経済・スポーツ・ニュース

TOP経済・ニュース・スポーツ5時ナビ TVh道新ニュース革新的な電気自動車 北大で公開

イメージ

最新オンエア情報

2018.11.16 放送
革新的な電気自動車 北大で公開

 近未来の電気自動車が目の前にーー。軽い合成樹脂や新しい構造のタイヤなど近未来の素材をふんだんに使ったコンセプトカーの展示がきょうから北海道大学で始まりました。

 「きょうから展示が始まったコンセプトカーが大HP用181116.jpgこちらです。外装のほとんどにこれまでの金属ではなく樹脂が使われているため、このようにかっこよくてスタイリッシュで複雑なデザインが可能になったんです」(小澤良太アナウンサーのリポート)。内閣府が主導する研究開発プログラムの一環として開発されました。車体には自動車などを軽くし安全性にも優れた新素材「しなやかなタフポリマー」をふんだんに使い、車全体の重さを一般的な電気自動車の半分ほどに抑えています。北大もプログラムに参加し、高強度・低燃費タイヤの構造を開発しました。プロジェクトに参加している北大の黒川孝幸教授は「こちらのタイヤなんですけど、見た目では分かりにくいんですが、実はタイヤのゴムの厚さが薄くなっています。我々が開発したダブルネットワークの技術をゴムに転用しています。使うゴムの資源も少なくて済みますし、軽くなるので将来的に期待ができる技術となっています」と新しいタイヤの特徴について語ってくれました。あさってまで北大で展示しています。