tvhテレビ北海道

番組表番組表

情報・バラエティ

TOP情報・バラエティスイッチン!6月18日OA【最新の釣り具&アウトドアアイテムをご紹介!】

イメージ

最新オンエア情報

2022.6.18 放送 
6月18日OA【最新の釣り具&アウトドアアイテムをご紹介!】

きょうの札幌は久しぶりに気温が25℃を超え、夏らしい日となりました。
こんな日は、ぜひ外に飛び出したいですよね!

OP2S.jpg









そこで!きょうのスイッチンはまさにブームとなっている「釣り具」「アウトドアアイテム」
最新情報をお届けしました。吉田ひろかリポーターが中継でお邪魔したのは札幌市清田区美しが丘の国道36号沿いに
先月グランドオープンした、「フィッシュランド プラス アウトドア 美しが丘店」です。
「フィッシュランド」は、道内に15店舗出店している海釣りから川釣り、専門的な要望まで対応する釣り具専門店です。
外観2.jpg店内1.jpg店内2.jpg店内3.jpg店内4.jpg店内5.jpgひろか1.jpgひろか2.jpg
































早速ですが、釣り初心者の方にオススメなのが海岸や堤防から投げる「ちょい投げ釣り」です。
その際に必要なのが、まず竿とリール。今、こちらの「鱒レンジャー」がオススメなんです!
大人から子供まで取り扱いしやすい長さなので、とにかく軽いんです。また、「レンジャー」の名前通り、
とにかくカラフルなバリエーションも魅力です!初めての方はもちろん、ベテランの方にも納得の1品です!
さお1.jpg竿2.jpg竿3.jpg竿4.jpg

















竿とリールが決まれば、続いては「仕掛け」や「餌」ですよね。ただ、釣りといえば虫などを使うっていう
イメージがありますが、苦手な方も安心してください!最近は、実際の虫ではなくて、
ザリガニみたいな形をした柔らかい素材でできている「エコギア熟成アクアシリーズ」というワームというのもあるんです。
サカナがなにかを認識する方法の一つとして、「におい」が欠かせないため、こちらの商品には、強烈なにおいがついているんですよ!

ワーム1.jpgワーム2.jpgワーム3.jpgワーム4.jpg

















続いては、ベテランさん向けのオススメのアイテムをご紹介しましょう。
今、売れ筋なのが、こちらの「ジャクソン アスリート14VGシリーズ」というルアーです。
ルアーの動き=サカナの動きとなるよう、アクションにも拘って開発されています。
魚そのままを模倣した「リアルルアー」で釣るのも、「釣り」の醍醐味ですね!
ルアー1.jpgルアー2.jpgルアー3.jpgルアー4.jpg

















「フィッシュランド プラス アウトドア」の、「フィッシュランド」部分は、1階の釣り具専門店なんですが
「プラス アウトドア」の部分は2階にありまして、注目のアウトドアアイテムが勢ぞろい!
こちらのフロアは、大きく3つのアウトドアブランドに分かれているんです!
アウト1.jpg









まずはコールマン!キャンプ用品を扱うブランドの中でも特に長い歴史を持つ大手老舗ブランドです。
そんなコールマンのイチオシは、おしゃれな見た目と優れた耐久性を持ったランタン!
コールマン1.jpgコールマン2.jpgコールマン3.jpg

















続いてはスノーピーク!シンプルでデザイン性の高いアイテムが人気のスノーピークでは、家でもキャンプでも
使えるスタイリッシュな調理器具がオススメ!
ピーク1.jpgピーク2.jpg









そして、初心者から中級者、さらにファミリー層に人気のロゴスでのおすすめは特徴的な
カラーリングやデザイン性のテントです!
ロゴス1.jpgロゴス2.jpgロゴス3.jpg

















三大アウトドアブランドの人気アイテムを一気に購入することができるというのもスゴイですよね!
中でも今年注目なのがイスということです。こちらは、「スノーピーク Take!チェア 」と言って
竹を使ったイスで、キャンプだけではなく室内のインテリアにも合うのですごく人気が高いんですよ!
また、座面が低いタイプのイスは最近流行っている焚火をするときに火が近くなってとても便利です。
イス1.jpgイス2.jpgイス3.jpgイス4.jpgイス5.jpgイス6.jpg























焚火をするときにオススメの焚火台がこちらの「ファイヤーディスク」。風が穏やかな時は、
こういった低めの焚火台を使うと火の動きや温かみを楽しめますよ。
焚火1.jpg焚火2.jpg焚火3.jpg
















風が強いときは、こちらの「ファイヤーグリル」のように、背の高い焚火台を選んで使うと火が流れていかないので安心です。
焚火4.jpg焚火5.jpg








いよいよ、キャンプなどのアウトドアにピッタリの季節。北海道の夏は短いですから
思いっきり楽しみましょう、それでは、スイッチンはまた来週!
エンド.jpg