経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツゆうがたサテライト~道新ニュース道内路線価、2年連続で上昇=平均で0・9%アップ

イメージ

最新オンエア情報

2017. 7. 3 放送
道内路線価、2年連続で上昇=平均で0・9%アップ

170703rosenka.jpg札幌国税局はきょう、相続税や贈与税の算定基準となる今年の路線価を公表しました。道内の平均は2年連続で高くなりました。

道内の標準宅地は平均で0・9%上昇しました。全国よりも0・5ポイント高い伸び率です。最も高い地点は12年連続で札幌ステラプレイス前。1平方メートル当たり368万円と、昨年を17・9パーセント上回りました。

地方都市では帯広や苫小牧、釧路など12の市と町では地価が下がっています。小樽と富良野は去年を上回りました。別格なのはニセコエリア。海外からの投資が目立ち、倶知安町山田は77・1パーセント上昇し、3年連続で全国一の伸び率となりました。