経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツゆうがたサテライト~道新ニュース大学教授・料理人が共同で北海道の食文化考えるセミナー

イメージ

最新オンエア情報

2018. 8.28 放送
大学教授・料理人が共同で北海道の食文化考えるセミナー

 道内の食を取り巻く環境が変化していることを受け、産学で食文化を考えるセミナーがきょう札幌で開かれました。セミナーは北海道大学の教授や料理人などでつくる研究会の主催です。講演では、海水温の変化でとれる魚の量や種類が変わっていることや大(180828) (1)00000000.jpg最新の水産加工技術について報告がありました。ホテルの料理人が最近、漁獲量が増えているブリを使った料理を発表。豆腐を作るときの上澄みで魚の臭みを軽減させる研究が生かされています。北大大学院農学研究院の若松純一准教授は「北海道はいろいろな食の文化や食材があり、それを広めたい。新しい食材を使って新しいもの(料理)を作り出す、ということもできればいい」と話しています。10月には農業分野のセミナーを開きます。