情報・バラエティ

TOP情報・バラエティ夢へチャレンジ【第87・88回放送 男子サッカー 中野歩夢選手より】

イメージ

最新情報

【第87・88回放送 男子サッカー 中野歩夢選手より】

cache_Messagep47907.jpg【第87・88回放送 男子サッカー 中野歩夢選手より】
岩見沢出身で北海高校時代は全国大会に出場した中野歩夢選手(19)。

高校卒業後のプロ入りはかなわず、サッカー選手を支援している札幌市内の建設会社で働きながらプロ入りを目指しクラブチームなどでトレーニングを続けてきた。
コロナの影響で実際にトライアウトや練習参加ができない中、ユーチューバーさながら自分でプレー動画を編集し、海外の様々なチームにアプローチ。
そしてついに今年2月、モンゴルリーグ2部のホブドFCからオファーがあり、入団決定。
5月モンゴルに渡る予定だったが、新型コロナによる規制もあり出国が遅れ、6月11日にようやくモンゴル入り。6月17日にはチームの練習に合流した。

「まずはポジションを掴む、仲間の信頼を勝ち取るために、一つ一つに気持ちを込めてプレーしていきたい」と話す中野選手。
ようやく立ったスタートライン。モンゴルから世界を目指す。



*モンゴルリーグは3部構成。6月中旬にリーグ開幕予定だが日本など外国籍選手の入国はあまり進んでいない。専用スタジアムを持つチームが少なく、大半が首都ウランバートルのスタジアムで試合を行なっている。

ホブド(KHOVD)FCは現在モンゴルリーグ2部にいながらも1部昇格を狙える上位チーム。
モンゴル西部に位置するホブド県は人口8万7千人で美しい自然が有名。