JR北海道によりますと、快速列車など21本が安全確認のため運転を見合わせ、約1万人の足に影響が出ました。

道東の根室はサンマ漁が本格化したところ。ミサイルが落下したとみられる太平洋沖に数多く船が出ています。「船に乗っていると情報は入ってこない」とミサイルのことを知らなかった漁業者もいました。

2017. 8.28
オスプレイ情報、自治体はどう受け止めた? 日米共同訓練終了

170828a.jpgアメリカ軍の輸送機、オスプレイが参加した道内での日米共同訓練がきょう終わりました。情報が少ない中での訓練を地元の自治体はどう受け止めたのでしょうか。
オスプレイが参加した訓練は18日に始まり、北海道大演習場で夜間も含めて実施しました。アメリカ軍の情報を受けた防衛省が訓練の内容やオスプレイ参加の有無を各自治体へ前日に伝えましたが、飛行ルートや時間など具体的な情報は事前には分かりませんでした。オスプレイの着陸情報も1時間近くたってから伝えられたこともありました。
札幌市の秋元克広市長は「訓練の中身あるいは情報提供の仕方についても、丁寧にやってほしいと今後も(国に)求めたい」と述べ、道庁からは「防衛局からは事前に最大限の情報提供をいただけるという回答であり、そのなかで提供してもらった」(危機対策課)との声もありました。

2017. 8.25
ゴッホ展 道立近代美術館で始まる

170825 1.jpg西洋画家の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホと日本美術の関わりに焦点をあてた展覧会が札幌で今月26日から10月15日まで開催されます。「ゴッホ展」は道立近代美術館の開館40周年の記念特別展。日本初公開の4作品を含むおよそ40点のゴッホ作品が展示されます。浮世絵や日本の花鳥画から受けた影響を独自の表現として深めたといわれる代表作が鑑賞できます。1920年代にゴッホ最期の地を訪れた日本人画家らおよそ240人の署名が記された貴重な資料なども紹介されます。

2017. 8.24
障害者スポーツ普及へ 体育館を無料開放

170824a.jpg障害者スポーツの普及を目指し、札幌市は来月から学校の体育館を専用練習場として無料開放します。開放するのは、みなみの杜高等支援学校です。市が障害者スポーツ専用に学校を開放するのは初めてです。狙いは、2026年の冬季オリンピック・パラリンピックの誘致を目指して障害者スポーツを普及するためです。この学校は今年4月に開校したばかりで元々バリアフリーです。そのため貸し出し用の競技用車いすなど初期投資は600万円に抑えられました。開放時間は平日の夜と土日で、2人から利用できます。市は今後、スキー場と連携し、冬の障がい者スポーツの普及も進めたいということです。

2017. 8.22
国内初 札幌でネット自転車シェア

170822 1.jpgインターネットを活用した自転車のシェアサービスが全国に先駆けて23日から、札幌で始まります。サービスを提供するのは中国のシェアサイクル大手「モバイク」です。スマホのアプリで利用予約や施錠開錠ができる仕組みです。すでに世界4カ国150都市で利用されていて、利用料は当面30分50円です。

2017. 8.21
パラ陸上日本代表 初の函館合宿

170821 1.jpg今月16日から23日の日程で日本パラ陸上競技連盟の強化指定選手が初めて函館で合宿を行っています。リオデジャネイロパラリンピック400メートルで銅メダルを獲得した函館出身の辻沙絵選手も参加。親しんだ地元のリラックスできる環境で充実した練習をこなしています。函館市は選手の移動のサポートや交流イベントを開催し、東京パラリンピックまで毎年、合宿を継続してほしいと意気込んでいます。

2017. 8.18
オスプレイ 道内で訓練開始

170818a.jpgアメリカ軍の輸送機オスプレイがきょう、在日アメリカ軍と自衛隊が道内で実施している日米共同訓練に初めて参加しました。オスプレイが訓練で初めて飛来し、自衛隊員160人を2機に交代で乗せて飛ぶ基本動作を確認しました。

オスプレイは今月5日にオーストラリア沖で3人が死亡した墜落事故を受け、10日に始まった日米共同訓練への参加を遅らせていました。

防衛省は安全を確認したとして6機の参加を承認。地元自治体には訓練の時間や飛行ルートなどは伝えられていません。

演習場の近くでは市民団体がオスプレイの訓練参加に反対する緊急集会を開きました。

2017. 8.17
道産子ボクサー アメリカでスーパースターに挑む

170817a.jpg27日、札幌出身のプロボクサーが本場・アメリカで世界王者を目指します。挑む相手は世界屈指のスーパースター。日本ボクシング史上最大とも言われるビッグマッチです。

亀海喜寛選手(34)。札幌商業高でインターハイ制覇などの実績を引っさげ、2005年に名門・帝拳ジムからプロデビュー。無敗で日本王者に上り詰めました。

日本人の世界王者はほとんどが軽量級。海外勢の壁が厚い中量級でアメリカに主戦場を移し、打たれても前進を続ける熱いファイトに現地でもファンを増やしてきました。

そこに、世界4階級をかつて制したミゲール・コットとの対戦が決まりました。相手は1試合で10億円を稼ぐほどのスーパースターです。これまでに日本人が経験したことがないほどのビッグネームとの戦い。「アメリカでやる試合は本当に出し切ったトレーニングをしてきたので、そう簡単にこれ以上できるとは言えない。頑張りますとしか言えない」と亀海選手は大一番を前に冷静に語ります。

2017. 8.16
日米共同訓練を公開 オスプレイ参加を控え 

170816a.jpgアメリカ軍の輸送機「オスプレイ」が18日から参加する予定の日米共同訓練。

戦闘を想定した射撃訓練をきょう、報道陣に公開しました。

自衛隊と在日米軍の共同訓練は今月10日に始まりました。きょうはおよそ300人が参加し、敵の陣地を攻略する訓練をしました。

オーストラリアでの墜落事故を受け、オスプレイは共同訓練への参加を遅らせていました。防衛省は安全を確認したとして18日からの訓練に6機の参加を認めました。

道内3ヵ所の演習場で28日まで訓練をします。

2017. 8.15
幻の木製戦闘機 江別で戦争を語り継ぐ

170815a.jpg8月15日は今年で72回目の終戦の日です。

終戦間際、戦闘機の材料とする金属が不足し、陸軍は王子製紙に木で戦闘機を作るよう命じます。従業員はおよそ4600人に及び、江別をあげての大事業となりました。

1号機が初めて空を飛んだのは終戦の2か月前。木製戦闘機は3機が完成しましたが、実戦で使うには至りませんでした。

当時13歳だった佐藤明さん(85)は「うれしかったですよ、俺たちの飛行機が戦争に行かなくてよかったなって。撃墜されて人が死ぬことがあったらやりきれないと思う。もうこんな時代は2度と作ってもらいたくない」と話します。

佐藤さんは木製戦闘機のパネル展を開くなど戦争の現実を伝え続けています。

2017. 8.14
解体前の病院を使い実地さながらの消防訓練

170814a.jpg解体前の病院を使った消防訓練がきょう、札幌市内で始まりました。建物を壊し本番さながらの迫力です。

札幌市手稲消防署が、札幌市内の医療グループから解体前の病院を借りて訓練に臨みます。

厚さ10センチの鉄製の扉を焼き切って、閉じ込められた人を助け出す訓練もしました。

「実際に破壊するというのは(日常の訓練では)経験できない」といった声が消防隊員から上がっていました。

2017. 8.11
オスプレイ 飛行再開容認

(170811)a.jpg防衛省はきょう未明、自粛を要請していたアメリカ軍の新型輸送機オスプレイの飛行再開を容認しました。政府は今月、オーストラリア沖で起きた3人が死亡する墜落事故をうけて安全性が確認されるまでは日本国内での飛行の自粛を求めていました。その後のアメリカ軍の調査で「オスプレイに機械的な欠陥がない」などとした説明がされました。防衛省は、アメリカ軍の説明は理解できるとして飛行再開を容認する方針を発表しました。これによりきのうから道内で始まった自衛隊と在日アメリカ軍の共同訓練にもオスプレイが参加する可能性が高くなりました。日米両政府は、共同訓練への参加について調整を進めています

2017. 8.10
オスプレイ 訓練参加きょうは見送り

(170810)a.jpg在日アメリカ軍と自衛隊の共同訓練が間もなく道内で始まります。注目を集めていたオスプレイの初日の参加は見送られました。 訓練はきょうから19日間、道内3カ所の演習場で行われます。当初、オスプレイ6機を使った海兵隊員の輸送訓練などを予定していましたが、今月5日にオーストラリア沖で3人が死亡する墜落事故が発生。安全性を問題視する声が高まり、政府は、きょうの国会で「アメリカ軍との協議が整うまで使用しない」と明言しました。しかし、アメリカ軍は「飛行の安全性を確認した」としていて、あす以降の訓練ではオスプレイが飛行する可能性が残っています。陸上自衛隊は、「あす以降の訓練のスケジュールは未定」としています。

2017. 8. 9
オスプレイ 道内訓練当初から不参加で調整

0809 1.jpg8月10日から道内で始まる在日米軍と自衛隊との共同訓練で、政府はオスプレイの訓練開始当初からの参加を見送る方向で米軍と調整しています。訓練では、オスプレイは北海道大演習場などで海兵隊員の輸送訓練などを行う想定でした。しかし、オーストラリア沖で墜落事故が発生したことを受けて道内では安全性を問題視する声が広がり道と7市町は国に対し訓練での飛行自粛を求めました。

2017. 8. 8
札幌ドーム社長に聞く 日ハム移転問題

170808 1.jpg北海道日本ハムファイターズが本拠地を札幌ドームから移転することが濃厚な中、その後どのように収益を確保するのかを今年6月に札幌ドーム社長に就任した山川広行さんに聞きました。山川さんは売り上げの3割を占める日ハム球団からの施設使用料の穴埋めとして、コンサドーレの試合数の増加やコンサートなどのイベントに加え、セ・リーグの試合の誘致も検討すると話しました。

2017. 8. 7
JR北海道 普通列車から煙

170807 1.jpg午前7時ごろJR函館線の厚別ー森林公園間で札幌発滝川行きの普通列車が車内から煙が出たため、緊急停止しました。乗客およそ180人は車外に避難し、けが人はいませんでした。JR北海道によりますと、煙が出たのは3両目に取り付けられた配電盤で詳しい原因を調べています。JR函館線は3時間40分にわたり運転を見合わせ、特急や快速エアポートなど合わせて88本が運休、通勤客などおよそ4万人の足に影響が出ました。

2017. 8. 3
近くの外国・サハリンの市場開拓へ 道北で商談会

170803a.jpg道北の特産品などをロシアに売り込もうと、サハリンからバイヤーを招き、旭川できょう商談会がありました。これまでは成果が上がっておらず、新たな取り組みの手応えは?
主催したのは、旭川や稚内など道北の9市でつくるサハリン経済交流促進協議会です。
会合は5回目で、食品以外にも花などに商品を広げました。
サハリンのスーパーから3人のバイヤーが来日。道北からは食品卸や食品メーカーなど11社が参加しました。
参加した地元企業からは「距離は近いから、これからの市場として可能性がないことはない」といった声が聞こえました。価格の安い中国産などとどう競争するかが課題です。

2017. 8. 2
道内初の渋滞予報士が発表 お盆期間のピークは13日

170802a.jpgもう少しでお盆休み。高速道路の渋滞予測を道内初の渋滞予報士がきょう発表しました。
江原豊さんはことし5月、東日本高速道路北海道支社で初代の渋滞予報士となりました。
渋滞予報士は全国に4人いて、過去のデータや当日のイベント情報を考慮し、いつ、どこで、どのくらいの渋滞が起きるか予測します。
江原さんは13日の日曜日を中心に、1キロを超える渋滞が14回発生すると予測。道東道の芽室~トマム間で最長25キロの渋滞を見込みます。
道東道は上り坂が多く、無意識に速度を落としがちです。適度な車間距離を取り、渋滞緩和につなげてほしいと話しています。

2017. 8. 1
丸井今井札幌本店 働き方改革で営業時間繰り下げ

20170801a.jpg丸井今井札幌本店は働き方改革の一環として、8月の営業時間を短くします。

きょうから開店時間を10時半に30分繰り下げました。

早番と遅番のシフト制だった勤務もひとつにします。

従業員にゆとりを持たせ、サービスの質を高めるのが狙いです。

正月に2日間、休んだ際も1月の売り上げは減らなかったといい、今回も収益への影響は

最小限と想定しています。

2017. 7.31
ものづくりの「学校祭」 高校生に楽しさ伝える 

170731a.jpg地元企業を知り、ものづくりの楽しさに触れてもらおうと、高校生を対象とした体験イベントがきょう札幌でありました。

30を超える企業や大学・専門学校などが出展した「ものづくり学校祭」で、札幌市が今年初めて開催しました。

会場では、バーチャルリアリティ(VR)を活用して安全管理をする建設会社を紹介。学校の教材を作る企業では、空き缶を利用した黒板づくりが体験できます。

夏休み中の高校生などが興味深そうに説明を聞いていました。

出展した企業も高校生と触れ合う機会に期待を寄せています。

2017. 7.28
奥尻島に地熱発電所が完成

170828 1.jpg奥尻島に日本の離島では2番目となる地熱発電所が完成し、きょう竣工式が行われました。地熱発電所を建設したのは、島内でガソリンスタンドなどを経営する越森石油電器商会です。きょうは、高橋はるみ知事なども出席し竣工式が行われました。

発電所の出力は250キロワット。このうち島内の電力使用量の1割に当たる200キロワットを再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を使い北電に売電し年間で6400万円の収入を見込みます。

今後、町では発電後の温水や熱を温泉施設や養殖事業などに活用したい考えです。

2017. 7.27
グループホーム火災 2審で逆転有罪判決

170727a.jpg札幌の認知症グループホームで入居者7人が死亡した火災の控訴審がありました。きょうの判決で札幌高裁は、業務上過失致死の罪に問われた施設運営会社社長の一審・無罪判決を破棄し、有罪判決を言い渡しました。

判決は、一審の無罪判決から一転、被告に禁固2年執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。札幌・北区の認知症グループホーム=みらいとんでんの火災で、一審の札幌地裁は、出火の原因を特定できないことから、施設運営会社の社長=谷口道徳被告に過失はないとしました。

しかし、控訴審で検察側は、8人の入居者のうち誰かがストーブの上に衣類などを置いたことが火災の原因であると主張しました。また、入居者はいずれも認知症の高齢者で、火災につながる危険な行動が予測できたとして、谷口被告の過失を指摘しました。

判決で札幌高裁の高橋徹裁判長は、1階居間で寝起きしていた男性入居者がストーブの上に衣類を置いたことが火災の原因であるとする一審の訴因は不合理ではないとし、「火災を防ぐ対策をせずに漫然と施設を運営した」として被告に禁固2年執行猶予4年を言い渡しました。

2017. 7.26
民間小型ロケット 機体が初公開

170726 3.jpg十勝の大樹町できょう、今月29日の打ち上げをめざす民間の小型ロケットの機体が初公開されました。ロケットは大樹町のベンチャー企業・インターステラテクノロジズが開発しました。インターステラテクノロジズは高度100キロまでロケットを打ち上げ、宇宙空間に到達させることを目指しています。

宇宙空間への到達に成功すれば民間企業が単独で開発したロケットとしては国内初の快挙です。

打ち上げは、29日の午前10時20分からの予定です

2017. 7.24
過熱する返礼品競争をストップ?

170724a.jpg昨年度、過去最高の寄付額が集まった『ふるさと納税』。寄付の見返りに送る返礼品競争が過熱するなか根室市が制度のあり方を考える催しを開きました。返礼品の花咲ガニやサンマが人気の根室市。昨年度、道内トップの33億円の寄付を集めました。 

しかし、全国の自治体が多くの寄付を集めようと返礼品競争が激しくなっています。こうした事態に国は、ことし 返礼品の価格を寄付額の3割以下に抑えるよう全国の自治体に通知しました。

イベントでは、寄付金が多く使い道を工夫している事例も紹介されました。将棋の駒の生産で有名な山形県の天童市は寄付金を将棋に関わるイベントに使うなど使い道のアピールが必要と発表しました。専門家は有効な使い道のアピールが必要と話しています。

2017. 7.21
人工衛星のデータを生かせ 宇宙をビジネスに

170721a.jpg人工衛星から得られる地表観測データを活用し、新たなビジネスを生み出す――。そんな狙いで経済産業省などがきょう、セミナーを札幌で開きました。

人工衛星からの地表観測データは、災害時の様子や農作物の収穫時期の予測など幅広い分野で活用できます。道内でも小麦や牧草の生育状況の把握に生かしていますが、事例はまだ限られます。

こうした中、十勝の大樹町は宇宙ビジネスの集積地をめざしています。その第一弾としてベンチャー企業が小型ロケットを近く発射します。日本政策投資銀行などは、大樹町に関連企業が集まった場合、観光やビジネスで年間17万人ほどが訪れ、年間267億円の消費が生まれると試算しています。

2017. 7.20
ものづくりフェア ロボットやAIの新製品

170720a.jpg道内のものづくり企業の優れた技術をPRする「北洋銀行ものづくりテクノフェア」がきょう、札幌でありました。

ロボットアームのドリルでジャガイモの芽を次々と削り取るのはシンセメック(石狩)の製品。1時間に100キロ分を処理できます。赤間板金(岩見沢)は板金技術を生かして金属製のスピーカーを開発しました。柔らかな音色が特長です。
ロケットや人工知能といった先端技術を活用した製品も数多く登場しました。はこだて未来大の研究者らでつくるベンチャー企業、未来シェア(函館)はAIを使ってタクシーの自動配車システムを実用化しました。

2017. 7.19
今金町、アウトドア振興で2社と連携

170719a.jpg道南の今金町が、企業と連携して観光地づくりに乗り出します。アウトドア用品販売のロゴスコーポレーション(大阪)、畳メーカーのTTNコーポレーション(兵庫)の2社と連携協定を結びました。
両社のノウハウを得て、キャンプ場などからなる町営の観光拠点、クアプラザピリカを一新。北海道新幹線で道外から訪れる観光客を呼び込みたい考えです。
ロゴスは、グランピングという豪華なキャンプ用品の展開も視野に入れています。アウトドアに関心の高い北海道だからこそ商品の展示に効果があると判断しました。
TTNは畳生産以外の新たな事業を模索しており、町営の宿泊施設を管理します。秋には地元の養護学校と共同でイチゴの生産にも挑戦します。

2017. 7.18
道外へ販路拡大、「FOOD EXPO北海道」開催

170718a.jpg道産食品の販路を広げようと、大規模な商談会「FOOD EXPO北海道」が7月18日に札幌でありました。道内各地の隠れた逸品を道外に紹介するのが狙いです。

会場には道産食品を扱うメーカーや加工会社など130社あまりが出展しました。北海道商工会議所連合会に加え、北洋銀行と北海道銀行の地元地銀2行がともに主催者となり、幅広く参加者を募りました。

新日本スーパーマーケット協会の理事会に合わせて開き、会場には約500人のバイヤーなどが来場。「珍しい物ではなくて新しい取り組みをしているブランドを探しに来た」などの声が聞こえました。

2017. 7.17
「北海道」の名付け親、松浦武四郎って?

170717a.jpg「道みんの日」と北海道庁が制定した7月17日は、幕末の探検家・松浦武四郎が「北加伊道」という地名を1869年に政府に提案した日です。

松浦は現在の三重県松阪市に生まれた幕末の探検家です。6回にわたり蝦夷地を調査しました。

札幌のノンフィクション作家、合田一道さんは「政府と衝突してまでアイヌ民族との共生を目指した武四郎の思いを今を生きる道民に知ってほしい」と話します。


2017. 7.14
外国人患者を受け入れる病院

2017071401.jpg診療費の未払い問題の一方で、外国人患者を積極的に受け入れる動きを取材しました。札幌市内の病院では、4年前から外国語通訳のスタッフを置いています。川崎マリアンナさんはロシア人の患者から病状を聞き取り、医師に伝える仕事をしています。病院には、川崎さんのようなスタッフが7人いて、10カ国語に対応します。

外国人患者の数は去年に比べ4割ほど増えことしに入ってからは、毎月100人を超えています。そうしたなかでこの病院でも以前、およそ600万円の診療費が支払われなかった事例がありました。被害をなくすためにも病院では、今後もスタッフを増やしていく考えです。

2017. 7.13
日ハム球場移転問題 キーマンに聞く

170713 1.jpg

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地移転問題。
球団側キーマンの北海道日本ハムファイターズ前沢賢事業統轄本部長にボールパーク構想実現に向けた課題などを聞きました。
北広島市の候補地には交通アクセスの課題があり、札幌市の候補地は球団が求める敷地の広さを満たしていない問題があります。

前沢さんは、今後の札幌市との協議では建ぺい率の緩和などの規制緩和が実現できるかが

大きなカギとなると話し、「日本ハムに価値を見出してもらえるか、我々の自助努力も必要なのかもしれない」と語りました。

2017. 7.12
JR北海道 全役員報酬を削減へ

170712 JR.jpgJR北海道の島田修社長は、きょうの記者会見で、路線見直し問題の責任を取り、7月から全役員の報酬を削減することを明らかにしました。

JR北海道の役員は常勤、非常勤合わせて20人で、既に島田社長ら3人は去年12月から役員報酬を30%削減しています。

今回、ほかの役員から路線見直しの責任を取りたいとの申し入れがあったことから、専務と常務の報酬を20%、それ以外の取締役と監査役の報酬を10%削減することを決めました。

2017. 7. 7
新函館北斗駅前にレストラン=にぎわいに期待

170707hokuto.jpgJR新函館北斗駅前に地元の沢田建設がフレンチレストラン「クリマ」を開きました。

JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」のシェフが地元食材を生かした料理を提供。新幹線駅前のにぎわい作りの後押しになると期待が集まります。
ただ、新幹線が来てから1年余りが過ぎても、駅前は空き区画が半分を占めます。

それでも今年3月にはホテルや飲食店が入る複合商業施設が誕生。道営住宅の入居者も7月末から募集します。

来年には別のホテルの建設や郵便局が移転・開業する計画もあります。遅れていた駅前の整備が、少しずつ動きだそうとしています。

2017. 7. 6
関税引き下げで輸入チーズ割安に=日欧経済連携協定の道内への影響は

170706cheese.jpg日本とEUの経済連携協定(EPA)の交渉は、日本のチーズ関税を引き下げることで事実上、決着しました。今後、海外のチーズが割安に日本に入ってきます。
酪農やチーズ生産が盛んな道内への影響を取材しました。
酪農王国、北海道は国内のチーズ向け生乳のうち98%を生産しています。

道産品を扱う丸井今井の店舗「きたキッチン」では、これまで以上に道産チーズの魅力をアピールすることが大切だといいます。
道東・浜中町のおおともチーズ工房の大友孝一社長は「地元色を打ち出した商品も必要になる。客のニーズをしっかり聞いて訴求できる商品開発や販売をしたい」と話します。

2017. 7. 5
北ガス、家庭から電気を購入へ=販売する電気の調達先を広げる

170705kigatas.jpg北海道ガスが8月、一般家庭から電気を買い取る新しいサービスを始めます。

電力小売り全面自由化に対応する取り組みですが、電気を売るのではなく買う理由とは。

ガスを使って発電と暖房ができる機器「コレモ」の新型機を発売するのにあわせ、家庭で余った電気を送電線に送り返せる機能を加えました。

昨年4月の電力小売りの全面自由化で、北ガスはこれまでに7万件を超える顧客を獲得。

さらに増やすには電気の供給力を高める必要があると考えています。

そこで家庭をひとつの発電所と捉え、自社の発電所以外からも安定して電気を調達する狙いがあります。

2017. 7. 4
旬な人=日銀札幌支店長の小高咲さん

170704nitigin.jpg

話題の人物に話を聞く「旬な人」のコーナー。

きょうは、日銀札幌支店で、女性で初めて支店長となった小高咲さんです。

あすで就任1カ月となる小高さん。高校時代はいわゆる帰宅部でした。

「基本的にまじめな高校生でしたので、家と学校の往復で。札幌駅でちょっと寄り道をして本屋さんで立ち読みをするくらいの生活でした」と振り返ります。

共働きで子育てをし、夫と家事の腕を競って対立が生じるほどとか。

支店長の仕事は初めて。「全国のいろんな情報を手に入れられる立場にある。その中で、札幌の方々にお役に立てそうなものをなるべく、お伝えしていく」と話しています。

2017. 7. 3
道内路線価、2年連続で上昇=平均で0・9%アップ

170703rosenka.jpg札幌国税局はきょう、相続税や贈与税の算定基準となる今年の路線価を公表しました。道内の平均は2年連続で高くなりました。

道内の標準宅地は平均で0・9%上昇しました。全国よりも0・5ポイント高い伸び率です。最も高い地点は12年連続で札幌ステラプレイス前。1平方メートル当たり368万円と、昨年を17・9パーセント上回りました。

地方都市では帯広や苫小牧、釧路など12の市と町では地価が下がっています。小樽と富良野は去年を上回りました。別格なのはニセコエリア。海外からの投資が目立ち、倶知安町山田は77・1パーセント上昇し、3年連続で全国一の伸び率となりました。

2017. 6.30
北電、独禁法違反の恐れ=公取委が警告

170630hokuden.jpg公正取引委員会は今日、ほかの電気事業者から契約を戻した顧客に対し、格安な料金プランの適用を認めなていないとして、北海道電力に対して独占禁止法に違反する恐れがあるとして警告しました。

北電は企業など新規の大口の顧客に対し最も電気料金が安くなる契約を適用する一方、北電との契約を解約した顧客が改めて契約した場合には1年間は割安な料金での契約を認めないことを昨年3月に決めました。

これに対し公取委は顧客の取引先を選択する自由を奪う恐れがあるとして、本日付で北電に対し今後このような契約を行わないよう警告しました。

2017. 6.26
北極海航路で貨物船が苫小牧に

アジアとヨーロッパを結ぶ最短航路
「北極海航路」を通る貨物船が道内で初めて苫小牧港に入り、
歓迎式典が開かれました。

オランダ船籍の貨物船が
LNG= 液化天然ガス基地の建設資材を
中国からロシアに運ぶ途中に立ち寄りました。
氷を砕く船と合流するまでの日程を調整しました。

アジアとヨーロッパを結ぶ航路は
スエズ運河を経由する南回り航路が主流でした。

一方の北極海航路は
南回りより距離が4割ほど短く、
地球温暖化の影響で氷が減り航行しやすくなったため、
近年注目されています。
北海道開発局や道は
北極海に近い道内の港を、経済効果が期待できる
北極海航路の中継地にすることを目指しています。

ロシアの今回のLNG基地の建設にかかわる
横浜のプラント大手=日揮の担当者がきょう、苫小牧市内で講演し
「中継地の港になるには燃料の供給体制の整備など課題は多い」
と指摘しました。

2017. 6.23
農水相が酪農現場を視察

山本有二農林水産大臣がきょう、道東の酪農の現場を視察しました。

山本大臣が道東を訪れるのは、相次ぐ台風で被害を受けた去年夏の視察以来で、

きょうは釧路の鶴居村にある牧場やチーズ工房などを視察しました。

生乳流通の規制を緩和する「改正法」が成立し、

来年4月から、ホクレンなどの指定団体以外に、
生乳を出荷した酪農家にも補給金が支払われるようになることから、
酪農家の現状を把握するのが目的です。

来週、日本とEUとの経済連携協定の交渉が始まる予定で、

チーズに関しては交渉の大きな焦点となっています。

2017. 6.22
「北海道くらし百貨店」オープン

札幌に、北海道にこだわったさまざまな商品のセレクトショップがオープンしました。

「北海道くらし百貨店」は道内大手ドラッグストアのサッポロドラッグストアの新規事業です。

北海道の魅力ある素材を発掘、発信したいと、道内の食品や工芸品などおよそ1500点が並びます。

道産食材を味わう飲食スペースや道の機能性食品制度「ヘルシーDo」のコーナーもあります。

年内には沖縄に2号店の開店が決まっていて、3年以内の海外進出が目標ということです。

2017. 6.21
札幌市と日ハム 実務者協議3回目

プロ野球・日本ハムの新球場構想をめぐり、
球団と札幌市による3回目の実務者協議がきょう、行われました。

きょうの協議には、球団が依頼した建設コンサルタントが初めて参加しました。

主に旧道立産業共進会場周辺について、札幌市が交通量のデータなどを示し、
球場ができた場合の周辺環境への影響について意見交換しました。

また、建設候補地が球団が求める20ヘクタールより狭い事に関して、
札幌市は「飛び地を含めて、これ以上広くすることは考えていない」としました。

2017. 6.20
盲学校で囲碁普及図る

「囲碁を通して広い世界に触れてほしい」。

そんな思いで目の不自由な人に囲碁の魅力を伝えようと活動する男性が道内の盲学校を訪れ、
普及活動をしています。

日本視覚障害者囲碁協会代表の柿島光春さん。
東京に住む柿島さんはこれまでに全国の盲学校25校を回り、
視覚障害がある生徒たちに囲碁の魅力を伝えてきました。
きのう、初めて道内入りし、
函館と札幌の盲学校を訪れました。

20代で視力を失った柿島さんは、テレビアニメがきっかけで囲碁に興味をもちアマチュア4段を取得。
視覚障害者用の碁石と碁盤、アイゴの開発も手がけました。

生徒たちが今後も囲碁を楽しめるよう、
柿島さんはアイゴを学校に寄贈しました。

2017. 6.15
サハリンから男性永住帰国 旭川に

戦後にサハリンで生まれ日本に引き揚げられなかった
残留日本人の男性が永住帰国し、
親族が暮らす旭川で新たな生活を始めました。

日本人の両親の次男として終戦直後にサハリンで生まれた早坂隆さん。
きのう、妻のオクチャさんとともに
ユジノサハリンスクから新千歳空港に到着し、
親族との再会を果たしました。
きょうは、札幌市内にある日本語の研修センターを見学した後、
道庁を訪問。
帰国の喜びや、これからの生活への期待などを語りました。

早坂さんは、
娘や孫がサハリンにいるため帰国すべきか
半年以上悩み続けましたが、
過去に脳出血を患っていることから、
医療体制の充実した旭川への永住を決めたといいます。

早坂さん
「帰国できてうれしい。おば、弟がいるし、自分の先祖が住んでいた町なので、
泣いてしまうかもしれない」

サハリンからの残留日本人の帰国は4年ぶりで、
これまでに134世帯303人が 永住帰国しました。

2017. 6.14
北海道がんセンターに遺伝子外来

札幌の北海道がんセンターは来月、
がん遺伝子外来を 新たに開設します。
遺伝子情報をもとにして、
個々のがん患者の最適な治療を探ります。

外来はがん患者の遺伝子情報を検査します。
160もの遺伝子を調べる最先端の検査で、
がんの抑制に 最も重要な遺伝子を特定。
効果が期待できる治療薬を探したり、
がんが遺伝性のものか 確認したりできるということです。
検査結果がでるまで3週間かかり、
検査費は保険外診療で65万円です。


同じような検査を行う施設は
道内では札幌の北大病院と
帯広の北斗病院に次いで3例目です。

2017. 6.13
日銀札幌に初の女性支店長就任

日銀札幌支店に今月、女性の支店長が 初めて就任しました。
札幌出身の女性で、 きょう、 就任の記者会見を開きました。

新しい支店長の小高咲さんは54歳。
札幌出身で、札幌北高校から東大法学部に進み、
卒業後の1986年に日銀入り。
本店の業務システム開発課長や文書局参事役を歴任しました。
小高支店長は夫と長男の3人家族。
今回は単身赴任で、 北海道勤務は初めてです。
久々の北海道生活で 山菜取りやスキーを楽しみたいと 話しました。

2017. 6.12
道南スルメイカ堅調

今月1日に解禁された 道南のスルメイカ漁。
去年は記録的な不漁に 悩まされましたが今年の出足は堅調なようです。

函館市によりますと、函館市水産物地方卸売市場の
今月7日までのスルメイカの取扱量は 9.8トンでした。
去年を1.5トンほど上回り、ここ4年間で最も多い水揚げになりました。
海水温が比較的高く、イカの北上が早まったことが 原因とみられています。
不漁だった去年は 価格が10年前の3倍にまで高騰。
地元の加工業者は 品薄とコスト増に苦しみ、倒産する会社も出ましたが
今年は価格も1キロ700円~800円と 例年並みで推移しています。
きのうとおとといは「 しけ」で漁がありませんでしたが出足は堅調で
関係者は 「このまま順調にイカが北上し、夏の最盛期に豊漁になれば」 と
期待を寄せています。

2017. 6. 9
東京オリ・パラで道産食材売り込め

2020年の東京オリンピック・パラリンピックで道産食材をPRしようと、道と関係機関が協議会を立ち上げました。

協議会は、道やホクレン、JAなど5つの団体で構成されています。

東京大会では、選手村での食材はGAPという認証を取得した生産者のものに限られるなど、いくつかの基準が示されています。

協議会は今後、関係機関が連携して基準に沿った供給体制を整え、加工業者やメーカーにPRして行く方針です。

2017. 6. 8
校内放送で犯罪被害啓発

犯罪被害にあう児童を減らそうと、警察と小学校の取り組みが行われました。

朝の校内放送に警察官と児童が出演し、防犯の約束事をまとめた標語「いかのおすし」を再確認しました。

また、スマートフォンで自分を撮影した写真が悪用される事件が増えているため、注意を呼び掛けました。

2017. 6. 7
「いのちの電話」相談員不足が深刻

およそ40年、悩みを抱える人からの電話相談に24時間対応している「いのちの電話」。

いまその相談の現場が危機に直面しています。

札幌市内のビルの一室にある「北海道いのちの電話」。

365日24時間体制で電話相談に応じ、
去年はおよそ1万7000件の相談を受けました。

相談を受けるのはボランティアの相談員。
実は、慢性的な人手不足に直面しています。
3つの相談ブースの内、1つは空くことが多く、
かかってくる電話のわずか4%ほどにしか応じられていないのが現状です。

相談員は現在176人。

高齢化が進み、平均年齢は64歳に迫ります。

1回3時間、月2、3回は電話相談に入り、年に数回は深夜帯を担当。
年間を通して最低2人が対応するためには、250人は必要だといいます。
しかし本人の健康問題を始め、家族の介護を理由に、
毎年20人前後が引退などを申し出るということです。

2017. 6. 6
砂川5人死傷事故2年

一家5人が死傷した砂川の飲酒ひき逃げ事故の発生からきょうで丸2年です。
地元では事故の撲滅を誓う人たちによる集会がことしも開かれました。

およそ300人が二度とあのような事故を起こしてはならないという決意を新たにしました。

2017. 6. 2
スルメイカ漁初水揚げ

道南のスルメイカ漁がきのう解禁になり、
けさ初水揚げされました。
去年は記録的な不漁だっただけに、
漁業関係者には不安と「今年こそは」という期待が。

松前町沖で操業した漁船10隻が
早朝、 函館漁港に初水揚げしました。
函館のスルメイカ漁は
去年、水揚げ量が10年前の5分の1の
8千トンに落ち込む 記録的な不漁となり、
水産加工業者や漁師は厳しい経営状況に 追い込まれています。

初日の水揚げ量は
去年の2倍の1088キロありましたが、不安が拭えないようです。

漁師
「いつもの半分、半分以下でないかい。」
Q「量的に言うとどうですか?」
「量はないわ。イカがいそうにもないわ」

初競りでは、
鮮度が高い「いけすイカ」に
ご祝儀価格の1キロ7千円の高値が付きました。

市場関係者
「去年がああいう漁だったのでそれに対して
プラスどこまで伸びるかなということで
大漁という形にはならないと思うんですけど」

市民の台所、はこだて自由市場の鮮魚店では
4杯1800円で販売。
解禁を待ちわびた市民や飲食店関係者などが買い求めていました。


「今年は思ったより型も初日にしては大きいし扱いやすい
先が良さそうだと感じます」
飲食店
「もう少し値段が手頃に使えればいいですけどなかなか厳しい」

道総研函館水産試験場の調査では、
ことしの漁獲は去年よりは期待できるものの
低水準が続くという見通しです。
漁は夏に最盛期を迎え、 来年1月まで続きます。

2017. 6. 1
道庁でクールビズ

道は、 ノーネクタイなどの軽装で働くクールビズを
きょうから始めました。

けさは時折小雨が降るあいにくの天気で肌寒さが残る気温だったことから、
上着を羽織って出勤する職員が多くみられました。

職員
「(肌寒いので)ジャケットを着てきました」
「気持ち的には働きやすいと思う」

職員
「6月1日からやるということですので、 決めた通りにやりたいと思う」

職員に軽装で働くよう呼びかける道のクールビズはことしで7年目。
期間は9月いっぱいまで。
期間中は、庁舎内の冷房の温度を28度に設定します。

佐藤圭子参事
「その職場、その地域の温度と気温をみながら
それぞれに合った服装で仕事をする」

企業の多くも、きょうからクールビズを始めました。
道によりますと、道内の3600を超える企業や団体が
クールビズに取り組んでいるということです。

2017. 5.31
一歩進んだ技術研究も

道総研工業試験場の成果発表会が 札幌で開かれました。
研究開発の成果を民間などで広く活用してもらうのが狙いです。

道内に2台しかないという大型機械。
金属で部品などを作る 3Dプリンター。

記者リポート
「コチラの金属3Dプリンターでは、ご覧のように
複雑な内部構造を持った金属部品も 簡単に作ることができるんです」

レーザー光線を使い、細かい金属の粉を100分の5ミリの厚さで溶接。
断面を何層も積み上げて 形を作っていきます。
この製法により、 溶かした金属を 鋳型に流し込こんだり、
機械で削ったりする、 これまでのやり方ではできない
複雑な部品を作れるように なりました。


さらに一歩進んだ 技術の研究も。

道総研工業試験場担当者
「特殊な用途で使う金属というのは、ちょっと変わった性質、
例えば硬いとかあるいは脆いとかですね。
(プリントの)途中で壊れちゃうんですねボロボロになって
そういう物について何とか(3Dプリンタで)物が作れないか?」

そこで、特殊な金属に
溶けてくっつきやすい金属を一定の割合で混ぜることなどで、
3Dプリンターで形を作る 技術を開発しました。
発電や航空宇宙の分野を始め、
医療で使われる部品などへの 応用が期待されています。

こうした先端技術など、
発表会では、80件の成果が披露されました。


商品開発でよくある 『トラブルによる販売中止』 『開発を断念』など、
代表的な失敗例から原因を分析。
商品開発の過程をゲーム形式で 学べるようにしました。
まずは、パズルの試作品を 企業に使ってもらい改良を重ねます。

2017. 5.31
エアドゥ9期連続黒字

航空会社エアドゥの 2017年3月期の決算は、
旅客数が200万人を超え過去最多となったことなどから、
9期連続の黒字となりました。

売上高は490億円。
前の年の同じ期を3・7%上回りました。

主力の新千歳―羽田線は、
週末を中心に深夜便を 運行したことなどで
3年ぶりに旅客数が100万人を超え、
全路線の合計旅客数は208万人となりました。

無料通信アプリ「ライン」で搭乗手続きなどをできるサービスや、
早期割引制度の拡充などで、
ここ数年続いた格安航空会社の台頭による苦境から脱しました。
純利益は、機材の支払い費用などを 計上したことから
23%減の6億4000万円でした。

2017. 5.29
狸小路に割安宿泊施設

札幌の狸小路商店街に来月、 外国人観光客などを ターゲットとした
割安な宿泊施設がオープンします。


施設名は「グリッズ札幌」。
ホステルと呼ばれる 簡易宿泊所で、
不動産開発などを手掛ける 東京のサンケイビルが、
築25年の商業ビルを、 およそ4億円かけて改装しました。

オープンは来月1日です。

家族や仲間同士で利用する 個室29室と、
二段ベッドが並び 60人まで泊まれる 2つの相部屋からなり、
最大127人が宿泊できます。

女性が安心して泊まれるよう、 セキュリティーにも配慮しました。

料金は素泊まりで3150円からです。
サンケイビルが ホステルを札幌で展開するのは初めてです。

佐々木執行役員
「格安航空会社による台湾との経路(直行便)が できたりして、
もっと(北海道に来る外国人観光客は) 増えると思う
ニセコだとか富良野だとかへの 開設も検討したい」


ホステルなど札幌市内の簡易宿泊所の数は42施設と
この5年間で倍増していて今後も増加が見込まれています。

2017. 5.26
札幌で原子力政策説明会

原発から発生する高レベル放射性廃棄物の最終処分について、きょう札幌で説明会が開かれました。

説明会は資源エネルギー庁が全国各地で開いていて、きょうは道内の市町村職員約20人が参加しました。

国は今年夏以降に最終処分に適した地域を表した「科学的特性マップ」を公表する方針で、

資源エネルギー庁の担当者は「使用済み核燃料の問題は現役世代が解決しなければならない」として
理解を求めました。

2017. 5.25
高速道ワイヤロープ設置始まる

高速道路の2車線区間の事故防止対策として、ワイヤロープを設置する工事が始まっています。

道内ではまず、道央道と道東道の過去に事故のあった5区間約26キロにワイヤロープが設置されます。

対面通行部分を区切っていたゴム製のポールを金属製の支柱に換え、5本のワイヤロープを通します。

今年3月に大型トラックを使った実験で安全性能を確認。
対向車線へのはみ出し防止に効果があり、緊急時には取り外すこともできます。
道内にはまだ、こういった2車線区間がおよそ400㎞あり、
今後、課題を検証し設置範囲を広げていく方針です。

2017. 5.24
搾乳ロボ 国内最多に

最新技術を活用し、
年間1万トンの生乳出荷を目指す牧場が
上川の美瑛町で来月から搾乳を開始します。

今年3月に完成した「びえい牧場」の牛舎です。

オランダ製の最新鋭の搾乳ロボット8台を導入。
24時間365日、自動で搾乳できる体制を完備しています。

「びえい牧場」はブランド牛「ふらの和牛」を生産する
和牛肥育道内最大手の谷口ファームが酪農業に新規参入し設立。
和牛生産と酪農との相乗効果を狙います。

2022年度までに牛舎をもう一棟建設し、
搾乳ロボットは国内最多の16台になる予定です。
作業の省力化を進め若者の新規就農も促します。

来月末から480頭規模で搾乳を開始。

将来的には、
道内で最大規模となる年間1万トンの出荷を見込んでいます。

2017. 5.23
人手不足 ロボットで解消

人手不足の解消につながるのでしょうか。
業務用の大型の清掃ロボットが札幌の大学に導入され、
ひそかに注目されています。

札幌・手稲区にある北海道科学大学。
先月、施設の管理を担当する北海道中央バスの子会社が導入したのが、
アメリカ製の自走式の大型清掃ロボットです。

ロボットは高さ1.1メートル。
時速1.4キロのスピードで、1回充電すれば4時間動き続けます。
このロボットが導入されるのは、道内では初めてだということです。

2017. 5.19
タコ箱オーナー復活

留萌の小平町の名物企画 『タコ箱漁オーナー』が6年ぶりに復活。
そのオーナを決める抽選が きょう行われました。
運まかせならぬ 『タコまかせ』の抽選方法とは?

司会『タコルーレットスタートお願い致します!』
町長『おし、頼むぞ(タコを放つ)』

タコが向かった箱によって 当選者が決まる、 その名もタコルーレット。
6年ぶりに復活した タコ箱漁オーナーには 300箱の募集に対し、
全国から およそ1700人の応募がありました。
1箱1万円でオーナーになると
漁の期間中3回箱が引き上げられ、
タコが入っていれば 浜ゆでしたタコが届けられます。

水揚げが回復傾向になり 企画が復活しました。

小平町・関次雄町長
「 漁が復活したということがオーナー制度の復活に繋がった。
  タコの了解も得た」

オーナー用のタコ漁は、 来月20日ころに始まります。

2017. 5.18
札幌市パートナーシップ宣誓制度

札幌市が来月導入する、
いわゆるLGBTカップルを 公に認証する制度。

認証する日時の予約受け付けが きょう始まりました。

予約受け付けは電話で行われました。

申請の受け付けは来月1日からで、
市役所に書類を提出する 必要があります。

性的少数者のカップルを 認証する制度の導入は
札幌市が全国で6例目で、 政令指定都市では初めてです。
心と体の性が一致しない異性同士のカップルも 対象にしたのは
札幌市が初めてです。


担当課長
「 これは性同一性障害の方たちを念頭に置いたもので、
当事者の方達の要望の中でも強く希望として挙げられていたものです。
認証制度に法律上の効力はありませんが、
病院や不動産契約などの場で 関係を説明しやすくなるという 声があります。」

札幌で飲食店を経営する ゲイの桑木昭嗣さん。
秋元克弘札幌市長に去年、 認証を制度化するよう 要望書を提出しました。
桑木さんは公な認証制度の意義についてこう話します。

「 今まで自分たちは、いないものとして存在していたというか
存在していなかった。世の中的では。
これで全てよしではなく、 まだまだ戦いは続くんだろうなと。」

札幌市の窓口は 男女共同参画課です。

2017. 5.17
事故調査委員会が現地入り

自衛隊機が墜落し、 乗員4人が死亡した事故で、
自衛隊の事故調査委員会らが きょう現地入りしました。
ボイスレコーダーの回収を急ぎ、 事故原因の究明を本格化します。

機体の残骸が見つかった 北斗の山の中に
けさ、 委員会のメンバーを含む 自衛隊員らおよそ50人と
道警の捜査員らおよそ60人が入り、 機器類や遺留品の捜索を 進めています。
委員会は、
機体に搭載されていたコックピット内の会話を記録する ボイスレコーダーや
機体の破片の回収を急いでいます。
フライトレコーダーは飛行直前に機体から外されていました。
委員会は4カ月以内に 調査結果をまとめ、 防衛大臣に報告します。

2017. 5.16
札幌ラーメンショー開幕

人気の食のイベント= 札幌ラーメンショーが
きょう、大通公園を会場に始まりました。

開催はことしが3回目です。
期間を2つに分けて
道内外の人気ラーメン店が9店ずつ自慢の味を提供します。

チーズをのせたイタリアン風や
煮干しをたっぷり使ったものなど
各店が知恵を絞った創作ラーメンが人気を集めそうです。

代金は一律800円です。
開催は今月28日までで、
22日は店舗入れ替えのため休みです。

実行委員会は期間中、 13万人の来場を見込んでいます。

2017. 5.15
自衛隊機 消息を絶つ

きょう正午前、
札幌から函館に向かっていた自衛隊機が消息を絶ち、
防衛省が状況を確認しています。

防衛省などによりますと、消息を絶ったのは
陸上自衛隊北部方面航空隊所属の LR2連絡偵察機です。

丘珠空港を11時20分に出発し、
11時50分に函館空港に着陸する計画でしたが、
11時47分ごろ、 函館空港の北西およそ20キロで
高度3千500フィートを飛行中に レーダーから機影が消えました。
偵察機には機長と副操縦士、
整備員2人の男性自衛官4人が乗っていました。

偵察機は檜山の厚沢部町にある
鶉ダム周辺に墜落した可能性があり、
自衛隊や消防が捜索しています。

偵察機は、
函館市内の病院に入院中の 患者の状態が悪化したため、
道から緊急空輸のための 災害派遣の要請があり、
患者らを迎えに行く途中でした。

2017. 5.12
本別町元職員 情報漏えい容疑

土地の固定資産税の納入状況を漏えいしたなどとして警察はきょうまでに、
地方税法違反などの疑いで十勝の本別町の元職員ら2人を逮捕・送検しました。

逮捕・送検されたのは本別町の元職員で無職の本寺一彦容疑者60歳と

知人の佐藤隆夫容疑者66歳です。

本寺容疑者は税務を担当する住民課の課長補佐だった2014年5月ころ、

町内に固定資産税が長年、滞納している山林があることを
佐藤容疑者に漏らした疑いがもたれています。

佐藤容疑者は、この情報から山林を所有する農業法人が休眠状態であることを知り、

自分が役員に就任したとする虚偽の変更登記申請書を作成、
この農業法人を乗っ取った疑いです。

両容疑者の認否は明らかになっていません。


警察はきょう未明から本別町役場など関係先数カ所を家宅捜索しました。
捜査関係者によりますと、
佐藤容疑者は山林の木材を売却し、千数百万円の利益を得ていたということで
本寺容疑者が見返りに金品を受け取っていなかったかなどを調べています。

2017. 5.11
大型客船 白老港に初寄港

胆振の白老町の白老港にけさ、大型客船が初めて寄港し、地元は歓迎ムードに包まれました。

今月8日に神戸を出港し、日本一周クルーズを行っている「ぱしふぃっく びいなす」。

地域の物流拠点として利用される白老港に大型客船が寄港するのは初めてで、
去年から苫小牧港とともに観光分野での活用を目指してクルーズ客船の誘致を進めていました。

歓迎式典には白老町の関係者や地元住民など100人以上が集まり、
2020年に開設される国立博物館の紹介などアイヌ文化と町とのつながりをPRしました。

330人の乗客のうちおよそ半数がアイヌ民族博物館や登別温泉などに向かったほか、

港では白老牛など地元の食材がふるまわれました。

2017. 5.10
女満別空港 民営化視察会

道内7つの空港の一括民営化に向けた視察会がきょう、
女満別空港で開かれました。

国と道は、新千歳など7つの空港について2020年度の一括民営化を目指していて、

ことし1月から各空港で視察会を開いています。

女満別空港の視察会は6番目の開催で、
きょうとあすで国内外の80社ほどが参加します。

道によりますと、
女満別空港は外国人観光客の増加で近年は利用者数が増えていますが、
滑走路の維持や除雪などの支出がかさみ、
8年連続で赤字が続いています。

2017. 5. 9
道 ハワイ州と友好提携

道はきょう、
アメリカのハワイ州と友好提携を結びました。

提携は相互の経済交流や人的交流を目指す内容で、

道は、2012年の新千歳―ホノルル間の
直行便の就航を機に提携の準備をしてきました。

道と海外の地域が友好提携を結ぶのは10例目で、
アメリカの州では2例目です。

道内企業では数年前から、
飲食業を中心にハワイに進出する動きが相次いでいます。
既に札幌のパン店やラーメン店、
すし店など7社が店舗を構え、
いずれも人気を集めています。
道は「今回の提携をハワイに進出する企業の増加や、
食品などの輸出の拡大につなげたい」としています。

2017. 4.28
砂川事故 古味被告が上告

砂川一家5人死傷事故の古味竜一被告が
懲役23年の判決を不服として最高裁判所に上告しました。

古味被告は、おととし6月に砂川で一家5人が死傷した事故で、

既に刑が確定している谷越隆司受刑者とともに危険運転致死傷の罪に問われ、
一審と二審でそれぞれ懲役23年を言い渡されています。

谷越受刑者は上訴権を放棄し、今月24日に懲役23年の刑が確定しています。

2017. 4.27
今夜日ロ首脳会談

安倍晋三総理は日本時間の今夜、
ロシアでプーチン大統領と首脳会談を行い、
北方四島での共同経済活動の進展に向けた調査を行うことなどで合意する見通しです。

高齢化する元島民の負担の軽減策として、
早ければ来月にも航空機での墓参を実現できるよう調整を進める方針も確認します。

2017. 4.26
種イモ足りません

去年夏の台風被害でジャガイモの収穫量が減り、今年作付けする種イモも不足。
産地で影響が広がっています。

十勝の芽室町農協。

台風の影響で去年の収穫量は例年の9割で、十分な数の種イモが確保できていません。

例年は40グラムから190グラムの種イモを規格品として各農家に配布していますが、
ことしは規格外の小ぶりなイモや大きすぎるイモも、種イモとして配布する対応に追われています。

原料のジャガイモが不足していることから、
大手菓子メーカー2社が相次いでポテトチップスの一部販売休止や終了を決めています。
2年連続の収量減を回避することが産地の課題となっています。

2017. 4.25
輪厚PA改装 魅力は

「そこが知りたい」のコーナーです。
ゴールデンウィークを前に、
道央道の輪厚パーキングエリアがきょうリニューアルオープンしました。
生まれ変わった商業施設の魅力を体験してきました。

2017. 4.19
暴風被害 気象庁が現地調査

きのう、40メートルを超える風で
建物被害が出た後志の真狩村。
気象庁の調査チームがきょう、現地で被害状況を調べました。

真狩村はきのう、
村としては観測史上最大の42.2メートルの
最大瞬間風速を観測。

トタン屋根が剥がれたり倉庫のシャッターが飛ばされるなど
建物11棟で被害が出ました。

被害に遭った農家(女性)
「ここに嫁いできて40年になるが、こんなに強い風は初めて」

気象庁はきょう、職員4人を現地に派遣。
突風の原因が急激な下降気流や
竜巻の可能性もあるとみています。
被害があった農業施設を中心に、
屋根が剥がれた状況や木が倒れた方角などを調べました。

道のまとめによりますと、
きのうの暴風雨で道内全体で9人がけがをし、
住宅など建物142棟で被害が出ました。

2017. 4.18
道内 暴風雨に

きょうの道内は
日本海側と太平洋側の広い範囲で暴風雨となっています。

最大瞬間風速は
後志の真狩村で42・2メートルを観測。

道によりますと、
函館で住宅の屋根がはがれたり壁が崩れるなど、
道内で24件の住宅被害がありました。

伊達では強風にあおられ、80代の女性が転倒するなど
2人が軽いけがをしました。
1時間当たりの雨の量は、
伊達と渡島の七飯町で最大26ミリを観測。

JRは新千歳空港行きの快速エアポートなど
29本が運休しました。

胆振を中心に小中学校105校が臨時休校となり、
きょうの全国学力テストを延期しました。

荒れた天気は今夜遅くまで続く見込みで、
気象台は土砂災害などへの警戒を呼び掛けています。

2017. 4.17
赤字バス路線 補助金削減撤回を

赤字バス路線への補助金を国が削減する方針です。

これを受け、北海道バス協会はきょう、
撤回を国に働きかけるよう道に申し入れをしました。

赤字路線への補助金は、市町村をまたぐ路線について、
運行経費の45%を上限に国と道が負担しています。
国は負担する上限を来年度から40%に引き下げる方針です。

道内は昨年度、167路線が補助対象で、
赤字の8割に当たるおよそ27億円の補助を受けました。
帯広の十勝バスは
帯広と広尾町などを結ぶ3路線を対象に
1億7千万円余りの補助を受けています。
国の上限が下がれば1割以上の2千万円余りが
減額になります。

バス会社は
生活路線の縮小や廃止に踏み切らざるをえないと
頭を悩ませています。

長沢敏彦事業本部長インタビュー
「赤字額が埋まらない部分について補てんの方を
各沿線自治体にお願いするしかない」
「(もしそれが難しいと)本意ではないですけど減便などしながら
赤字額を少なくしていく方法にやはりなってしまうのかな」

バス協会はあす、
東京の日本バス協会を通じて国に申し入れをする方針です。

2017. 4.14
砂川5人死傷事故 二審も懲役23年

砂川で一家5人が死傷した事故。

きょうの控訴審初公判は即日結審し、
札幌高裁は被告2人の控訴を棄却。
それぞれ懲役23年とした一審判決を支持しました。

危険運転致死傷などの罪に問われている
上砂川町の無職谷越隆司被告と住所不定無職の古味竜一被告。

両被告はおととし6月、
砂川市内の国道でそれぞれの車を運転し、
時速100キロを超える猛スピードで赤信号の交差点に進入。

一家5人が乗った軽ワゴン車に衝突するなどして、
4人を死亡させ1人に重傷を負わせました。
一審は「速度を競い合い赤信号でも通過するという意志を相通じていた」として
共謀による危険運転致死傷罪を認定。
それぞれに求刑通り懲役23年を言い渡しました。

これに対し両被告が控訴。
きょうの公判には古味被告は出ず、
谷越被告のみ出廷。

高橋徹裁判長は「事件の悪質さを考えると量刑は不当でない」として
控訴を棄却しました。

2017. 4.13
札幌市 2候補地を正式提案

札幌市の秋元克広市長はきょう、
プロ野球日ハムの球団事務所を訪れ
新球場の候補地を正式に提案しました。

提案では球場は3万人~4万人規模のドーム型球場とし、
「スポーツ、食、健康をテーマとしたコミュニティーエリアの形成」など
3つのコンセプトを掲げています。

候補地は北大構内と、
旧道立産業共進会場周辺の2カ所です。

提案を受けた島田利正球団代表は
「交通アクセスと周辺人口は魅力的だ」とする一方、
候補地の広さについては「今後の課題」としました。

2017. 4.12
終活 サ高住ツアー

きょうは「How To 終活」のコーナーです。
高齢者の住まいとして人気の
サービス付き高齢者向け住宅、サ高住。
最新のトレンドを探ります。

2017. 3.30
都心型ニトリ 品ぞろえは

家具チェーン最大手のニトリホールディングスがあす、
JR札幌駅直結のビルに都心型・新業態の店舗をオープンします。

ニトリエクスプレスの一号店は、
駅直結の立地で、
仕事帰りや車を持たない若い世代などの集客を図ります。
売り場はおよそ1000平方メートル。
従来の郊外型店舗と違い大型の家具などはなく、
カラフルな食器やベッドカバー、
季節の雑貨などを中心に5000アイテムほどが並び、
家具やカーテンなどのオーダーも受け付けます。
生活雑貨など家具以外の売り上げが伸びる中、
手軽に買い足しや買い替えの需要を取り込みたい考えです。

2017. 3.29
賢いシニアの保険活用

「How To 終活」のコーナー。
高齢化を背景に、
シニア世代向けの生命保険商品が増える中、
賢い選び方や活用法を取材しました。

銀行の窓口では、

保健を資産運用に活用できないかという

シニア世代からの相談が増えているといいます。

 

 

2017. 3.14
マイカー相乗り仲介 交通過疎地

マイカーの相乗りで交通手段を確保。
道北の天塩町で実証実験が始まっています。

JRや路線バスなど直接の公共交通がない天塩―稚内間。

通院する人などの移動手段を確保しようと、
インターネットで車の相乗りを仲介する会社と町が提携しました。

利用は登録制で
現在、町内の登録者はドライバー19人、同乗者13人。

ドライバーが日時、募集人数をサイトで告知。
同乗者は都合の合うドライバーを見つけ申し込みます。
インターネットに慣れていない高齢者のためには
電話でも利用を受け付けます。

2017. 3.13
新函館北斗駅前にホテル付き施設

北海道新幹線開業1年を前に
JR新函館北斗駅前にホテル複合施設が完成。
飲食・物販スペースがきょう、先行オープンしました。

施設は6階建てで
2階以上はホテル「ラ・ジェント・プラザ函館北斗」です。

先行オープンしたのは
1階部分の北斗市観光交流センター別館で
地元の飲食店や土産店など18店が出店しています。


きょうは、活イカの釣り堀体験や
道産ワインの飲み比べなどを観光客らが楽しみました。

先行営業はきょうとあすの2日間で
今月17日にホテルを含めて全面開業します。

2017. 3. 8
高速道路での正面衝突を防ぐ

対面通行の高速道で
上下線を区切って正面衝突を防ぐ
ワイヤロープの試験設置が来月、全国で始まります。
苫小牧できょう、衝突実験が行われました。

実験では,20トンの大型トラックが
時速52キロでロープに衝突。

ワイヤのたわみ具合や、
ワイヤとトラックの破損状況などを確認しました。

リポート
『20トンのトラックが50キロ以上で衝突したんですが、
この五本のロープで突破は防がれています』

ワイヤは5本組みで、
強く張り過ぎないことで衝突した時の車両への衝撃を緩和し、
安全性を高めています。

対面通行の高速道は現在、
主にゴム製のポールで上下線を区切っているため、
対向車線に車両がはみ出す事故が多発しています。

おととしは全国で334件の事故があり、
死亡事故の発生割合は4車線の場合のおよそ2倍です。
道内は67件と多く、死亡事故も1件ありました。

ネクスコ東日本・田中潤一課長
『きょう(ワイヤロープの)効果が確認された。
これをなるべく早く本格運用できる様に実現していきたい』

高速道路各社は
全国のおよそ100キロの区間にワイヤロープを試験設置し、
効果や課題を確認します。

道内は道央道と道東道の5つの区間の合わせて
およそ26キロに順次設置します。

2017. 3. 7
ファイターズ球場移転 札幌市候補地「お断り」

プロ野球日本ハムの新球場問題を巡り、
札幌市が候補地に検討している八紘学園の土地について、
学園の理事長が札幌市に対し、
土地の提供を断っていたことが分かりました。

八紘学園・木村宏理事長
「公共団体である札幌市が公共的にお使いになる、
その条件が一企業のね専用球場として作って
それを提供するというのは公共的な事業になるのか?」
「私の見解では情報不足…
いま札幌市さんのなさろうとしていることについては
賛同しかねるということでお断りしている」

木村宏理事長はさらに、
高さが80メートルともされるドーム球場や、
付随する商業施設などは、
「自然環境との調和」という旧・道立産業共進会場の
土地利用の方針に合わないという考えから、
学園の土地の提供を断る意向を
理事長判断で伝えたということです。

札幌市はこれまで、
学園から借りている土地を含めた
およそ13ヘクタールを候補地にするため、
職員が学園側に口頭で土地の提供を提案していました。

木村理事長は、
学園として正式な提案は受けていないと話していて、
札幌市の担当者は
「今後も丁寧に説明していきたい」
と話し合いを続ける考えです。

2017. 3. 3
道内10無人駅あす廃止

あすのダイヤ改正に合わせ、
JR北海道の10の無人駅が廃止となります。

あす廃止になるのは
千歳線の美々駅、釧網線の五十石駅、函館線の蕨岱駅など
10の無人駅です。

いずれも1日の平均乗車人数が1人に満たない駅です。

駅の廃止で、
除雪などの維持費が1駅当たり年間100万円程度削減されます。
利用客の極端に少ない34の無人駅について
今後JRと地元自治体で話し合われる予定です。

2017. 3. 2
ビザなし交流 日ロ協議

今年の北方四島とのビザなし交流の計画などを話し合う
日ロの協議がきょう、札幌で開かれました。

きょうは、北方領土関連団体の代表者らが
サハリン州政府の幹部らロシア側の訪問団11人と
今年の交流事業の日程や参加人数について協議しました。

北方領土の訪問事業を巡っては
去年12月の日ロ首脳会談を踏まえて
元島民らが墓参の拡充や航空機の活用、
手続きの改善などを求めています。

2017. 3. 1
そこが知りたい!臨床宗教師②

身近な疑問に記者が迫る「そこが知りたい!」のコーナー。
テーマはきのうに続いて「臨床宗教師」です。
今回は、臨床宗教師が求められる背景や課題を取材しました。

2017. 2.28
そこが知りたい!臨床宗教師

身近な疑問に記者迫る「そこが知りたい!」のコーナーです。
きょうは、病院などで患者の心のケアに当たる「臨床宗教師」についてです。
布教や伝道を目的としない、その活動とは?

2017. 2.23
JR貨物脱線 復旧見通したたず

けさ4時ごろ、胆振の洞爺湖町のJR室蘭線で、
貨物列車が脱線しました。
周辺の上下線で運転が見合わされ、
復旧のめどは立っていません。

脱線したのは本州から札幌に向かっていた
19両編成の貨物列車です。
先頭の機関車が脱線し、緊急停車しました。
男性運転士にけがはありません。

JR北海道によりますと、
運転士は緊急停止した2キロ手前の
踏切付近で異常な音を聞き、
その後も異音がしたため列車を止めました。
踏切では敷板を抑える部品が壊れていました。
監視カメラの映像では、次の踏切を通過した時に
車輪から火花が出たのが確認され、
他にも複数の破損が見つかりました。

事故のため、
室蘭線の一部の上下線が不通となり
札幌と函館を結ぶ特急は終日運休しました。

国の運輸安全委員会が現地に入り、
事故の原因を調べています。
JR北海道は
「運転再開には大幅に時間を要する」としています。

2017. 2.22
夕張再生計画 変更を発表

夕張市は、地域再生事業も盛り込んだ
財政再生計画の変更案を公表しました。

変更案は累積赤字返済と地域再生を両立します。

地域再生事業は今後10年間に46件、
113億円かけて取り組みます。
国の特別交付税で、財源確保の見通しが立ちました。

再生事業は、
地域資源を活用した雇用対策としての
炭層メタンガスの開発支援と活用研究や、
若者の定住と子育て支援のための認定こども園の整備などを
盛り込みました。

一方で市民税は安くし、住民負担を軽くします。
均等割りの分を4千円から3500円に、
所得割の分を6.5%から6%にそれぞれ引き下げ、
全国水準並みにします。

夕張市は来月にも、
今回の変更案について総務大臣の同意を得る考えです。

2017. 2.21
冬季オリンピックの可能性は?

冬季アジア大会で札幌を訪れている
アジア・オリンピック評議会のアハマド会長が
記者会見を開きました。 

アハマド会長は、
国内外の報道機関が集まるメインメディアセンターで
記者会見し、
札幌での冬季オリンピック開催の可能性について
次にように話しました。

アハマド会長
「札幌はすでに冬季アジア大会やオリンピックをやっていて
これがアジアのレガシー(遺産)になっている。
札幌は(五輪を)開催する能力もあるし、その準備もできている」

今回のアジア大会では観戦チケットの売れ行きがよく、
市民が大会を支援している姿勢も評価できると話しました。

また、きょう、大倉山ジャンプ競技場に併設する
札幌オリンピックミュージアムがオープンしました。
2000年に開業した施設を改修したもので、
1972年の札幌大会などの歴史をパネルや映像で紹介しています。

パラリンピックで使われたスキーや、有名選手の練習着も展示。

入館料は大人600円で中学生以下は無料です。
今月中は誰でも無料で入館できます。

2017. 2.20
釧路でパプリカ水耕栽培

釧路市で、ピーマンの一種「パプリカ」の
大規模な水耕栽培が始まり、きょう、出荷が始まりました。
北海道サラダパプリカが2.3ヘクタールのハウスで水耕栽培されています。

総事業費はおよそ10億円です。

栽培に適した涼しい気候を生かし、
国内の供給が落ち込む夏から秋を中心に安定出荷し、
付加価値を高めます。
パプリカは国内の年間出荷量が4千トン余りで、
国内流通の9割が海外産です

釧路産は店頭価格を国内産並みの200円ほどとし、
道内や首都圏に年間600トンを出荷。
4億円の売り上げを目指します。

2017. 2. 9
円山動物園 入札せず業者選定か

札幌市円山動物園の工事の指名競争入札で不正があった疑いがあるとして、
札幌市が職員の処分などを検討していることが分かりました。

問題の指名競争入札はおととし5月に行われ、
札幌東区の建築金物制作会社が320万円で落札。

その後、この会社の元社員の男から
「この件も含め複数の入札で不正に落札した」と通報があり、
市が調査しています。

元社員は、市の職員から
「忙しいので入札はやらない、やったことにする」と
説明を受けたと話しています。

2017. 2. 7
夕張市に国が財政措置

夕張市が取り組んでいる100億円規模の新規事業などの財政再建見直しについて、
政府が特別交付税による財政支援を表明しました。
夕張市の鈴木市長は
「財政再生団体から脱却する新たな計画を策定し、国の決断に応えたい」としています。

2017. 2. 6
冬ア大会 聖火リレー

今月19日に開幕する冬季アジア札幌大会の聖火リレーがきょう、行われました。

きのう、アイヌ民族の伝統的手法で採火されたランタンから
トーチへときょう午後1時過ぎ、聖火が灯されました。

聖火ランナーはPRアンバサダーの浅田舞さんや200人の一般公募から
選ばれた市民など10代から70代の54人です。

多くの観光客や市民が見守る中、
札幌中心部の2250メートルを聖火をつなぎ札幌市役所にゴール。

聖火の火は大会直前まで道庁や帯広市役所でも展示され、
19日の開会式で聖火台に点灯されます。

2017. 2. 2
八紘学園 新球場候補地に

北海道日本ハムファイターズの新球場建設構想を巡り、
札幌市が豊平区の八紘学園の場所を候補としていることが分かりました。

市が検討しているのは、
八紘学園が所有している敷地およそ60ヘクタールの一部で、
旧・道立産業共進会場に隣接しています。
地下鉄東西線の南郷13丁目駅と、東豊線の福住駅の間にあり交通アクセスも良く、
新球場構想に必要とされる20ヘクタールの広さも満たしています。
札幌市の秋元克広市長はきょうの記者会見で、
「他の候補地も含め土地所有者との話し合いに時間がかかり、
球団への提案は今年度末か来年度にずれ込む」という見方を示しました。

2017. 2. 1
雪まつり つどーむで先行開幕

ことしのさっぽろ雪まつりがきょう、
つどーむ会場で先行開幕しました。

会場には雪と触れ合える17のアトラクションが登場。
ここ数年、外国人客が増えていることから
今年初めて、手荷物の一時預かり所を設置し、
外国語対応のスタッフも増員しました。
大通とすすきの会場は6日に開幕します。

2017. 1.31
そこが知りたい 雪まつり見どころ

身近な疑問に記者が迫る「そこが知りたい!」のコーナー。
あす開幕する、つどーむ会場の様子を始め、
さっぽろ雪まつりの今年の見どころを取り上げます。

2017. 1.30
そこが知りたい 雪まつりと自衛隊の今

身近な疑問に記者が迫る「そこが知りたい!」のコーナー。
さっぽろ雪まつりのシンボルともいえる、大雪像を作ってきた自衛隊。
近年、徐々に縮小されている協力体制など雪まつりとの関わりを取材しました。

2017. 1.20
海外客の荷物 ホテルに配送

JR北海道は
外国人観光客に向け駅から観光地の宿泊先まで
当日中に荷物を届けるサービスを始めました。

このサービスは
春節や雪まつりがあり外国人観光客が多い
この時期の期間限定で、今年初めて企画されました。
通常の宅配サービスでは当日の配達はありませんが、
今回はJR札幌駅や新千歳空港駅で預けた荷物を
その日のうちに登別・洞爺のホテルへ届けます。
料金は1個につき800円。
これまで
JRを利用する観光客から、
「荷物を持ったままでは駅周辺の観光がしづらい」という声があり、
JRとしても「大きな荷物で車内が混雑する」という問題がありました。
JR北海道では「春節にかけて利用が増える」と見込んでいます。

2017. 1.19
アジア大会 チケット販売苦戦

冬季アジア大会の開幕まで1カ月。
チケット販売で苦戦が続いています。

来月19日に始まる冬季アジア大会。
チケットの販売は去年11月から行われていますが、
開会式や閉会式などを除くと
大半の競技で定員の半分以下、
アイスホッケーなどは1/4以下の売れ行きです。

2017. 1.18
トランプ政権 道内影響は

アメリカのトランプ政権があさって誕生します。
日米の今後の関係や道内経済にはどのような影響があるのでしょうか。

街の声や識者の意見を取り上げます。

2017. 1.17
How To 終活~地域に開かれたサ高住 狙いは

今回は軽度の要介護者などが住む
サービス付き高齢者住宅=サ高住を地域に開放しようという
取り組みを取材しました。

2017. 1.13
未解決の釧路市女性殺人 情報呼びかけ 

釧路市の住宅で、1人暮らしの田中弘子さん当時80歳が
殺害された事件は、容疑者逮捕に至らぬまま、
あさってで発覚から1年になります。
釧路警察署の捜査員ら約20人が、きょう、現場付近で
チラシ300枚を市民に配り、情報提供を呼びかけました。

田中さんの遺体の頭に殴られたような痕があったことから、
警察は、何者かが強い殺意をもって
犯行に及んだとみていますが、
解決につながる有力な手がかりはなく、
事件に関する情報も、
最近は少なくなってきているということです。

2017. 1.12
航空業界で働く人材を 大学と連携

江別の札幌学院大学と全日空のグループ会社が、
航空業界への就職を目指す学生の支援に向け
連携協定を結びました。

客室乗務員などとして働くための
ノウハウを伝える共同の講座を、
来月から新千歳空港での実務体験を含め開講し、
航空業界で働く学生の増加につなげます。
道内の大学と
全日空のグループ会社による講座の開設は初めてで、
学院大は、
航空業界に就職する学生の数を、数年後に
今の4倍の20人ほどに増やしたいとしています。

 

2017. 1.10
新年インタビュー⑤秋元札幌市長

今年注目の人に話を聞くシリーズ、
5回目のきょうは、札幌市の秋元克弘市長です。
後手後手に回るプロ野球・日ハムの
本拠地問題などについて聞きました。

2017. 1. 6
北ガス 野球部創設へ

北海道ガスが2019年度にも野球部を創設する方向で検討を始めたことが分かりました。

北ガスは社員として部員を採用するほか、練習場などを確保し結成。

選手を20人規模に増やし、都市対抗大会などに挑む計画です。

運営費は年間数千万円規模を見込んでいます。


道内ではJR北海道が経営難を理由に今年度限りで硬式野球部を廃止。

去年、家庭用の電力小売り事業に参入した北ガスは、道内の企業チームを復活させることで、
知名度の向上による顧客獲得などの効果を期待しています。

2017. 1. 5
コンサ増収いかに

ことし注目の人に話を聞くシリーズ、
2回目のきょうは、J1昇格を果たした
北海道コンサドーレ札幌の運営会社社長、
野々村芳和さんです。

野々村さんは、2013年にOBとしては初めて運営会社社長に就任。

J1復帰は、
チーム強化と選手の頑張りが一体化した成果だと振り返ります。

2016.12.22
未曽有の連続台風 被災地は今

今週は、今年1年の道内の様々なニュースを振り返るシリーズをお伝えしています。
3回目のきょうは、甚大な被害をもたらした連続台風です。

2016.12.21
日ハム コンサ 北海に沸いた

今週は、今年1年の道内の様々なニュースを振り返るシリーズをお伝えしています。
2回目のきょうは、北海道を大いに沸かせたスポーツです。

2016.12.20
鳥インフル処分ようやく終了

十勝の清水町の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、
鶏を処分する作業がけさ、完了しました。
道によりますと、殺処分はきのう午後9時に終了。
死がいを地中に埋める作業は140人態勢で夜通し行われ、きょう午前7時に終わりました。

処分した鶏は、
当初の想定の21万羽から、最終的におよそ28万4千羽に上りました。
道はきょう午前から、
鶏舎のふんなどの清掃作業を始めました。
その後、養鶏場の消毒やウイルス検査を行います。

2016.12. 9
陸別ブランド あったか肌着

大阪府の肌着メーカー「アズ」が
「日本一寒い町・陸別」を前面に打ち出した保温肌着を開発。
注目を集めています。

アズの担当者が今週、十勝の陸別町を訪れました。
20代から60代の町民40人に肌着を着てもらい、
その感想を映像に収録。
PRや商品開発に生かす考えです。

織り方などを工夫することで、
生地に一般的な肌着より多くの空気を含ませ、
暖かさと肌触りの良さを両立しました。

町職員の秋庭智也さんがアズの肌着を気に入り、
去年、町での調査を提案。
肌着の暖かさをPRしたいアズと
陸別のブランドを広めたい町の思いが一致しました。

陸別を打ち出した第一弾の商品は、
全国のスーパーなどで販売されています。

2016.12. 8
北見の鳥インフル 高病原性と判明

今月2日、北見市常呂町の海岸で、
回収されたオオハクチョウから
高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。
道は、回収場所から半径10キロ以内の鳥の飼育施設で監視を強化するほか、
周辺の野鳥の監視も継続します。

2016.12. 7
「そこが知りたい」日ロ首脳会談の行方

身近な疑問や社会問題に記者が迫る、シリーズ「そこが知りたい」。
きのうに引き続き、北方領土問題がテーマです。
日ロ首脳会談の行方について、北大・岩下明裕教授と新党大地・鈴木宗男代表に聞きました。

2016.12. 6
「そこが知りたい」北方領土問題

きょうとあすは、身近な疑問や社会的問題に記者が迫るシリーズ「そこが知りたい」を放送します。
今回のテーマは来週15、16日に迫った日ロ首脳会談を前に「北方領土問題」です。

 

2016.11.29
北大 国内初の人工関節

手首が動かなくなったリウマチ患者のための人工関節を
北海道大学などが国内で初めて開発しました。

この人工関節は、
北大と岡山市の医療機器メーカーが共同で開発しました。
関節リウマチは、免疫の異常などで関節内で炎症が起き、
痛みや関節の変形が生じます。
治療法は、金属で関節を固定するのが主流ですが、
手首を全く動かせなくなる欠点がありました。

この人工関節は、そうした欠点を克服。
手首のひねりなどの動きを制限することで、
耐久性も実現しました。
リウマチ患者への臨床試験では
20件のうち17件で改善が確認できました。

厚生労働省の推計によりますと、
関節リウマチの患者は全国におよそ70万人います。
毎年1万5千人程が新たに患者になるとされていて、
この内の9割が10年以内に手首の変形を生じています。

北大が共同開発した手首の人工関節は先月、
実用化に向け厚生労働省の承認を受けました。
来年の春から、北大病院と、
札幌・豊平区の北海道整形外科記念病院の道内2カ所を含む
全国数カ所の医療機関で一般治療に使う予定です。

治療は公的医療保険が適用され、
患者の負担は10万円前後となる見通しです。

2016.11.25
日高町が地元負担を検討 JR日高線

JR北海道が「単独維持困難路線」とした日高線について、
日高町の三輪茂町長が、
高波被害で不通が続く鵡川―日高門別間の運行再開を条件に、
一定の地元負担を検討していることが分かりました。

三輪町長は、
JRに負担額の試算を要請していて、
「試算を見て負担可能か検討する」としています。

2016.11.24
美容師殺害 元少年に求刑30年

美容師を殺害した罪などに問われた元少年の裁判員裁判。
検察側がきょう、懲役30年を求刑し結審しました。

起訴状によりますと、元少年は去年8月、
同じアパートに住む金野恵理香さんの部屋に侵入し、
包丁などで首を刺して殺害した上、
部屋に火をつけて遺体を損壊したとされています。

きょうの裁判で検察側は
被告の精神は正常だったと指摘した上で、
「人を殺したいという動機に酌量の余地はない」と述べ、
懲役30年を求刑。
弁護側は、被告が事件当時、
心身耗弱の状態だったと主張し、減刑を求めています。
判決は29日に言い渡されます。

2016.11.22
「そこが知りたい」日本一おいしい米は

今月スタートの新企画「そこが知りたい」。
今回は、後志の蘭越町で開かれた「米1グランプリ」の話題です。
全国のブランド米の中から、おいしさナンバー1を決める大会で、
農家の生産技術の向上にも一役買っています。
大会にかかわる人たちの思いとは。

2016.11.21
知事 JRに自助努力求める

JR北海道の島田修社長はきょう、
道庁で高橋知事と会談し、

単独では維持できない線区に関する今後の地元との協議について、
道の支援を要請。
高橋知事は協力する考えを示しました。

JRは先週、
単独では維持できない路線として10路線13区間を公表。
この区間については、バス転換や地元負担を求める考えを明らかにしました。

知事は経営多角化などの自助努力を求めるとともに、
JRと地元との協議の場には道も参加し、
将来の鉄道網の在り方を
ともに考えていきたいと述べました。

2016.11.17
ミシュランガイド北海道版5年ぶり改訂 来夏発売

飲食店や宿泊施設を格付けするミシュランガイド。
北海道版が5年ぶりに改訂され、
来年夏の初めに発売されることになりました。
699軒を掲載しましたが、
このうちのおよそ70軒が閉店したり、
評価が下がったりしたため更新します。
掲載する店の調査を継続中だということです。

2016.11.15
札幌 アスベストで中止の給食 来週全面再開

煙突からアスベストが見つかった札幌の小中学校が
通常給食を中止した問題で、
市の教育委員会は来週、全面再開すると発表しました。

通常給食は一時、30校で中止され、
まだ6校で再開できていません。
教育委員会は、他の学校で調理した給食を運ぶ体制などを整え、
この6校についても来週早々にも再開します。

全面再開は当初、煙突を改修した後の
冬休み明けになると説明していましたが、
保護者などから強い批判が出ていました。

函館でも同じアスベストの問題で、
16の小中学校がきょうから
通常給食を中止しました。

2016.11.11
ビジネスエキスポ 人材確保にも力

きのうときょうの2日間、札幌で、道内最大級の展示商談会、
「ビジネスEXPO」が開かれました。
近年は人材育成の場としても注目を集めています。

30回目の今年は、354の企業や団体が出展。

製造業や医療分野での活用が期待されるロボット技術や水素自動車などに注目が集まりました。

このビジネスエキスポ、近年は商品や技術のPRだけではなく、製造業の人材確保に向けた場にもなっています。
去年から設けられた「ものづくりなでしこ」ゾーンでは
道内のものづくり企業で働く女性の仕事ぶりを紹介。
道外企業に比べて低い女性従業員の割合を上昇させるのが狙いです。

そして、今年スタートしたのが、
工業系の大学や高校などの生徒を対象にした企業説明会です。
若者に、道内のものづくり産業の魅力を知ってもらうのが目的です。

2016.11.10
砂川5人死傷 注目の判決

去年6月、砂川で一家5人が死傷した事故で、

危険運転致死傷などの罪に問われた被告2人の裁判員裁判の判決がきょう、

札幌地裁で言い渡されます。

検察側の求刑はともに懲役23年。

被告2人が信号を無視してでもスピードを競い合ったとする

検察側の主張を共謀と認定するかが注目されます。

2016.11. 8
そこが知りたい~新たな担い手?外国人介護職員

一番知りたいテーマに記者が迫る「そこが知りたい」。
テーマはきのうに続き「介護の人材不足…2025年問題」です。
厚生労働省の推計では、
“団塊の世代”が75歳以上になる2025年、
道内だけでもおよそ1万2千人の介護職員が不足すると言われています。
きょうは、
日本人に頼らない人材確保を進める施設の取り組みを取材しました。

2016.11. 7
新企画「そこが知りたい」~介護の人材不足

きょうから始まる新企画「そこが知りたい」。
身近な疑問から、社会的な問題に記者が迫ります!

1回目のテーマは…「介護の人材不足…2025年問題」。
厚生労働省の推計では、団塊の世代が後期高齢者となる2025年には、
全国でおよそ38万人の介護職員が不足、
道内だけでも1万2千人が足りなくなると言われています。
若者の介護離れが進む中、
道内の人材確保策について取材しました。

2016.11. 4
保険適用の治療ロボ

札幌の医療法人が、患者の歩行機能を改善する
装着型ロボットを使う治療では道内で初めてとなる
医療保険の適用を、今月中旬から始めます。

保険適用になった初めての装着型ロボット『ハル』は、
茨城県のベンチャー企業が開発しました。
膝や足の付け根につける8つのセンサーが、
歩こうとした時に脳から筋肉に送られる
微弱な信号をキャッチ。
その患者に必要な分だけ、電動で歩く動作を助けます。

ハルの治療が保険適用になるのは、
筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症など、
根本的な治療法がない8つ難病です。
今年4月に保険適用になり、
道外では10ほどの医療機関で既に治療が始まっています。

道内は北祐会が2台導入し、今月中旬から使用します。
症状によりますが1回の治療は30分ほどです。

診療報酬額は初回で5万2千円。
2回目から9回目までは3万8千円。
それ以降は1回1万8千円ですが、
難病治療の自己負担は原則2割のため、初回は1万400円。
2回目以降は1万円以下の負担で治療が受けられます。


 

2016.11. 2
「通常給食」再開 冬休み明けの見通し

アスベストに関連し、札幌の小中学校で
通常給食が提供できなくなっている問題で、
市の教育委員会はきょう、遅い学校では、
給食再開が冬休み明けになるという見通しを示しました。

市教委によりますと、簡易給食になっているのは、
30の小中学校の児童と生徒およそ1万3千人です。

このうち、安全を確認した2校は調理を再開し、
15校は他の学校から提供を受けることで、
週明けから通常の給食を再開する見通しです。
残りの13校は、
アスベストが見つかった煙突の改修に時間がかかることから、
冬休みに入るまで簡易給食が続く見通しです。

2016.11. 1
秋サケ不振で加工品高騰

道内の秋サケ漁の不振が深刻です。
年末に向けて需要が高まる加工品の価格高騰にも
繋がりそうです。

9月に解禁された、道内の秋サケ定置網漁の
先月20日時点の漁獲数は2014万匹。
去年の7割にとどまる不漁が続いています。
釧路沖で操業する漁船は、
最盛期も自主的に休漁して
1日おきに漁に出るなどしましたが、
それでも1日の水揚げは
20分の1ほどだと嘆きます。

贈答用の荒巻ザケやイクラが主力の水産加工会社は、
年末の需要期に向けて生産はピークを迎えていますが、
原材料不足に悩まされています。

2016.10.28
泊3号機再稼働さらに遅れ

泊原発3号機の津波対策として建設された防潮堤や防波堤が、
地震などの影響で沈下する恐れがあることが分かりました。
北電は追加対策が必要か検討していて、
来年夏と見られていた再稼働はさらに遅れる見通しです。

北電はきのう、
再稼働の安全審査を行っている国の原子力規制委員会に、
地震による地盤の液状化で防潮堤が沈下したり破損したりして、
安全性が保てなくなる恐れがあることを報告しました。

対策が必要になった場合、
許認可手続きに相当の期間が必要で、
北電は泊原発3号機の再稼働の遅れは避けられないとみています。

2016.10.25
夕張市がプロモーション映像制作

財政破たんから今年10年を迎えた夕張市。
破たんに伴う暗いイメージを払しょくし、
「再生」に向けて歩み出すマチの姿をアピールする
プロモーション映像の制作が進んでいます。

財政破たんの影響で管理が出来なくなったため、
封鎖されていた夕張の丁未風致公園。
おととい、この場所で行われた撮影には
市内のスポーツ少年団に所属する子どもたちを中心に
およそ80人の市民が集まりました。

2016.10.24
原発事故巡る和解金 被災地に寄付

ドラッグストア大手のツルハは、
福島第一原発事故を巡る訴訟で支払われる和解金の一部を、
復興支援として福島県に寄付することを明らかにしました。

裁判は、ツルハが福島原発事故で
県内の5店舗が営業ができなくなったとして、
東京電力に損賠賠償を求めたものです。
札幌地裁はことし3月、
東電におよそ2億円の賠償を命じましたが、双方が控訴。
その後、今月21日に
東電がツルハに和解金2億8千万円を
支払うことで和解が成立しました。
これを受け、鶴羽順社長がきょう、
店舗のリース契約の違約金として支払う分などを除いた
1億8千万円を福島県に寄付する方針を明らかにしました。

2016.10.21
「赤信号」指摘も減速せず

砂川で一家5人が死傷した飲酒ひき逃げ事件の裁判員裁判。きょうは、被告の車に
一緒に乗っていた友人らなどの証人尋問が行われました。


危険運転致死傷などの罪に問われているのは、谷越隆司被告と古味竜一被告です。

古味被告が運転するの車に乗っていた友人は、
2人の被告がともにスピードを出していた点について、
「お互いに負けたくないという気持ちがあったと思う」と証言しました。

また、赤信号に気付き、古味被告に「赤信号だぞ」と声をかけたものの、
減速することなく、時速100キロくらいと思われるスピードで事故現場の交差点に
進入したと証言しました。


今回の裁判では、2人の被告が暗黙のうちに速度を競い合った、
危険運転の共謀が成立するかが最大の焦点で、2人とも共謀を否認しています。

2016.10.20
札幌で初雪 タイヤ交換大忙し

札幌管区気象台は、きょう。札幌で初雪を観測したと発表しました。

札幌中央区のタイヤ専門店では、
この数日、平野部でも雪の予報が出ているため、予約の電話や問い合わせが殺到。
きょうも午前10時の開店から、タイヤ交換をする客が次々と訪れていました。

2016.10.19
全室「個室」 旭川刑務所

旭川刑務所が建て替えられ、受刑者の居室が全て個室になり、今週初めて、
内部が一般公開されました。


建て替えは老朽化のためで、
およそ130億円をかけ行われ、今年2月に完成しました。
個室は窓付きで、広さが7.5平方メートルです。
机や洗面台、テレビのほか。
畳に代えて置かれた収納付きのベッドです。
定員500人で、現在は無期懲役を含むおよそ250人が服役しています。
刑期が長い受刑者が多く、高齢者対策を急いでいました。

全室個室にしたのは、全国の刑務所で旭川が初めてです。
待遇が良すぎるという批判もある一方で、
刑務所は再犯防止に役立つはずと効果に期待します。

2016.10.18
あさってドラフト 指名待つ道内2投手

あさって、プロ野球のドラフト会議が行われます。
有望選手が多く「豊作」といわれる今年のドラフトで
指名が有力な道内の選手を取材しました。

1人目は、江陵高校(幕別町)の古谷優人投手。
12球団すべてから「指名を検討する」と打診を受けていて
上位指名が予想される左腕投手です。
もう1人は、東海大北海道キャンパス(札幌)の水野滉也投手。
最速147キロのストレートと変化球を低めに集める投球が持ち味。
右投げのサイドスローは希少価値が高く
複数の球団が指名を検討しています。

2016.10.14
認知症ホーム社長に無罪判決

札幌の認知症グループホームで入居者7人が死亡した火災。
札幌地裁はきょう、
業務上過失致死傷の罪に問われた施設運営会社社長に
無罪判決を言い渡しました。

最大の争点は、
火元の石油ストーブがある1階の居間で寝起きしていた
当時89歳の認知症の男性の行動が出火原因かどうかでした。

札幌地裁は
出火原因が認定できず、
被告に過失があったとは言えないとしました。

2016.10.13
生徒の体触ったか 教諭逮捕

部活動の合宿先の施設で
中学2年の女子生徒の体を触ったとして、
警察はきょう、札幌の中学校の男性教諭を逮捕しました。

逮捕されたのは、
札幌の市立中学校に勤務する27歳の男性教諭です。
男性教諭は今年9月中旬、
顧問を務める部活動が合宿をしていた施設で、
女子生徒らの部屋に忍び込んで
寝ていた生徒1人の服に手を入れて胸などを触った
準強制わいせつの疑いが持たれています。

警察によりますと、男性教諭は
「胸を触ったのは事実だが服の中に手を入れてはいない」などと供述し、
容疑の一部を否認しているということです。
この男性教諭には、同じ部活動の別の女子生徒2人からも同様の被害届けが出ていて、
警察が詳しく調べています。

2016.10.13
ノー・マップスでビジネスコンテスト

映画・音楽・ITをテーマにしたイベント「ノー・マップス」が札幌で開かれています。
イベントの一環で、きのうビジネスコンテストが開かれました。

コンテストには選ばれた13チームが出場。
バーチャル・リアリティの技術を利用した新しい劇場や、
人工知能を使った学習支援など
ユニークな事業案を発表しました。

出場した1人を密着取材しました。

2016.10.12
宿泊無料にし外国客働かせた疑い

札幌の宿泊施設で外国人観光客を不法に働かせていたとして、
警察はきょう、入管難民法違反の疑いで施設の経営者ら3人を逮捕しました。

逮捕されたのは、札幌中央区の「カオサン札幌ファミリーホステル」を運営する東京の有限会社「万両」の社長、
小沢弘視容疑者と施設の責任者ら3人です。

小沢容疑者らは就労資格のない短期滞在のビザで入国した外国人に、
宿泊代を免除する代わりに施設の清掃などをさせた
入管難民法違反の不法就労助長の疑いです。

2016.10.11
月形歴史旅 札沼線存続も狙い

空知の月形町が、鉄道を利用して訪れた人たちに地域の見どころを紹介する新たな取り組みを始めました。
狙いは、廃線の危機にあるJR札沼線(さっしょうせん)の利用拡大です。

2016.10.11
月形歴史旅 札沼線存続も狙い

空知の月形町が、鉄道を利用して訪れた人たちに地域の見どころを紹介する新たな取り組みを始めました。
狙いは、廃線の危機にあるJR札沼線の利用拡大です。

2016.10. 6
無人駅10か所 来年3月廃止へ

経営が悪化しているJR北海道は、道内の4つの路線の無人駅10カ所について、
来年3月のダイヤ改正で廃止する方針を固めました。

廃止の方針を固めたのは、
千歳の美々と渡島の森町の東山、姫川、桂川、長万部町の北豊津、蕨岱と、
富良野の島ノ下、十勝の幕別町の稲士別と浦幌町の上厚内、
それに釧路の標茶町の五十石です。

大半の自治体は廃止を容認する構えだということです。

7つの駅の廃止が伝えられた宗谷線の沿線では、
上川の美深町と音威子府村、それに宗谷の幌延町が、
維持費を自前で負担してでも無人駅を存続させたいとしていて、
JR側との協議が続けられる見通しです。

2016.10. 5
高速道路で正面衝突 3人死傷

けさ4時前、渡島の長万部町の道央自動車道で、
大型トラックと馬の搬送車が正面衝突し、
2人が死亡、1人が意識不明の重体になっています。 

警察によりますと、現場は中央分離帯がない片側1車線の直線で、
国縫インターチェンジから函館側におよそ4キロの地点です。

函館方面に向かっていた大型トラックが反対車線にはみ出した状態で
馬の搬送車に衝突していたということです。

死亡したのは双方の運転手で、馬の搬送車の1人が意識不明の重体です。

警察が詳しい事故の原因や3人の身元を調べています。

搬送車が運んでいた馬1頭に
目立った傷などは
ないということです。

2016.10. 4
黒岳で初雪観測

上川の大雪山系から雪の便りです。

黒岳の頂上付近でけさ、初雪が観測されました。

きょうの道内は10月中旬並みの寒気が入り込み、
頂上付近では氷点下6度まで冷え込み吹雪となりました。
黒岳の初雪は去年と比べ19日遅く、
平年より2週間ほど遅いということです。

2016. 9.30
旭川西武きょう閉店

道北唯一のデパート、西武旭川店がきょう、最後の営業日を迎え、
店内は別れを惜しむ大勢の買い物客でにぎわっています。

西武旭川店は、歩行者天国の買物公園沿いの一等地で1975年に開業。
消費の低迷や、去年3月開業したJR旭川駅直結の大型商業施設に客足を奪われて
売り上げがピーク時の半分以下となり、運営会社のそごう・西武が閉店を決めました。

およそ220のテナントが入り、総勢で1000人ほどが働いていますが、
多くのテナントが廃業、あるいは撤退します。
このため、新たな働き口が見つかってるのは4割ほどにとどまっているといいます。


加えて、閉店後の建物をどのように活用するかも決まっておらず、
地域経済への影響が心配されています。

2016. 9.29
交通死100人 最も遅いペース

きのう夜、旭川で普通乗用車と自転車が衝突する事故があり、
自転車に乗っていた男性が死亡しました。

これで、今年に入ってからの
道内の交通事故による死者が100人になりました。

日にちごとの統計を取り始めた
1967年以降、最も遅いペースです。
道警は「事故が多い場所や時間帯に取り締まりを強化したこと」が
要因とみています。

死者の年齢別では
65歳以上の高齢者が53人と半数を占めています。

2016. 9.28
HOW TO 終活

今回は、高齢者が賃貸住宅を借りる際、
契約をサポートする取り組みを紹介します。

2016. 9.27
青函トンネル保守作業を公開

JR北海道はきょう、
北海道新幹線と貨物列車が共用走行する
青函トンネル内の夜間の保守作業を、
北海道新幹線開業後初めて報道陣に公開しました。

青函トンネル内のレールは、
新幹線用と貨物列車用の3つのレールからなる三線軌条という特殊な構造で、
貨物列車の電気が何らかの原因で新幹線のレールに伝わり、
走行中の新幹線が緊急停止するトラブルがこれまでに4回発生しています。

保守作業は毎日行われており、
きょう未明の作業では、
電気が伝わるのを防ぐ絶縁板を交換しました。

2016. 9.23
宝塚OGらがミュージカル公演 ボランティアで

横浜のNPO法人がきょう、札幌の養護学校を訪ね、
ボランティアでミュージカルを披露しました。

公演したのは、心魂プロジェクトという団体です。
劇団四季や宝塚歌劇団の出身者らおよそ20人が参加しています。
障害や病気を抱える子どもたちに楽しんでもらおうと、
3年前から、全国の養護学校や病院などに出向いています。
ボランティア公演は、有料の一般向けの公演と組み合わせて行い、
有料の公演の収益を活動費に充てています。
ボランティア公演はこれまでに全国100カ所以上で行いました。
道内では、札幌の北大病院などを訪ねた今年3月に次いで2回目です。
あす以降も週明けにかけ、札幌と小樽の4カ所で公演を開きます。

2016. 9.20
基準地価 札幌は4年連続上昇

道はきょう、土地の取引価格の基準となる基準地価を発表しました。
道内平均は、住宅地、商業地とも25年連続で下落しましたが、
札幌が4年連続で上昇したのこともあり、下落幅はいずれも縮小しました。


札幌で特徴的なのは、駅前通でつながり、ループ化した札幌の市電周辺です。
停留所に近い商業地7地点で、平均16.6%の高い上昇率となりました。
専門家は「ループ化をしたことによって市中心部との回遊性が良くなった」と
分析しています。
商業地は中心部で上昇が加速し、最も高い地点の上昇率は
去年より10ポイント以上伸びました。
外国人客の増加に伴うホテル用地の需要の伸びやオフィス不足が要因です。
一方、マンション用地は、販売価格が高騰しすぎて成約率が下がっているため、
年明けごろから地価の上昇が鈍っています。


 

2016. 9.16
夕張市が炭層メタン試掘

かつて炭鉱事故の原因となった
メタンガスを地域のエネルギー源にしようと、
夕張市は、
地下の石炭層に含まれるメタンガスの量を調べる
試験掘りを始めました。

試験掘りは24時間態勢で行われ、
穴を掘って水抜きをし、
噴出するガスの量を調べます。
今年度の費用はおよそ2億円で、
企業版ふるさと納税で
ニトリホールディングスが寄付した資金などを使います。

2016. 9.15
3人の死因いずれも失血死

旭川のアパートで、おととい、
家族3人が殺害された事件で、
死因はいずれも失血死であることが分かりました。

警察によりますと、
殺害された溝口ゆみ子さんと、ゆみ子さんの両親には、
胸を中心に、刃物による複数の切り傷や刺し傷があり、
司法解剖の結果、死因はいずれも失血死でした。
3人には、身を守る時にできる防御創もあったということです。

2016. 9.14
十勝の台風被害 総理が視察

きょう、十勝管内の被災地を視察した安倍晋三総理は、
道内を襲った一連の台風被害をあさって、
激甚災害に指定する考えを明らかにしました。

安倍総理は、上空から、
道路や農地などの被害状況を視察した後、
帯広市内で農業関係者や自治体と懇談し、要望を聞きました。

2016. 9.13
リオ銅 山部に道民栄誉賞

リオデジャネイロオリンピック、
柔道女子78キロ超級で銅メダルを獲得した
札幌出身の山部佳苗選手に、
きょう、道民栄誉賞が贈られました。

オリンピックでの激闘を終え、
銅メダルを胸におよそ4か月ぶりに
故郷・札幌に戻った山部佳苗選手。

高橋知事は
「攻めの姿勢を貫き、銅メダルを獲得した」と
活躍を称え、
山部選手に道民栄誉賞を
贈りました。

2016. 9.12
冬季アジア大会 チケット発売

来年2月に開催される冬季アジア札幌大会。
きょう、チケットの先行販売が始まりました。

先行販売されたのは、
札幌ドームで行われる開会式とスキージャンプ、
カーリングなどの一部競技です。
札幌中央区のチケット店では
販売開始前に10人ほどが列を作りました。

2016. 9. 9
オータムフェスト開幕

道内各地の食を集めた秋の祭典=さっぽろオータムフェストが
札幌の大通公園をメイン会場に、きょう、開幕しました。 

オータムフェストは去年、過去最多の220万人余りの来場がありました。

今年も1丁目から11丁目の間に8つの会場を設けました。
100を超える道内の市町村が自慢の特産品を販売する8丁目会場。

肉料理だけを集めた10丁目会場などがあり、来場者が思い思いに楽しんでいました。

今回は、台風の被害で、上川の南富良野町と
帯広のカレー店など4つの団体が出店を取りやめました。

オータムフェストは、創成川公園狸二条広場の特別会場を含め来月1日まで開催されます。

 

 

2016. 9. 5
網走 不明高校生1人死亡

網走市の網走川できのう、高校生2人が行方不明になり、
きょう1人が見つかりましたが死亡が確認されました。


行方が分からなくなったのは、いずれも網走桂陽高校1年の
渡辺龍太郎さんと鬼塚圭吾さんです。
警察と消防などが捜索し、きょう、
2人が川に入った場所から60メートルほど下流の水中で
渡辺さんが見つかりましたが、死亡が確認されました。
鬼塚さんはまだ見つかっていません。
警察によりますと、2人は高校の野球部員で、
野球部の仲間3人と手をつないで
およそ80メートル離れた対岸に向け渡っていたところ
流されたということです。

川は、先月の大雨の影響で普段より水位が増していました。

2016. 9. 2
不明の2人 遺体で発見

台風10号による大雨で崩落した橋から車ごと転落し、
行方不明になったとみられる男性2人が、
けさ、大樹町と新得町で遺体で発見されました。

きょう午前8時50分ごろ、
大樹町の川の中州で、捜索中の警察官が男性の遺体を発見しました。
おとといから行方不明になっていた音更町の会社員、鈴木洋平さんと見られます。

また、午前9時20分ごろには
新得町の川岸でも男性1人が死亡した状態で見つかりました。
新得町の小笹義夫さんと見られます。

いずれも、警察が身元の確認を急いでいます。

2016. 9. 1
防災の日 札幌市が大規模訓練

きょう9月1日は「防災の日」。
札幌では、市が主催する大規模な防災訓練が行われました。

訓練は札幌市や警察や消防、自衛隊などの関係機関と、
中学生を含む市民およそ1400人が参加しました。

長雨が続き、土砂災害の恐れがある中、
震度7の直下型地震が発生したと想定しました。

重視したのは、
消防などの関係機関と市民が協力して
救助や避難に取り組む広域連携。
市民は、土のうを作って積み上げる作業や
毛布などで応急的にたんかを作り、
けが人を運ぶ訓練などに取り組みました。

2016. 8.31
台風10号 河川氾濫で被害

温帯低気圧に変わった台風10号の影響で、道内は記録的な大雨に見舞われました。
複数の河川がはん濫し、広い範囲で浸水。3人の行方不明者が出ています。

上川の南富良野町は、空知川の堤防がおよそ100メートルにわたって決壊し、はん濫。
住宅街が浸水し、住民24人が建物の屋上や車の上などに取り残されましたが、
道や警察のヘリコプターで救助されました。

2016. 8.30
元警部補 起訴内容認める

覚せい剤の捜査でうその供述調書を作成した
証拠隠滅などの罪に問われている道警の元警部補ら2人の初公判が
きょう札幌地裁で開かれ、
元警部補は起訴内容を認めました。

起訴状などによりますと道警の元警部補・早坂洋平被告は、
協力者で覚せい剤の密売を仲介する長谷川好和被告と共謀して、
ある男性が「覚せい剤を持っているのを見た」と
うその供述調書を作成した証拠隠滅の罪などに問われています。

2016. 8.26
「長雨で土砂崩れ」想定 救助訓練

大雨の余波が道内で続く中、大規模な土砂崩れを想定した
災害対処訓練が、きょう、札幌で行われました。

 訓練は、今月30日からの防災週間に先駆けて
手稲警察署が行いました。
断続的に降り続く長雨の影響で、大規模な土砂崩れが起き、
複数の家屋が倒壊し、多くの死傷者が出たと想定しました。
召集された70人ほどが参加し、
家屋に似せた小屋や横転した車から
閉じ込められた被災者を救助しました。

2016. 8.19
道東に宿泊客呼ぶ取り組み

道東で、宿泊客を増やそうという取り組みが活発化しています。

今年新たに始めるのが広域周遊バスです。

狙いは、道内を訪れる観光客の半数以上が集中する道央から、道東に観光客を呼び込むこと。
バスの利用には「宿泊」が条件です。

層雲峡を経由する「北まわり」と、十勝川温泉を通る「南まわり」の2つのルートを用意。
途中の観光地や宿泊施設で乗り降りが可能で、料金は片道2000円から1万20000円です。

2016. 8.18
「苫小牧の星」丹羽 銀

リオデジャネイロオリンピック卓球男子団体は、
苫小牧出身の丹羽孝希選手が銀メダルを獲得しました。

丹羽選手のふるさと、苫小牧に設けられたパブリックビューイングの会場には、
200人以上の市民が詰めかけました。

2016. 8.17
シリーズ戦争と憲法③

戦争と憲法を考えるシリーズの3回目。
被爆や戦争を語り継ぐ、次世代の語り部2人を取り上げます。

2016. 8.16
シリーズ戦争と憲法②

戦争と憲法を考えるシリーズ。
2回目のきょうは、憲法改正を巡る護憲派・改憲派それぞれの訴えです。

2016. 8. 9
シリーズ「北方墓参」①

北方四島の元島民らが、
ふるさとの墓地を訪ねる北方墓参。
今年度の第一陣が先週、国後島に上陸し、
2カ所の墓地で慰霊式を行いました。
墓参団に同行した竹本記者の報告です。

2016. 8. 5
テーマパーク事業でベトナム進出

道内の中小企業3社が、ベトナムの企業と連携して、農業や自然を体験できる大型テーマパークをベトナムに建設する事業に参加します。

参加するのは、札幌の建設コンサルティング「キタバ」、札幌の産業用機械製造「メカトロシステムサービス」、旭川の「谷口農場」の3社です。

3社と連携して事業を進めるのは、ベトナムの総合商社IDIグループです。


計画では、テーマパークはベトナム南部の観光地・ダラットに建設。
札幌ドーム51個分、およそ2.8平方キロメートルの敷地で、農業やアウトドアなど様々な体験ができるようにします。

2016. 8. 4
患者刺され死亡 息子を逮捕

旭川の総合病院できょう、
90歳の男性患者が刃物で刺され、間もなく死亡しました。
警察は、その場にいた男性の59歳の息子を殺人の疑いで現行犯逮捕しました。

逮捕されたのは、旭川の職業不詳、太田昌宏容疑者です。

きょう午前11時前、旭川の森山病院で
「男が刃物を持って暴れている」と病院の職員から警察に110番通報がありました。

刺されたのは太田容疑者の父親の寅之助さんです。
警察によりますと、寅之助さんは外来で来院し、
太田容疑者が付き添っていたとみられます。
現場は病院2階の処置室で、
寅之助さんは、首のあたりを包丁のような刃物で複数回、刺されているということです。

2016. 8. 3
北方墓参団が帰道

北方四島の元島民らがふるさとの墓地を訪ねる、北方墓参の今年度第1陣が、
国後島からきょう、根室港に戻りました。

訪問団には、元島民とその子どもや孫など58人が参加しました。

訪問団はチャーター船の「えとぴりか」でおととい、根室港を出発。

きのう午前、国後島に上陸し、
古釜布と近布内の2カ所の墓地で慰霊式を行って先祖の冥福を祈りました。
雨が降るなど天候には恵まれませんでしたが、
全員が予定通り墓参を済ませました。

2016. 8. 2
「サービスアパート」札幌進出

アパートなのにホテル並みのサービスが受けられる
「サービスアパートメント」と呼ばれる新しい形の賃貸物件が
きょう、札幌にオープンしました。

サービスアパートメントは、
札幌中心部にオープンしたホテルの中にあります。

部屋には家具や家電などが備えられているのに加え、
定期的な清掃やクリーニングや朝食などのサービスも受けられます。
このような賃貸物件は、
道内では長期滞在の外国人が多いニセコなどにありますが、
札幌では初めてです。

大浴場や道産食材にこだわった食事など、
ホテルのサービスを利用できるのも特徴。

賃料は滞在期間やサービスなどで変わりますが、
1か月20万円から30万円です。
サービスアパートメントは訪日外国人の増加を背景に数年前から東京などで増えています。

2016. 7.28
HOW TO 終活~遺産相続 

家族や親しい友人同士でも聞きにくいのが
遺産相続の話。
トラブルを避けるために
生前にできる準備を専門家に聞きました。

2016. 7.26
中継 北大・緑のビアガーデン

札幌・北区の北海道大学の構内に、午後5時にオープンした
「緑のビアガーデン」から中継。

改修工事を終えて。きょうリニューアルオープンした
北海道大学総合博物館の話題も合わせてお伝えします。

2016. 7.22
網走の私立支援学校 知事が視察

来年春、網走に開校する日体大付属高等支援学校を高橋知事がきょう、視察しました。

日体大付属高等支援学校は、知的障害のある中学卒業後の男子を受け入れる全寮制の学校です。
農作業や芸術を通した情操教育のほか、スポーツ教育に力を入れ、障害者アスリートの育成を目指します。
私立大学が運営する特別支援学校は全国で初めてということです。

2016. 7.21
ボンベ連続爆発 二審も有罪

おととし、札幌・北区で起きたカセットボンベ連続爆発事件で
激発物破裂などの罪に問われた名須川早苗被告の控訴審。
札幌高裁は、懲役18年を言い渡した一審・札幌地裁判決を支持し、
被告の控訴を棄却しました。

高橋徹裁判長は「一審の認定や判断に不合理な点は認められない」などと
述べました。

2016. 7.20
札幌で戦没者慰霊式

第2次世界大戦の道内の戦没者を慰霊する追悼式がきょう札幌で行われました。

53回目を迎えた今年の追悼式には、
道内の戦没者遺族らおよそ900人が出席。
高橋はるみ知事は、
次の世代に戦争の悲惨さや平和の尊さを語り継ぐことが重要と挨拶しました。

2016. 7.19
すすきののバー 昼はオフィスに

ススキノの飲食店があすから、ユニークなサービスを始めます。
去年10月にオープンした日本酒バー。
営業していない昼の時間を、オフィススペースとして貸し出します。
各席では無料ワイファイが使えるほか、ソフトドリンクが飲み放題。
個室スペースもあり、会議利用もできます。
利用は、平日の午前11時から午後3時まで。
料金は1人1回600円です。

2016. 7.15
札幌アレフに連日立ち入り

公安調査庁は、きのうに続き、きょうもオウム真理教から改称した
アレフの札幌・豊平区の施設を立ち入り検査しました。 

立ち入り検査は午前10時前からほぼ5時間にわたり調査官15人で行いました。
施設内には信者10人ほどがいて、
オウム真理教の元代表=松本智津夫死刑囚の写真や
説法を収録した映像の教材などがあったということです。

2016. 7.13
飲酒運転根絶の日

初めての「飲酒運転根絶の日」のきょう、
道内各地で決起大会が開かれました。
飲酒運転の犠牲になった女性の遺族に話を聞きました。

 

2016. 7.12
10代が実感した「1票の価値」

おととい投開票された参院選。

新たに有権者となった10代の2人に密着。

何を考えて投票したのか、そして、選挙結果に2人が感じたことは。

2016. 7. 8
主要候補 早くも札幌集結

参院選の投開票日まであと2日です。

大激戦の中、最終盤を迎え、
道内の主要候補はきょう、大票田の札幌に集結、支持を訴えています。

2016. 7. 7
10代 1票に何託す

参院選は投開票日まであと3日に迫りました。
18歳選挙権が導入されて初めての国政選挙です。
新たに選挙権を得た10代は1票に何を託すのか。
きょうとあすの2回にわたりお伝えします。

2016. 7. 5
大学に期日前投票所

参院選の投票率向上を目指して、
函館市内の大学にきょう、期日前投票所が設けられました。

函館市選挙管理委員会は去年の統一地方選で
道内で初めて大学に期日前投票所を設置。
参院選では道内の自治体では最も多い
4つの大学に期日前投票所を設けます。
トップをきって、きょうは、
公立はこだて未来大学に期日前投票所が設けられました。

2016. 7. 1
道内路線価8年ぶり上昇

相続税や贈与税などの算定基準となる路線価がきょう、
公表されました。道内は8年ぶりに上昇し、
上昇率は全国平均を上回っています。

道内標準宅地の路線価は平均0・8%上昇し、
全国の伸び率を0・6ポイント上回りました。

道内で最も高い札幌ステラプレイス前は、
オフィスやマンション需要高まりなどから
1平方メートル当たり312万円で
去年を12%ほど上回りました。

札幌では、地下鉄駅の周辺も上昇。西11丁目駅に近い
南1条西11丁目の石山通は、
去年より22パーセント 高くなりました。

 

2016. 6.30
道のキャッチフレーズ 考案者を表彰

北海道の
新しいキャッチフレーズを考案した札幌の男性がきょう、
高橋知事から表彰を受けました。


新しいキャッチフレーズ「その先の、道へ。北海道」は
9千件以上の応募の中から選ばれました。

きょうは、考案した札幌の渡辺秀雄さんに表彰状が、
英訳をした胆振の壮瞥町の岡ドルゲ・コジマさんに感謝状が
それぞれ贈られました。

2016. 6.29
「冬ソナ」演出家 富良野・美瑛で映画撮影

人気の韓流ドラマ「冬のソナタ」を手掛けた演出家が、
富良野と美瑛を舞台に映画を撮影しています。

ユン・ソクホ監督はソウル出身で、1990年代からドラマを演出。

映画の撮影は今回が初めてです。タイトルは「心に吹く風」。
日本映画として制作します。

ユン・ソクホ監督は、『日本の中でも北海道、特に富良野・美瑛のこの地域は
とても好きで、今までも本当にたくさん訪れています。
すごく好きな場所でいろんなインスピレーションを受けることができたので、今回の映画の舞台として
この地域を選びました』と話しています。


道内での撮影は今月初めに開始し、あす終える予定です。
美瑛町内の美術館ではきのう、展覧会のシーンが撮影され、
町民を中心におよそ30人がエキストラとして参加しました。
映画は、初恋の相手と20年ぶりに再会した男女による禁断のラブストーリー。

来年春、全国で公開される予定です。

2016. 6.23
改正風営法に困惑も

音楽に合わせて客がダンスを踊る
クラブの営業の規制を緩和する
「改正風営法」が、きょう施行されました。
思わぬところで戸惑いの声が上がっています。

2016. 6.22
釧路4人殺傷 容疑者宅を家宅捜索

釧路市で包丁で切り付けられた4人が死傷した事件で、
警察はきょう、容疑者の自宅を家宅捜索しました。


新聞配達員の松橋伸幸容疑者(33)は、きのう午後、
イオンモール釧路昭和で4人を包丁で切り付け、
戸沼雅子さん68歳を死亡させたほか、
3人に重軽傷を負わせた疑いがもたれています。
警察によりますと、松橋容疑者は「人生を終わりにしたかった。
死刑になるために人を刺した」と話しているということです。
松橋容疑者は、きのう、夕刊配達の時間に出勤せず、
午後1時ごろに市内のホームセンターで
凶器の柳刃包丁を購入し、犯行に及んだとみられています。
被害者4人と面識はなく、
警察は、通り魔事件として犯行の経緯などを調べています。

 

2016. 6.21
道職員が酒気帯び運転

今月10日、道職員が酒気帯び運転の疑いで警察に摘発されていたことが分かりました。


摘発されたのは、釧路総合振興局の49歳の役付きの男性職員です。

道によりますと、この職員は今月10日の午後9時過ぎ、十勝の清水町の国道で、制限速度60キロを
17キロ超えて走行したとしてパトカーに摘発されました。

呼気から基準を上回る濃度のアルコールが検知され、
「焼酎をコップ半分ほど飲んだ後、30分ほど休憩し車を運転した」と話しているということです。

高橋知事は、「道民の皆様方に心からお詫びを申し上げます」と陳謝しました。
道は今月13日にこの職員から摘発されたと報告を受けていましたが、
事実確認に時間がかかったとして、事態をきょうまで公表しませんでした。

2016. 6.17
今、問いたい⑤子育て支援

参院選の公示を前に、今週は「今、政治に問いたいこと」をテーマにシリーズでお伝えしています。
最終回のきょうは「子育て支援」です。

2016. 6.16
バス赤字 補助金減らさず

北海道運輸局がバス会社などに赤字路線バスへの補助金の減額を示唆していた問題。
ほぼ前年度と変わらず支給されることが分かりました。
国土交通省はきょう、事業費全体は削減するが、
赤字バスへの補助金は当初から減額しない方針だったと説明。

「予算が確定するまで詳細な説明が出来ず、
余計な不安を与えてしまった」と弁明しています。

2016. 6.16
道内初 目の美容院

疲れた目をリフレッシュする専門のサロンが今月、札幌にオープンしました。

円山にオープンした「目の美容院 札幌サロン」。
目の癒しに特化した店舗は東京や横浜などにはありますが、
道内では初めてだといいます。

パソコンやスマートフォンなどの使用による目の疲れを、
東洋医学に基づくツボの刺激で取り除きます。

料金は時間により異なり、
3500円から1万5000円です。

2016. 6.15
犯行予告メール 警察確認せず

今年2月、札幌豊平区で女性と母親が殺傷された事件で、
殺人などの罪で起訴された女性の元夫が、
事件前に危害を示唆するメッセージを女性に送っていたことが分かりました。

警察によりますと、
メッセージは、事件の3日前の今年2月4日、
女性のスマートフォン用ゲームのメッセージとして身元を名乗らず送られてきました。

「覚えていろ」といった文言のほかに、
女性に危害を加えることを示唆する内容が書き込まれていたということです。
女性は3日後の2月7日に、豊平警察署に相談しましたが、
対応した署員はメッセージを確認することなく、
元夫の白川秀一被告に電話で「ストーカー行為になる」と注意。
その夜、白川被告は女性宅を襲い母親を殺害、
女性にも大けがを負わせたとして起訴されました。

道警子供・女性安全対策課は
「対応に問題はなかったが、反省・教訓にしたい」とコメントしています。

2016. 6.14
日ハム本拠地 北広島市が名乗り

北海道日本ハムファイターズが新しい本拠地球場の建設を検討していることを受け、
北広島市はきょう、新球場の誘致活動を行うと表明しました。
上野市長は今月17日に球団に誘致の意向を伝えます。

市が候補地としているのは整備計画が2008年に凍結した
「きたひろしま総合運動公園予定地」です。
JR北広島駅から1.5キロの距離にあり、広さはおよそ37ヘクタールです。

2016. 6.13
「今、政治に問いたいこと」①アベノミクス

参院選の公示まで9日に迫りました。
きょうから「今、政治に問いたいこと」をシリーズでお伝えします。
1回目は「アベノミクス」です。

2016. 6.10
らいでんすいか初競り

後志の共和産特産の「らいでんすいか」の初競りがきょう、
札幌の中央卸売市場で行われ、
去年の最高額と同じ2玉20万円で競り落とされました。

競り落とされたすいかは、
札幌市内の2件のスーパーでカット販売されました。

2016. 6. 9
バス赤字 同額補助を要請

国が、赤字バス路線への補助金を減らそうとしている問題で、
道内のバス事業者の団体がきょう、減額しないよう国に要望しました。

道内では、路線バスなどを運行する25社の167路線が、
今年度、国と道からそれぞれ13億6千万円の補助を受けることになっています。
しかし、国の予算見直しに伴い、北海道運輸局は今年4月、
国の補助金を減額する方針を関係者に通知しました。

きょう、道内のバス事業者およそ110社で作る北海道バス協会の幹部が道運輸局を訪れ、
川勝敏弘局長に「路線の維持には、今と同じ額の補助金が欠かせない」として、
減額しないよう訴えました。

2016. 6. 8
住宅火災で女性死亡

けさ、札幌・東区の一般住宅で火事があり、
住人と見られる女性1人が死亡しました。

けさ5時20分ごろ、
札幌・東区の大石栄司さんの住宅から火が出て内部を半焼しました。
この火事で男女2人が救助されましたが、女性は死亡が確認されました。

女性は大石さんの妻とみられ
警察が身元の確認を急いでいます。

2016. 6. 7
函館西と稜北 19年度に統合

北海道教育委員会はきょう、
来年度から3年間の公立高校の配置計画案を公表しました。

計画案では、
中学卒業者の減少を理由に2019年度に函館西高と函館稜北高を統合。
新たな学校をつくります。
また、岩見沢西、札幌東豊、室蘭工業、苫小牧南、北見柏陽、北見商業の6校で
それぞれ1学級を減らします。
今後、計画案をもとに地域で協議が行われ、
9月ころに決定する見通しです。

2016. 5.31
一眼レフカメラ ママに人気のワケ

「男性の趣味」というイメージが強かった一眼レフカメラですが、
最近は女性、特にお母さんたちに人気のようです。
そのワケとは?

2016. 5.30
「しつけで置き去り」男児の捜索続く

道南の七飯町の山林で、おととい夕方から行方不明になっている7歳の男の子。
捜索は、きょうも早朝から続けられていますが、見つかっていません。

行方が分からなくなっているのは、北斗の小学2年生、田野岡大和君7歳です。
警察によりますと、大和君はおととい、両親と小学生の姉の4人でドライブに出かけていました。
両親は行方不明になった経緯ついて

「いたずらをして言うことを聞かなかったので、しつけのため、山林の脇道で車から降ろして置き去りにした」
「5分ほどで戻ったが、姿がなかった」と話しているということです。

きょうの捜索は、消防や道警など130人態勢で、
大和君が車を降りたとみられる地点から半径5キロの範囲にある道道沿いや、 
その周辺の物置、空き家を中心に捜しています。
これまでのところ、遺留品などの手がかりもないということです。

2016. 5.26
夕張メロン2玉300万円

夕張メロンの初競りがけさ、札幌の中央卸売市場で行われ、過去最高値の2玉300万円で競り落とされました。

競り落としたのは、今回が初参加となる兵庫県尼崎市で食品スーパーを営む会社。

夕張メロンが去年、ブランド力の証しとなる国の制度の登録を国内で初めて受けたことが決め手となりました。

店頭で展示した後、インターネットのオークションに出品するということです。

2016. 5.25
赤レンガ前で愛食フェア

道産の食材や加工品を生産者が直売する
「北のめぐみ愛食フェア」が今年もきょうから始まりました。

今年で11回目を迎えた愛食フェア。
札幌の赤レンガ会場には29の店が出店しました。
道内各地でとれた農産物や海産物のほか、
トマトソースなどの加工品やステーキ丼などもあり、
生産者は特徴や食べ方などを説明しながら販売していました。

2016. 5.24
サラブレッド競り

札幌競馬場できょう、2歳馬の競り市、「トレーニングセール」が開かれました。

札幌競馬場でのトレーニングセールは2006年から行われていて、
去年の競りでは、過去最高のおよそ10億900万を売り上げました。

きょうの競りには500人以上が参加。
競りにかけられたのは、調教を受けた2歳のサラブレッド241頭です。
早速1500万円ほどの金額で競り落とされる馬もいました。
きょう落札された馬は、来月以降に開催される新馬戦でデビューするということです。

2016. 5.20
各地で真夏日 熱中症も

きょうの道内はオホーツク海側や内陸部を中心に真夏日となり、
北見や札幌で熱中症になる人も出ました。

最高気温は、オホーツクの津別町で32度4分、北見で32度1分まで上がり、
14の観測地点で30度以上の真夏日になりました。
札幌は27度6分で、今年初めて25度以上の夏日になりました

暑さのため、各地で熱中症の疑いによる病院搬送が相次ぎました。
北見では中学2年生の男女が、運動会の練習中に病院搬送されましたが、軽傷です。
札幌でも、清田区の80代の男性と厚別区の10代の女性が病院に搬送されました。

この気温はあさってまで続く見込みで、気象台は注意を呼びかけています。

2016. 5.19
アセトンに引火?釧路の工場爆発

釧路市内の工場できのう、爆発事故があり、
警察がけさから現場検証をして事故原因を調べています。

 爆発事故があったのは、化粧品の原料などを製造する「バイオマテックジャパン」です。
警察などによりますと、この事故で41歳の工場長の男性が
全身にやけどを負う大けがをしました。
工場には、引火しやすく
消防法で危険物に定められている薬品「アセトン」がありました。
工場長は事故直後、
「換気扇を入れたら爆発した」と話していることから
警察は、アセトンが引火し爆発した可能性があるとみて調べています。

2016. 5.18
がん検診率を上げるために

がんの死亡率が都道府県別で2番目に高い北海道。がんの検診率も全国平均を下回っています。検診率を上げるための道内の取り組みを取材しました。

がんの検診率向上に向け、岩見沢市は、今年度から検診の自己負担額を大幅に引き下げました。自己負担額は、一番高い胃がんなどでも500円。昨年度の検診率は、最も高い乳がんで11%。
胃がんは6%と低く、市は今年度8500万円の予算を計上し受診者の増加を図ります。

 

2016. 5.17
札幌ラーメンショー開幕

全国の人気ラーメン店が集う「札幌ラーメンショー」がきょうから大通公園で始まりました。

2回目の開催となることしは、日数を去年の2倍の12日間に延長。
店舗数は去年より8店舗多い20店舗が出店し、前半と後半に分けて営業します。

会場では、青森の津軽煮干しラーメン「中華そば ひらこ屋」や
東京のみそラーメン「どみそ」など、道外の店舗14店のほか、
道内からは札幌、函館、旭川の合わせて6店が出店。どの店も1杯800円で楽しめます

2016. 5.13
デパートで「もったいないセール」

賞味期限前に廃棄される食品を減らそうとする取り組みが、
道内で広がっています。

さっぽろ東急百貨店できょう始まった「もったいないセール」。
賞味期限が近づいている缶詰などの加工食品およそ80種類を
通常の5割から7割引きで販売します。

百貨店や小売店には、
製造日から賞味期限までの期間が3分の1を過ぎた食品を店頭で販売しない
「3分の1ルール」と呼ばれる習慣があるためです。

国などは、
食品ロスを減らす観点から、
こうした商習慣の見直しを事業者に求めています。

2016. 5.10
クールビズ開始

札幌市はきょう、クールビズを始めました。
電力やガスなどエネルギーの使用量を2009年に比べ13パーセント削減する目標を設定し、
冷房を使用するときは室内温度を28度に維持することにしています。
10月20日まで続けます。

2016. 5. 6
おたるドリビ 7月オープンへ

海水浴場のおたるドリームビーチが7月9日、2年ぶりにオープンする見通しになりました。

小樽市の森井秀明市長がきょうの記者会見で、オープンに向け準備が進んでいると明らかにしました。

小樽市は、建築基準法に違反した海の家が長年建ったままだったり、
治安の悪化が目立ったことから去年、海水浴場の設置を見送っていました。

2016. 4.28
5区補選 和田議員が初登院

衆院北海道5区の補欠選挙で初当選した自民党の和田義明さんがきょう、初登院しました。

やや緊張した表情で国会議員としての第一歩を踏み出した和田さん。
一番の目標である北海道経済の再生に向け、全力を尽くす考えをあらためて示しました。

和田さんは記者団に対し「父(町村信孝前衆院議長)も喜んでいると思う」
「与党の一員としての責任があるので気を引き締めて、国のため地域のためにしっかりと働く」と話しました。

2016. 4.27
女性活躍推進法とは

「どんな法律?」

「企業はどんな情報を公開するの?」

「この法律によって何が変わるの?」

なるほどニュースのコーナーで、北海道新聞社の菅原淳解説委員が詳しく説明します。

 

2016. 4.26
開業1カ月の乗車率27%

北海道新幹線が開業してきょうで1カ月になりました。
1日平均の乗車率は27%で、JR北海道は「想定通り」としています。

JR北海道によりますと、3月26日からきのうまでの1日当たりの平均利用者数はおよそ5600人で、
去年の同じ時期の在来線利用者数の2倍でした。
1日平均の乗車率は普通車が26パーセント、グリーン車が28パーセント、グランクラスが34%パーセントで平均27パーセントでした。

2016. 4.22
5区補選③ 投票率向上に向けて

衆院北海道5区の補欠選挙は、投開票日があさってに迫りました。
投票率を上げようと、道選挙管理委員会が「若者対策」を強化しています。

2016. 4.21
5区補選② 高齢者対策

次の日曜に投開票が迫った衆院北海道5区の補欠選挙。

高齢者のニーズと、候補者2人の高齢者対策を取材しました。

 

2016. 4.20
5区補選① 若者たちは

次の日曜日に投開票が迫った衆院北海道5区の補欠選挙。

選挙区は大学が数多くあるのが特徴の一つです。

学生たちの選挙への意識と各候補の若者対策を取材しました。

2016. 4.19
「爆弾仕掛けた」 新函館北斗駅に脅迫電話 

きょう午後1時前、「北海道新幹線のはやぶさ22号に爆弾を仕掛けた」と
新函館北斗駅に男の声で電話がありました。
JR北海道は、東京行きの列車を青函トンネル手前で止め
点検しましたが不審物は見つからず、およそ1時間遅れで運転を再開しました。
電話の男は、「道内路線の廃止が不満」と話したということです。

2016. 4.15
道議会建て替え 業者選定で協議

道議会庁舎建て替えの設計業者を選定する審査委員会の初会合がきょう、開かれました。

老朽化などを理由に、道は総額116億円をかけ道議会庁舎を建て替えます。

専門家などで作る審査委員会の初会合では、設計業者を選定する際の評価基準について協議しました。

建て替えを巡っては「民間企業との複合施設すべきだ」「議論が不足している」など道民から批判の声も出ていますが、
道は来週、応募条件を公表し、7月中に業者を決定する方針です。

2016. 4.14
札幌の専門学校 ベトナムで美容師育成

去年、ベトナムに美容師などを育成する学校を設立した札幌の専門学校を現地の関係者らがきょう、視察に訪れました。

ベトナムでは、経済発展に伴い日本を含めた海外の美容室の進出が加速する一方、
現地スタッフの技術不足が問題となっているといいます。
こうしたことから、札幌の北海道理容美容専門学校は去年5月、

ベトナム最大の都市ホーチミン市に学校を開設、
講師2人を派遣して美容師の育成を行っています。

きょうは、共同で事業を行う国立の美容師養成施設の
代表者や教員ら21人が学校を訪問。
日本の最新の技術や設備などを視察しました。

2016. 4.12
5区補選告示 2氏が第一声

衆院北海道5区の補欠選挙がきょう告示されました。
次期参院選の前哨戦として注目が集まる今回の選挙、
新人同士の一騎打ちです。

立候補したのは、届け出順に
自民公認で公明、大地などが推薦する和田義明さんと、
無所属で民進、共産、社民などが推薦する池田真紀さんです。

2016. 4.11
ウィキッドの舞台 お披露目

「オズの魔法使い」を下敷きにした劇団四季のミュージカル「ウィキッド」の舞台設営の様子がきょう、報道陣に公開されました。

セットの目玉は「ドラゴン」。
オズの国の時を刻む時計の設定で、
およそ10mの翼を広げて客席を見下ろすように舞台の上に突き出し、
場面の節目では目が光ったりスモークを吐きます。
「ウィキッド」は来月3日から上演されます。

2016. 4. 8
北大入学式 2600人が新たな一歩

北海道大学の入学式が、きょう札幌で開かれ、
新入生およそ2600人が大学生活をスタートさせました。 

新入生のうち、道内の高校出身者の割合は35.9%で、
平成に入り最も低くなりました。
入学式では山口佳三総長が
「生涯の自分を支える学びの姿勢を在学中に確立してほしい」と激励。
総合入試の理系で入学した東京の高校出身の山田啓明さんが新入生を代表し、
「将来、社会での力となることのできるよう常に努力を重ねていく」
と誓いを述べました。

2016. 4. 6
オメガ3脂肪酸 道内でも注目

美肌やダイエットなどに効果があるとされる「オメガ3脂肪酸」という成分をご存知でしょうか?

オメガ3脂肪酸は、中性脂肪を抑える効果があるとされる不飽和脂肪酸の一種です。

美肌やダイエットのほか、アンチエイジングなどにも効果があるとされています。
シソ科のえごまやアマ科の亜麻から採れる油がこのオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。

札幌西区のスーパーでは去年から、継続して関連商品が売れるようになり、一番人気の商品は
多い時で1週間に50本以上売れるといいます。

石狩の当別町にある亜麻公社は、2004年から亜麻の種から採る油=亜麻仁油を販売しています。

亜麻仁油は熱に弱いため、そのまま飲んだり、サラダにかけて食べたりするのが主流です。
価格は95グラムの1本が6千円。
オメガ3脂肪酸のブームで、今年度の出荷本数は前の年度のおよそ3倍の4千本に増える見通しです。

 

 

2016. 4. 5
知床横断道路 除雪進む

羅臼町と斜里町を結ぶ知床横断道路の除雪作業がきょう、報道関係者に公開されました。

知床横断道路は全長23.8キロメートル。積雪のため毎年11月から4月ごろまで通行止めとなります。積雪量は現在、最大で6メートルほど。除雪は羅臼側と斜里側の両方向から行われていて、すでに全体の7割が終わりました。GWの前の開通を目指します。

2016. 4. 4
北大病院で「がん遺伝子検査」始まる

がん患者に有効な治療薬を探す「がん遺伝子検査」が、
北海道大学病院できょうから始まりました。
がん遺伝子検査の導入は、道内では北大病院が初めてです。

検査は、がん患者が持つがんに関する複数の遺伝子を調べることで、
それぞれの患者に最も適した治療薬や治療法などの情報を提供します。 

北大病院は今月、およそ20人態勢でがん遺伝子診断部を新設。
国内の病院がこれまで海外に依存していたがんの遺伝子解析を
日本で初めて院内で行い、検査のスピードアップを図ります。

2016. 4. 1
JR北海道など入社式

新年度がきょうスタート。
各企業では入社式が行われました。

新幹線「元年」のJR北海道には、
奇しくも開業日と同じ326人が入社。
島田修社長は、15年後の新幹線「札幌延伸」を担うのは
自分たちだという誇りと自覚を持ってほしいと激励。
過去の不祥事を教訓に定めた安全運行への「誓い」を
常に心がけてほしいと語りかけました。

2016. 3.31
スポーツ大会誘致に新組織

国際大会や事前合宿などスポーツイベントの誘致に官民が協力して取り組む新組織
「さっぽろグローバルスポーツコミッション」がきょう、発足しました。

さっぽろグローバルスポーツコミッションは、
道や札幌市、札幌商工会議所などが参加し、
国際競技大会などの誘致を専門に行います。

きょう行われた設立総会では、
名誉会長に高橋はるみ知事が就任する役員人事のほか、
事業計画などが決議されました。

2016. 3.30
スウェーデン議員団が道新幹線視察

高速鉄道の建設を計画するスウェーデンの国会議員団がきょう、
北海道新幹線の新函館北斗駅を視察しました。

スウェーデンでは、
首都ストックホルムと2つの主要都市を結ぶ高速鉄道の建設が計画されています。
鉄道技術の輸出を目指す日本は、
積雪地でも安全運行できる点などをアピールし、
中国などの競合国よりも技術面で優位であるとスウェーデンの政府関係者に呼びかけています 
きょう視察に訪れたのは、スウェーデンの超党派の国会議員14人で、
東京発の新幹線で新函館北斗駅に到着。
北斗市の高谷寿峰市長やJR北海道の関係者らが出迎え、歓迎のセレモニーを行いました。

2016. 3.29
豊平館の改修終わる

札幌・中島公園の「豊平館」の改修工事が終わり、
きょう、4年ぶりに報道陣に公開されました。

豊平館は、1880年に開拓使が建設したホテルで、
国の重要文化財に指定されています。

改修費用はおよそ15億円で、
耐震補強したほかホテルとして使われていた明治時代の客室を復活。
豊平館の歴史を映像で紹介するコーナーも設け、
観光施設として活用する予定です。

リニューアルオープンは6月20日の予定です。

2016. 3.28
大森死刑囚の再審請求棄却

2人が死亡、95人が重軽傷を負った1976年の道庁爆破事件で、
殺人などの罪で死刑が確定した大森勝久死刑囚の第2次再審請求。
札幌地裁はきょう、
「確定判決の事実認定に合理的な疑いは生じない」として、再審を認めない決定をしました。
弁護側は即時抗告する方針です。

2016. 3.24
北大卒業式 4千人巣立つ

札幌の北海道大学できょう、卒業式が行われ、
およそ4000人が新たな門出を迎えました。

きょう卒業したのは11学部の2331人と大学院の1725人です。
学部の卒業式では学部の総代に卒業証書に当たる「学位記」が授与されました。
山口佳三学長は「生涯に渡って学ぶ姿勢を持ち、フロンティア精神を持って人生を切り開いてほしい」と
はなむけの言葉を送りました。

2016. 3.22
公示地価 25年ぶり「下げ止まり」

土地取り引きの目安となる公示地価がきょう、発表されました。
道内の平均価格は25年ぶりに下落を抜け出し、横ばいになりました。

道内の住宅地の平均変動率は、0.5%の下落で去年に比べ下落幅が縮小。
商業地は一気に1.2%の上昇に転じ、全体では0.0%の横ばいに。
24年続いた下落が下げ止まりとなりました。

2016. 3.18
歴史的建造物 菓子店に

砂川に本店を持つ北菓楼が、
歴史的建造物を活用した札幌本館をきょう、オープンしました。

北菓楼札幌本館は、
1926年建築の道立文書館別館を改装しました。


世界的建築家の安藤忠雄さんがデザイン。

 

2階のカフェスペースには北海道に関する6千冊の書籍も所蔵し、
絵画の展示や音楽の演奏会など文化の発信拠点としても活用します。

2016. 3.17
ながまれ号の車両公開

北海道新幹線の開業にともないJR江差線を引き継ぐ道南いさりび鉄道はきょう、
観光列車「ながまれ号」の車両を報道公開しました。

車両は函館の夜景をイメージした紺色をベースに、
地元の函館山や漁火をデザインしています。
初めて実物の車両を目にしたいさりび鉄道の小上一郎社長は
「本当に思っていた以上に素晴らしい。既に気持ちは開業後に走ってます」と話しました。
ながまれ号は2両あり、
今月26日の新幹線開業日から運行を始めます。

2016. 3.16
春闘ヤマ場 連合が街宣

きょうは今年の春闘の集中回答日です。

連合北海道は札幌で街頭宣伝を行い、賃金の底上げなどを訴えました。

今年の春闘では、
景気の先行きの不透明感から全国の大手企業の多くが、
労働組合の要求に対し、去年を下回るベアを提示。

今月後半に春闘のヤマ場を迎える道内でも、
見通しは厳しいとして、
連合北海道はきょう、札幌中心部で街頭宣伝を行いました。
道内の労働者の43%を占める非正規雇用では、
月給や時給の底上げが必要だと強調。
地方からの人口流出を食い止めるためにも、
給与や労働環境の改善するよう訴えました。

2016. 3.11
震災5年 未来へ②

未曾有の被害をもたらした東日本大震災からきょうで5年を迎えます。
「震災5年 未来へ」2回目のきょうは、は道内で生まれた支援の輪が、未来へ向けてどのように繋がろうとしているのか、
取材しました。

2016. 3.10
震災5年 未来へ①

東日本大震災の発生からあすで5年。TVh道新ニュースでは、きょうとあすの2回に渡り、
「震災5年、未来へ」と題して、関連する道内の話題を取り上げます。
1回目のきょうは、宮城県で被災し、様々な葛藤を乗り越えて、家族とともに新天地・旭川で再起を目指す男性です。

2016. 3. 9
山口組抗争 道警が取締本部

指定暴力団山口組と分裂した神戸山口組の抗争が激化しているのを受け、
道警はきょう、取締本部を設置しました。
道内でも今月3日、旭川で山口組系の組員が対立する組長宅に
RV車で突っ込む事件が発生。
道警では、集中取り締まりで組員や武器庫の摘発を行い
道民の安全を図りたいととしています。

2016. 3. 8
破綻10年夕張の今④ 映画祭を未来につなぐ

シリーズでお伝えしている「破綻10年 夕張の今」。
最終回のきょうは、「ゆうばり映画祭」を未来につなげるための新たな取り組みです。

2016. 3. 7
破綻10年夕張の今③ 住宅再編

シリーズでお伝えしている「破綻10年 夕張の今」。
3回目のきょうは、住宅の再編と同時に都市機能の拠点化を進める
「コンパクトシティー」に注目します。

2016. 3. 2
新幹線基地 波及効果に期待

道南の七飯町が、北海道新幹線の開業をきっかけに定住人口を増やそうとしています。
「核」となるのは「あの施設」です。

七飯町の人口は2万8130人。
減少傾向にはあるものの、渡島管内の市町村の中では減り方は緩やかです。

町が定住人口増加の「核」と考えているのは、建設中の「函館新幹線総合車両所」です。
車両のメンテナンスなどにあたるJR北海道の職員らおよそ250人がここで働きますが、
その多くは「専門職」で、それほど転勤がないからです。

町は、新幹線が札幌まで伸びる2030年度に、車両所で働く人は750人に増えると試算。
宅地開発に積極的に取り組んでいます。

2016. 3. 1
七飯町の新幹線車両所を公開

JR北海道はきょう、道南の七飯町に設けた北海道新幹線の総合車両所を報道関係者に公開しました。

総合車両所は、新幹線の車両基地と工場を兼ねた施設です。

敷地はおよそ30ヘクタールあり、札幌ドーム5.6個分の広さです。

きょうは、北海道新幹線のH5系4編成が収容されている様子や車体に付いた雪などを取り除く設備が公開されました。
車両所の公開とともに、新函館北斗発東京行き1番列車に乗務する運転士と車掌が紹介されました。

2016. 2.26
新幹線1番列車 25秒で売り切れ

北海道新幹線の開業初日分の切符が、きょう、全国一斉に発売されました。人気の1番列車は、発売後すぐに売り切れ、購入できた人は「夢がかなった」と涙を流しました。

【松井記者リポート】
「午前5時前です。札幌駅には切符を買いに来た人20人くらいの列が出来ていて、報道陣も溢れています!」
先頭の男性は、昨夜7時半ごろから並び始めました。狙うのは、新函館北斗発東京行きの1番列車。列車好きの子どもたちのために今月の試乗会も申し込みましたが落選。家族4人分の切符獲得を目指します。

発売は全国一斉に午前10時。札幌駅は十数台とみられる専用端末で、申し込み順に購入手続きをしました。そして、人気の一番列車は発売開始から、新函館北斗発の上りが25秒で、東京発の下りが30秒で売り切れました。

【切符を手にした人は】
「北海道新幹線の1番、始発に乗って本州に行ける。夢がかなった。嬉しいですね(涙)」

開業初日の上下線合わせ32便のうち、発売1時間で5便が完売しました。

2016. 2.25
「フォーエバー21」 あす道内1号店オープン

アメリカの低価格衣料ブランド「フォーエバー21」の道内1号店があす札幌にオープンします。オープンに先駆け
報道関係者向けの内覧会が、きょう、開かれました。

道内1号店の札幌大通店は、ファッションビル大手のパルコが新築した札幌中心部の商業ビル「札幌ゼロゲート」の全館に入居します。フォーエバー21は、世界およそ50カ国で700店以上を展開、日本では2009年に1号店を東京に出し、
札幌は20店目です。新店舗は全5フロアで、売り場面積はおよそ780平方メートル。20代前後の女性を主なターゲットにしていて、洋服やアクセサリーなど数万点を取り揃えています。

 

2016. 2.24
新電力大手が撤退 道内にも影響

新電力大手の東京の日本ロジテック協同組合が来月いっぱいで電力販売から撤退することになり、
道内でも自治体や企業が対応に追われています。 

日本ロジテックは、北電など大手電力以外で電気を販売する「新電力」の業界第5位で、
道内でも、北電より数パーセント安く電気を供給できるとうたい、自治体や企業に販売を拡大。
しかし、電気の調達コストが予想より膨らみ、資金繰りが悪化。北電への支払いが滞り、
これに対し北電が送電停止に踏み切る可能性を示したとみられています。

小樽市は小中学校34校や図書館などで日本ロジテックから電気を購入しています。
小樽市を含め、新電力会社が事業をやめても北電が電気を供給する契約を結んでいるところもありますが、
電気代は割高な「北電価格」に戻ることになります。道も新年度から空港事務所など77施設の購入先を日本ロジテックに切り替える予定でした。これまでの3億5千万円から
5千万円のコスト削減を見込んでいましたが、再度入札を行うか、対応に追われています。

一般家庭向けを含めた電力の小売り全面自由化まであと1カ月。今回の問題は新電力への信頼を
揺るがすことになりそうです。

2016. 2.22
来月ラストラン!急行「はまなす」客車を公開

来月廃止になる、全国のJRグループ最後の急行列車、「はまなす」の客車内がきょう、
報道関係者に公開されました。 

「はまなす」は札幌と青森を結ぶ夜行急行で、1988年に運行開始。はじめは座席車両のみでしたが、
90年代になって、寝台車や、横になって列車の旅を楽しめるカーペット車などを連結。特急より安い料金で、
夜間に寝ながら移動できるため、観光客などから人気を集めました。
廃止は、北海道新幹線の開業に伴う措置で、来月21日の青森発下り便が最終列車となります。最終列車は自由席はなく、完売しています。

2016. 2.19
一般会計0.8%増 道の新年度予算案

道はきょう、新年度の予算案を発表しました。
一般会計の総額は3年連続で前の年度を上回りました。

一般会計の総額は、今年度の当初予算より0.8%、225億円多い2兆8246億円です。

高橋知事が重点施策に掲げる人口減少問題への対応強化では、
所得が少ない家庭への第2子以降の保育料の軽減策や不妊治療費の助成などに
今年度の6倍の18億円を充てます。

2016. 2.18
ホテルスタッフおもてなし研修

外国人観光客に喜ばれる接客などを学ぶ、
ホテルの従業員向けの研修がきょう、札幌で行われました。

研修は道が主催。
より多くの外国人に北海道に来てもらうためには、
ホテル従業員の接客力を高め喜ばれるサービスを提供する必要があることから行いました。

研修には札幌や小樽などのホテルで働くおよそ60人が参加。
相手の目を見つめて話しかけるあいさつの仕方など、
外国人の接客のポイントを実技を交えて学びました。

2016. 2.17
従業員殺害容疑で社長ら再逮捕

小樽の住宅の車庫で男性の遺体が見つかった事件で、警察はきょう、死体遺棄の疑いで逮捕・送検した男2人を殺人の疑いで再逮捕しました。

再逮捕されたのは小樽の土木建築業、菅原忠広容疑者と従業員の相川弘美容疑者です。
2人は先月13日、菅原容疑者の自宅で、従業員の佐藤勝利さんを金属パイプと木材の棒で数時間にわたって数十回殴り殺害した疑いです。
佐藤さんの死因は外傷性ショックでした。
2人は佐藤さんを殴ったことは認めていますが、
「殺すつもりはなかった」などと容疑を否認しているということです。

2016. 2.17
従業員殺害容疑で社長ら再逮捕

小樽の住宅の車庫で男性の遺体が見つかった事件で、警察はきょう、死体遺棄の疑いで逮捕・送検した男2人を殺人の疑いで再逮捕しました。

再逮捕されたのは小樽の土木建築業、菅原忠広容疑者と従業員の相川弘美容疑者です。
2人は先月13日、菅原容疑者の自宅で、従業員の佐藤勝利さんを金属パイプと木材の棒で数時間にわたって数十回殴り殺害した疑いです。

佐藤さんの死因は外傷性ショックでした。


2人は佐藤さんを殴ったことは認めていますが、「殺すつもりはなかった」などと容疑を否認しているということです。

2016. 2.16
JR札幌駅に不審物 一時騒然

きょう午前、JR札幌駅で放置されているかばんが見つかり、
道警の爆発物処理班が出動するなど一時、騒然となりました。

かばんが放置されていたのはJR札幌駅の東コンコースです。
きょう午前9時40分ごろ、道警・鉄道警察隊に「不審物がある」と通報がありました。
道警の爆発物処理班が出動し、X線などを使ってかばん調べたところ、危険物ではないことが分かりました。

2016. 2.15
ボンベ爆発事件 被告が無罪主張

おととし、札幌・北区で発生したカセットボンベの連続爆発事件。
激発物破裂の罪などに問われている名須川早苗被告の裁判員裁判が、きょう札幌地裁で始まりました.

取り調べ当初から一貫して無罪を主張してきた那須川被告。
きょうの初公判でも「私はやっていません」と起訴内容を否認しました。
名須川被告は、爆発事件とは別の窃盗事件でも起訴されており、
これについては起訴内容を認めています。

2016. 2. 8
コープさっぽろ 「格安スマホ」販売へ

コープさっぽろは、大手通信事業者が提供するスマートフォンよりも割安な「格安スマホ」の販売に乗り出します。あす、正式に発表します。
格安スマホは、「トドックスマホ」のブランド名で展開し、店舗などで販売します。コープさっぽろは4月以降、
一般家庭向けに電力を小売り販売する方針で、顧客を増やす狙いから電気とスマホをセットで販売し
料金を割り引くサービスも検討しています。
格安スマホは、大手通信事業者が提供するサービスの3分の1程度の料金で利用できることから
近年急速に市場が拡大していて、流通業では大手のイオンが既に販売事業に参入しています。

2016. 2. 5
雪まつり開幕

冬の北海道を代表する雪と氷の祭典『さっぽろ雪まつり』がきょう、開幕しました。
メーンの大通会場には大雪像5基と大氷像2基が並びます。

世界で人気の漫画「進撃の巨人」。
札幌時計台や道庁赤れんがを破壊する巨人は迫力満点です。

きょうで開業まで50日となった北海道新幹線。先頭車両は実物大です。

2016. 2. 4
新千歳 国際線にアインズ出店

来週から中国の旧正月にあたる「春節」が始まります。
中国人観光客の旺盛な買い物需要を取り込もうと、新しい店舗が続々と登場しています。

新千歳空港の国際線ターミナルにきょうオープンした「アインズ&トルペ」。

店がある場所は、帰国する外国人観光客が保安検査場を通過した後の免税店エリアです。

ドラッグストアが国際線ターミナルに出店するのは今回が初めて。
荷物を預けて身軽になったところで、最後にもう一度「買い物心」を刺激しようという狙いです。

 

2016. 2. 3
道東、道北に豪華列車を

道東・道北を周遊する豪華観光列車で観光活性化を。
地元の町長らがきょう、高橋知事に提言しました。

JR九州が運行し人気を集める「ななつ星」のような豪華観光列車を
道東・道北エリアに運行するよう提言。
道央・道南エリアの北海道新幹線との相乗効果で
北海道観光の活性化に結び付くと訴えました。
提言にはJR北海道が経営再建策の一環として赤字ローカル線の廃止を進める中、
鉄路を守るという狙いもあります。

2016. 2. 2
冬季アジア大会~期待と課題

来年2月、札幌と帯広で冬季アジア大会が開かれます。
およそ1500人が参加する「過去最大規模」の大会。
期待と課題を取材しました。

冬季アジア大会は、45の国と地域が加盟するアジアオリンピック評議会が、
冬季スポーツ発展を目指しておよそ4年に1度開催。いわば「アジアのオリンピック」です
札幌での開催は、1990年の第2回大会以来、27年ぶり。帯広では初開催です。

大会を1年後に控え、アジア・オリンピック評議会はきょう、札幌で会議を開催。
札幌市が2026年の冬のオリンピック招致に名乗りを上げていることに関連して、
複数の委員が、アジア大会を成功させることが重要との認識を示しました。

2016. 1.28
北海道新幹線 乗り心地は?

3月26日に開業する北海道新幹線の初めての試乗会が、きょう、報道関係者向けに開かれました。
試乗会には、報道関係者およそ200人が参加。JR新函館北斗駅と木古内駅の間35.5キロを、
開業時と同じ片道13分で往復しました。注目の”乗り心地”は。磯田アナウンサーがリポートします。

2016. 1.27
衆院道5区補選 勢力図は

衆院北海道5区の補欠選挙は、4月24日の投開票まで3カ月を切りました。
最大の焦点は、共産党を含め野党が候補を一本化できるかですが、実現は難しい情勢。5区補選を巡る勢力図を読み解きます。

2016. 1.22
手作りエコカー コンテスト

きょう開幕の札幌モーターショーで、道内の高校生や大学生が手作りエコカーを出展しています。
北海道ハンドメイドエコカーコンテストは、道内の工業系の学生に、ものづくりの楽しさを再認識してもらうのが開催の狙い。

今回は、「北国の女性のためのエコカー」がテーマです。
3回連続でコンテストに参加する旭川実業高校は、10人が製作に携わりました。
2年前の前回モーターショーの終了後、「かっこよくパワフルな車」をテーマに製作をスタートさせました。

2016. 1.21
道産乳製品が一堂に

道内産の乳製品を一堂に集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア」がきょうから札幌で始まりました。

今年が30回目となるこのイベントには道内69の乳業メーカーや工房が出店。

毎日50セット限定の乳製品オリジナル詰め合わせは開店直後に売り切れるなど、初日から大勢の人で賑わいました。

会場には購入後に自宅で更に熟成を楽しむチーズや、有機栽培の牧草で育った牛から絞った牛乳など、
個性ある乳製品およそ600種類が販売されています。

2016. 1.20
シリーズ「How To 終活」スタート

人生の最期をより良いものにするための準備をする「終活」。
今月から毎月1回程度、終活の様々なポイントを取り上げ詳しくお伝えしていきます。
1回目のきょうは「終活のいろは」です。

2016. 1.19
道東中心に大荒れ

きょうの道内は、急速に発達した低気圧の影響で道東を中心に大荒れになっています。

根室市はきのう夜、市内4ヵ所に避難所を開設。
このうち根室市図書館では4人が夜を明かしました。

去年、おととしと、高潮の被害を受けた根室市は午前7時半、沿岸部の4069世帯を対象に避難勧告を出しました。
午前11時半の満潮時近くには、根室港で波が岸壁を超えましたが、
これまでのところ、市街地に流れ込むことはなく、被害は出ていません。

午後2時までに観測された最大瞬間風速は、
えりも岬で、45.1メートル、根室で33.3mなどとなっています。

また、きのう正午からの降雪量は、
えりも町目黒で66センチ、北見市留辺蘂で60センチなどとなっています。

2016. 1. 8
新幹線客 松前に呼び込め

シリーズでお伝えしている新幹線元年。きょうは、新幹線開業をまちおこしにつなげようと奮闘する、松前町の女性の話題です。

「津軽海峡マグロ女子会」。函館や青森などに住むおよそ60人の女性がメンバーです。
津軽海峡を泳ぐマグロのように自由に動き回り、新幹線開業をきっかけに地域を盛り上げようと活動しています。

北海道側の代表を務める、杉本夏子(すぎもと・なつこ)さん。
新幹線で函館に来た観光客を、100キロ離れた松前に呼び込もうと、いま、旅行商品の企画を練っています。

2016. 1. 7
不通1年 沿線住民は

JR日高線が不通になってからきょうで1年。
復旧への道筋が見通せない中、ひたすら早期復旧を願う沿線住民を取材しました。

2016. 1. 6
プレミアム商品券 利用期限が迫る

札幌市や帯広市などが去年発売した「プレミアム商品券」の利用期限が今月末に迫り、
各自治体は、期限内の利用を呼び掛けています。

札幌市は、去年8月に「プレミアム商品券」を発売。およそ98億円分を完売しました。
市によりますと、先月10日までに利用されたのはおよそ84億2200万円で、
13億円余りがまだ使われていません。
利用期限の今月31日を過ぎると使えなくなるため、市は、早めの利用を呼び掛けています。

2016. 1. 5
中央市場で初競り

札幌市中央卸売市場は、きょうが初競り。

初競り式には市場関係者およそ2千人が集まり、今年の商売繁盛を祈願しました。

水産物では、積丹産のホッケが1キロ1230円と去年の1.5倍の値を付けるなど、
全体的に去年に比べてわずかながら高値傾向になりました。

2016. 1. 4
「開業成功が信頼回復に」

年末年始の休みが終わり、道内の多くの企業や官公庁はきょうが仕事始めとなりました。

3月26日に北海道新幹線の開業を控えるJR北海道では、島田修社長が幹部職員220人を前に新年のあいさつをしました。
開業を無事に成し遂げることが、信頼回復につながると強調しました。