経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツゆうがたサテライト~道新ニュース胆振東部地震 被災地で災害FM局が始動

イメージ

最新オンエア情報

2018. 9.21 放送
胆振東部地震 被災地で災害FM局が始動

 被災地のむかわ、厚真の両町で臨時災害FM局が立ち上がり、生活情報を伝えています。むかわでは炊き出し、無料法律相談などの情報を伝えています。進行役は被災者でもある町内の主婦2人。今村京子さんは「子育てをしているお母さん。いっぱい情報が必要だと思う」と話し、久保田夕子さんは「(町民が)少し元気になるような私たちの話とか言葉も伝えていけたら良い」大(180921) (1)00000000.jpgと語ってくれました。隣の厚真でもきょうから1日3回放送を始めました。いずれも出力50ワット。道内の臨時災害放送局では最大出力です。2つの町で立ち上げに関わり、東日本大震災の被災地で5年間、臨時災害放送をした大嶋智博さんは「例えば(町内の)電気が止まったりとか、道路が寸断されたりとか、なかなか(被災者に)届かない。大きい放送局が小さい町の情報をすべて網羅すると被災地以外の人にとっては必要のない情報だと思う人も多い」とみています。被災者による被災者のための支え合いも動き出しています。