経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツゆうがたサテライト~道新ニュース地震や台風影響 JRの最終赤字過去最大に

イメージ

最新オンエア情報

2018.11. 9 放送
地震や台風影響 JRの最終赤字過去最大に

JR北海道はきょう、グループの中間決算を発表し、今年度の最終赤字額が当初見込みより膨らみ過去最大の175億円になると表明しました。

 HP用181109①00000000.jpg今年春には最終赤字を140億円と見積もりましたが、台風21号や胆振東部地震による運休分の減収などで収支がさらに悪化しました。

 昨年度の路線別収支も発表しました。最も営業赤字が多かったのは北海道新幹線で98億7700万円。開業ブームの一巡で客が減るとともに、車両の修繕費や青函トンネルの補修費がかさみました。綿貫常務は「国の補助で今後は大きく縮小するが赤字は残る」としました。HP用181109②00000000.jpg

  札幌近郊の路線の収支は、快速エアポートの好調で前年度よりも改善しましたが、赤字が続いています。廃止方針の札沼線の北海道医療大学ー新十津川間をはじめ全路線が営業赤字となっています。