経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツゆうがたサテライト~道新ニュース全国最年少 鈴木新知事が初登庁

イメージ

最新オンエア情報

2019. 4.23 放送
全国最年少 鈴木新知事が初登庁

16年ぶりの新しい知事となった鈴木直道知事がきょう、道庁に初めて登庁しました。現職の知事では全国最年少です。

花束.jpg

午前9時に登庁した鈴木知事は花束を受け取ると、およそ400人の道職員に拍手で迎えられました。その後、3階まで階段で上がり、知事室の椅子に座る場面を報道陣に公開。座り心地を問われた鈴木知事は「きょう初登庁で座って、いよいよだなっていう気持ちです」と笑顔を見せていました。

鈴木.jpg

高橋はるみ前知事と事務の引き継ぎを行った後、道議会の本会議場で職員にあいさつ。鈴木知事は「躍動する北海道、活力あふれる北海道の実現に向け、皆さまと共に全力で挑戦をしていきたいと思います」と決意を述べました。

道議会.jpg

その後の就任会見では、自身の給与を3割削減する方針を示したほか、十勝の大樹町でのロケット打ち上げを視察する考えなどを明らかにしました。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致やJRの路線見直しなど道政課題が山積する中、38歳の新しいリーダーの舵とりに注目が集まります。