経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツ5時ナビ TVh道新ニュース札幌都心部に赤ちゃんと親の憩いのスペース登場

イメージ

最新オンエア情報

2019. 9.26 放送
札幌都心部に赤ちゃんと親の憩いのスペース登場

子育て中の母親などに気軽に街中へ出かけてもらおうと、札幌中心部の交流スペースで無添加の離乳食などを販売する催しが開かれています。

札幌駅南口の旧札幌西武跡の一角に開設され(190926) (1)00000000.jpgた『離乳食ステーション』。札幌駅前通まちづくり株式会社が企画しました。同社の柴田未江さんは「子どもが騒いだりとか周囲の目が気になったりもして、(都心部に)行きづらいと思う方もいる。そうではなく、街中は子育てを応援しているし、ウェルカムだという気持ちをこういう取り組みでPRしたい」と話しました。

会場では道産野菜にこだわった無添加の離乳食などを販売。離乳食を試食するなど、あすまでの2日間、親子で参加できる交流会を開催します。参加した親子の幼児は「食べ物も食べた!おいしかった!」。母親は「子育てしていると街に出る頻度は減るけど、こういうイベントがあるっていうだけで、一歩踏み出して来ようかなと思える」と話しました。別の母親は「私の買い物も、ちょっとこういう所に寄るだけで(子どもが)機嫌よく待っててくれる」と喜んでいました。主催者は、親同士の交流の場としても利用してほしいということです。この催しは来月10日までです。