アナウンサー

TOPアナウンサー小澤良太ブログ札幌のファンタジスタ

タイトル画像

ブログ

2015.11.27
札幌のファンタジスタ

生え抜きの選手がチームを去る。

 札幌出身の古田寛幸選手24歳。

 

今シーズンは、22試合に出て1ゴール。

本来のパフォーマンスを発揮できず、手術も。

ケガに泣いた。

 

コンサドーレ札幌のユース出身。中学、高校時代は世代別の日本代表に名を連ね、

高校2年の時、コンサユースでは初の飛び級でトップチーム入り。

期待の若手として活躍した。

 

最も印象に残っているのがJ1を戦った2012年の浦和戦でのゴール。

守備の一瞬の隙を突き 先制ゴールをあげると、カウンターから2点目。

いずれも持ち味の個人技を生かしたゴールで、優勝を争う浦和からチームを勝利に導いた。

古田②_rs.jpg

2012年 J1 10月6日  浦和vs札幌 古田の先制ゴール

 古田①_rs.jpg

 浦和1-2札幌 古田の2ゴールで札幌が勝利した

 

“コンサドーレには不可欠な存在”

勝手にそう思っていたが、プロの世界は厳しい。

きょう今シーズンでの契約満了が正式に発表された。

 

本人は代理人を通じて移籍先を探していて、まだ、行く先は決まっていないとのこと。

古田本人のコメント

「コンサドーレに成長させてもらった。今できることは(チームに)感謝すること

不思議と すがすがしい解放感があるし、いい意味でこの(移籍先が決まっていない)不安感が好き。まだまだサッカーを続けたいし、これから先、どんな人生が待っているのかわくわくする」

 

“札幌のファンタジスタ”

 

元日本代表の中村俊輔に例えて、そう呼ばれたこともある逸材。

まだ24歳。けがを克服し、再び全盛期、いや、それ以上のパフォーマンスを繰り出すには十分だ。

今、いい意味で楽しんでいる不安感は必ず今後につながるはず。

新しいステージで世界へはばたけ!

 

古田_rs.jpg

目線がずれてしまった。ごめん古田君・・・